ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
ケアマネの自転車奔走記

ケアマネの自転車奔走記の最近のブログ記事

【自転車奔走記】介語苑・其の69-29。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第483回。

明日はお彼岸。皆様いかがお過ごしでしょうか。
暑さ寒さも彼岸までですが、まだまだ暑い日も
あり
ます。寒暖差がだんだん大きくなるので皆
様体調管理には
ご注意くださいませ。新型コロ
ナウイルス感染症に
かかる緊急事態宣言やまん
防止等重点措置が多くの地域で延長となって
います。ピー
クは過ぎたようですが、油断禁物
です。引き続き行政の発
出する情報や要請に十
分留意
して、感染症対策を抜かりなく確実に行
い、わが身、そし
て身近な人を感染から守るよ
う心掛けましょう。
では【自転車奔走記】はじまります!
++++++++++++++++++++++++++++++++++ 

たきび版:介語苑・69-29。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、
活力を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週からフレイルと栄養の関係についてお話を
します。フレイルと栄養
は密接な関りがありま
す。フレイル
の状態になる原因には疾病や加齢
ど様々ありますが、主要な原因の一つに「低
栄養」を挙げることができ
ます。では、栄養が
どのようにフレ
イルと関わっているのかを見て
いき
ますが、ここで「サルコペニア」というキ
ーワードが出てきます。本ブ
ログで以前取り上
げたことがありま
したが、簡単におさらいして
おきま
すと、サルコペニアとは「加齢や疾患に
より、筋肉量が減少することで、
握力や下肢筋
・体幹筋など全身の筋
力低下が起こることを指
します。ま
たは、歩くスピードが遅くなる、杖
や手すりが必要になるなど、身体機能の低下が
起こること」を指します。

要約すると、筋肉量が減少することで筋力低下
が起こり、歩いたり活動
したりする身体活動が
不活発化する
状態という事になります。このサ
コペニアがフレイルと低栄養とどのように関
わっているか?というと、
一般に「フレイルサ
イクル」という
負の循環で説明がなされること
が多
いですね。では、早速フレイルサイクルに
ついてお話を進めます。
加齢に伴う変化や慢性
的な疾患によ
ってサルコペニアの状態となり筋
肉量・筋力の減少が進むと身体の基礎代謝量が
低下し1日のエネルギー
消費量が減ることにな
り、食欲が低
下、食事の摂取量が減少して低栄
の状態となります。その低栄養の状態がさら
にサルコペニアの状態を悪
くして、筋量や筋力
の低下から食欲
が低下し…と負のサイクルが続
くこと、これが「フレイルサイクル」と呼ばれ
ているものです。

このフレイルサイクルの過程で、サルコペニ
は筋力の低下、易疲労性や活力の
低下を引き起
こすことで身体機能の
低下につながり、結果と
して活動量
の低下や運動量の低下が側面からフ
レイルサイクルの悪循環を刺激します。また認
知機能の低下など精神的
な面の低下も加わると、
さらに活動
量が低下し、社会的な側面も障害さ
れ、日常生活に支障をきたすようになり、さら
にフレイルサイクルに負
の刺激を加え、そして
この循環を繰
り返しながらフレイルが進行し介
護を要するような状態に至ってしまうという流
れになるのです。

このように、要介護状態の大きなトリガーとな
るフレイルですが、一般に中
高年者では過栄養、
肥満からなるメ
タボリックシンドロームが糖尿
病、
脂質異常症などの生活習慣病を引き起こし、
死亡リスクを高くするため
生活習慣病の予防が
大切となります
が、後期高齢者ではフレイルの
原因
となる身体機能や認知機能の低下に関連す
る低栄養への対策が重要とな
るとされています。
つまり、低栄養
の状態をいかに避けるか!とい
う事
がフレイル、あるいはサルコペニアを予防
することに重要な役割を果た
す事になる訳です。

次回はフレイルの予防や対策について栄養面を
主軸に見ていきたいと思
います。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の69-28。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第482回。

めっきり朝夕の空気が涼しくなりました。皆様
いかがお過ごしでしょうか。
新型コロナウイル
ス感染症にかか
る緊急事態宣言やまん延防止等
点措置が多くの地域で延長となりました。一
方で感染者数も高止ま
りとはいえ減少の傾向も
見られて
います。ワクチン接種と感染防止対策
の徹底が今後の明暗を分ける
ことになりそうで
すね。引き続き
行政の発出する情報や要請に十
留意して、感染症対策を抜かりなく確実に行
い、わが身、そして身
近な人を感染から守るよ
う心掛け
ましょう。
では【自転車奔走記】はじまります!
++++++++++++++++++++ 

たきび版:介語苑・69-28。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の
外界から食
物を得て、生長し、活力
を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
いよいよ本編最終章のフレイルと栄
養の関係に
ついてのお話になりまし
た。まずはフレイルに
ついておさら
いしておきましょう。語源は「虚
弱」
や「老衰」の意味を持つ英語にありますが、
フレイルという単語の定義
は「加齢とともに心
身の活力(運動
機能や認知機能等)が低下して
複数
の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活
機能が障害され、心身の脆弱性
が出現した状態
であるが、一方で適
切な介入・支援により、生
活機能の
維持向上が可能な状態像(出典:厚
労働省「後期高齢者の保健事業の
あり方に関す
る研究)」となってい
ます。要約すると、要介
護状態に至
る予備軍であるが、適切な支援や対
策が取られれば健康な生活を回復・維持できる
状態と言えます。現状
の分析では、多くの要介
護高齢者は
フレイルの段階を経て要支援・要
護状態に至ることが確認されてい
ます。

まさに予備軍ですが、そのことは早期にフレイ
ルの状態に気付き、
適切な対策を取れば要介護
状態は回
避できる可能性が高いことを示唆し
もいます。つまり予防が肝心と言
うことですね。
続いてフレイルの状
態とはどんなものなのか?
について
お話します。フレイルの状態になると、
身体面では死亡率の上昇や身体
能力の低下(歩
く速度が遅くなる、
握力が低下する、咀嚼機能
が低下す
るなど)が代表的な症状として観察
れます。他の病気にかかりやす
くなったり、ち
ょっとした病気でも
入院になってしまうリスク
が高くな
るなど身体が外部からのストレスに
い状態になります。精神・心理面
では軽度の鬱
状態や認知機能の低下
を呈するケースも多く見
られます。

このように身体・心身の面で能力の低下により、
本来潜在的である要介
護状態に至る様々な因子
(健康面、
身体機能面、精神心理面、そして社
会生活面)が頭をもたげて顕在化してくる状態
がまさにフレイルなんで
すね。以上、フレイル
についての簡
単なおさらいでした。フレイルに
する詳細は下にリンクを貼っておきますので
興味のある方はご参考に。
というところで今週はここまで!
次回からは本題のフレイルと栄養の関係につい
て詳しくお話していきます。
SEE YOU NEXT WEEK
------------------------------------------

フレイルについて...
公益財団法人長寿科学振興財団HP
健康長寿ネット

【自転車奔走記】介語苑・其の69-27。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第481回。

9月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?残暑を厭う間もなく秋雨前線が到来して、
蒸し暑い毎日が続いていますね。五十路を越え
ると暑さよりも湿度が体に堪えます。早く涼し
い秋の風を体に浴びてみたいと願う毎日。さて、
未だ新型コロナウイルス感染症にかかる緊急事
態宣言が多くの地域で発出されています。繰り
返しになりますが行政の発出する情報や要請に
十分留意して、感染症対策を抜かりなく確実に
行い、わが身、そして身近な人を感染から守る
よう心掛けましょう。
では、自転車奔走記はじまります!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
たきび版:介語苑・69ー27。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、活力
を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週は低栄養の予防やケアについてお話します。
まず予防について。い
ままでお話してきたとお
り低栄養の
一番の原因は食事量の減少ですので、
予防策そのものは至ってシンプルで『しっかり
食べる』ということに尽
きます。しかし高齢に
なると食欲
が減衰したり身体の栄養摂取機能が
低下するなど様々な問題が出てきますので、し
っかり食べるというシン
プルな解決策が分かっ
ていてもなか
なか思うように実行できないのが
情です。ではどのように予防するのか?とな
りますが、これは日頃の積
み重ね、つまり低栄
養を招くような
生活習慣や食習慣を身に着けな
いよ
うにすることになります。病気等での体力
の低下を除いて食欲の不振を
招く一番の要因は
(運動不足・活動
量不足)です。散歩やラジオ
体操な
どの運動習慣を持つようにする、規則正
しい生活リズムを保つ、家事や
趣味、友人など
との地域交流を行う
など運動と活動(個人の生
活活動と
社会活動)を続けることで空腹感を
じ続けることができ、食欲不振か
らくる食事量
の減少を防ぐことがで
きます。

食習慣については、甘い菓子パンや、カップラ
ーメンや袋麺類、
加工食品類など調理や準備が
簡単で
満腹感の強い食品のみで食事を済ますこ
とは控えて、一汁三菜(主食・
主菜・副菜)に
代表されるバランス
の良い食事を摂るよう心掛
けましょ
う。例えば、肉、魚、卵、乳製品、
豆製品などなんでも良いのでたん
ぱく質を多く
含む食品を毎食おかず
に1品入れるだけで、低
栄養の予防
効果は格段に上がります。このよう
に一汁三菜の食事形態では多種多様な食品を取
り入れることで栄養をバ
ランスよく摂取するこ
とができます。
ただ、一汁三菜がどれだけ良い
と言
っても、一人暮らしの場合などどうしても
調理が億劫になってしまうの
も人情です。です
ので調理や準備が
大変な場合は、しっかりとカ
ロリー
や栄養計算ができた宅配の食事も今は充
実しているので積極的に活用す
るのも一つの方
法ですね。他にもド
ラッグストアなどでよく見
かける栄
養補助食品も低栄養予防の強い味方
す。毎日の食事だけでは補えない
栄養素を補う
ためには非常に便利で、
高カロリーのエネルギ
ー補給を目的
とするものや、たんぱく質を補給
るもの、ビタミンを補給するものなど、目的
や用途に応じて種類が豊富
にあります。

種類が多すぎてどれを選んだらよいか分からな
い場合はか
かりつけの薬剤師やかかりつけの医
師に、体の状態や食生活などを伝えて、助言を
もらうのも一つの手です
と言うところで低栄
養の章はおしま
いとなります。繰り返しになり
ます
が、低栄養の予防は日頃の積み重ね、規則
正しい生活と運動量・活動量の
維持、そしてバ
ランスの取れた食事
を続けるに尽きます。健康
なう
ちから(というと語弊がありますが)しっ
かりとした生活習慣を身に着け
て続けていくこ
とが重要なのです。

では今週はこれにておしまい!
次回からは、フレイルについてお話します。
また来週お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の69-26。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第480回。

8月最後の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?
季節外れの鬱陶しい長雨がようやく終わ
ったと思えば、新型コ
ロナウイルス感染症の爆
発的な
感染拡大が止らず、三重県を始め多くの
地域で緊急事態宣言が
発出される事態になりま
した。
改めて、行政の発出する情報や要請に十
分留意して、感染症対
策を抜かりなく確実に行
い、わ
が身そして身近な人を感染から守るよう
心掛けましょう。
大変な時期が続きますが、お
いめげずに頑張りましょう!
では【自転車奔走記】はじまります!
++++++++++++++++++++++++++++++++ 

たきび版:介語苑・69-26。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、
活力を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週は低栄養の及ぼす影響やその診断、ケアや
予防についてお話し
ます。低栄養状態が続くと
身体や
生活面において様々な影響が生じてきま
す。まず、高齢者にとって
低栄養が続くことは
健康上の問題
に直結します。主だったものを挙
げると、感染症にかかりやすくなったり、褥瘡
の好発、傷を負った
ときに治癒が遅れる、骨格
や筋の
萎縮などが低栄養によって現われること
が知られています。そして、
栄養不足により筋
肉量や筋力の低
下、骨量が減少していきますの
で、
筋力低下による歩行や動作の不安定化から
の転倒や、骨量減少によ
る骨折のリスクが増加
します。ま
た、体力も低下していきますので
事や外出などの身体を使う活動
をすることが負
担になっていきま
す。このことは体力の低下だ
けで
なく活動量の低下からくる認知症などのリ
スクトリガーとなります
ので注意が必要ですね。

人間だれしも齢を重ねて高齢になると、万が一
の事故などで骨折し
たり傷を負ったりすること
が珍し
くなくなってしまいます。その際、低栄
養状態が続いていると折れた
骨や傷の治りも悪
くなるため、長
引く痛みなどにより動くことが
ってしまい、さらなる筋肉量・筋力の低下を
招いてしまいます。こ
の筋肉量・筋力が低下し
た状態で
あるため、身体が疲れやすくなったり、
活力が低下したりすること
で身体活動量が低下
していく状態
を「サルコペニア」と呼び、身体
活動量が低下することで、1日のエネルギー消
費量が減って食欲が低
下し、食事の摂取量が減
少してさ
らに低栄養となり、身体活動量もさら
に低下してしまう・・・とい
う悪循環を招く要
因となります。

このサルコペニアの主要なトリガーこそ低栄養
です。また、
筋量や筋力の低下に加えて認知機
能の低下など精神的な面の機能低下も加わると、
さらに活動量が低
下し、社会的な側面も障害さ
れ、
日常生活に支障をきたすようになり、毎日
の生活に支援や介護を要
する状態となります。
そして日常
生活に介護が必要な状態となると
ネルギー消費量はますます低下
していき、食事
量が低下するとい
った悪循環を繰り返しながら
進行
していくのが、次章でお話します「フレイ
ル」という状態なのです
。さて、この低栄養で
すが、診
断や治療はどうなっているのでしょう
か?一般に低栄養の指標とし
て身体計測や血液
検査値が用いら
れています。例えば「体重が6
月間に2~3㎏減少」または「1
~6か月間の体重
減少率が3%以上」
の状態にあるときは低栄養と
診断
されることが多いようです。ちなみにBMI
(体格指数)が18.5㎏/m2未
満の場合は「痩せ」
と言われ低栄
養が強く疑われる状態です。その
他にもアルブミン値や血中コレステロール値な
どの血液検査値で低
栄養を診断する場合も多い
です。
では、低栄養の治療はどのように?とな
りますが、緊急の場合は輸液
などの処置になり
ますが、多くは
慢性的な食事量の減少、食欲の
低下
が原因となりますので、その要因となるあ
らゆる原因をみつけ、根本と
なるところを改善
していくことが主
眼となります。例えば義歯の
かみ合
わせが悪かったり、嚥下能力の低下など
の身体的要因や社会的孤立や喪
失感からくる心
身面の要因、買い物
難民や経済的困窮などの社
会的要因
など、多岐にわたる原因要素を見つけ、
様々な関係者が連携して対応に
当たる必要があ
るのです。

と言うことろで今週はここまで。
次回は低栄養の予防やケアについてお話します。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の69-25。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第479回。

8月も終盤にさしかかってきました。皆様いか
がお過ごしでしょうか?
新型コロナウイルス感
染症の爆発的
な感染拡大が止まりませんね。残
ながらパラリンピックも無観客開催となって、
今年三重で開催される国体も無観客での開催が
決定、場合によ
っては中止になりそうな雲行き
です。
パラリンピックと国体は観に行きたかっ
ただけに本当に残念ですね。
アスリートの皆様
の健闘を祈りつつ、
皆様、新型コロナウイルス
感染症の
拡大防止対策はしっかりされてます
しょうか?
感染症対策を抜かりなく確実に行い、
行政の発出する情報に日々十分注意してお過ご
し下さい。
季節外れの長雨も一段落してまた暑
い日々が戻ってくる気配です。熱中症や脱水症
状で体調を崩さないよう、
しっかりとした水分
補給や室温管理
なども万全にお願いします。
では【自転車奔走記】はじまります!
++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・69-25。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、活力
を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週は低栄養の原因についてお話します。おさ
らいになりますが、低栄養とは、
食欲の低下や
口腔機能の低下により、
食事が食べにくくなる
ことで徐々に
食事量が減り、身体を動かすため
必要なエネルギー、筋肉や皮膚、内臓など体
をつくるタンパク質などの
栄養素が不足してし
まっている状態
のことをいいます。その低栄養
の原
因ですが、直接の原因は食事量(摂取栄養
量)の減少と至ってシンプル
なんですが、その
原因の背景を考え
ると様々な問題が浮かび上が
ってき
ます。高齢者の場合、その食生活や食事
の内容は、身体的な問題はもと
より、経済的な
問題、地域社会的な
問題、加えて心理的問題な
ど高齢者
を取り巻く様々な背景が生活に影響
及ぼし、結果として食欲低下や食
事摂取量の減
少、栄養が偏った食事
に繋がり低栄養を招くと
考えられて
います。そして食事量が減れば体力
も減少するため、活動量も減りさらに食欲低下
となり低栄養を招くとい
う負のスパイラルに陥
ってしまいま
す。その背景要因についてもう少
細かくお話します。

①身体的側面
高齢になると筋力の低下や腰や下肢の痛みなど、
歩行・運動機能の低下
から長い距離を歩いたり、
重たいも
のを運ぶのが難しくなったり、億劫
感じたりすることが珍しくありま
せん。そのた
め、買い物に出かける
回数が減ったり、買い物
に行っても
即席麺やパン類など軽くて運びやす
いものを購入しがちというデーターがあります。
また、調理の際に腰や
膝の痛みなどから長時間
の立ち仕事
に苦痛を感じるようになると、調理
を簡単にするため、調理済みの加工食品を多用
したり、調理の品数を減
らしたりすることも珍
しくありませ
ん。これらは栄養の偏りを生み低
栄養の引き金になり得ます。また、噛む力の衰
えや味覚低下などの口腔
機能が低下することで
食事が摂りづ
らくなり、食欲の低下や食事量の
下を招くこともよく知られています。さらに
は下痢・便秘など消化吸収機
能が低下すること
で食欲が低下した
り、空腹をあまり感じなくな
って1
日の食事回数を減らしたりする場合もあ
ります。

②社会的側面
現在の高齢社会の大きな問題となっている独居
や社会的孤立による閉じ
こもり、過疎地域など
交通手段に制
限がある場合などのいわゆる買い
難民なども低栄養の有力な引き金要因。例え
ば独居で食事を作るの
が億劫になり、インスタ
ント食品や
総菜類などで簡便に食事を済ませて
しまう高齢者の方は多いと思いますが、それも
栄養の偏りや栄養
不足を招く十分なトリガーで
す。ま
た、近くに店舗がない場合などは買い物
に出かける回数が少なくなるの
で、生鮮食品を
避けて保存のきく加
工食品やインスタント食品
などを多
用する食事になり、栄養の偏りや不
を招きます。さらに経済的に困窮
している場合
に、生鮮食品の購入を
控えたり、食べる量を制
限したり、
食べる食品が偏ったりする方も珍し
くありません。

③精神・心理的側面
高齢の方に限ったお話ではありませんが、人は
近しい人やペットとの死
別による喪失体験から
精神的ストレ
スを受け、食欲が低下する場合が
ります。ただ、高齢者の場合はその精神的ス
トレスが容易に低栄養に繋
がってしまうリスク
が高いことは覚
えておく必要があります。この
喪失
体験ですが、加齢に伴う身体的な衰えから
以前できたことが出来なくな
ったといったこと
からも生じます。
「歩くのが遅くなった」「耳
が聞こ
えにくい」「食べるときにむせたり食べ
こぼしたりするようになった」
「車の運転がお
ぼつかなくなった」
のような喪失体験からも精
神的スト
レスを感じます。また、これらのよ
な喪失体験が原因で、他の人との
関わりを閉ざ
してしまい、孤立感な
どから精神的ストレスに
つながる場
合もあります。このように高齢者の
精神的ストレスからくるうつ状態は、低栄養だ
けではなく認知機能の低下
を招き認知症のリス
クを高めてしま
うこともあるので注意が必要で
す。
また、ストレスや心理的抑圧だけでなく認
知機能の低下により、買い
物に出かけても同じ
品物ばかり購入
したり、味付けがおかしくなっ
たり、
作る料理が限られてきたりするなどとい
った問題が生じる場合もあり、
こういったケー
スでは調理する人だ
けでなく、その配偶者にも
栄養不良
が生じるリスクがあります。

基本定義を見てきましたが、高齢者の場合、食
事量の減少や栄養の偏りはこ
れらの要因が単独
あるいは複数絡み
合って好発します。ですので、
食事
量が減れば「栄養のある食事を沢山食べれ
ば良いのでは?」、栄養が偏
れば「バランスの
取れたメニューを
考えてもらって食べれば?」
という
一般的な解で簡単に解決しないところが
難しい点なんですね。低栄養と
言っても、その
原因の奥には様々な
個人的問題、社会的問題が
横たわっ
ていることをご理解いただければ幸
です。
というところで今週はここまで。

次回は低栄養の及ぼす影響やその診断、ケアや
予防についてお話します。それ
では!また次回。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の69-24。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第478回。

お盆、そして終戦記念日でもある日曜日。皆様
いかがお過ごしでしょうか? 新型コロナウイル
ス感染症の全国的な感染拡大が止まらず、残念
ながら今年もお盆休みでの帰省や墓参などの行
事が難しくなっていますね。私の担当の方々も
「今年も寂しいお盆休みになった」と嘆息され
ています。私達ケアマネにとっても、お盆は普
段電話でしかお話できない身内の方に直接お会
いできる良い機会なんですが、こればかりはど
うしようもありません。来年こそ不安なくお盆
を迎えられる日々が来てほしいですね。そのた
めにも、新型コロナウイルス感染症の拡大防止
が急務です。感染症対策を抜かりなく確実に行
い、行政の発出する情報に日々十分注意してお
過ごしください。暑い日も続いています。熱中
症や脱水症状で体調を崩さないよう、しっかり
とした水分補給や室温管理なども万全にお願い
します。 では【自転車奔走記】はじまります!   +++++++++++++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・69-24。 

【語句】 
栄養

【意味】 
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、活力を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週から高齢期の栄養をお話する際に外せない
二つの問題、「低栄養」と「フレイル・サルコ
ペニア」についてお話をします。まずは「低栄
養」についてです。低栄養とは、食欲の低下や
口腔機能の低下により、食事が食べにくくなる
ことで徐々に食事量が減り、身体を動かすため
に必要なエネルギー、筋肉や皮膚、内臓など体
をつくるタンパク質などの栄養素が不足してし
まっている状態のことをいいます。因みに令和
元年度国民健康・栄養調査によると65歳以上
の低栄養傾向の高齢者(BMI≦20㎏/㎡)は、男
性12.4%、女性20.7%、85歳以上になると男
性17.2%(+4.8%)、  女性27.9%(+7.2%)
というデーターが示されています。すなわち高
齢期の場合は年齢が上がっていくにつれ低栄養
状態に陥ってしまうリスクが高くなっていく傾
向にあることがわかります。

では、低栄養とは具体的にどのような症状を呈
するのか?低栄養と言っても呈する症状は多種
に及びますので、代表的なものを取り上げます。
【低栄養の症状】 
〇体重が減少する 
〇骨格筋の筋肉量や筋力の低下 
〇元気がない 
〇風邪など感染症にかかりやすく 治りにくい
〇傷や床ずれが治りにくい 
〇下半身や腹部がむくみやすい 

などを挙げることが出来ます。また、食事量が
減ると同時に水分の摂取量も減るため脱水症状
がみられることもあります。これらの症状を見
て「???」となる方もいらっしゃると思いま
す。症状例をみていると病気とうより身体的な
変化ですよね。ですが、これこそが低栄養の特
徴というか怖いところなんです。人間は年齢的
要因で齢を重ねるごとに身体機能や認知機能が
自然に低下していきますが、この自然の流れに
低栄養状態という負の変化が加わることで機能
低下に拍車がかかり、「健康寿命の阻害」=要
介護状態になったり最悪お亡くなりになってし
まうリスクが大幅に高まることに繋がるのです。

具体的には 
①食欲が低下し食べる量が減る。 
②低栄養状態になる。
③筋肉量が減少し体の基礎代謝が低下する。
④疲れやすくなり活力が低下し、筋力が低下。
⑤身体機能が低下し活動量が減りエネルギー
 消費量が減少。
⑥ますます食欲が低下し食事量が減少。
⑦低栄養の悪化。
⑧再び③へ戻り循環を繰り返す。 

と言うような負の循環が報告されています。こ
のように低栄養状態になり、気付かぬうちに放
置して負の循環に陥ってしまうと、歩く力など
の身体機能を始め、物忘れなどの認知機能やさ
らには社会的な孤立など様々な個人的問題が何
らかの介護や支援を要するレベルまで発展して
しまうトリガーになる訳です。 ですので低栄養
は自覚が難しく、そして一旦負の循環に陥ると
容易に脱することができなくなる、注意を要す
る状態なのです。 と言うところで今週はここま
で。 次回は低栄養の原因やその影響、そして診
断や予防対策についてお話します。
では、またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の69-23。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第477回。

そろそろお盆の時期になりました。皆様いかが
お過ごしでしょうか?異例づくしのオリンピッ
クでしたが、今日で終わりですね。日本選手の
メダルラッシュは勿論、コロナ禍で暗い気持ち
が続いていたなか、少しでも明るく晴れやかな
気持ちになれたのは幸いでした。
パラリンピッ
クも控えていますの
で楽しみはまだまだ続きま
す。
反面、新型コロナウイルス感染症の拡大が
続いています。お盆など
休暇の時期にも重なり
ますので、
今まで以上に感染症対策を万全にし
て、
そして行政の発出する情報にも十分注意し
てお過ごしください。暑
い日も続きます。熱中
症や脱
水症状で体調を崩さないよう、しっかり
とした水分補給や室温管理
など対策は万全にお
願いします!
では【自転車奔走記】はじまります!

++++++++++++++++++++ 

たきび版:介語苑・69-23。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、
活力を保ち続ける身体の営
みのこ
と。

【解説】
今週は高齢期のバランスの取れた食事について
お話します。
成年期と違い、高齢期では生理面、
身体の機能面で出現する様々な衰えを考慮する
必要があります。一
般に高齢期の食事の特徴は、
①加齢に伴う身体の変化(例:口
 腔機能の低下)により食事がうま
 く摂れなくなる。
②身体機能の低下による運動不足な
 どで食欲が減衰し食事量が減少する。

という身体機能面での問題と、
③独居世帯や高齢世帯では、同じも
 のばかり食べる、買い物や調理が
 億劫になって食事の回数が減る、
 食事への関心が減るなど食生活に
 も影響が生じる。
④経済的理由から食事の内容が粗末
 になったり、回数が減ったりする。

など代表的な事柄を取り上げましたが、身体・
生理面に加え、世帯など
の社会的要因、家計な
どの経済的要
因で様々な問題が生じます。です
ので、高齢期の食事には成年期
とは別の特別な
配慮と注意が必要に
なります。代表的なものを
取り上げ
ますと、
(1)栄養素の貯蔵能力が低下する
   ので、適正なエネルギー量の
   食事を摂る。
(2)味覚の衰退から塩味の濃い味
   付けを好む傾向があるので、
   減塩に十分配慮する。
(3)ビタミンやミネラルなど身体
   での貯蔵力が低下する栄養素
   を積極的に摂る。
(4)カルシウム吸収力の低下、ビ
   タミンDの合成力の低下など
   から骨が弱り、骨折しやすく
   なるので、たんぱく質、カル
   シウム、ビタミンD、リンを
   積極的に摂る。
(5)加齢にともない骨格筋量は減
   少するため、食事で良質なタ
   ンパク質を摂取して筋肉量の
   維持・増大していくことが必要。

などです。加齢にともなう身体の衰えは万人に
等しく訪れるものです。ですので、加齢=悪い
こと→だから悪くならな
いように予防するとい
う考えかたではなくて、
加齢=誰にでも訪れる
ステージ変化
→相応しい食生活で生活をサポー
と、ポジティブ的に考えて食事を楽しんでも
らえればと思います。一方、
高齢期の食事(食
生活)で問題とな
っているのが、低栄養とフレ
イルを
挙げることが出来ます。

次回は、その低栄養とフレイルについてお話を
しますね!
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の69-22。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第476回。

8月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?
オリンピックが始まり、日本選手の金メ
ダルラッシュが続いて
います。MLBの大谷選手
も快投乱打
の大活躍が続いています。コロナで
疲れ切った私達
にとってアスリートの活躍は本
当に元気と勇気を貰えます。五輪もまだまだ続
きますしパラリンピ
ックも楽しみ、野球はこれ
からが
佳境、夏の甲子園ももうすぐ始まります。
まさにスポーツの夏を
満喫しましょうね。です
が、じわ
りじわりと新型コロナウイルス感染症
の勢いがぶり返しています。
感染症対策も今ま
で以上に万全に
願います。そして暑い日がこれ
らが本番です。熱中症や脱水症状で体調を崩
さないよう、しっかり
とした水分補給や室温管
理など対
策は万全にお願いします!
では【自転車奔走記】はじまります! 
+++++++++++++++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・69-22。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界
から食
物を得て、生長し、活力を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週は先週の補足として、基礎代謝量の
基準値
や推定エネルギー必要量の具体的
な数値をお示
しします。最初におさらい
ですが、基礎代謝量
とは「早朝空腹時に
快適な室内等で安静にして
いる時の代謝
量」で、推定エネルギー必要量と
は「基
礎代謝量 ×身体活動レベルで算出される
一日の活動を含む生活に必要なエネルギー推定
量」を指します。では基礎代謝量
からご紹介し
ます。数値は厚生労働省発
表の「日本人の食事
摂取基準(2020 年版)」から引用しています。

【基礎代謝量(Kcal/日)】
計算式=参照体重×基礎代謝基準値

(男性)
年齢【参照体重】【基礎代謝基準値】【基礎代謝量】
1 ~ 2   11.5              61.0     700
3 ~ 5   16.5              54.8     900
6 ~ 7   22.2              44.3     980
8 ~ 9   28.0              40.8     1,140
10~11    35.6              37.4     1,330
12~14    49.0              31.0     1,520
15~17  59.7              27.0     1,610
18~29  64.5              23.7     1,530
30~49  68.1              22.5     1,530
50~64     68.0              21.8     1,480
65~74     65.0              21.6     1,400
75~    59.6              21.5     1,280

(女性)
年齢【参照体重】【基礎代謝基準値】【基礎代謝量】
1 ~ 2  11.0     59.7       660
3 ~ 5  16.1     52.2     840
6 ~ 7  21.9     41.9     920
8 ~ 9  27.4     38.3     1,050
10~11   36.3     34.8        1,260
12~14      47.5     29.6     1,410
15~17      51.9     25.3     1,310
18~29      50.3     22.1      1,110
30~49      53.0     21.9      1,160
50~64    53.8     20.7      1,110
65~74    52.1     20.7      1,080
75~        48.8     20.7      1,010

以上が男性、女性別の基礎代謝量の一覧になり
ます。因みに計算式のうちの「参
照体重」は国
民健康・栄養調査に基づい
たその年代の中央値
を用いています。で
すので、自分自身の体重に
当てはめる時
は、体重 ×当てはまる年齢の基礎
代謝基準値
=自分の基礎代謝量(1の桁を四捨
五入)と大まかに計算ができます。

続いて、推定エネルギー必要量をお示しします
(0歳~5歳は省きます)。

【推定エネルギー必要量】

計算式≒基礎代謝量×身体活動レベル
(年代別に応じて調整値あり)

①身体活動レベルⅠ(代表値=1.50)
年齢     男性       女性
6 ~ 7   1,350    1,250
8 ~ 9   1,600    1,500
10~11    1,950    1,850
12~14    2,300    2,150
15~17    2,500    2,050
18~29    2,300    1,700
30~49    2,300    1,750
50~64    2,200    1,650
65~74    2,050    1,550
75~     1,800     1,400

②身体活動レベルⅡ(代表値=1.75)
年齢      男性      女性
6 ~ 7   1,550     1,450
8 ~ 9   1,850     1,700
10~11    2,250     2,100
12~14    2,600     2,400
15~17    2,800     2,300
18~29    2,650     2,000
30~49    2,700     2,050
50~64    2,600     1,950
65~74    2,400     1,850
75~     2,100      1,650

③身体活動レベルⅢ(代表値=2.00)
年齢      男性        女性
6 ~ 7   1,750      1,650
8 ~ 9   2,100      1,900
10~11    2,500      2,350
12~14    2,900      2,700
15~17    3,150      2,550
18~29    3,050      2,300
30~49    3,050      2,350
50~64       2,950      2,250
65~74     2,750      2,100
75~        ----      ----

以上の数値となります。
身体活動レベルについて再掲しますと、

(レベルⅠ)
生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の
場合

(レベルⅡ)
座位中心の仕事だが、職場内での移動や
立位
での作業・接客等、あるいは通勤・
買物・家
事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合

(レベルⅢ)
移動や立位の多い仕事への従事者。ある
いは、
スポーツなど余暇における活発な
運動習慣を
もっている場合とされています。

推定エネルギー必要量の計算式を最初にお示
ししましたが、イコールを「≒」表
示したの
は、実際の報告書の数値はこの
数式で算出さ
れた数値に専門的な修正値
等を加えた値にな
っていますので、単純
計算では近似値になり
ます。その点はご
了承いただくとして、ご自
身の推定エネ
ルギー必要量についての参考値
を知るた
めに身体活動レベルの群分け表と計
算例
をお示しておきます。是非ご自身の数値
を確認してください。

【年齢別身体活動レベル群分け】
年齢    Ⅰ    Ⅱ    Ⅲ
6-7            1.35   1.55   1.75
8-9       1.40   1.60   1.80
10-11      1.45   1.65   1.85
12-14           1.45   1.65   1.85
15-17           1.55   1.75   1.95
18-29           1.50   1.75   2.00
30-49           1.50   1.75   2.00
50-69           1.50   1.75   2.00
70以上         1.45   1.70   1.95

〇計算例
(40歳男性。体重76㎏。身体活動レベル
Ⅱの場合)

基礎代謝基準値×体重=基礎代謝量
22.5×76=1,710
基礎代謝量×身体活動レベル=推定エネルギー
必要量
1,710×1.75=2,992≒3,000㎉

さて、以上ご紹介してきた数値の意味するもの
についてですが、私達一般の人間
が得られる最
大の情報は、自身の適正な
必要エネルギー量を
知り、そして摂取し
過ぎによる肥満や生活習慣
病発生の予防、
逆に過度のダイエットや食事制
限からく
る低栄養など栄養不足からくる身体的
影響の防止を図ることができるということで
す。
健康的なダイエットをしたい方などの参
にもなりますね。

今週は数値ばかりでそろそろ目がチカチカして
きました。ですので
これにておしまいとします。
次回は、老年期のバランスの取れた食事につい
てお話になります。それで
では!
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の69-21。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第475回。

7月最後、そして連休最終日の日曜です。皆様
いかがお過ごしでしょうか?
いよいよオリンピ
ックが始まりました。
コロナ禍で延期、そして
ようやく開催に
こぎつけたもののほぼ全部の競
技会場で
無観客での開催。良くも悪くも異例づ
くめの五輪となりま
した。メディアや世論から
は開催そのものへの
批判的意見が多く上がって
いる印象があ
りますが、それは組織委など運営
側への
批判で参加するアスリートとは関係のな
いお話。開催国の国民として、今回の五輪運営
の総括や評価は必要になる
でしょうが、今は世
界のトップアスリー
トのパフォーマンスを全力
で応援したい
と思います。

熱い戦いの一方、これからは暑い日が続きます。
熱中症や脱水症状で体調を崩され
る方が増えて
きています。しっかりとし
た水分補給や室温管
理など、熱中症・脱
水症対策は万全にお願いし
ます。
では【自転車奔走記】はじまります!

++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・69-21。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、活力を保ち続
ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週は成年期のバランスの取れた食事について
お話します。人間の身体的な成長、
発達は20
歳前後でほぼ完成されます。
という事は、成長
期とは違って成年期以
降の身体が完成した成人
の食生活は、成
長よりも個々人の生活に応じた
エネルギ
ー量を過不足なく摂ることや、生活習
病などの疾患防止の観点からバランスの取れ
た食事を考える必要があります。ま
ずは必要な
摂取エネルギー量についてで
す。人間が生命を
維持するための必要最
小のエネルギー量を基礎
代謝量といいま
す。「運動習慣で基礎代謝UP」
などの謳
い文句で基礎代謝という文言はよく目
することがあると思いますが、この基礎代謝
量は正確に言うと『早朝空腹時に快
適な室内等
においての安静時の代謝量』
となります。

つまり、身体にかかる運動負荷やストレスが少
ない状況下で、活動
や運動をせず最低限身体の
整理活動が維
持できるレベルのエネルギー量と
お考え
下さい。そしてこの基礎代謝量(Kcal/日)
を求めるには(基礎代謝量=基準代謝基準値×
参照体重)
という式が必要となります。「基礎
代謝基準値」とは体重1kgあたりの
基礎代謝量
の代表値で、「参照体重」とは
該当する年齢の
平均的な体重を指す数値で、
この数式によって
年齢別で指標となる基礎
代謝量を算出すること
ができます。この基
礎代謝量は前述の通り生命
活動に必要な最
小のエネルギー量ですので、仕
事や家事、
余暇などの身体的活動を行う実際の
私達の
生活でそのまま適用することはできませ
よね。ですので、もう一つの指標として「身
体活動レベル」と言うものがあります。
「身体
活動レベル」とは、私達の実生活1
日あたりの
総エネルギー消費量を1日あた
りの基礎代謝量
で割った指標で…

レベルⅠ  →    生活の大部分が座位で、静的
        な活動が中心の場合
レベルⅡ   →  座位中心の仕事だが、職場
                       での移動や立位での作業・

                       客等、あるいは通勤・買物・
                       家事、軽いスポーツ等のい
      れかを含む場合
レベルⅢ    →移動や立位の多い仕事への従
      事者。あるいは、スポーツな
      ど余暇における活発な運動習
      慣をもっている場合

となっています。この身体活動レベルに先ほ
の基礎代謝量を掛け合わせたのが『推定エ
ネル
ギー必要量(Kcal/日)』で、これらの数
値を基
準にして様々な栄養指導や栄養施策が
実施され
ています。
因みに以前ご紹介した「日本人の食
事摂取基
準(2020年版)」でもこの数式に基づい
て様々
な提言や基準化がなされています。では
具体的な数値は?と気になるところです
が、た
くさん数字が出てきますので次回ご
紹介します。

ただ、先に申し添えておくと、これらはあくま
で基準値ですので、そのまま
適用するのではな
く、参考指標として個々人
の実情に合わせるこ
とが重要です。
では、次回をお楽しみに!
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の69-20。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第474回。

いよいよオリンピックの開催週。皆様いかがお
過ごしでしょうか?
残念ながら無観客での開催
が決ま
ってしまいましたので、観戦に行くこと
はかないませんが、TV越し
にトップアスリート
の競演を楽し
み、声援を送りたいと思います。

さて、今年はオリンピックの延期に伴い7月と
8月の祝日が移動
して少々ややこしいことにな
って
いますね。皆様、お間違えの無いように…
といいつつそもそも間違えていた私です。梅雨
はそろそろ明けそうですが、
暫くはムシムシ暑
い日が続きます。
しっかりとした水分補給や室
温管
理など、熱中症予防は引き続き万全にお願
いします。
では【自転車奔走記】始まります!

+++++++++++++++++++

たきび版:介護苑・69-20。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、
活力を保ち続ける身体の営
みのこ
と。

【解説】
今週から、人のライフステージごとのバランス
の取れた食事につい
てお話をしていきます。最
初は
「誕生~成長期」までについてです。まず、
乳幼児期ですが、人に
とってその時期は身体発
育と共に、
運動機能、手指の微細運動、脳・
経機能などが急速に発達してい
く時期です。こ
の時期に食事によ
り摂取するエネルギーや栄養
素は、
健康を維持・増進したり、 身体の活動に
使われるだけでなく、身体
の発育・発達のために
も必要にな
るので、栄養や食事の考え方はそ
点で成人期と大きく異なるのが
乳幼児期の食事
の特徴になります。
乳児は授乳回数が多く、幼
児も1
日3回の食事に加えて間食(おやつ)を
とる等するのが一般的に推
奨されているとおり、
乳幼児期は
食事の基本形態である三食に加え
間食(補食)として、エネルギ
ーや栄養素を摂
取することになり
ます。因みに1~2歳児の1
日に
必要なエネルギー量は900~950kcal
3~5歳児では1
250~1300kcalとなっ
います。食事の内容については、必要な栄養
素をすべて(主に5大
栄養素)過不足なく摂れ
れば十分
とされていますが、乳幼児期の肥満は
カルシウム不足など様々な健
康問題も報告され
ていますので、
その点は注意が必要かもしれま
ん。

続いて「成長期」になります。成長期の小児・
青少年は体組
織(筋肉や骨など)を構成するた
んぱく質、ミネラルを十分にとる必要があるの
が特徴です。特に小
児~青年期は筋肉や血液を
つくり、
内臓が発育する時期なので、一生で最
もたんぱく質を必要とします。
タンパク質がし
っかり摂れる乳製
品はこの時期に重要な栄養源
とな
ります(子供のころ「牛乳を飲みなさい!」
とよく言われましたね)。
また、筋肉や骨、内
臓だけでなく
脳も成長するのがこの時期です。
脳に良い食事や栄養素については、特にこの栄
養素を重点的にという
ものではなく、5大栄養
素を筆頭
に栄養を過不足なく摂ることがここで
も重要になります。近年は偏
食、不規則な食事、
運動不足など
から小児の肥満、骨折、むし歯や
青年期の女子の貧血が多くみられるようになっ
たと報告があります。
カルシウムや鉄分、亜鉛
などのミ
ネラル分の不足は様々な問題を引き起
こす可能性があり、成長期の
食生活はその後の
その人の健康に
大きく影響を及ぼすことが多い
で注意が必要です。

他にも、小児は成人より汗が多く出るので、
量に汗をかいたときなどは十分
な水分補給をし
て脱水症の予防に
十分配慮することが必要です。
ということろで、今週はここまで。
次回は「成年期」の食事についてお話します。
では、またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ