ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
ケアマネの自転車奔走記

ケアマネの自転車奔走記の最近のブログ記事

【自転車奔走記】介語苑・其の11-12。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第340回。

12月もいよいよ終盤、皆様いかがお過ごしでし
ょうか?
先日、毎年恒例の「今年の漢字」です
が、
2018年は「災」でしたね。確かに今年は大
きな自然災害が立て続けに起こったりと悲しい
ことが多かった印象のある一年だっ
たかもしれ
ませんね。このニュースを見た
時、とっさに思
い出したのがギリシャ神話
「パンドラの箱」の
お話。ゼウスから禁
断の箱を預けられたパンド
ラが好奇心から
その箱を開けてしまうと、あら
ゆる災いが
箱から飛び出し人々に降りかかった
が、慌
てて蓋を閉めたので、最後に「希望」が
った…という内容(だったと思いますが)
すが、今年は確かに「災」だったとして
も来年
は災いを吹き飛ばす「希望」の年
になれたら!
との思いを強くしました。
さて、そろそろ年の
瀬も終盤。いろいろと
気忙しくなりますので事
故や体調不良に
は十分お気をつけくださいね。
では【自転車奔走記】始まります!
+++++++++++++++++++

たきび版:介語苑 その10の12

【語句】
有料老人ホーム

【派生語】
サービス付き高齢者向け住宅 (略称)/サ高住

【意味】
平成23年(2011年)10月に「高齢者住まい法」
が改正されて誕生した、高齢者が安心して暮ら
していけるようなサービスを提供するバリアフ
リー構造の賃貸住宅を指す

【解説】
今週はサービス付き高齢者向け住宅(以下「サ
高住」)の制度についてお話をします。先週お
話したとおり、サ高住は高齢者住まい法に基づ
く高齢者向け住宅(施設)の事を指しますが、
その制度の基本は「登録制」、つまりサ高住と
しての定められた基準を満たした施設のうち、
申し出のあった施設を所在する都道府県がサー
ビス付き高齢者向け住宅として登録して公開す
るという内容なんですね。つまり、サ高住の基
準を満たす施設であっても、都道府県に登録す
るかどうかはあくまでその施設の「任意」、登
録する・しないは施設側の判断に任せるという
ことになります。一方、有料老人ホーム(介護
付き・住宅型、健康型などすべて)については、
国が定めているその定義(「常時1人以上の老
人を入所させて、生活サービスを提供すること
を目的とした施設で老人福祉施設でないものを
いう。(老人福祉法第29条)」に該当する施設
すべてに届け出が義務付けられています。です
ので、介護保険3施設、老人福祉施設、グループ
ホームを除くすべての高齢者入居施設は有料老
人ホームとして扱われ、都道府県知事への届け
出が必要になるということになります。ここが
サ高住と有料老人ホームの一番の制度の違いと
いうことが言えると思います。ですので、仮に
サ高住としての登録条件を満たしている施設で
も、サ高住の登録をしなければ「有料老人ホー
ム」の看板を掲げて営業することになりますし、
サ高住の登録をすれば「サービス付き高齢者向
け住宅」として営業を行うことになるという事
なんですね。

続いてサ高住の登録要件を見ていきましょう。
サ高住の登録要件として、
①住宅の床面積は原則25㎡以上であり、便所・
洗面設備等の設置が行われていること、及びバ
リアフリーであること。
②入居者に対して生活サービス(少なくとも安
否確認・生活相談サービス)を提供すること。
③入居契約は、高齢者の居住の安定が図られた
契約であることと、前払家賃等の返還ルール及
び保全措置が講じられていること。

となっています。一方の有料老人ホームの設置
基準は住宅型と介護型では違いがありますが、
居室面積でいうと1人当たりの床面積が13㎡以
上と定義されていますので、サ高住に比べると
必要な面積基準は下げられています。ただ、人
員配置の基準(介護付きの場合)や居室及び必
要な設備(汚物処理室等)の規定が細かく定め
られている場合もありますので、その部分では
サ高住に比べてハードルが高いような印象を受
けますが、そもそもサ高住の制度自体が、有料
老人ホームの定義を満たしかつサ高住の要件を
満たす必要がある制度ですので、その意味でい
うと有料老人ホームをグレードアップした施設
という事もできるかもしれませんね。また、サ
高住においても、有料老人ホームと同様に都道
府県知事の指定を受ければ、介護付き(特定施
設入居者生活介護)としての施設登録も可能に
なっています。とこのように、サ高住というの
は、有料老人ホームのうち、一定の基準を満た
して都道府県に登録を行った施設が名乗ること
ができる高齢者入居施設であるとご理解いただ
ければOkです。

 では今週はここまで。
次回はサ高住の費用等についてお話をしますね。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の11-11。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第339回。

季節外れの暑い日かと思えば真冬なみの寒さに
なったりと、忙しく天候が変わる珍しい12月で
すね。皆様、いかがお過ごしでしょうか?気候
は安定しませんが、なにやら気忙しい師走の雰
囲気は例年通り。特に今年は平成最後の12月!
しみじみと平成の世を思い返すためにも体調管
理はもちろんですが、事故などにも十分お気を
つけて元気にお過ごしくださいね。
では、自転車奔走記始まります!
+++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・その10の11。

【語句】
有料老人ホーム

 【派生語】
サービス付き高齢者向け住宅 (略称)/サ高住

【意味】
平成23年(2011年)10月に「高齢者住まい法」
が改正されて誕生した、高齢者が安心して暮ら
していけるようなサービスを提供するバリアフ
リー構造の賃貸住宅を指す。

【解説】
今週からサービス付き高齢者向け住宅(以下
「サ高住」と呼びます)についてお話をします。
先週少しお話した通り、有料老人ホームとサ高
住との関係は所管する法律の違いもあり少々複
雑になっています。ですので、お話を整理しな
がら進めていくことが必要なんですが、どこか
らお話したらよいかと考え抜いた末、まずサ高
住という制度の歴史を簡単にお話した
うえで、
現在のサ高住の立ち位置というか老人
福祉法や
介護保険法などの法律との関係を明ら
かにした
のち、施設の概要や費用についてお話
するのが
良いと判断しました。ですので、今週
はサ高住
の歴史についてお話することにします。

まずサ高住の基本となっている法律(「根拠法」
と呼びます)は、平成13年(2001年)、介護保
険法施行の翌年に施行された「高齢者の居住の
安定確保に関する法律(通称「高齢者住まい法」
)」になります。この法律の制定の背景には、
当時の社会背景としての高齢者への住宅供給問
題や住まいへの不安があったことが知られてい
ます。例えばどのようなことかというと、高齢
者の方が転居してアパートやマンションに入居
しようとしたとき、高齢であることや独居であ
ることに伴うリスク(病気や孤独死等)などを
理由にした部屋の貸し渋りや、高齢世帯である
ことを理由にして賃貸契約解除を大家から迫ら
れるというような事態であったり、独居高齢者
で身寄りがいない場合に賃貸契約時に必要な保
証人を立てることができず入居を断られたりな
ど、多岐に渡った問題が発生していました。ま
た、不動産業者や賃貸住宅の所有者側に立って
みると、高齢者の方の入居については、身寄り
のない方に万が一のことがあった場合に引受先
が見つからなかったり、収入が安定しないこと
による家賃の滞納や退去後の部屋の修繕費等の
費用徴収が難しくなったりするリスクが想定さ
れますので、勢い高齢者の入居に対して慎重と
いうか及び腰にならざるを得ない状況もありま
した。これらの状況が原因で「高齢者の住宅難
民」という言葉も話題になったほどだったんで
すね。そこで国土交通省が所管省庁として先ほ
どの高齢者住まい法が制定され、法律を整備す
ることで高齢者への住宅供給の安定化を図るよ
うになったんですね。施行当時は、住宅の家賃
保証の制度や高齢者が安心安定して暮らすこと
ができる基準を満たした賃貸住宅を「高齢者専
用賃貸住宅」等として登録し、その情報を提供
する制度などがありました。そしてこの高齢者
住まい法が平成23年に改正され、先ほどの高齢
者専用賃貸住宅等の制度が廃止され、現在のサ
高住として制度内容が一本化されるに至ってい
ます。この歴史を見てみると、高齢者住まい法
に伴う一連の施策は、結果として高齢者福祉の
諸施策とリンクはしていますが、もともとは高
齢者への一般(賃貸形式)住宅の安定供給とい
うハード面の充実を目的とした独立した施策で
あったことがお分かりいただけると思います。

以上がサ高住の歴史の概略となります。現在の
サ高住に至るまでには上述のような変遷を経て
いるということなんですね。で、これらの歴史
を踏まえたうえで、次回はサ高住の制度につい
て、有料老人ホームと比較しながらお話をして
いきます。では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の11-10。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第338回。

12月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?
私事ですが、毎年12月は手帳の更新時期
んですね。ワタシは1月始まりのものしか使い
ませんので、いつもこの時期に来年
の手帳に切
り替えることにしています。加え
て手帳のメー
カーとタイプも決まっているの
で、毎年同じタ
イプの手帳を使うことでスト
レスフリーな手帳
ライフを送ることができて
いました。
そう、今年までは…。
来年の手帳は、メーカーとタイプは同じですが、
A5からB5へとサイズアップ!文字は見
やすく、
メモ欄も大きくなり近年の老眼から
くるストレ
スフルな手帳ライフとはおさらば!
と喜んでい
いのか悲しむべきなのか、複雑な
気分で平成最
後の師走を迎えるヒロモリでござい
ます。
というところで、自転車奔走記始まります!
+++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑 その10の10

【語句】
有料老人ホーム

【意味】
高齢者が入居して、入浴や排せつ、食事の介護、
食事の提供など日常生活上必要なサービ
スを提
供する施設。老人福祉法で定める老人
福祉施設、
介護保険法で定める介護保険3施
設及び認知症
対応型共同生活介護の施設でな
いものの総称。

【解説】
今週は有料老人ホームの種類についてお話し
す。
現在の所有料老人ホームは、入居対象者や
護サービス提供の形態などで以下の3つの種
類に分けることができます。
①介護付き
②住宅型
③健康型
そしてこれらの有料老人ホームとは別に『サ
ビス付き高齢者向け住宅(サ高住)』とい
う名
称の施設もあります。このサ高住ですが、
施設
名称や制度が有料老人ホームの制度とご
っちゃ
になって使われることが多く見受けら
れている
現状があります。本来「サ高住」と
「有料老人
ホーム」は根拠・所管法が別の施
設なんですが、
外見上はほぼ同じ施設になる
(見える)のに加
え、法律の関係のややこし
さ、例えば「有料老
人ホームであり同時にサ
高住でもある施設、有
料老人ホームのみの施
設はあるが、有料老人ホ
ームではなく「サ高
住」として単体で存在する
施設は存在し得な
い」という禅問答のような現
象があり、それ
ぞれの違いが非常に分かりにく
くなっていま
す。ですが、結論から言うと「サ
高住」も有
料老人ホームに含まれると解釈する
ほうが妥
当ですし、何より分かりやすいので、
あえて
④サービス付き高齢者向け住宅として有
老人ホームの類型に加えてお話をしますね。
では早速それぞれの種類を見ていきましょう。

①介護付き有料老人ホーム
このタイプの有料老人ホームはその名が示す
り、食事や洗濯、掃除等の家事・生活支援、

せつや入浴などの身体に関わる介護、そし
て必
要に応じて機能訓練やレクリエーション、
サー
クル活動など、様々な介護サービスをそ
の施設
で受けることができます。このタイプ
の施設で
あるには、介護保険で定められてい
る「特定施
設入居者生活介護」という介護事
業者の指定を
その施設が都道府県から受ける
必要があります。
この指定を受けた介護付き
有料老人ホームには、
配置基準で定められた
数以上の介護職員や看護
職員、機能訓練(リ
ハビリテーション)指導員
などの看護・介護
スタッフに加え、生活相談員
(入居者や家族
から生活上の相談を受けたり行
政的な手続
きを行う等)、ケアマネジャー(特
定施設入
居者生活介護サービスを提供するため
に、入
居者の目標に沿ったケアプランを立案・
監督
する)などの配置が義務付けられています。

このように介護に必要な体制が予め整ってい
施設ですので、仮に入居時は自立であった
が介
護が必要になった場合や介護度が重い方
でも、
そのホームで生活をし続けること、い
わば終身
で利用が可能な施設と言うこともで
きます。

②住宅型有料老人ホーム
このタイプの施設では、施設側が提供するの
食事や洗濯、掃除等の生活支援サービスの
みに
なります。「住宅型」というのは、住ま
いの場
所と最低限の生活支援サービスを提供
するとい
う意味で考えていただければOKです
。ですので
①の介護付きとは違い、排せつ
や入浴などの介
護が必要になった場合は、施
設スタッフによる
介護サービスの提供ではな
く、自宅での介護と
同様に担当のケアマネジ
ャーが付いて、必要に
応じて訪問介護や通所
介護、福祉用具貸与など
の介護保険サービス
を利用して介護を受けるこ
とになります。こ
の介護保険サービス事業所は、
ホームに併設
されていることが非常に多いです
が、もちろ
ん外部の介護保険サービス事業所を
利用する
ことも可能です。また、介護保険サー
ビスと
は別に、保険外で通院の付き添いや買い
物の
付き添い等、施設独自のサービス(有償の
合もあります)を提供している施設もありま
す。ただ、介護度が非常に重くなったりする
在宅サービスだけでは対応が困難になりま
すの
で、その場合はホームを退去して、介護
保険施
設等への入所が必要になる場合もあり
ます。

③健康型有料老人ホーム
このタイプの施設は、身の回りのことは自分
できる自立した状態の高齢者の方が対象で、

供されるサービスも家事や食事等サポート
サー
ビスが中心になります。今風に言うと
『シニア
向けマンション』のような位置づけ
でしょうか、
介護というよりは生活を元気に
楽しむための設
備やサービス、例えば温泉や
スポーツジムなど
の設備が充実している所が
多いのも特徴です。
ただ、名称の通り要介護
となった場合など自立
した生活継続が困難と
なった場合は、契約を解
除し退去することが
原則になります。また施設
数も①と②に比
べると非常に少ないですね。

というところで今週はここまでとします。
次回は④のサービス付き高齢者向け住宅につ
てお話します。
では、またお会いしましょう。
皆様、風邪などひかないよう体調管理には十分
注意してくださいね。
では、SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の11-9。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第337回。

たきび版:介語苑・その10の9。

【語句】
有料老人ホーム

【意味】
高齢者が入居して、入浴や排せつ、食事の介護、
食事の提供など日常生活上必要なサービスを提
供する施設。老人福祉法で定める老人福祉施設、
介護保険法で定める介護保険3施設及び認知症
対応型共同生活介護の施設でないものの総称。

【解説】
今週からようやく本題の「有料老人ホーム」の
お話になります。思えば、介護保険3施設に始
まって養護老人ホームから軽費老人ホーム群ま
でと、ずいぶん迂回してきましたね。それもこ
れも、有料老人ホームについて正確な理解をし
ていただくための土台として必要な背景知識で
すのであえてお付き合いしてきてもらいました。
そもそも「有料老人ホーム」というのは、制度
的には少しあいまいな部分がある施設類型なん
ですね。前掲の【意味】の部分を読み返して頂
くとワタシの言わんとしていることがご理解い
ただけると思います。この部分の文章は老人福
祉法第29条の一部を分かりやすく改変したもの
ですが、文意を分解すると、「有料老人ホーム」
という施設は、

①高齢者を入居させる(住居の提供)施設
②入浴や排せつ、食事の提供、および日常生活
 上必要なサービスを提供する

施設と言えます。ですが、この定義だと今まで
お話してきたすべての高齢者施設が当てはまる
ことになりますよね。ですので、①と②を満た
す高齢者入所施設から、

③介護保険3施設(介護老人福祉施設、介護老人
 保健施設、介護療養型医療施設)、特別養護
 老人ホーム、養護老人ホーム、軽費老人ホーム
 A・B・C型、そして介護保険サービスである認
 知症対応型共同生活介護(グループホーム)
 を除いた施設

という定義付けがされています。
普通、何らかの施設を定義する際はその定義の
要件を明示しますよね。例えば特別養護老人ホ
ームであれば、老人福祉法第二十条の五におい
て「特別養護老人ホームは、(中略)を入所さ
せ、養護することを目的とする施設とする。」
と規定されていますし、介護保険法によって介
護老人福祉施設としての定義がなされています。
ですが有料老人ホームについては、「有料老人
ホームとは、カクカクシカジカを行う施設であ
る」という明示条文ではなく、何か引き算した
余りみたいな扱いを感じる内容ですよね。逆を
解すれば、介護保険3施設、特養、養護、軽費
の各老人ホーム、およびグループホーム以外の
高齢者入所施設はすべからく有料老人ホームと
して扱うという意味になっている訳です。これ
には少し理由があるのですが、有料老人ホーム
の歴史を知っておくことも大切だと思いますの
で、ついでにお話しておきます。以前の老人福
祉法では、第4章の3に(有料老人ホーム)と
いう見出しがついていました。そして同法29条
第1項で、「有料老人ホーム(常時十人以上の
老人を入所させ、食事の提供その他日常生活上
必要な便宜を供与することを目的とする施設で
あつて、老人福祉施設でないものをいう。以下
同じ。)を設置しようとする者は、あらかじめ、
その施設を設置しようとする地の都道府県知事
に、次の各号に掲げる事項を届け出なければな
らない。」という文面になっていました。当時
の有料老人ホームというのは、10人以上の高齢
者が入居している施設という定義付けがなされ
ていた訳です。ところが、介護保険法の施行や
高齢化社会の進行によって定員10人以下の小規
模の高齢者入居施設があちこちに出現し始めま
した。当時の老人福祉法では10人以下の施設は
有料老人ホームとしての届け出をする必要がな
く、そもそも有料老人ホームではないと解釈で
きますので、それらの施設は法や行政の監督下
に入らないことになり、さまざまなトラブルや
事故が多発するようになりました。加えて、当
時(平成17年前後)は、国土交通省が高専賃
(「高齢者専用賃貸住宅」の略。現在は廃止)
などの高齢者の安定した住まい確保に関する様
々な施策を打ち出していた時期でもあり、これ
らに併せる形で老人福祉法が改正され、有料老
人ホームの定員要件が全廃(一人でも入所して
いれば有料老人ホームとなるという意味)され、
施設で提供されるサービスも①食事の提供②介
護(入浴や排せつ、食事等)の提供③洗濯、掃
除などの家事の提供④安否確認を含む健康管理
のサービス、これら4類型のうち一つでも該当
すれば有料老人ホームとして届け出の義務が生
じるという具合に改正されて現在に至っていま
す。ここで「届け出」という文言が出てきまし
たが、介護保険施設や特養、養護、軽費の老人
ホームなどは「許認可制(介護保険では「指定」
と言います)」を取っていますので、事業を開
始するには必ず行政や監督機関からの許認可が
必要になります。ですが、有料老人ホームにつ
いては「届出」、つまり事後報告みたいな形に
なっている点です。現在、有料老人ホームを開
設するには、解説検討段階から市町村や都道府
県などと事前相談、事前協議を重ねて計画を実
施していく必要があります。つまり有料老人ホ
ームの運営には制度的規制が掛けられている状
況なんですが、それでも無届の状態で運営され
ている有料老人ホームがいまだに存在するのも
一つの現状なんですね。全ての無届有料老人ホ
ームが、そのサービスや運営の質において悪い
施設であるかどうかは分かりませんが、老人福
祉法において有料老人ホームの設置届けの提出
は義務付けされていますので、その意味で無届
ホームは法令違反施設であることは確かですね。
少しお話が逸れましたが、有料老人ホームとは?
と問われると、以上のような少々分かりにくい
説明しかできない状況ではあります。ですので、
ワタシなりに有料老人ホームを定義すると…

①高齢者が入居して生活する施設であること。
②「入居」、即ち賃貸形式で居室を使用する施設
 であること。
③家賃や食費などの生活費が総額実費負担となっ
 ている施設。

としておきます。
というところで今週はここまで。次回は有料老人
ホームの種類についてお話しますね。
++++++++++++++++++++

次回の自転車奔走記は12月になります。
もう師走になってしまいますね。街中もクリスマス
のイルミネーションやお正月準備のチラシなどが目
立ちます。皆様、年末の忙しい時期が始まりますの
で、体調管理や事故には十分ご注意くださいね。
では、また次回お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の11-8。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第336回。

11月も折り返しを過ぎました。ということは今年
もあとひと月半!
『月日は百代の過客にして、行
きか
ふ年もまた旅人なり』とは言うものの、ここ
数年は行きか
う年も年々スピードアップ、新幹線
くらいのスピードで通
り過ぎて行ったような気も
します。
もしかすると来年はリニアモーターカー?
と、今から恐れおののくヒロモリです。
さて、晩秋から初冬に向けて気温も徐々に低下し
ています。今年は暖冬
になるみたいですが冬は冬!
風邪や
体調不良には十分お気をつけくださいね。
あと、インフルエンザの予防接種、まだの方はお
早めにお願いしますね!
というところで【自転車奔走記】始まります!
+++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑 その10の8

【語句】
有料老人ホーム

【派生語】
軽費老人ホーム

【意味】
身体機能の低下などにより、自立した日常生活
を営むことに不安があると認められ、
かつ家族
による援助を受けることが困難な
人に対し無料、
または低額な料金で入所、
食事の提供や入浴等
の準備、相談・援助、
社会生活上の便宜の供与、
その他の日常生
活上必要な便宜を提供する施設。

【解説】
今週は軽費老人ホームの入所方法と費用につい
てお話します。
まず入所方法についてから。
軽費老人ホー
ムはA、B、C、いずれの型のホー
ムでも直
接施設に申し込む形となります。全般
に共
通して言えることは、申し込み時に必要な
書類等は個々の施設によって差はありますが、
先週お話しました通り月額利用料に所
得に応じ
ての減免制度がありますので、住
民票や所得証
明書等資産状況が分かる書類
は必要になります。
申し込み後は申込者の健康状態や生活状況、所
得資産状況を総合
的に判断して入居が決まるこ
とになります。
(ただ、A型とB型については、
月額34万円
以上の所得がある方は入居対象外と
なりま
すのでご注意してくださいね。)

続いて、入居費用についてです。A型とB型の軽
費老人ホームについては、保証金以外
の入居一
時金(いわゆる敷金のようなもの
です)等が発
生しませんので、月額の利用
料のみの支払いに
なります。その利用料も、
所得に応じて変動す
るのと、A型とB型では
食事提供の有無等の違い
があったりと、一
概に述べることが難しんです
が、大雑把に
A型で6~17万円前後、B型で
5万円以内
と考えてもらえればOKです。
ただC型
(ケアハウス)については、保証金の他
入居一時金などの初期費用が発生したりする分
A型B型に比べてやや高額になります。
また一般型
のケアハウスと介護付きのケ
アハウスでは、介護
サービスにかかる費用
にも違いが生じます。こち
らも施設によっ
て差がありますので一概に言えま
せんが、
一般型ケアハウスでは月額費用はA型軽費
老人ホームと大体同じの6~17万円程度、介護付
きケアハウスの場合は、要介護度に
よって変動が
生じるので、6~20万円く
らいと考えていただ
ければ大丈夫でしょう。

このように、費用の面から入居施設としては人気
が高い軽費老人ホームですが、今後
は軽費老人ホ
ームという施設類型はケアハ
ウスに一本化されま
す(A型とB型は漸次ケ
アハウスへの移行となりま
す)。ので、A
型B型への入居はますます難しくな
ります
し、ケアハウス自体も数はそれほど多くあ
りませんので現状入居待ちの方が結構いらっしゃ
るような状況です。

さて、これにて軽費老人ホームのお話は終了とな
ります。介護保険三施設から始まり、
養護老人ホ
ームそして軽費老人ホームとい
う具合に様々な施
設を見てきました。これ
らの施設は根拠・所管法
の種類や入所(入
居)形態などたくさんの違いが
ありますが、
共通点を挙げるとすると、どの施設
も入居
費用について減額や減免があり、費用もや
や低く抑えられているという点だと思います。
次回からお話します有料老人ホームと
の一番の違
いはその辺りになりますね。
というところで、今週はここまで。

次回から本題である
有料老人ホームについて
のお話になります。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の11-7。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第335回。

秋も深まってきました。
たきびのある津市は11月に入っても比較的暖か
な日が続いて過ごしやすい毎日ですが、
その分ち
ょっと紅葉が遅れているかなという
印象ですね。
と、秋を満喫するのも大事ですが、インフルエン
ザへの注意はもっと大事!
早くもインフルエンザ
に罹った方の話が耳に
入ってきています。
皆様、予防接種は済みましたでしょうか?
まだの方は早めの接種をお願いします!また風邪
も流行っている様子ですので、帰
宅時には必ずう
がいと手洗い、そして咳や鼻
水等の風邪症状を感
じたら早めの医療機関受
診をお願いします。
元気に晩秋を楽しみましょうね。
では「自転車奔走記」始まります!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑 その10の7

【語句】
有料老人ホーム

【派生語】
軽費老人ホーム

【意味】
身体機能の低下などにより、自立した日常生活を営
むことに不安があると認められ、かつ家族
による援
助を受けることが困難な人に対し、無
料、または低
額な料金で入所、食事の提供や入
浴などの準備、相
談・援助、社会生活上の便宜
の供与、その他の日常
生活上必要な便宜を提供
する施設。

【解説】
今週から軽費老人ホームについてのお話になります。
前回までお話していた特別養護老人ホー
ムや養護老
人ホームと同様に老人福祉法によっ
て定められた老
人福祉施設の一類型という位置
づけになります。施
設のイメージとしては【意味】
の部分でお話した通
り、生活の自立度が高い
(介護度が低い)高齢者の
方を対象として、低
廉な(軽費)費用で入居、生活
ができる施設と
いうことができます。高齢者の入所
施設に関し
て「ケアハウス」という施設名称(類型)
を聞
いたことがある方もいらっしゃると思いますが、
このケアハウスがまさに「軽費老人ホーム」という
ことができます。ただ、現状ではケアハウ
スの他に
も軽費老人ホームと呼ばれる施設があ
りますので、
軽費老人ホームの施設を総ざらい
してから、その中
の一つとしてケアハウスのお
話はしていきたいと思
っています。そういうと
ころで、まずは軽費老人ホ
ームの種類について
です。軽費老人ホームには次の
3つの型があり
ます。

①軽費老人ホームA型
②軽費老人ホームB型
③軽費老人ホームC型(ケアハウス)

これらの共通点は、
(1)老人福祉法及び関係法令によって定めら
           れた老人福祉施設である。
(2)介護保険法等で定める入所施設ではない。
(3)費用の一部に行政からの助成がある
        (無いケースもある)。
(4)入所の申し込みは施設ごとに行う
         (行政措置ではない)。

となります。続いて、軽費老人ホームの3つの型
ついてお話します。

①A型
家庭環境や住宅事情、経済状況などの理由から居宅
において生活することが困難で、生活障害
に応じた
支援を利用すれば自立した生活が維持
できる低所得
者向けの施設。受けることができ
るサービスの内容
は、食事の提供や日常生活に
必要な便宜(入浴の準
備、緊急時の対応、生活
相談など)などが中心とな
ります。入所の要件
としての要介護等認定の制限は
ありませんが、
日常生活に介護を要する状態になる
と退去を求
められるケースがあります。

②B型
A型軽費老人ホームから食事提供のサービスを抜き、
介護を担当する職員も配置されていない
施設です。
食事は自炊が原則となるので、居室
ごとにキッチン
が設備されています。A型に比
べて、より住居の比
重が大きい施設と言えます。
入所の要件としての要
介護等認定の制限はあり
ませんが、日常生活に介護
を要する状態になる
と退去を求められるケースがあ
ります。

③C型(ケアハウス)
A型、B型とはやや違い、身体状況は自立或いは自立
に近い状態を維持できているが、自炊がで
きない方
や、自立生活に不安な方に対応するの
がケアハウス
と考えていただければOKです。
つまりA型やB型に
比べて生活への支援の必
要性が高い方が対象となり
ます。ケアハウス
には①一般(自立)型と②介護型
の2つの型が
あります。

①一般(自立)型
60歳以上で、さまざまな問題により自宅での自
立した生活に不安のある高齢者の方を対象とし
ています。名称が示す通り、日常生活について
は自立していることが前提となりますが、介護
を要する状態になっても、外部の介護サービス
(訪問介護等)を利用して住み続けられること
も可能です。ただ、日常生活が自立しているこ
とが前提となっていますので、介護の状態像と
して要介護3程度以上となると退去を求められ
る場合もあります。

②介護型
介護保険制度の「特定施設入居者生活介護」の
事業者指定を受けたケアハウスとなります。対
象は65歳以上かつ要介護1以上の介護認定を
受けている方です。特定施設入居者生活介護と
は、有料老人ホームやケアハウス等の施設に入
居している利用者に対して、入浴・排せつ・食
事等の介護などその他必要な日常生活上の支援
を行うサービスになります。ですので、この指
定を受けている介護型ケアハウスでは、介護度
が大きくなっても必要な介護サービスを受けて
住み続けることが可能となります。

以上のように、軽費老人ホームには5つの形態があ
りますが、A型とB型については、いずれケ
アハウス
(C型)に移行していくことになって
いますので、
これからの軽費老人ホームはケア
ハウスが主流とな
っていきますね。また、東京
などの都市部において、
地価が高いためにケア
ハウスの施設基準を満たす施
設を整備が進まな
かったことを踏まえて施設基準を
緩和し、地価
の高い都市部でも整備が進むよう一定
の配慮
がなされた「都市型軽費老人ホーム」という
のもあります。

というところで今週はここまでとします。
次回
は軽費老人ホームの入所方法や
費用についてお
話します。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の11-6。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第334回。

11月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょう
か?
秋本番を迎えて、透き通るような秋晴れの
持ちの良い日が続いていますね。
ところで、先日
ワタクシの仕事用のパソコ
ンが新しいものに変わ
りました。
日々加速度的に進化する高度情報化社
会に
合わせて、ケアマネ業務のアップグレード
業務の効率化を目指して…
と言いたいところです
が、以前使用してい
た小型のノートパソコンの画
面が見づらく
なった、つまり『老眼の進行』によ
る作業
効率の低下が主な原因だったんですね

大きな画面で「見やすい!」「作業が早い!」と
一人はしゃぐワタクシを傍目に
見ながら、なんと
も言い難い悲哀を感じた
そうです(スタッフ談)。
見やすくなった画面でキータッチも快調!
「自転車奔走記」始まります!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・その10の6

【語句】
有料老人ホーム

【派生語】
養護老人ホーム

【意味】
老人福祉法に基づく老人ホームの類型。
65歳以上で、環境上及び経済的な理由で
自宅での生活(養護)が困難となった方が
入所して生活を行う施設。

【解説】
引き続き養護老人ホームについてお話します。
前回、養護老人ホームの位置づけについてお
しましたので、今週は入所の要件や費用な
どに
ついてお話します。まず入所の要件につ
いて。
老人福祉法にも書かれている通り、65
歳以上で
あることが第1の要件になり、この
要件は他の
施設と変わりありませんが、介護
保険施設と違
う点は「入所の基準となる介護
度は定められて
いない」という点です。介護
老人福祉施設であ
れば要介護3以上、介護老
人保健施設は要介護
1以上など、介護保険施
設では入所の要件とな
る要介護度が定められ
ていますが、養護老人ホ
ームについては法令
等で明確に介護度の規定は
ありません。ただ、
養護老人ホームの設立目的
は、特養が“高齢者
の介護”となっているのに対
し“高齢者の養護”
となっていますので、最低限
身の回りのこと
が自分でできるような身体、心
身の機能を有
していることが必要となります。
ですので、
介護度に換算すると要支援~要介護
1程度
(あくまで目安です)の状態像の方が対
象に
なるとお考え下さい。では、養護老人ホー
に入居中の方が介護を要するようになった場
合はどうなるか?といいますと、もともと養
老人ホームには職員として看護師や支援員
が配
置されていますが、日常身の回りの最低
限の支
援を行うことが目的ですので、基本的
には介護
保険等の外部のサービスを利用する
か介護の提
供可能な他の施設へ転居すること
になります。
入所の要件は他にもありまして、入院加療の必
要がないような健康状態である
ことや、家族関
係や住居の問題で在宅での生
活が困難であると
いう「環境上の理由」、そ
して生活保護世帯や
住民税非課税世帯である
ことなどの「経済的理
由」などに該当するこ
とが必要となります。

続いて、入所までの流れを見てみます。
〇入所までの基本的な流れ
①相談
入所希望者の方は、お住いの市町村の福祉課
の担当窓口または福祉事務所に入所相談
します。

②調査
市町村は本人、その扶養義務者等に係る養護
状況、心身状況、生計状況、その他の必要
な事
項について調査を行います。

③判定
入所判定委員会が開催され、調査及び本人の
康診断等に基づき、入所を申し込んでいる
方に
ついて、市町村が入所措置の要否を判定
します。

④措置決定
市町村長が入所判定委員会の報告により入所
置の要否を決定します。

⑤入所
施設との面談や調整等を経て、養護老人ホー
に入所します。

このように、あくまでも“措置”による入所と
りますので所定の手続きを踏むことになり
ます
ので、このあたりが他の介護保険施設と
はやや
違う点ですね。続いて費用についてお
話します。
以前お話した介護保険3施設では、
介護保険利
用料+居住費+食費+その他費用
という構造で
したが、養護老人ホームでは入
所者の年間収入
に応じて負担する費用の額が
細かく決められて
いますので、一概に入所費
用の額を述べるのは
難しいのですが、
0円(負担なし)から上限8~
9万円の範囲
とお考えいただければよいと思い
ます。その
他の特徴として、外出や外泊は基本
的に自由
であったり、病院受診は自己受診が原
則であ
ったりします。あくまでも、自宅での生
活が
様々な理由で困難になった方を養護するこ
が目的ですので、施設での生活は基本的に自
由度が高いのが特徴ですね。

 以上、養護老人ホームにつてのお話でした。
次回は、軽費老人ホームについてお話しますね。
この軽費老人ホームも施設類型が複数あって少
し分かりにくいものですで、できる限り分かり
やすくお話をする予定です。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の11-5。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第333回。

日増しに秋の色が濃くなっていますね。皆様いかが
お過ごしでしょうか?そろそろ紅葉も見ごろかな?
と情緒溢れたお話しをしたいのはヤマ
ヤマですが、
今年もインフルエンザの予防接種が始まりました!
備えあれば憂いなし。予防接種を受けてもOKな方は
必ず受
 けて下さいね。予防接種をしても抗体ができ
るまでしばし時間がかかりますので、早めの接種も
心がけて下さいね。
健康第一で楽しい秋本番を迎えましょう!
では【自転車奔走記】始まります。
+++++++++++++++++++

たきび版:介語苑 その10の5

【語句】
有料老人ホーム

【派生語】
養護老人ホーム

【意味】
老人福祉法に基づく老人ホームの類型。
65歳以上で、環境上及び経済的な理由で
自宅での生活(養護)が困難となった方が
入所して生活を行う施設。

【解説】
今週は『養護老人ホーム』についてお話しします。
前回お話しした『特別養護老人ホーム』と語句が似
ていますよね。それもそのはず、この二つの施設は
介護保険制度が始まる前は言わば兄弟分的な施設で
した。歴史を紐解くと昭和初期の救護法で定められ
た「養老院」という施設がその起源という事が出来
ます。その後戦争を挟んでいくつかの変遷を経て、
昭和38年に施行された老人福祉法で養老院は「老人
ホーム」という総称に替わり、その類型として『養
護老人ホーム』と『特別養護老人ホーム』という名
称と施設の基準が定められ現在に至っています。

根拠法が老人福祉法という事です。介護保険法が施
行される前までは、両施設とも入所には「措置」と
いう手続きが必要でした。措置とは行政措置の事を
指し、この場合、老人ホームへの入所を決定し、対
象者を老人ホームへ入所させる権限を持ち、行使す
る主体が行政(市町村等)であるという事ですね。
ですので、入所の申し込みは直接施設にするのでは
なく市町村へ行います。そして市町村が入所を決め、
入所させるという手続きを踏むことになります。
参考の為、老人福祉法の条文を掲載します。

(老人福祉法)
第一一条 市町村は、必要に応じて、次の措置
採らなければならない。
一 六十五歳以上の者であつて、環境上の理由及び
経済的理由(政令で定めるものに限る。)により
居宅において養護を受けることが困難なものを当該
地方公共団体の設置する養護老人ホームに入所させ
又は当該市町村以外の者の設置する養護老人ホーム
に入所を委託すること。
二 六十五歳以上の者であつて、身体上又は精神上
著しい障害があるために常時の介護を必要とし、
かつ、居宅においてこれを受けることが困難なもの
が、やむを得ない事由により介護保険法に規定する
地域密着型介護老人福祉施設又は介護老人福祉施設
に入所することが著しく困難であると認めるときは、
その者を当該市町村の設置する特別養護老人ホーム
入所させ、又は当該地方公共団体以外の者の設置
する特別養
護老人ホームに入所を委託すること

あえて太字で「入所させ」と書きました。
の「~させる」という文言が良くも悪くも措置
いう行政手続きのニュアンスを良く現してし
ますね。
さて、時は過ぎ、特別養護老人ホームは平成12年の
介護保険法施行に伴い『介護老人福祉施設』
として
の位置づけがなされ、介護保険事業で入所
(施設)
サービスの提供が可能となりました。一
方養護老人
ホームは介護保険法においての施設サ
ービスとして
位置づけられず、老人福祉法に基づ
く老人ホームの
まま現在に至っているという訳です。
以上が、大ま
かな養護老人ホームの歴史となりま
す。ですので、
現在においても、養護老人ホーム
への入所の申し込
みや決定は市町村が担っており、
措置という形で入
所が決定されるということにな
ります。

続いて、養護老人ホームの入所の要件及び費用に
いて…と行きたい所ですが、ちょと寄り道
を。
先程、養護老人ホームの根拠法は老人福祉法であ
と書きました。では、介護老人福祉施設とも呼
ばれ
る「特別養護老人ホーム」はどうなのか?と
いう素
朴な疑問が浮かびます。その答えは「特
別養護老人
ホーム」という施設類型は今でも老人
福祉法におい
て有効に機能しているという事なん
ですね。
?????

となりますよね。そのからくりはこうです。
特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)は、現
二つの法律に基づいて運営されていることにな
りま
す。老人福祉法と介護保険法ですが、法律に
は『後
法の優先』という考え方があり、例外を除
き、基本
的に後から出来た法律が前にできた法律
より優先さ
れるという決め事があります。ですの
で昭和38年
に施行された老人福祉法と平成12
年の介護保険法
では、介護保険法が優先されると
いう事になります。
ですので、老人福祉法で有
していた特別養護老人ホ
ームの機能は、そのまま
介護保険法でのサービスに
置き換えられたと理解
して下さい。具体的には特別
養護老人ホームが
持っていた養護・介護の機能は介
護保険事業所と
しての指定を都道府県から受けるこ
とで、「介護
老人福祉施設」として介護保険給付に
よる施設サ
ービスの提供で実施が可能となりました。

入所に関しても、「後法の優先」により老人福祉法
に基
づく措置入所ではなく介護保険法に基づく個々
施設との契約入所が実施される訳なんですね。一
般的な特養のイメージである(自宅での介護や生
が困難となった方が、必要な介護や看護のサー
ビス
を受けながら生活できる)施設機能は、正確
には特
別養護老人ホームにおいてではなく「介護
老人福祉
施設」が担う事になる訳です。では、併
存している
老人福祉法はどのように機能している
か?と言いま
すと、前掲の老福法の条文を思い出
してください。
『(前文略)やむを得ない事由に
より介護保険法に
規定する地域密着型介護老人福
祉施設又は介護老人
福祉施設に入所することが著
しく困難であると認め
るときは、その者を当該市
町村の設置する特別養護
老人ホームに入所させ…
(後略)』つまり、何らか
の理由で介護保
険法に乗らないが、介護療護が必要
な高齢者につ
いては老人福祉法に基づく措置入所も
生きている
という訳で、具体的には高齢者虐待に関
わるケー
スが想定されています。

以上、お話しを整理すると、
①養護老人ホームは老人福祉法に基づく、高齢者
入所施設であり、入所は措置に基づく。
②介護保険法の介護老人福祉施設の指定を持つ特
養護老人ホームは、後法優先の原則に基づき、
介護
保険給付での施設サービスの提供を行う。
入所は入
所者と施設との契約に基づく。
③特別養護老人ホームは介護保険法が優先であっ
も、やむを得ない事由等があれば老人福祉法に
基づ
く措置入所がなされる場合もある。

という事になります。少々ややこしいお話しでした。
ちょっと長くなり過ぎましたので今週はここまで。
次週、養護老人ホームの入所要件や費用について、
そして軽費老人ホームについてお話しをしますね。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の11-4。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第332回。

待ちに待った秋の到来!
と喜んでいたのもつかの間、4
まさかの秋花粉アレルギー

くしゃみに鼻水が止むことなく続き「病は気から。
病気は気合で治す!」をモット
ーにしていた私も
さすがに参っています。
耳鼻科へ行ってきますね。
と、雨にも負けず、風にも負けず、雪にも夏の暑
さにはちょい負けし、花粉に全面
降伏のヒロモリ
がお送りします『自転車奔
走記』始まります!
+++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑 その10の4

【語句】
有料老人ホーム

【派生語】
介護療養型医療施設(介護保険3施設)

【意味】
介護保険法の介護給付により入所のサービスを
提供できる高齢者入所施設。介
護老人福祉施設、
介護老人保健施設、介護療
養型医療施設を指す。

【解説】
今週は介護療養型医療施設についてお話しし
す。
介護療養型医療施設は、慢性疾患を有し長
の療養が必要な方のために、介護職員が手厚
く配置された医療機関(施設)で、病状は安
していているものの自宅での療養生活は難
しく
長期の療養が必要であるという方が施設
に入所
して、必要な医療サービスや日常生活
における
介護、リハビリテーションなどを受
けることが
できます。前回までお話しした介
護老人福祉施
設(特養)や介護老人保健施設
(老健)とは少
し違って、「介護」という
冠は付いているもの
の介護施設ではなく医療
機関と考えて頂くとイ
メージがしやすいと思
います。話は戻りますが、
病院の性格が非常
に強い施設になりますので、
結果として入所
される方も特別養護老人ホーム
や介護老人保
健施設に比べて、医療や介護の必
要度が高い
方を対象にしています。

入所の要件としては、要介護1以上の方が対象と
なります。費用に
ついては、特養や老健と同様、
介護保険利用
料(1割~3割)+居住費+食費
(減免あり)
+その他諸費用となります。また、
入所期間
は医療機関等での療養の必要が無くなる
まで
となっています。さて、この介護療養型医療
施設ですが、実は
平成18年の医療保険制度改革
において平成
23年年度末で廃止され、老人保健
施設等へ
の転換を進める予定でしたが、その進捗
が思
わしくなく平成23年の介護保険法改正で平
成29年度末まで延期となり、同年の介護保険制
度一部改正でさらに廃止までの経過措置
期間が6
年間設けられることになりました。

一方、今年平成30年の4月に今までの介護療養
型医療施設に替わる新しい類型の施設と
して「介
護医療院」という施設が新設されて
います。この
介護医療院という施設は、従来
の療養型医療施設
のように医療的なケアの充
実を保ちながら、同時
の生活の場として機能
を強化した施設となってい
ます。介護保険法
では「介護医療院とは、要介護
者であって、
主として長期にわたり療養が必要で
ある者に
対し、施設サービス計画に基づいて療養
の管理、看護、医学的管理の下における介護
び機能訓練その他必要な医療並びに日常生
活上の
世話を行うことを目的とする施設。」
とされてい
て、医療の必要な要介護高齢者の
長期療養の施設
であると同時に、生活施設と
しての場であること
が謳われています。イメ
ージとしては、老人保健
施設に近いと考えて
頂ければOKだと思います。

この介護医療院は今後増える(従来施設からの転
換含む)事に
なりますので、選択肢の一つとして
押さえて
おくべき施設ですね。

と言うところで、介護療養型医療施設についての
お話しはこれにておしまいです。さて
特養、老健、
療養病床という介護保険3施設
を見てきましたが、
この3施設の共通点をまとめておきますね。

①入所には要介護1以上の認定が必要であること。
②入所費用は介護保険利用料+居住費
+食費(減
 免あり)。
③入所後は、施設サー
ビス計画(施設ケアプラン)
 に沿って、必要
な介護や医療的処置を受けること
 ができる。
④介護保険法に定める入所施設である。という事

次回は、介護保険法ではなく老人福祉法に施設の
設置根拠を持つ「養護老人ホーム」と
「軽費老人
ホーム(A型、B型、ケアハウス)
についてお話し
します。
このあたりからお話しがややこしくなっ
てき
そうですので、できる限り分かりやすくお話
しできるよう心して準備します。
次回もお楽しみに。
では、SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の11-3。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第331回。

ようやく、ようやく秋らしい空を眺める事がで
きる日が続くようになってきました。
皆様いか
がお過ごしでしょうか?
長く続いた猛暑と雨の
毎日の影響が体に
ダメージとなって積み重なっ
て、ボディブロ
ーのようにジワジワと効いてき
ている方も多
いのではないでしょうか?体調を
崩しやすい時期ですので、せっかくの
秋満喫の
機会を逃さぬよう、体調管理はどうぞ万全
に!
では【自転車奔走記】始まります!
+++++++++++++++++++++
たきび版:介語苑・その10の3。

【語句】
有料老人ホーム

【派生語】
介護保険3施設

【意味】
介護保険法の介護給付によって入所(入院)の
サービスを提供できる高齢者入所施設。介護老
人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医
療施設を指す。

【解説】
今回は介護保険三施設のうち、介護老人保健施設
についてお話しします。まずは介護老人保健施設
(以下「老健施設」とします。)から。老健施設
は先週お話しした介護老人福祉施設(特養)が終
身型の入所施設であるのとは違い、“中間施設”と
か“通過施設”と呼ばれることが多い施設です。そ
の定義は「介護老人保健施設とは、要介護者であ
って、主としてその心身の機能の維持回復を図り、
居宅における生活を営むことができるようにする
ための支援が必要である者に対し、施設サービス
計画に基づいて、看護、医学的管理の下における
介護及び機能訓練その他必要な医療並びに日常生
活上の世話を行うことを目的とする施設。(介護
保険法より)」とされています。注目していただ
きたいのが下線部の文言で、老健施設の利用の目
的は、特養のように在宅での生活・介護困難者が
必要な介護や支援を受けて安心して生活するため
ではなく、利用者が老健施設に入所して心身の機
能回復を図り、再び在宅生活を送ることができる
ように介護や支援をすることなんですね。ですの
で、老健施設では、施設入所中の専門職によるリ
ハビリテーションの提供や手厚い医療的ケア、及
び在宅復帰を想定したケアプランに沿って介護や
支援を提供していくことを特徴として挙げる事が
できます。また、常勤医師、薬剤師、看護師及び
理学療法士や作業療法士と言ったリハビリ専門職
の配置が義務付けられているなど、医療ケア的な
側面が強いことも重要なポイントです。この人員
配置を見ると病院のようですが、老健施設の入所
者の状態像の一つとして「病状安定期にあるが、
引き続き看護・医学的管理が必要な状態」という
ものがあります。怪我や疾病で医療機関に入院後、
病状安定期に至り継続的な治療は必要ではなくな
ったが、在宅で暮らすにはまだまだ何らかの医学
的、看護的管理が必要である状態という意味です。
平たく言えば入院を続けるほど状態は悪くないが、
退院して自宅に戻るほど良くはないという事です
ね。そのような状態の要介護者に対しての介護を
提供するためには、退院後も引き続き医師や看護
師による医学的な管理が必要になりますので、こ
のような人員配置になる訳ですね。更には、退所
後も必要な看護やリハビリテーションを受けるこ
とができるよう、老健内に訪問看護ステーション
や通所リハビリテーション、訪問リハビリテーシ
ョンなどの在宅サービスを併設している施設も非
常に多く見られます。このように病院のような機
能を有しつつ在宅復帰・維持の為の機能も発揮す
るという正に「中間的」な施設であるという事が
老健施設の特徴であり、特養との一番の違いなん
ですね。では他の内容も見ていきましょう。老健
施設の入所要件は要介護1以上となっています。
入所申し込みは各施設へ個別で行いますが、特養
のような入所判定フォーマットは無く、各施設で
行われる医師や看護師等を中心とした入所判定会
議で入所の可否が判断されるケースが多いですね。
また、医師や看護師が常駐していることもあり、
日常的に必要な医療については施設サービス費に
含まれているので病院にかからずとも施設内で受
けることができます(日常的に必要な医療とは、
血液や尿などの検査や傷を消毒するなどの処置、
その他投薬や注射などです)。老健施設の入所期
間は、在宅復帰を目的とする施設という事もある
ので、3か月ごとに本人の状態を確認し在宅復帰
ができるかどうかを判定します。入所の期間につ
いての法的な定めはなく、規定期間が過ぎれば退
去しなくてはいけないということではありません
が、特養のような終身型の施設でなく、退所を前
提とした施設であるということには十分留意する
必要があります。続いて費用面ですが、この点に
ついては特養と同じで、施設サービス費(介護保
険自己負担分1~3割)+居住費+食費が基本と
なります。ただ、先程お話ししたように施設サー
ビス費に日常的医療提供の分が入っているので、
老人福祉施設の施設サービス費に比べてやや高め
に設定されていますが、ほぼ年金の範囲内で入所
することはできると思います。今回お話しした老
人保健施設ですが、施設の目的やサービスの内容
は特養と老健では全く違う性質を持っているのに、
二つの施設を大まかに高齢者が入所できる老人ホ
ームとして捉えている方が多いのも事実です。

それぞれの役割や目的を知っていただいたうえで、
自分や家族にとってどちらがベターで、必要性が
高い施設であるかを考えたり、選んだりする参考
にしていただければ幸いです。
では今週はここまで。次回は介護療養型医療施設
についてお話しますね。
ではまた来週、お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ