ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
日々隆々

日々隆々の最近のブログ記事

イオンモール津南OPENへ。

【伊藤隆太の日々隆々】2018・盛秋。

皆様、お久しぶりです!

ショートステイ管理者の伊藤隆太です。

長年親しまれてきたサンバレーことイオン

津南ショッピングセンターがイオンモール津南

として、来月生まれ変わります。通退勤の際、

工事の進捗状況を見て楽しみにしていましたが、

工事もようやく最終段階に入った様子であとは

オープンの日を待つばかり。イオンモールの

オープンも楽しみなのですが、私にとって

何よりも楽しみなのが新しくオープンする

シネマコンプレックス。既存のイオンシネマ津も

随分通い詰めたものですが、今回の津南は東海地方

で始めてコクーンシートというフランス製の

ゆったりした快適なシートが導入。これまで広島の

劇場にしかありませんでしたが、津南ではなんと

全席にコクーンシートが採用されているそうです。

また、こちらも三重県初導入の新次元音響の

映像システム「 「 ULTIRA(ウルティラ)」登場!

ultira_tsuminami.jpg

ウルティラとは、イオンシネマの独自規格で、

床から天井まで左右の壁一面の大スクリーン。

それに加え、圧倒的な明るさと高解像度による

クリアな映像で、IMAX同様映画への没入感が

ハンパないワンランク上の劇場です。東海地区では

これまで名古屋の劇場まで足を運ばないと体感

できなかったのですが、とうとうわが街にも

ウルティラがやってくるではありませんか!

オープン間近とあって、スタッフ間でもなにかと

イオンモール津南の話題が上がります。…が、

一番楽しみにしているのは私かもしれません。

映画好きのワタクシ、通い詰めるしかありません。

皆さんも是非ワンランク上の映画館を体感して

みてくださいね。それでは今回は失礼致します。

【日々隆々】お相手は伊藤隆太でした!

どちら様も、体調管理はどうぞ万全に…。

【日々隆々】これは傑作。

【伊藤隆太の日々隆々】2018・秋。

みなさま、ご無沙汰しております。

映画を愛して止まない男、ショートステイの

伊藤でございます。毎月毎週のように何かしらの

作品を鑑賞する私。今年も沢山の良作にめぐり

合えたのですが、そんな中でも超絶におススメ

したい作品がこちら「カメラを止めるな!」です。

hibiryuuryuu_dontstop_camera.jpg

巷でもかなり話題になっているので、ご存知の

方も多いかと思いますが、6月に東京の2館のみで

公開以降、話題が話題を呼び公開館数は212館まで

拡大、47都道府県を制覇。累計で323館での上映が

決定しているそうです。現時点での観客動員数は

160万人を突破、興行収入も23億円を超えたそう。

因みに制作費は300万円だそうですからスゴイ!

異例の大ヒットを記録しているこの作品ですが、

ようやく三重県にも上陸!この辺りでは明和の

109シネマズさん、そして津のイオンシネマさん

でも先日から公開されております。私が映画を

観る時に徹底しているルールが「予告編を観ない」

いうことなんですが、どうしても人は予告編や

ポスターなど【見た目】で内容を判断しがちです。

こちらの作品も人に勧めると『ゾンビ映画でしょ』

『ホラーは苦手』など返されるのですが、そんな

ジャンルにとらわれない内容で「こんな面白い作品

は久しぶり…いや初めて?」と感じたぐらいの傑作。

無名の監督さんや役者さんで低予算。アイデアや

情熱があればこれ程素晴らしい作品が出来るという

ことが証明された、これぞ映画という感じです!

「予備知識ナシで映画に身を委ね、幸福を得る」

という、本来の映画の楽しみ方を再認識する作品。

あらすじ等を述べると、この作品の面白さが台無し

なってしまうので述べませんが、もしご興味が

おありであれば、ぜひぜひ一度ご覧下さいませ。

2~3回観ても楽しめます。映画は本当素晴らしい!

 

ではまたお会いする日まで、

どちら様もお元気にお過ごし下さいませ!

不定期連載【日々隆々】伊藤隆太でした。

【日々隆々】日本語能力試験。

【伊藤隆太の日々隆々】2018・GW前。

皆様!お元気にお過ごしでしょうか!

不定期連載【日々隆々】、お相手の松阪施設

ショートステイ管理者・伊藤隆太です。

以前より、Podcastラジオ番組や当ブログでも

取り上げさせて頂いておりますが、弊社施設

には3名の外国人スタッフが勤務しています!

先日の休憩時間、そのうちの一人が食事後に

読書をしていたので「何を読んでいるの?」

と聞くと…『日本語能力試験』の勉強でした。

nihongo_challenge.jpg

日本語能力試験は1984年から開催されており

日本語を母語としない人を対象に、日本語の

能力を測定し認定する試験です。開始当初の

受験者数は、世界で7,000人ほどでしたが、

現在ではその数60万人以上にのぼり、世界で

最大規模の日本語試験となっているそうです。

認定には学校での単位取得や卒業資格認定、

出入国管理上の優遇措置などさ様々なメリット

あるそうで、最近報道でも頻繁に取り上げ

られているEPA(経済連携協定)に基づく

看護師・介護福祉士の候補者選定の条件の一つ

にもなっています。こちらのテキストは挨拶や

食べ物、季節や風習など日常生活で必要と

思われる約600の言葉が絵や文章・例文と

ともに話題・場面ごとに分けられているので

楽しみながら勉強できるというものだそう。

異国へ旅行するだけでも大変なのが言葉の壁

ですが、働きながら生活されている彼女達の

ひたむきさ見ると、心から頭が下がります。

向上心を常に持ち、休憩時間にまで勉強する

なんて、誰もが出来ることではありません。

日頃の仕事に対する姿勢がとても真面目なのも

その考え方が根底にあるからなのでしょう。

日本では〝郷に入れば郷に従え〟という諺が

ありますが、そんな優秀な外国人スタッフ達が

気持ちよく仕事が出来るために、我々自身が

〝郷に入って〟英語を身に付けたり、難しい

言葉をより分かりやすく言い換えたりする

柔軟性を身につける必要があると感じます。

異国から来た素敵な仲間達、誇りに思います!

 

それでは、また近いうちにお会いしましょう。

不定期連載【日々隆々】でした

【日々隆々】映画って素晴らしい。

【伊藤隆太の日々隆々】2018・桜。

皆様、お久しぶりでございます。

不定期連載【日々隆々】、お相手の

ショートステイ管理者・伊藤隆太です。

さて今回の話題は〝三度の飯より映画好き〟

な私らしく、映画にまつわるお話です。

      ☆

先だって、年に一度の映画の祭典である

『アメリカ・第90回アカデミー賞授賞式』

終わりましたね。現在絶賛公開中で映像世界が

別格の「シェイプ・オブ・ウォーター」

作品賞をはじめ監督賞、美術賞、作曲賞の4冠!

台湾出身のアーティスト、ジェームス・ジーン

によるポスターアートも、とても素敵ですね。

私がかねてよりオススメしていた、実に脚本が

見事な「スリー・ビルボード」は主演女優賞、

助演男優賞という2部門受賞に留まりましたが、

これらの作品、どちらも甲乙付け難く、監督や

脚本家、役者さんに美術や音楽など、どれを

とっても本当に素晴らしい作品だと感じます。

movie_award_2018.jpg

タイトルの裏に隠された意味が分かるうち、

段々とドラマが面白くなってくる…という、

正にこれぞ映画!というこちらの二作品。

そして、「ウィンストン・チャーチル /

ヒトラーから世界を救った男」で主演男優賞

栄冠に輝いたゲイリー・オールドマン

特殊メイクを担当した日本人・辻一弘さんが

見事メイクアップ&ヘアスタイリング賞を

受賞されたました。もう本当に誇らしい限り!

日本人個人の受賞は、1993年に衣装デザイン賞

受賞した故:石岡瑛子さん(こちらもなんと

ゲイリー・オールドマン主演の「ドラキュラ」

にて)以来25年ぶりの偉業達成となります。

あまり大きく報道されていませんが、辻さん

今回が10年ぶり3度目のノミネートとなる常連

で、作品賞の「シェイプ・オブ・ウォーター」

登場する半魚人の目の部分も彼の手によるもの。

ハリウッドで大活躍されている日本人なんです!

現在もそうですが、これからさらにアカデミー賞

関係の作品が公開されていきます。やはり賞に

ノミネートされたような作品は、俳優さんの演技

や監督の演出、スタッフ技術等々、どれも一級品

の作品ばかりで見応えがあります。映画は映画館

旬のうちに鑑賞するのが絶対にオススメです!

    ☆

以上【日々隆々】映画談義でした。

季節の変わり目です。皆様、十分ご自愛下さい。

それでは元気に、またお会いしましょう!

お相手はショート管理者・伊藤隆太でした

【日々隆々】映画紹介。

【伊藤隆太の日々隆々】2018・厳冬。

皆様、お元気でいらっしゃいますか?

不定期連載【日々隆々】、先週に続いて

先週に引き続き2週連続となりますが…

実は今回も映画のお話です。どうしても

早いうちにお伝えしておきたい作品が

ありましたので、お付き合い下さいませ。

 

ご紹介する作品は「gifted/ギフテッド」!

2017年は、一昨年の「君の名は。」や

「シン・ゴジラ」のような社会現象に

なるような大ヒット作はなかった印象

ですが、映画ファンの私からすると、

かなり良作品に巡り合えた一年でした。

そんな中、特に印象的だったのが本作品。

gifted.jpg

物語の内容は観る方のお楽しみですので

ここでは多く述べませんが、登場人物は

フロリダの小さな町で暮らす生意気盛りの

姪メアリー・7歳と独身男性のフランク。

題名にある「gifted」とは、アメリカでは

〝同世代の子供と比較して、並外れた成果

を出せる程、突出した才能を持つ子供〟

と定義されており、いわゆる天賦の才に

恵まれた子のことです。メアリーの天才的

才能が明らかになることで揺らぎ始める

幸せな生活物語は正直言って、すぐに

先が読めるぐらいのよくある展開ですが、

とにかく主人公のメアリーが可愛くて、

フランクの愛のある優しさが心に沁みる

映画です。監督は、こちらも私の大好きな

作品「500日のサマー」のマーク・ウェブ。

「アメイジング・スパイダーマン」監督

としても有名。そんな「gifted/ギフテッド」

が一般公開から遅れはしたものの、年明け

から明和町の109シネマズで絶賛公開中!

私も、もう一度観に行こうと現在計画中の

オススメの一本です。ご興味がおありの方

は、ぜひこの機会にご鑑賞下さいませ。

 

【日々隆々】、またお会いしましょう!

ショートステイ管理者・伊藤隆太でした。

皆様、健康管理にはくれぐれもご留意を

【伊藤隆太の日々隆々】2017初冬。

【伊藤隆太の日々隆々】2017・初冬。

久しぶりの【日々隆々】!皆様お元気ですか?

本格的な冬の到来を目前に、体調管理が一層

難しくなる頃です。早めのインフルエンザ

予防接種はもとより、生活&食事のセルフ

コントロールには、充分お気をつけ下さい!

そして、適度な運動も絶対にお忘れなく

運動といえば…

津市産業スポーツセンター、通称サオリーナ

がグランドオープンして約1ヶ月が経ちました。

saorina.jpg

津市体育館・市民プール・三重武道館の機能を

一つに集約した、全国規模の大会も開催可能な

大型スポーツ施設です。中勢バイパスを車で

走っていると、真横に〝SAORINA〟の文字が

大きく見えるので、津市以外の方にも割と認知度

が高い様ですね。「秋に身体を整えることが、

冬を元気に過ごす準備になる」とよく言われま

すが、本社スタッフも仕事終わりにグループで

出向き、汗を流しています。先日は「みんなで

ヨガ体験に参加したの!」と興奮していました

聞けば、体育館といっても民間スポーツジムの

ように、スタジオプログラムやジム器具なども

利用出来る本格的なもので、凄いらしいです。

もちろん、綺麗さや広さも特筆ものとのこと。

気になる使用料金もかなりリーズナブルですので、

一度使えば定期的に通いたくなりそうですね!

来年のインターハイ、2021年のとこわか国体など

今後もイベントが目白押しです。皆さんもぜひ

サオリーナで運動に汗を流してみませんか?

仕事帰りなら、本社スタッフと会うかも…です


それでは今回はこれにて失礼致します。

くどい様ですが、くれぐれも体調管理には

細心のご注意をおはらい下さいませ!

【日々隆々】お相手は伊藤隆太でした。

【日々隆々】テオ・ヤンセン。

【伊藤隆太の日々隆々】2017・初秋。

皆様、お元気でいらっしゃいますか?

不定期連載【日々隆々】、お相手の松阪施設

ショートステイ管理者・伊藤隆太でございます。

秋といえば芸術…ということで今回はこの話題!

 

ソニーやBMW、中外製薬などのコマーシャル

でご覧になられた方もみえるかと思いますが、

「21世紀のレオナルド・ダビンチ」と呼ばれる

オランダの芸術家、テオ・ヤンセンの作品展が

津市大谷町の県立美術館で開催されています。

IMG_2363_Fotor.jpg

風など「空気」をエネルギーにして生き物の

ように動くアート作品「ストランドビースト」

の数々が展示されており、実際に動かすことも

出来る展示となっています。工科大学で物理学

を学びながら、生物の進化に強い関心を持ち

90年代からストランドビーストの制作を始めた

テオ・ヤンセン。これまで世界各地で展覧会を

開催してきましたが、このたび三重県立美術館

35周年記念企画ということで絶賛開催中。

何と、先月は作品解説で来場もされたそうです!

美術館というとなかなか敷居が高く感じられ、

作品についての知識を持ち合わせていないと

楽しめないような気もしますが、この作品展は

見て・触れて楽しめるのが特徴。夏休みの来場

者は大半が子ども達です(高校生以下無料!)。

ユーチューブ等で動画は見ることはできますが、

ビーストに実際に触れて動かすことが出来る

機会は滅多にありません。開催は今月18日まで。

興味のある方は津市の県立美術館にお越しに

なられてはいかがですか。なお、同敷地内には

ジビエ料理で有名なレストランもありますよ!

 

以上、テオ・ヤンセン作品展のご紹介でした。

それではまたの機会にお会いしましょう。

【日々隆々】お相手は伊藤隆太でした

【日々隆々】8月中に...。

【伊藤隆太の日々隆々】2017・秋の気配

皆様お元気でしょうか、不定期連載【日々隆々】

お相手のショートステイ管理者・伊藤隆太です!

今回は映画マニアである私の、生涯ベスト級の

作品「野のなななのか」の紹介させて頂きます。

nononanananoka.jpg

「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」

などのいわゆる尾道三部作や「その日のまえに」

「この空の花 長岡花火物語」などで有名な広島

県出身の映画作家・大林宣彦監督の作品です。

物語は90歳を超えて亡くなった家長の葬儀から

スタート(「なななのか」は四十九日のこと)。

一族が集まっての葬儀の際にある女性が現れ、

この女性をきっかけとして、一族の誰も知ら

かった家長の過去が明らかになっていくという

ストーリーです。派手な展開はありませんが、

公開当時に映画館で鑑賞した後『これはとんで

ない作品に出会ってしまった』と圧倒され、

数日間頭の中はこの映画の事でいっぱいでした。

美しい音楽や、大林監督ならではの独特の演出

方法、そして実力派俳優の演技も見どころです。

震災や原発、戦争など深い話題をテーマにして

おりかなり重たい内容であることは確かです。

しかし、同時に我々が直視して考え、伝えて

いかなければいけない作品だと強く感じます。

広島・長崎の原爆犠牲者慰霊、終戦の日など、

日本の8月は戦争に関する話題が多くなります。

我々が自分の国の歴史を知り、当事者意識を

持たなければ…こういった作品や戦争経験者の

お話を語り継いでいかなくてはなりませんね。

「僕は戦争時代の生き残り。8ミリカメラで

 平和な時代の人々を写すと心に決めた」

大林監督のメッセージがガツンと響く本作品。

ぜひとも8月中に観賞して頂きたいと思い、紹介

いたました。皆様は何を感じるでしょうか?

 

それではまたお会いしましょう。

秋の気配はすれど、まだまだ夏は終わらず。

体調に気を付け、日々を送って下さいね!

【日々隆々】2017・盛夏。

【伊藤隆太の日々隆々】2017・盛夏。

お久しぶりです!不定期連載【日々隆々】、

お相手はショート管理者・伊藤隆太です。

さて、今日は祝日「山の日」ですね。

制定されてからまだ2回目ということもあり、

「海の日」と比べるとまだまだ馴染みがない

ですが、いずれ定着するのでしょうね


さて、登山といえば遭難やケガ等のリスクが

付きまといますので水分や地図・救急用具等

最低限の備えが必要ですが、その前に必ず!

しないといけないルールがあるんです。

それが「登山届の提出」です。

登山届は別名「登山計画書」「入山届」とも

呼ばれ、簡単に言うと『誰がいつどの山を

どのコースで登山し、何時ごろ下山するか?

また万一の緊急時の連絡先』を記す用紙です。

誰にも告げず山へ入り、もし遭難すれば後々

沢山の方々に迷惑をかけますよね?それを

防ぐための重要な準備行動と考えられます。

yamanohi2017_2.jpg

基本的に書式は自由。登山口に提出用紙

ポストが置いてあったりもしますが、警察等

が作成した雛形がネットで公開されていたり、

事前にオンライン申請する地域も増えています。

登山届の提出は義務化が進んでいますが、

実は大半は登山者の任意による所なんです。

〝山に親しむ機会を得て、恩恵に感謝する〟

という「山の日」の趣旨と同時に、登山の

ルールも広まると安心ですよね。ちなみに

私も山登りが趣味の一人。入山前には必ず

「登山届」を提出しております。万が一の

事態に備えてこういった最低限の情報が広く

知れ渡り、一人でも多くの方に山を安全に

楽しんで頂けることを願います!

 

それでは【日々隆々】これにて失礼致します。

海・山・川…夏は開放的な分、危険と裏腹!

皆様、レジャーの際は十分にご注意下さい。

それでは、お相手は伊藤隆太でした。

【日々隆々】2017・春爛漫。

【伊藤隆太の日々隆々】2017・春爛漫。

皆様、お久しぶりでございます。

不定期連載【日々隆々】お相手のショート

ステイ管理者・伊藤隆太です。ここ数日は

雨がしとしと降る空模様ですが、ふと見上

げると、遠慮がちに咲く桜の桃色が。雨の

中で見る桜もなかなか風流で悪くないもの

だと再認識します。とはいえ、今日こそは

青空の広がる一日になってほしいですね

 

さて、介護業界において「バリアフリー」

という言葉は馴染み深いもの。一般的には

建物などに使われるケースが多いですが、

実は最近ではアレルギーの方や宗教上の

理由などからの「食のバリアフリー」が

注目されているんですよ!今回はそんな

中の一品『ベジデコサラダ』の紹介です。

IMG_1823.JPG

見た目はケーキ?と思うような華やかさ

ですが、実はコレ…その名の通り野菜

から出来ていて、ドレッシングをかけて

食べるケーキ型の野菜なんです。考案者

は、名古屋でフレンチレストラを経営

する食スタイルデザイナーの森安美月さん。

スポンジ部分は独自開発の大豆粉のパン。

飾り部分は野菜などの色を付けた豆腐の

クリームだそうです。砂糖は使用せずに

甘糀で味付けしてある為、糖分控えめで

糖尿病の方でも安心して食べられること

ができるのが特徴。小麦粉類も使用して

いない「グルテンフリー」なので、小麦

アレルギーの方でも大丈夫ですし、美容

ダイエットの観点からも支持を集めて

いるそうです。ちなみにワタクシ、先日

小麦アレルギーの小さなお子さんがみえる

ご家族にプレゼントしたところ大好評!

皆さんも機会があればぜひお試し下さい。

 

それでは今回はここまでに。

大きな希望に胸が膨らむ季節、新たな

出会いの中、笑顔でお過ごし下さいね。

【日々隆々】お相手は伊藤隆太でした。

アーカイブ

月別 アーカイブ