ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
ショートステイ

ショートステイの最近のブログ記事

レッド・サンフラワー。

 早くも富士山に初冠雪。平年より25日も

早く2008年(この年は9月9日)以来 13

年ぶりの早さだそうです。この日は初霜

初氷も観測され、甲信越地方を中心に

つかの間の冬を迎えたようです。さて、

ショートステイフロアにご利用者様の力

作、向日葵の塗り絵が飾られています

IMG_7575_sunflower.jpg

向日葵といえば、もちろん鮮やかな黄色

ですが、なぜかM様の向日葵は赤色。

表裏の濃淡の使い分けや、茎の緑と黄

のコントラストなどとても工夫されてい

ますので、適当に赤くしたとは思えませ

んが「花いうたら赤やろ」「でも向日葵

やったら黄色かァ…」とM様。塗り終え

てから向日葵と気付いたそうです。しか

し、実は赤い向日葵は存在するんです。

正式名称はチトニアと言い、向日葵と同

じキク科で形も同じです。有名な品種と

してはプラドレッド・クラレット・ココ

アなどで、ほかにも数種類程あります。

なのでM様安心して下さい、間違っては

いませんよ!ちなみに「赤い向日葵」と

インターネットで検索すると、たくさん

の赤い向日葵画像が見られますので、興

味をお持ちの方は是非ご覧下さいませ!

十六ささげと好奇心。

列島に秋雨前線が停滞して雨を降らせて

います。堀坂山も雨雲を纏って姿を現し

ません…こんな日が続くのでしょうか

・・・

さて、以前紹介させて頂いた〝十六ささ

げ〟もいよいよ熟してまいりました。熟

した実は茶褐色で、まさに小粒な小豆の

ようです。江戸時代には武士が小豆の代

わりに好んで食したといわれています。

IMG_7574_cute.jpg

S様がお持ちの物はまだ乾燥していない

ので、天日で4~5日干してさやがはじ

けたら実を取り出します。さらに取り出

した実を1週間ほど干して完了。保存が

出来るようになります。「私ら青いうち

に食べてしまうわ。インゲンより柔らか

て美味しいやん」とS様。「実取ろと思

たら手間かかるしな」だそうで、確かに

小豆のほうが実が大きくて美味しいかも

しれませんね。ちなみに今回収穫したも

のはすべて30cm越え、最長38cm

でした。「次はどんなんを見られるか楽

しみやわ!S様の好奇心の旺盛さは尽

きることなく、来年を向いていました

奥深いアサガオの世界。

遅ればせながらショートステイのフロア

にも朝顔が咲き誇りました。ご利用者

にお好きな色紙で花を折って頂き、そ

を持ち寄って全員で仕上げる共同作業

IMG_7567_asagao.jpg

とても綺麗に出来上がっている本作品!

ちなみに、朝顔といえば小学校低学年の

頃学校で栽培し、夏休みに家に持ち帰っ

て観察日誌を書くというのが定番でした

が、その習慣は今も続いている様です。

H様によると「私らの時はそんなんな

った」そうですが「でもな、息子らはや

ったわ」ということです。その後、

親子で一命育てた記憶をお聞かせ

さったH様。「かわいらしいよな」と、

いうお言葉は、果たして朝顔のことなの

か、息子様のことなのか…顔がほころぶ

H様です。朝顔の歴史は古く、奈良時代

後期に遣唐使が薬用として日本に持ち込

だといわれています。江戸時代になる

と観賞用として品種改良が多く行われ、

以来愛好家も多く日本人にとって親しみ

ある花になったそうです。確かに街を行

くと様々な所で見かけます。夏の花とい

朝顔と誰もが答えるのは頷けます。

日本の良き原風景ですよね!ちなみに朝

顔は夏ではなくて秋の季語なんですよ

気分爽快!ちらし寿司。

おいしい食事でご利用者様をより笑顔に!

先日は『厨房がっつ』からの思いがぎっ

り詰まったちらし寿司がメインメニュー

30818_fotor.jpg

ジメジメした日も、さっぱりと気分爽快な

ちらし寿司を食べて、徹底的に夏バテ予防

です!栄養面はもちろんのこと、見て楽し

というのも〝たきびランチ〟の醍醐味

この彩り豊かでと〜っても美味しいお食事

こそが、ご利用者の皆様と我々スタッフ

大きなる元気の源なのです!シェフをはじ

め、厨房スタッフに深く感謝いたします

ワシのような丸ナス。

恐ろしく降り続く雨。線状降水帯の発生

により、河川の氾濫や土砂災害が発生し

てしまいました。土壌は降り重なったこ

れまでの雨で緩んでいます。早期の避難

と身を守る行動を是非お願い致します。

・・・

さて、今回もスタッフ井上による珍しい

野菜のお披露目。朝食後フロアでくつろ

がれるA様が手にする2つの丸い野菜

IMG_7522_fotor.jpgのサムネール画像

「ワシの顔とおんなじまん丸やな!」と

冗談交じりで観察されながら「何とかい

うやつや…」と、しばらく考え込まれる

と「あっ!賀茂ナスや!」と破顔一笑

ナスといえば京都の賀茂ナスが有名で

すが、その他の地域でもその地名を冠

た丸ナスが栽培されています。井上に

ると、これはサントリーが開発した〝ク

リーミー揚げナス〟という品種で、甘

あるクリームの様な果肉が特徴だとい

事です。「油と相性がええから揚げナス

かな?あっさりと焼きナスもええなァ」

と食べる気満々のA様!水ナスのように

丸齧りはいかがですか?と提案させて

くも、それはあっさり却下されました

汗をかいたら塩分補給。

本格的な暑さとなってまいりました。

ご利用者様方の体調管理はもとより、

我々スタッフも自身のこまめな水分

給は欠かせない時期となっています。

30811_jihan2021.jpg

そこで、休憩時間や業務終了後のホッ

と一息に人気急上昇中なのがこちら!

入浴介助で汗をかいたので…と購入

たいあるスタッフに感想を聞いてみた

ろ、想像以上にやさしいお味で

くらでも飲めてしまうそうです。皆様

この季節、水分だけでなく塩分補給も

忘れず熱中症を徹底予防しましょう

唄は心に刻まれている。

空には入道雲、その下では蝉が盛んに啼

いて、すっかり夏の景色が広がっていま

す。テレビの向うでは連日オリンピック

の熱戦が繰り広げられています。今年は

身も心も本当に暑くて熱い夏ですよね。

・・・

さて、H様の居室の前を通ると、一人本

を開きつつ何かを喋っていらっしゃいま

す。気になったので直接お伺いをする

〝一人で歌の練習〟されてみえました

IMG_7528_Fotor.jpg

手にされていたのは『愛唱名歌』という

タイトルで、189曲の楽譜と歌詞が掲

された書籍。童謡・唱歌・学生歌・抒

情歌・愛唱歌に外国曲、さらには歌謡曲

まで。「他のことは忘れても歌は忘れん

わ!不思議やなァ?自然と歌えるわ!」

歌詞を眺めていると頭の中にメロディー

が広がっていくそうで、音楽は心に深く

刻まれるものだということを話して頂き

ました。「いつもは社長さんが来て歌っ

てくれたんやけどな…」と、今のコロナ

感染症の状況を残念そうに話さるH様は

続けて「みんなで歌うん楽しいよな」。

いつも人一倍大きな声で歌われていた姿

を思い出します。「わたし歌下手やけど

好きなんさ!」と笑顔で謙遜するH様の

表情は、またいつかみんなで歌える日を

待望している様。また社長の演奏する

ターに合わせ、ご利用者様が大合唱を

きる日が早く戻ってほしいと願います

十六大角豆(ジュウロクササゲ)。

待ちに待った東京オリンピックが開幕。

アスリートたちが日々繰り広げるパフォ

ーマンスに一喜一憂し、そこから生まれ

るドラマにきっと勇気と感動を覚えるは

ずです。選手の皆様、頑張って下さい!

・・・

さて、本日は松阪施設の花壇から。昨年

はこの辺りで珍しい「ナタ豆」を栽培し

ましたが、今年は「ジュウロクササゲ」

又の名を「三尺ササゲ」とも言います

IMG_7520_Fotor.jpg

ジュウロクササゲのさやは太さ5㎜程度

ですが、長さは30~40㎝にもなり、

蔓と見間違えるほどの立派さなのす。

名前の由来はさやの中に16個の豆が出

来るからという説がありますが、実際の

個数はバラバラ。「それ食べれるん?」

とはお元気で食欲旺盛なご利用者S様。

湯がいた後氷で冷やし、5cm程度に切り

そろえ、ショウガ醤油で食べると絶品!

収穫時期は8~9月になりますのでしば

らくお待ち下さい。ご利用者様がジュウ

ロクササゲを珍しそうに見ているお顔を

想像すると、今後の成長が楽しみです

ツルムラサキで乗り切ろう。

松阪施設、先日のランチメニューをご紹介!

この日は夏にふさわしく爽快な食卓でした

030720_Fotor.jpg

■たっぷり野菜の蒸し鶏冷麺

■華色ごはん

■さつま揚げの野菜煮

■パイナップルゼリー

■2種類のお漬物

と、パワーチャージメニュー!真っ先に目

行くのは鮮やかな冷麺ですが、脇役ながらも

しっかりと栄養を補ってくれているのが小鉢

なのです。今回はツルムラサキが登場ビタ

ミン、カロチン、鉄分カルシウムが豊富で免

強化にも期待できるすごい食材。さぁ!!

いよいよ夏本番。今年はツルムラサキを沢山

食べて元気にアツい夏を乗り越えましょう

キュウリで花が咲きました。

7月17日、東海地方の梅雨がようやく明

けました。今年の梅雨入りが5月16日で

すから62日間と過去最長に及びました。

また本来は西からの梅雨明けが、今年は

東の方が早いという異例の年となりまし

た。これは気候変動の予兆でしょうか?

・・・

さて、M様が手にされているのはごく一

般的に栽培されている品種のキュウリ。 

IMG_7513_Fotor.jpg

スタッフの井上が、ご利用者様の驚く顔

を見たいがために、収穫を遅らせて成長

させたもの。なんと2.5㎏まで巨大化に。

これ以上になると黄色く熟すだけなので

これが限界です。「何それ?」と真っ先

に興味を示されたのがM様。手に取ると

「うッ、おもッ」と言われながらも、し

ばらく重量を確かめながらしげしげと

観察されました。「これ瓢箪や言うても

わからんやろな」となるほどなご意見。

さすが茶目っ気のあるM様です。「私は

こっち食べるわ」と普通サイズのキュウ

リを手にされると、井上も「糠漬にした

ら食べられますよ」と、しばらく二人は

キュウリ談義に花を咲かせていました。

ちなみにスタッフ井上は、次なる秘策を

思案中のようです。こうご期待下さい!

アーカイブ

月別 アーカイブ