ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
ケアマネの自転車奔走記

ケアマネの自転車奔走記の最近のブログ記事

【自転車奔走記】介語苑・其の50。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第397回。

1月最後の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?
この冬は記録的な雪不足を伴う暖冬だそ
うですが、暖冬と言っても寒い
ものは寒いです
よね。特に朝晩の冷
え込みは五十路を過ぎた身
には正直
堪えます。来月から冬本番に突入。皆
様、風邪
などひかないよう十分ご注意下さいね。
また、積雪や早朝の路面凍結時
には転倒などの
事故がないよう、こ
ちらも十分に注意をお願い
しますね。
では【自転車奔走記】始まります!

+++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・50。

【語句】 
マイナンバーカード

【意味】
個人番号カード。平成28年から交付が始まっ
た、持ち主の氏名、住所、生
年月日、性別、個
人番号(マイナンバ
ー)、証明写真などを表示
し、また、
これらの情報を記録したICチップを
載するICカード。

【解説】
先日のニュースで、政府はマイナンバーカード
を介護保険被保険者証として
利用できるよう必
要なシステムの開発
や運用方法の検討に着手し、
2023年
度には本格的に運用を開始できるよ
調整を始めているとの報道がありました。従
来の紙ベース、証書ベース
の情報管理がICカ
ード導入により飛
躍的に利便性が高まり、また
ICT技
術を活用して統計や動態分析など様々
な可能性を秘めた…と何かそれらしい文言を書
き連ねましたが、そもそ
もマイナンバーカード
って何でしたっけ?

導入前は『国民総背番による個人の国家管理』
や『情報漏洩の危険性が高い』
などど、散々鬼
っ子扱いされた上に導
入されてもなかなか普及
せず、いつの
間にか存在すら忘れられてしまっ
た可
哀そうになってしまうカードですが、政府
・国は当初の計画どおりに粛々と
計画を進めて
いますので、時至って乗
り遅れないよう今回こ
のカードを取り
上げました。まずは、そもそも
マイナ
ンバーカードとは何ぞや?から。正式
称は『個人番号カード』と言います。
平成25
年に施行された「行政手
続における特定の個人
を識別するため
の番号の利用等に関する法律」
に基づ
き発行される身分証の一つです。住民
らの申請により無料で交付されるプ
ラスチック
製のカードで、カードのお
もて面には本人の顔
写真と氏名、住所、
生年月日、性別が裏面には
マイナン
バー(個人番号)が記載されています。

表面は本人確認のための法的効力を持った身分
証明書として利用でき、また、
マイナンバーが
記載されている裏面は、
原則他人には非公開と
なっていて、税
・社会保障・災害対策の法令で
定めら
れた手続きを行う際の番号確認に利用
きます。そして搭載されているIC
チップには、
持ち主(個人)を電子で
認証する電子署名(機
械で持ち主を
認証できる)が記録されています。
みに今回お話している介護保険証の機能はそ
のICチップの空き領域に記録
されるようです。
このマイナンバー
カード、要は個人の身分証と
しての機
能と主に社会保障と税に関する行政手
続きの利便性向上を狙って(当然、個人の所得
状況の把握と脱税や行政サー
ビスや補助・助成
金の不正受給に対す
る監視も含まれますが)発
行されたも
のですが、なにせ普及率が悪い。現
点で普及率15パーセント(マイナンバーは
全国民が持っています)。私
的には絶望的な数
字のように思
えて、以前鳴り物入りで始まった
割に
は尻すぼみになってしまった住基カードと
同じ末路をたどっているような気
もします。

政府や関係官庁は利便性を高めて普及率をUP
させたい思惑でし
ょうが、なにせマイナンバー
カードを
取得するまでの手続きが煩雑ですし、
時間も結構かかります。また、マイナンバーと
いう個人においてトップシー
クレットを扱う訳
ですから、紛失や遺
失、そして情報流出が心配
で取得して
いない人も多数いるのが実情ではな
いでしょうか。
ただ、一旦取得してしまえば利
便性が
高まることは確実で、従来は複数の窓
で別々の書類手続きをしていた作業
が、マイナ
ンバーカード一つで解決す
る場面も多そうです。

また、今回の介護保険証についていうと、そも
そも制
度によって証書が違うので、「〇〇証」
と名の付くものには、介護保険の関係で言えば
介護保険被保険者を始め介護
保険負担割合
介護保険負担限度額
認定など複数存在します
し、医療関
連では健康保険証、後期高齢者医療
給者証、高齢受給者証、標準負担限度額認定
証などなど、それぞれをそれぞ
れ必要な場面で
提示したり管理するの
は結構大変ですよね。マ
イナンバーカ
ードで介護保険に関する情報や医
療保
険に関する情報(ちなみに健康保険情報と
マイナンバーカードの統合は既定
路線で、来年
3月には運用開始になる
予定との事です)が一
元管理できれば
利用者側も行政も、そして介護
事業所
や医療機関も色々な手間が省け利便性
高まることは確かですが、別にマイ
ナンバーカ
ードがなくても手続き支障
はなく、今まで証書
で管理してきた期
間が長いことも相まって普及
にストッ
プをかけている状態なんでしょうね。
ともかく、これから様々なマイナンバーカード
の施策が行われていきますの
で、注意して観察
していきましょう。

では今週はここまで!
次回もお楽しみに。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の49。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第396回。

一月も後半に入りました。皆様いかがお過ごし
でしょうか?急に寒くなったとうか、やっと冬
らしくなったのかもしれません。
今年はかなり
の暖冬で、事務所のある
津市でもまだ雪を見て
いません。暖か
いのは助かりますが、寒くない
と季節
感が出ない…とは人間の勝手な言い分か
もしれませんね。
ただ、寒くなってきましたの
で風邪
に限らず転倒などの事故にも十分注意
て下さい。また、入浴時など、ヒ
ートショック
にも注意をお願いします
ね。
では【自転車奔走記】始まります!

++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・49。

【語句】 
介護福祉士

【意味】
介護・福祉分野の国家資格。身体・心身の問題
により日常の生活の営みに支障が
ある者に対し
介護を行う事ができる。

【解説】
先日のニュースで、今月の26日に行われる介
護福祉士の国家試験の受験者数が
3年ぶりに減
少したと報じられました。
全国的な介護の担い
手不足の問題は以前
から国レベルで取り上げら
れ、様々な施
策も行われてきていました。また
昨年
10月の介護報酬改定では、現場でリーダ
を担う介護福祉士らの賃金を引き上げ
る新たな
加算(特定処遇改善加算)が創
設されるなどし
ていたこともあり、今回
の受験者数の減少は関
係者にとって少な
からずショックを与えている
様子です。

今回の介語苑では、この介護福祉士について取
り上げます。
そもそも「介護福祉士」とは「社
会福
祉士及び介護福祉士法(1987年5月
定、2007年12月5日改正
)」により定め
られた介護・福祉分野の
国家資格です。その職
務は「介護福祉
士の名称を用いて、専門的知識
及び技術
をもって、身体上又は精神上の障害が
ることにより日常生活を営むのに支障がある
者につき心身の状況に応じた介護を
行い、並び
にその者及びその介護者に対
して介護に関する
指導を行うこと(同法
より)」と定義されてい
て、実際の介護
現場で直接の介護を担当し、か
つ本人だ
けでなく家族を始めとした介護者に対
て指導や助言を行う介護・福祉の第一線の現
場で活動するスペシャリストです。
活動分野は
高齢者介護を始め、障害福
祉分野、児童福祉分
野など幅広く、直接
の介護に当たったり、介護
職のリーダー
としてケア管理や業務管理に当た
ったり
もします。言い換えれば、現場の花形的
な存在として活躍できる資格ですね。介護の現
場に立つためには、様々な資格や
研修制度があ
りますが、現状では介護福
祉士資格が現場の最
上位の位置付けにな
っていて、さらなるスキル
アップとして
ケアマネジャーの資格を取ったり
する方
も大勢います。“現場”というと何か少し
殺伐とした語感がありますが、ご利用者様と
接相対して、実際に介護を提供しなが
ら、その
方に寄り添い、生活を観察
して、その方に対し
てより良い介護が提
供できるように、さらには
その方がよ
り良い生活を送ることができるよう
周り
に働きかけを行っていく、なくてはなら
い職種なんですね。

志望者が減少したのことは、一時的なものなの
か、或いは
介護・福祉分野の慢性的な人材不足
に端
を発するものなのかは意見が分かれると
ろですが、ICTやIOTなど先端技
術の活用
が声高に叫ばれていても、それ
は人対人の現場、
直接のケアが十分なさ
れていなければただの画
餅。介護・福祉
分野が発展していくという事は、
介護を
受ける側がさらに良い生活を送ること
できることを意味しています。介護福
祉士だけ
に限らずですが、介護・福祉分
野の魅力につい
て、ワタシも含め皆が
もっともっと情報発信を
していかないと
いけませんね。
というところで今週はここまで。
次回、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の48。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第395回。

お正月、皆様いかがお過ごしでしたでしょう?
今年の津市は、ポカポカと気持ちの良い三が日
でした。私事ですが、今年は出勤の道中に久し
ぶりに初日の出も拝むことができまして、改め
て気を引き締めて今年一年を過ごす心構えもで
きました。本年も一年、宜しくお願い致します。

と、目出度い気分もそろそろおしまい。これか
らが冬本番になります。くれぐれも風邪などの
体調不良にはご注意下さいね。あと、冬場は暖
房をかけるので脱水になりやすい時期です。適
度な水分補給や湿度管理もお願いしますね!
では、令和2年最初の【介語苑】始まります!
++++++++++++++++

たきび版:介語苑・48。

【語句】 
福祉用具貸与

【意味】
介護保険サービスの一つ。要介護度や身体・心
身の状態に応じて、その方の生活に必要な車い
すや手すり、介護用ベッドなどの福祉機器(福
祉用具)を貸与(レンタル)するサービス。

【解説】
今回は介護保険サービスの一つ、『福祉用具貸
与』についてお話します。介護保険制度が始ま
ってもうすぐ満20年になります。制度やサー
ビスの内容については、かなり浸透してきてい
る様子です。ですがその反面、実際の運用面で
はまだまだ誤解や周知が行き届いていない部分
も多く、そのことがきっかけで少々混乱してし
まう方もおみえになります。今回取り上げた福
祉用具貸与も、単純にベッドや車いすを貸して
くれるサービスと考えていると、思わぬ誤解を
招きやすい部分があるサービスですので、今回
は復習の意味も含めて解説しますね。

【解説】の項で述べた通り、福祉用具貸与とは
要支援・要介護認定を受けた方がその状態に応
じて、様々な福祉機器をレンタルすることがで
きるサービスです。具体的な貸与品目は…
・車いす(付属品含む)
・ 特殊寝台(付属品含む)
・ 床ずれ防止用具
・ 体位変換器
・ 手すり
・ スロープ
・ 歩行器
・ 歩行補助つえ
・ 認知症老人徘徊感知機器
・ 移動用リフト(つり具の部分を除く)
・ 自動排泄処理装置
となっていて、ケアマネージャーが作成するケ
アプランに位置づけられ、そしてその方の介護
度に応じた負担限度額の範囲内でサービスを利
用することができます。福祉用具貸与サービス
を簡単に説明するとこのようになりますが、以
上のことはあくまで基本、実際の運用では当然
ですが様々な決まりごとがあります。今回はそ
の中で特に重要で、かつ福祉用具貸与サービス
について誤解を招きやすい事項を二つ挙げます。

① 福祉用具の貸与はその方の状態に応じて。

当たり前と言えば当たり前のお話ですが、要介
護認定・要支援認定が下りたので何でも借りら
れるという訳ではありません。基本は、その方
の身体・心身の状態やご自宅の構造、生活様式
等々様々な要素を分析して、その方の生活にと
って必要となる物が貸与対象品目となります。
例えば、脳疾患等で下半身が麻痺し全く動かす
ことができない状態の方に、歩行器を貸与する
ことは普通あり得ませんよね。逆に、回復期の
リハビリを終え日常生活の動作は殆ど自分でで
きる方に、背上げ機能や体位交換機能が付いた
介護用のベッドは通常必要ありません。このよ
うに、一律一括りではなく、あくまで個別の状
態に応じて選択するという事が基本というか大
前提になります。

②介護度に応じて借りられる品目制限がある。

①の内容ともリンクしますが、福祉用具貸与に
は介護度によって借りられる品目に制限があり
ます。例えば、車いすや介護ベッド(付属品含
む)、認知症老人徘徊感知機器については【原
則として要介護2以上の方が対象】という決ま
り事があります。よくある例が、介護用ベッド
を借りたいと希望されていても、介護度が低か
ったりして介護保険を利用して借りることがで
きないと言った場合です。そのような場合は実
費サービスでのベッドレンタルを利用したりパ
ーキンソン病等の特別な事情があれば軽度認定
者でも例外的に介護ベッドなどの福祉用具を借
りることができますが、これらはあくまで例外
的なお話で、基本は介護度に応じて借りられる
品目に制限が設けられています。

他にも色々決めごとはありますが、今回は上記
の2つを取り上げました。介護保険サービスは
誰でも使いやすい便利なサービスですが、一方
その運用については年々細かく複雑になってき
ているので、専門に扱っている従事者でないと
分かり辛い部分がたくさんあるのも事実です。
少々辛辣な物言いになってしまいますが、介護
保険サービスのご利用を希望する際に、伝聞や
見聞で判断するのではなく、必ずケアマネやそ
の専門の従事者に相談をして、一緒に考えてい
くようにしてくだい。
というところで今週はここまで。
次回、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】令和2年。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第394回。

謹 賀 新 年
本年も宜しくお願い致します。
------------------------------------------

令和2年の最初の日曜日、皆様いか
お過ごしでしょうか?
お正月休みも
今日まで。明日から
令和2年が本格始動
しますね。今年
はオリンピックイヤーも
さることな
がら、来年度(2021年)の介護保険
制度改正に向けての最終的な議
論や取り決め
がなされていきます。
今の所、久しぶりの
小幅改正になり
そうではありますが、
それら内容
は随時本ブログでお伝えします。

また、
ご好評頂いておりす【介語苑】も、
さらに内容を充実
して、縦横無尽、様々な
切り口で介
護や福祉のトピックや問題を
お伝え
できればと思います。
年頭のご挨拶も兼ねまして、
改めて
今年も宜しくお願いします!

では!
次回は【介語苑】でお会いしましょう。
皆様の幸多き一年お祈り致します。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の47。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第393回。

たきび版:介語苑・47。

【語句】 
高齢者の事故

【意味】
統計的に高齢者に起こりやすい不慮の事故。そ
の多くはしっかりとした知識があれば予防が十
分可能とされている。

【解説】
もうすぐお正月!と目出度い時に少々縁起でも
ないお話になりますが、注意喚起も含めて皆様
よくご覧ください。毎年のようにお正月になる
と、お餅などが原因で高齢者の窒息事故が多発
しています。以前に比べてずいぶん窒息事故の
知識は広まっているとは思いますが、ご存じで
ない方は十分ご注意いただき、そしてご存知の
方は復習としてお読みください。

人は高齢になると、身体の様々な機能が衰えて
きます。「飲み込み」専門的には「嚥下(えん
げ)」と言いますが、私達は物を食べたときに
口で食物を咀嚼して細かくし、飲み込むと言う
一連の行為をします。このうち咀嚼~飲み込み
の動作が衰えると、誤嚥(「ごえん」と言いま
す。飲み込みの時に飲食物や唾液(だえき)を誤
って食道ではなく気道に飲み込んでしまう事)
や先ほどお話した窒息などが起こりやすくなり
ます。ここで注意してほしいのは、お餅だから
のどに詰まりやすいという事ではなく、高齢に
なって嚥下の機能が衰えていることが最初の原
因で、お餅という咀嚼しにくく飲み込みにくい
食べ物は、事故発生率をさらに高めてしまうと
いう相乗効果的な役割を果たしているに過ぎな
いという事です。

ですので、お餅だから詰まりやすいという事で
はなく、嚥下機能の衰えが出てきた高齢者にと
ってお餅は一層喉に詰まる率を高めてしまうと
いう意味ですね。ただ、お正月にお雑煮という
のは日本の風習というかお正月の文化的決まり
事みたいな部分がありますので、事故防止のた
めにお年を召したら雑煮は控えるようにすると
は簡単にいかないのが現状でしょう。ですので、
少しでも事故を減らすために、以下に注意事項
をまとめておきますね。

~お餅を食べる時には~
①調理の段階で、お餅を小さく切っておく。
②お餅を食べる前に、先にお茶や汁を飲ん
 で喉を潤しておく。
③餅はよく噛んで、唾液とよく混ぜ合わせ
 てから飲み込む。
(消費者庁ウエブサイトより抜粋)

これは、消費者庁が啓発事業として発行してい
るリーフレットから抜粋しました。分かりやす
く、簡単にまとめてありますので是非参考にし
て下さいね。また、お餅の代用品として「じが
いも餅」や「だいこん餅」「上新粉のお餅」等
もあります。興味のある方はウェブ検索などで
作り方をご覧ください。だだ、今までのお話で
完全に事故を防止できるという訳ではありませ
ん。細心の注意を払う事も大切ですし、もし万
が一事故が起こった時には、119番に加え応
急処置の方法をしっておくことも大切。お正月
という目出度い時に、不幸な事故が起こってし
まうのは悲しいことです。皆がしっかりとした
知識を持って、今年こそ不慮の事故を無くしま
しょうね!

さて、今年もあとわずか。
平成31年、そして令和元年の本連載はこれに
て終了となります。一年間ご覧いただきありが
とうございました。
皆様、風邪などひかず、楽しい年末年始をお迎
えくださいませ!
では、、、

SEE YOU & 
MAY YOUR HAPPY YEAR

【自転車奔走記】介語苑・其の46。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第392回。

もう幾つ寝ると~クリスマス~♩の日曜、皆様
いかがお過ごしでし
ょうか?
この週末で今年の
仕事納めの方も多
いと思います。たきびは年中
無休で
すので特に仕事納めというのはないんで
すね。それでも年の一区切りと
いう事で、ぼつ
ぼつと大掃除に取り
掛かかろうかなぁ~と思案
はするも、
思案だけであっという間に晦日前に。
計画的に事を進めた他のスタッフの冷たい視線
を浴びながら一人バタバ
タと掃除に勤しむ…と
言うのがワタ
シの年末恒例の光景。今年こそ計
画的に掃除を!したいですねぇ。
色々忙しい時
期がやってきます。世
間が気忙しくなりますが、
焦らずゆ
っくりとお過ごしくださいね。それと!
インフルエンザ流行の兆しが止
まりません。予
防には十分ご注意下
さい。
では【自転車奔走記】始まります。
++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・46。

【語句】 
社会資源

【意味】
ご利用者様がニーズを充足したり、問題を解決
するために活用される色々な制度
・施設・機関
・設備・資金・物質・法
律・情報・集団・個人
の有する知識や
技術等の総称。

【解説】
今週は「社会資源」についてお話します。介護
福祉分野、とりわけ福祉分野ではお
馴染みだけ
ど一般にはあまり流通してい
なかった用語なん
ですが、ここ最近、地
域包括ケアや共生社会な
どの考え方と共
によく目にするようになってき
ました。
人が一人で生きることは結構難しく通
常は社会を構成してそれぞれがそれぞれの暮ら
しを生きているわけですが、生き
ていると様々
な問題にぶつかります。

えば、風邪をひいて熱があるとき、普通であ
ればかかりつけの医療機関を受診し
て投薬など
の治療を受けたり、或いは薬
局で市販薬を買っ
て服用したりして治そ
うとしますよね。ではこ
の一連の動き
をケアマネチャートに分解します。

(問題発生) “熱があり風邪をひいた”
 ↓
(したいこと) “風邪を治したい”
 ↓
(必要なこと) “医者にかかる。
         薬を買って飲む”
 ↓
(問題解決) “熱が下がる。風邪が治る”

という具合です。人や社会は何か問題が発生す
ると、その問題に対して「どうし
たいか?」と
いう希望や要望を持ち、そ
してその希望・要望
をかなえるために何
が必要か?どうすればかな
えられるか?
を考えて行動し、その行動の帰結
として
何らかの結果を得るというプロセスを取
ります。ここで注目していただきたいのはチャ
ートの3番目である(必要なこと)
の部分。

“医者にかかる”とか“薬を購入する”などの具体的
行動を挙げていますが、
もし医者がいなかった
らどうでしょうか?
薬局がなければどうなるで
しょう?当然
ですが、医者に診てもらう事も風
邪薬
を入手することもできませんよね。当然な
がら
“風邪を治す”という問題解決が遠のきます。
さらに別の“もし”を続けます。近所に医院がある
が、もし公的な健康保険制度がなけ
ればどうで
しょうか?保険が使えず全額自
費になり診療に
結構なお金がかかることに
なって、お金がなけ
れば受診することがで
きない、つまり貧富の差
によって享受でき
るサービスに差が生じること
になりますね。
このように私達は風邪を治すと
いう一つ
のミッションを達成する間に、医療機
関や
薬局、そして健康保険制度などを選択した
り利用したりしている訳です。そしてこの例で
の「医療機関」「薬局」そして
「健康保険制度」
がまさに【社会資源】と
いう訳です。

言い換えれば、社会にあるものすべて、私達の
すべてが「社会資源」に
なることができるとい
う事なんですね。先
ほどの風邪をひくという例
で言えば、近所
の人から治療のアドバイスを貰
ったり、気
にかけて見に来てくれたりした場合、
その
近所の人も大きな「社会資源」として風邪
を治すというミッションに寄与している訳です。
当たり前と言えば当たり前のお話
ですが、見慣
れたものやいつも街にある
施設、そして近所の
人々などは「社会資源」
すなわち色々な問題や
課題を解決に導く可
能性を持った大切な存在な
んですね。“子供
の見守り運動”や“こども110
番の家”な
どが好例ですね。本来であれば“子供”
とは
直接関係のな地域の高齢者クラブや住民な
どが、そのマンパワーを活用して、子供たちの
登下校時等の見守り活動を実施してい
る、即ち
“子供たちが安全に暮らせる”とい
うニードを達
成するために活躍している社
会資源と言えます。

また、こども110番の家(緊急時に子供が駆
け込み、保護を求
めることができる場所)など
も、地域の商
店やガソリンスタンドなどが、そ
の本来の
役割とは別に“子供たちを守る”ための
社会
資源として活躍している訳です。このよう
に、社会資源というもの…というかその考え方
は、私達が地域で楽しく、健康に、
そしてより
よく暮らしていくために解決す
べきことや実現
するべきことが生じた場合、
強力な援軍となっ
て一緒に動いてくれる味
方になります。また私
達一人一人も、誰
かにとって、または地域にと
っての大切な
社会資源として存在しているとも
言えます。

『地域共生社会において社会資源の活用と…
なんて難しく考えず、『私達一人
一人、身近に
あるモノ、すべてが私達が暮
らす社会をよりよ
くすることができるツー
ルになりうる』と考え
て下さいね。
というところで今週はここまで。
次回もお楽しみに。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の45。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第391回。

今年も残り2週間強となりました。皆様いかが
お過ごしでしょうか?クリスマスに向け、そし
て年末に向けて街がどんどん賑わしくなってい
ますね。と、楽しい年末をお過ごしくださいと
言う前に、今年はインフルエンザの流行が例年
より早くなっているようです。12月に入って
インフルエンザ注意報や警報を発令している地
域も例年に比べて多い状況です。皆様、十分な
注意をお願いします。外出時はマスク着用、そ
して手洗いとうがいの励行、そして早めの医療
機関受診など、それぞれがインフルエンザ予防
に気を付けてお過ごしください。
来週はクリスマス!
体調管理は万全にお願いしますね。
では【自転車奔走記】始まります。

++++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・45。

【語句】 
権利擁護

【意味】
自分の権利を表明することが困難となった高齢
者や障害者の権利を守ったり、ニーズ(要望・
要求)の表明や決定を支援し代弁すること。

 

【解説】
今回は「権利擁護」、特に高齢者の権利擁護に
ついてお話します。権利擁護という言
葉、介護
福祉の界隈では支援展開の基本的
視点というか
必ず押さえておかなくてはい
けない非常に重要
な用語ですが、もしかす
ると医療・福祉・介護
の分野以外では耳慣
れない用語かも。「権利擁
護」、ごく簡単
に言えば『その人の権利を守る』
ことと考
えてもらえばよいと思います。私達は
憲法
や諸々の法律等によって様々な“権利”を有し、
そしてその権利を行使することを保証
されてい
ます。例えば、今日何を食べるか
?どこへ行く
か?といった自分の意思を自
分自身で決めるこ
とについての権利(自己
決定権)や、自分の稼
いだお金を自分で管
理して、使途を自分で決め
ることができる
(財産権)や、いわれのない不
当な扱いを
受けない権利(いわゆる平等権)な
どなど
があります。これらの私達がそれぞれ有
ている権利が守られなかったり、侵された
した場合、私たちは抵抗や抗議をしたり、
場合
によっては訴訟などの対抗策を講じる
ことがで
きます。

ですが、認知症等で判断力が低下してしまった
高齢者や寝たきりで
動いたり話したりすること
が困難な高齢者
にとっては先の事情が違ってき
ます。自分
がしたいこと、やりたいことがあっ
ても、
その意思を表明することが出来なければ、
自分の意に反すること、自分の利益にならない
ことを“やらされる”結果になる場合が
往々にし
てあります。他にも特殊詐欺や金
銭トラブルや
虐待などの被害に遭う事も少
なくありません。
元々私達が有してる様々
な権利はカタチがあり
ませんので時と場
合によっては容易に侵された
り、無視され
たりしてしまう脆いものかもしれ
ませんが、
権利が守られることが近代福祉国家
の成立
基盤の基礎中の基礎ですので、すべての
権はいかなる理由があろうとも守られ、保
されることが必要になります。ですので、
加齢
という生理現象や認知症という病気な
どが理由
でその人の権利が侵害されること
も決して許さ
れることではなく、もしそう
であればその人の
権利を守ることが必要に
なります。

その人の人権を守り、権利の行使を支援するこ
とが権利擁護であれば、そ
れはすなわち人間の
尊厳を守っていくとい
う近代国家成立の存否に
関わる重要な視点
・姿勢に繋がっていく事にな
るんですよね。
近代国家などの文言ができてま
したが、決
して大げさな表現ではなく、それく
らい重
要な事柄だとご理解下さいね。では具体
的にどのようにして権利擁護がなされるのか?
というと、現行様々な相談機関や権利
擁護の事
業があります。一番身近でいうと、
各地域にあ
る「地域包括支援センター」に
は高齢者虐待を
含む権利擁護の相談窓口が
設置されていますの
で、いつでも相談をす
ることができます。ここ
では相談受付や助
言、そして必要に応じて行政
などの他機関
とチームを組んで事案の解決に当
たること
ができる強力な支援機関です。他にも、
「成年後見制度」の利用や地域の社会福祉協議
会等で実施している金銭管理や介護サ
ービス利
用支援の「日常生活自立支援事業」、
もっと専
門的な相談が必要な場合は法テラ
ス(「法テラ
ス(日本司法支援センター)」
は、刑事・民事
を問わずさまざまな法的な
トラブルの解決に必
要な情報やサービスが
受けられる法務省所管の
公的な法人)が実
施している特定援助対象者法
律相談援助
(特定相談)を利用して、弁護士や
司法書
士などの専門家に相談することもできま
す。
また、特殊詐欺など犯罪には警察、悪質商
法などの相談には地方公共団体が設置している
消費生活センターや消費生活相談窓口
が対応に
あたっています。

というところで今週はここまでです。今回は高
齢者の権利擁護についてお話しました
が、権利
擁護というのは障害者や子供など
の社会的に弱
い立場にある人たちを守ると
いう事には違いあ
りませんが、実は社会に
生きる人たちそれぞれ
が、それぞれ自分ら
しく生きていくことが自由
にできる社会を
保障するという意味です。です
ので、権利
擁護に自他の区別なし!自分の権利
を守る
ことは同時に他者の権利を守ること!こ
一文に尽きると思います。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の44。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第390回。

急に寒くなり、やっと冬本番の感じがしてきま
した。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?街で
はあちこちでクリスマスソングが流れ、
おせち
料理予約の広告が目につき、そして
ご利用者様
のお宅を訪問すると、分厚い
年賀はがきの束を
前に、これから始まる果
てのない宛名書き作業
思いを馳せている姿…毎年恒例と言えばそれ
までですが、ワタシにとっては一番
馴染みのあ
る師走の景色です。
家に帰れば宛名を待ってい
るハガキの山が…。それは
さておき、皆様体調
は大丈夫でしょうか?
インフルエンザの話もチ
ラホラ聞こえてき
ています。十分な体調管理を
お願いしますね。
では【自転車奔走記】始まります!
++++++++++++++++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・44。

【語句】 
冬の暖房事故

【意味】 
冬季に使用するストーブやヒーターなどの暖
機器が原因で発生する事故。火災など大き
な事
故の原因となるケースも多い。

【解説】
急に寒くなり、一気に冬らしくなりました。
かい部屋でゆっくり、まったり、そしてウ
トウ
ト。寒い冬の楽しみの一つと言えな
いこともあ
りませんが、暖房機器を使うこの
時期、火災な
どの事故が急増します。また、
空気が乾燥して
いることが多く、一旦火災に
なると被害が拡大
することも稀ではありませ
ん。今回の介語苑で
は、冬場の注意喚起も含
めて暖房事故について
お話します。暖房機
器の使用が原因となって発
生する事故はたく
さんあります。ストーブ(主
に石油)やファ
ンヒーターなどの燃焼式の暖房
機器では、や
けどや一酸化炭素中毒、そして火
災など。電
気カーペットや毛布、こたつなどで
は火傷な
どが目立ちます。暖房機器は冬場には
欠かせ
ないものですが、使い方を誤ったり油断
ると思わぬ怪我や事故につながる危険性が高
いものです。以下、主な暖房機器別に注意点
まとめてみます。

①石油ストーブ・石油ファンヒーター
石油ストーブが原因で起こる事故は火傷や一
化炭素中毒、そして火災が目立ちます。特
に火
災事故発生の割合は他の暖房機器に比べ
て高い
のが特徴です。事故の原因の多くはス
トーブの
誤使用で、灯油の給油口キャップの
閉め忘れや
締め付け不良で引火するケースが
目立っていま
す。また、ガソリンの誤給油や
洗濯物などの可
燃物が接触して発火する事故
も多発しています。
NITE(独立行政法人製品
評価技術基盤機構)は
石油ストーブ・ファン
ヒーターの使用について
以下の注意喚起をし
ています。
(1)給油する前に必ず消火する。給油後は
油口キャップをしっかり締め、灯油が漏れ
ない
ことを確認してから本体にセットする。
 (2)灯油は専用容器に入れ、ガソリンと別
場所に保管する。ラベル表示で区別するな
ど誤
給油を防ぐための対策を徹底する。
 (3)周囲に可燃物を置かない。衣類などを
かさない。
 (4)就寝する前に必ず消火する。

これらを必ず確認、実施して使用することで、
災などの事故発生防止に努めることが重要
ですね。
さらに付け加えると、一酸化炭素中
毒の発生防止
のために…
(5)こまめな換気。1時間ごとに1~2回、約5
~10分程度が目安と
されています。一酸化炭素は
無味無臭の気体
なので、頭痛やめまい、吐き気な
ど体に異変
が起きてから初めて気づくことができ
る非常
に危険な気体です。最悪は死に至るケース
あるので換気は必要不可欠ですね。

②電気カーペット
電気カーペットでは、電熱線(発熱線)の断線に
よるスパーク(火花)火災や低温やけど
などの事
故が発生しています。NITEでは電気
カーペットの
事故防止のため、
(1)脚の細いテーブルや椅子を直接電気カー
ペットに置かない(断線防止)
(2)布団など保温性の高いものを長時間同
じ場所に乗せない(断線・熱線の劣化防止)
(3)電気カーペットを就寝用に使用しない
などの注意喚起を行っています。

③電気毛布
電気毛布もカーペットと同じように、発熱線の断
線による発火火災や低温火傷などの事故
が報告さ
れています。電気毛布は就寝用につ
くられている
ので、折り曲げには強く設計さ
れていますが、年
数が経過すると発熱線自体
が自然劣化して断線し
やすくなります。定期
的な交換が必要となります。
また、設定温
度を誤ると、低温火傷の原因にもな
るので、
使用説明書に従った使用が必要ですね。

④電気ストーブ
以外かもしれませんが、ここ数年電気ストーブが
原因の火災が増えていて、昨年までの5年
間で石
油・ガス・電気の各ストーブが原因で
発生した火
災の約半分が電気ストーブのもの
となっています。
実際に火が出ていないので
安全に思われがちです
が、原理的には熱を発
生させる熱源が火なのか電
気なのかの違いだ
けなんですね。ですので、熱を
発生させる装
置という意味では、石油だろうがガ
スだろう
が電気だろうが、すべて“同じ”と考えて
下さ
い。電気ストーブ由来の事故の殆どが、近く
にあった衣類やカーテンなどの可燃物に熱が移り
燃えてしまうというものです。ある実験
では電気
ストーブにタオルがかかると4
分あまりで煙がで
て6分あまりで火が出て燃
え上がるという結果が
報告されています。
「火が出ていないので安全」
ではなく
「火が出ていなくても、火と同じ」とい
う使
用意識が必要ですね。と、主な暖房機器の事
故の例を挙げてきまし
た。火災や火傷などの事故
防止に役立ててい
ただければ幸いです。

ここでは触れませんでしたが、エアコンでも長時
間つけっぱなしに
すると空気が乾燥して脱水症の
危険性が増し
たりします。くれぐれも、お使いの
電気製品
の使用説明書に従って、正しく使うこと
が大
切ですね。
というところで今週はここまで。
次回もお楽しみに。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の43。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第389回。

12月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?
いよいよ2019年、平成から令和へと時代
移ったこの一年もあと一か月です。思い返す
とこの一年は本当に色々なことが
ありましたね。
と、ゆく年の名残に思いを馳せるのはもう少し
先!師走も始まっ
たばかり。何かと気忙しい毎
日が続きます
が、健康第一!風邪などひかない
よう、そ
して冬に多いヒートショックや屋外で
の転
倒事故などにも十分注意して下さい。
では【自転車奔走記】始まります!!
++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・43。

【語句】 
保険外サービス

【意味】 
(全般)介護保険制度での保険給付の対象と
    ならないサービスの事。
(狭義)①市町村など自治体が実施する福祉
     や生活支援サービス。
     ②主に民間が実施する介護保険に拠
     らない介護や生活支援サービス。

【解説】
今回は介護保険外サービスについて取り上げま
す。
以前取り上げた介護保険の制度改正につい
て、現
在進行形で様々な角度から議論が進めら
れていま
すが、それらの背景にあるのは(介護
保険)制度
持続性というテーマ、つまり公的給
付をいかに抑
えていくかという点が今回の制度
改正議論の主戦
場となっている観があります。
近頃聞こえてくる
ニュースを見てみても「75歳
以上の医療費負担は
原則2割へ」とか「ケアプ
ラン有料化」さらには
「要介護1・2の認定
保持者を総合事業(軽度者)
へ移行」等々の文
言が溢れています。この議論の
行きつく先がど
うなるのかもう少し見る必要があ
りますが、こ
の社会保障費抑制及び少子超高齢化
社会への流
れのなかで再び“保険外サービス”に注
目が集まっています
。今回取り上げるのは【意味】
の②番、民間が実施する介護保険に拠らないサ
ビスについてです。この保険外サービスと言
うの
は、介護保険制度の対象外となっているニ
ードに
ついて、全額自費でサービスを提供する
もので例
えば訪問介護サービスの対象外とな
っている家屋
の窓ふきや床拭き、庭木の剪定や
草むしり、大掃
除などに対応するものや買い物
や娯楽など通院以
外の外出に対応する移送・同
行サービスなど色々
なサービスがあります。こ
の介護保険外サービス
については、介護保険制
度施行当時から様々な形
でその有用性が指摘さ
れてきていましたが、主に
費用の問題、つまり
「保険に拠らない」という事
は「全額自費」と
いう事になりサービス費用がか
なり高額になる
ので、おいそれとは使えない、万
人向けとは言
えないサービスという位置づけがい
つの間にか
定着してしまった印象があります。

また、シルバー人材センター、NPOやボランテ
ィア組織、
一部民間企業等が比較的低廉な費用で
介護保険
外のサービスを提供していますが、ニー
ズに対
して絶対数が少ないことが一番の問題とな
って
います。つまり、社会的ニードはあってもな
なか普及しないという現実があるんですね。た
だ、先月開催された介護・福祉関係の催しでこ
介護保険外サービスは、「保険外シニアビジ
ネス」
という形で産業化し、定着させることで
高齢化社
会のあり方を変革していく重要な方向
性の一つで
あるという講演がありました。確か
に保険給付の
抑制が進むということは、保険に
対応するサービ
スの内容も縮小されうるという
事を指しますので、
ますます保険外のサービス
の重要性が増すという
理屈にも合致しますね。
介護保険外サービスも重
要な社会資源ですので、
保険外サービスが増える
と言うことはその分サ
ービスの選択肢が増えるこ
とになるので、より
多様で豊かな生活を送ること
ができる可能性は
増しますが、反面、保険外サー
ビスが拡大しす
ぎると家計上の問題で自費サービ
スの利用がで
きない方々にとっては、経済格差が
健康格差に
直結してしまうという社会保障の理念
の根幹に
かかわる重大な事にもなりかねません。

この保険外サービスのありかたについてのお話は、
後の社会保障制度のあり方について、今後国の
負担はますます増えたとしても、広く国民に対
て保障と権利を与える今までの“土台型保障”
を維
持していくのか、あるいは公の負担を減ら
し民間
の自由競争を活性化させることで価格の
安定やイ
ノベーションを図ることを前提とし、
結果その競
争からこぼれ落ちてしまった人たち
を救うために
機能する“セイフティーネット型
保障”に特化する
のかを問うているとも取れま
す。いずれの型を指
向するにせよ、今後の議論
の内容を私達全員が慎
重に見
極めていく必要がありますね。

と言うところで今週はここまで!
次回もお楽しみに。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】介語苑・其の42。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第388回。

11月最後の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?
来週は師走の12月!というのに季節外れ
も甚だしい台風の発生など、とにかく今年の気
候は気が抜けませんね。
暖冬の長期予報が出て
いますし、実際の
所11月にしてはかなり暖かな
日が続いた
と思います。ですが、冬は冬!風邪
など
ひかないよう体調管理には十分注意して
さいね。
では【自転車奔走記】始まります!
+++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・42。

【語句】 
リスクマネジメント

【意味】 
リスクを組織的に管理(マネジメント)して損
失などの回避または低減をはか
るプロセスの事。

【解説】
今週はなにやら小難しそうな「リスクマネジメ
ント」についてのお話です。会社
などの組織に
限らず、私達が何かを行う
時には必ず何らかの
「リスク(将来何か
悪い事が起きる可能性)」
が発生しま
す。このブログのタイトルでもある
「自
転車」を例にとって考えてみると、自転
に乗って出かける場合、私達は常に交
通事故や
転倒、自転車の盗難、パンクな
どの故障等々の
様々なリスク(事故可
能性)に晒されています。

例え交通事故の可能性が殆どない無人の荒野を
自転車
で移動するにしても、操作ミスで転倒す
る単独事故のリスクは残りますよね。このよう
にヒトの活動には必ず何らかのリ
スクが発生す
る、というかリスクの中で
ヒトは生きている事
になります。その
ため、人が活動する際には必
ずリスク
を減らすための思考やシステムが意識
にも、無意識的にも介在しています。自転車
の例でいうと、交通法規は交通事故
を防ぐリス
ク回避システムですし、ヘル
メットの着用は単
独事故による重大な負
傷を防ぐため、鍵をかけ
ることは盗難と
いう犯罪リスクへの防御、そし
て日頃の
点検はパンクなどのアクシデント発生
を下げ事故を防ぐための作業となります。

どうでしょうか?私達は自転車というごく日常
ありふれた活動をする際にも、い
つの間にかし
っかりとした事故発生率低
減のための「リスク
マネジメント」を行
っていることになりますよ
ね。このよう
に、人の活動にはリスクとそのリ
スク
を回避する行動が必ずセットになってい
と思います。ただ、リスクというもの
は、それ
自体をしっかり分析していない
と単なる漠然と
した不安要素であったり、
つい見過ごしてしま
うような微細なミス
としてした認識されないと
いう特徴もあ
ります。有名なリスク管理学での
法則に
『ハインリッヒの法則』というものがあ
ります。これは(1件の重大事故発生の背景に
は、29件の軽症事故があり、その
軽症事故の背
景にはさらに300件の無
傷の事故(近年よく
言われる『ヒヤリ・
ハット』の事)というもの
ですが、このことはつまり、私達はリスクに対
する自覚がない場合、何か活動す
る際にその活
動に対して発生したごく小
さな出来事をリスク
として認識せずに見
逃し続けてしまうという事
実を指してい
ます。ですので、リスク管理の基
本はリ
スクを「認識」する事、細かく言えば事
前想定や「ヒヤリ・ハット」を分析してリスク
を特定し、そのリスクを生じさせ
る要因や規模、
頻度を詳細に分析して対
応策を講じることとさ
れています。そし
て、リスクは常にあるものと
して肯定的
(それが事実あるものとしてしっか
り認
識する)に受け入れることも重要視され
います。

ちょっと難しいお話になりましたが、この「リ
スク」という視点から
私達の活動を見直してみ
ると、リスクマ
ネジメントはとっつきにくい難
しいもの
ではなく、ごく普通に日常生活の中で
践していることも多いですよね。例えば「歯
磨き」も虫歯というリスクに対する
防衛策とし
てのリスクマネジメントです
しね

と色々お話してきましたが、実はこれ、先だっ
て受講した研修のほぼ受け売りで
して…リスク
マネジメントの基礎
は押さえていたつもりで受
講しましたが、
新たな学びも多く、実り多い本
当に楽し
い研修でした。その研修会で講師の先
から紹介されて読み始めた本がまた面白くた
めになる本でしたので、最後にご紹
介しますね。

「失敗のメカニズム 忘れ物から巨大事故まで」 
(著者)芳賀 繁  (出版)角川ソフィア文庫

リスクマネジメントそのものではなく、主にヒ
ューマンエラーについての内容で
すが、学術的
な深い話が非常に読みやす
く、人間の行動とリ
スク管理の関係など
が分かりやすく書いてあり
ますのでおす
すめですよ!

というところで今回はここまでに致します。
次週もお楽しみに。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ