ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
ケアマネの自転車奔走記

ケアマネの自転車奔走記の最近のブログ記事

【自転車奔走記】新企画!

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第314回。

いよいよ梅雨入りしました。皆様いかがお過ご
しでしょうか?
今年の梅雨は、大雨には注意が
必要
ではありますが、降水量も気温も概ね平年
並みとの予想だそうです。こ
れから1か月以上も
シトシト、ジメ
ジメの毎日が続くと考えると正
直う
んざりしますが、空梅雨による水不足や農
作物への影響を考えると、日
本列島にとって必
要な“恵みの雨”、
日本の気候風土を型作ってい
る季節の重要なパーツの一つなんでしょうね。

さて、今週は連載終了の中休みで、ゆる~く四
方山話をば…と考え
ていましたが、次回からの
企画の告
知です!先ずはちょっと硬いお話し。
内閣府から発表された「平成29年度版高齢社会
白書」から、これから到
来する更なる社会の高
齢化に対する
取り組みについて述べている部分。
以下抜粋です。

…(略)さらなる高齢者人口が増加して
いるなか、介護を必要としている高齢者の
割合も増加している。こうした現状に対して
医療・介護分野における地域包括ケアなどの
進展による様々な
情報の共有・連携の強化へ
の取組みや、介
護分野におけるICTを用いた
IoTの活用な
が注目されている。

下線部ですが、色々な用語が並んでいますよね。
「地域包括ケア」「ICT」
そして「IoT」。
「地域包括ケア」という用語は介護・福祉業界
では当たり前
のように使われている言葉ですが、
「ICT」と「IoT」については??となってしま
う介護・福祉関係者がワタシ
を含め結構いると
思います。逆に「ICT」
「IoT」はよく知ってい
るけれど『地
域包括ケアって?』という方も…。

世の中には色々な【専門用語】があります。
専門用語と言うだけあって、一
つの語句、例え
ば先掲した『地域包括
ケア』という用語も少な
くとも2008
年(平成20年)から高齢者福祉の世
では頻繁に使われていて、その10年の歴史の
中で生じた概念の変化や意味の
付加などの変遷
が「地域包括ケア」と
いう言葉の背景にあり、
その歴史的な
背景を含めての意味を持つ「用語」
あるからこそ、高齢者介護・高齢者福祉の分
野では普通に使われる語句(用
語)として流通
していますが、外部か
ら見ると何か小難しそう
な『専門用語』
で、敷居が高いモノとして敬遠
されが
ちになってしまいます。他にもこんな
話しがあります。

要介護の認定を受け、初めて介護保険のサービ
スを利用
しようとしたら『ケアマネを付ける必
要がある』と言われて、よく分からないので市
役所へ行ったら『ケアマネー
ジャーに相談する
必要がある』と教え
てもらい、資料を貰ったら
介護支援
専門員』と書いてあった。「ケアマ
ネ」も「ケアマネージャー」
も「介護支援専門
員」も概ね同じ意味
の職種を指す言葉なんです
が、初めて
の人には??となる場合も多いです。

そこで、次回からの企画

分かりにくかったり、世間的にはなじみが薄い
と思われる介護・福祉の専門
用語を取り上げ、
できる限り分かりや
すく簡単な解説をする題し
『たきび版:介語苑』主に新聞やニュース
などで取り上げら
れる介護・福祉に関する用語
を毎週取
り上げて、その意味や用例を解説した
り、時にはその語の示す意味や概念について
皆様と共に考えたりする場
になればと思います。
楽しみにお待ちくださいね!
以上、新企画の告知でしたm(_ _)m

さて、梅雨も始まったばかり。衛生管理、そし
て体調管理を万全に長い梅雨を乗り
切りましょ
う。特に適度の水分補給はお
忘れなく!
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】依存症とは#79。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第313回。

そろそろ全国的に梅雨入りした模様です。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?これから
約1か月半程度、ジメジメの毎日が続
きますね。
長雨の時期は、健康面、衛生
面でいつも以上の
注意や管理が必要です。
皆様、いつもに増して
食品の衛生管理、
そして水分補給や適切な温度
湿度の管理
など熱中症対策を心がけて下さいね。
では、自転車奔走記、始まります!
++++++++++++++++++++
行為依存について②
引き続き行為依存についてのお話しをします。
前回お話しした通り、行為依存とは別名を『プ
ロセス依存』とも言い、行為そのもの
に強い依
存や執着を見せる状態を指し、行為
によって得
られる成果や報酬よりも、行為を
「すること」
自体に強い興奮や安心感を覚え、
その行為を自
分では止めることができなくな
ってしまった状
態(依存)です。では、具体
的にどのようなも
のが行為依存として扱われ
ているか?について
解説していきます。
先ずは代表的なものから。

◎行為依存① ギャンブル依存(症)
行為依存で真っ先に取り上げられるのがギャン
ブル依存(症)です。※注「-(症)」と表記し
たのは、ギャンブル
依存はれっきとした依存症
であり、病気とし
て日本国内はもとより国際的
にも扱われてい
るからです。
ギャンブル依存(症)とは、病
的賭博と言われ
ることもありますが、いつい
かなる時でも、ど
んな状況でもギャンブルを
したいという非常に
強い欲求に支配されて、
自分の意思では止めら
れない状態です。ギャ
ンブルの勝ち負けよりも、
賭け事をしている
時に感じる高揚感や快感が忘
れられない為に
ギャンブル行為を繰り返します。
結果、依存
症患者のほとんど全てが借金や生活
破綻など
の深刻な経済的問題を抱え、そんな状
況下で
もギャンブルを止められないという状態です。

◎行為依存② ゲーム依存(症)
近年話題になったゲーム依存(症)ですが、
にデジタルコンテンツでのゲーム(ビデオ
ゲー
ム、インターネットゲームやスマホアプ
リゲー
ム等)に寝食を忘れてのめり込み様々
な問題が
起きている状態を指します。具体的
には…
①ゲームをすることに対する自己制御が
できず、
一度ゲームを始めると止められなか
ったり、会
社や学校に行く刻限でもゲームを
始めてしまう。
②ゲームに没頭することへの
優先順位が高まり、
他の生活上の利益や日常
の活動よりもゲームを
することが優先される。
③ゲームをすることで否定的な(マイナス)
果が生じているにもかかわらず、ゲームを
やり
続ける、または更にエスカレートする。

などです。ゲーム依存の結果、長時間のゲー
継続でエコノミー症候群を引き起こした人
や、
ゲームに没頭することでネグレクト(育
児放棄)
状態になってしまった人の症例が報
告されてい
ます。また、近年のスマホアプリ
ゲームではゲ
ーム内での課金システム(ゲ
ーム内で課金する
と様々なアイテムが手に入
る)により、のめり
込んだ結果膨大な借金を
抱えてしまうケースも
珍しくありません。因
みに(症)と記載してい
るのは、近々のう
ちにWHOの診断基準に「ゲー
ム障害」という
依存症の一つとして記載される
可能性が非常
に高いためです。

行為依存③のインターネット依存インターネッ
ト依存という言葉は最近よく耳
にすることが多
いと思います。ですが、今の
所明確な一致した
インターネット依存の定義
は行われていません。
共通するものとして
『インターネットに過度に
没入してしまうあ
まり、コンピューターや携帯
が使用できない
と何らかの情緒的苛立ちを感じ
たり、また実
生活における人間関係を煩わしく
感じたり、
通常の対人関係や日常生活の心身状
態に弊害
が生じているにも関わらず、インター
ネット
に精神的に依存してしまう状態』という
定義
がありますが、概ねインターネット依存と
は、
インターネットに没入し過ぎて、他人との
ミュニケートができなくなったり、実生活上
の活動ができなくなるなどの問題を生じる状
を指します。
上述の3つが、行為依存症を語る時
に真っ先
に取り上げられることが多い依存症で
す。
ギャンブルは太古からありますが、ゲーム
インターネットなどはまさに現代ならでは
依存症という事ができますね。その他にも
「買
い物依存」や「性依存」、そして「窃盗
癖(ク
レプトマニア)」「自傷癖」も行為
依存のカテ
ゴリーで述べられることも多い嗜
癖ですね。

さて、沢山の行為依存を見てきましたが、行
依存も元をただせば依存症ですので、自助
グル
ープへの参加や認知行動療法などの治療
によっ
て回復は十分可能です。ただ、現状一
番問題と
なっているのが、家族や社会の「理
解のなさ」
なんですね。アルコールや薬物の
ように身体症
状が出ないため、外見的にも非
常に分かり辛く、
かつ、行為依存の対象とな
る行為が個人の趣味
嗜好の延長と捉えられる
ことが非常に多い為、
行為依存症患者さんた
ちが(依存症という病気
を抱えた人)として
ではなく(人格的、性格的
に問題がある人)
として扱われてしまい、社会
や支援の手から
隔てられてしまう事例が非常に
多く存在しま
す。今国会ではIR(総合型リゾート)
法案として
「カジノ」の議論がなされています。

の中でギャンブル依存症対策についても色々
と議論が重ねられていますが、法令や政策で
対策より、ギャンブル依存症という病気へ
の社
会的な理解の早急な取り組みこそが重要
なので
は?と個人的には考えています。

++++++++++++++++++++
さて、長々と連載を続けてきました本シリーズ
『依存症とは』、
本日をもって一区切りにしよ
うと考えています。ワタシ
にとってこの連載は、
依存症というある意味奇
妙奇天烈で分かりにく
く、且つ誤解されやすい病
気をどのように皆様
にお伝えするか?を自問自答
しながらの掲載で
した。依存症の治療や研究等の医
学的アプロー
チは日進月歩ですし、自助グループも
全国規模、
そして国際規模で進化しながら活発に活
動して
いますので、この連載で依存症のついての正

な知識や見識を十分お伝えできたかどうか…

はあります。ですが、『アルコール依存症も薬
依存症も行為依存症も、根本は依存症という
病気。
病気であるからこそ、治療や回復は誰で
も可能であ
り、現に多くの人が一生をかけて依
存症という病気
と闘いながら回復の途を歩んで
いる』こと、そして
『依存症は誰でもなり得る
病気。
一日でも早く社会が依存症とフラットに
向き合う』ことの重要性はお伝え
できたかな?
とも思っています。
何はともあれ、長々とお付
き合いいただきありがと
うございました。

この連載の最後を飾るのは、以前紹介した『ニ
ーバ
ーの祈り(平安の祈り)』一節です。依存
症の自助
グループでは必ず唱えられるお祈りの
文ですが、依
存症とは関係なく、色々な示唆を
含んだ文章だと思
いますので、再掲しますね。

【平安の祈り】
神様 私にお与え下さい。
自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを。
変えられるものは、変えてゆく勇気を。
そして、ニつのものを見分ける賢さを。

では、これにておしまい!
来週は新シリーズ『介護用語解説シリーズ』で
お会いしましょう。
みなさま体調管理には十分ご留意下さいませ!
SEE YOU NEXT WEEK 

【自転車奔走記】依存症とは#78。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第312回。

6月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?
季節はもうすぐ梅雨の時期になります。
これから約1カ月強の間、ジメジメ、ムシムシし
た毎日が続きますね。
皆様、体調管理そして食中毒防止の為の衛生管
理に十分ご注意下さいね。
鬱陶しい梅雨にも負
けず「自転車奔走記」
始まります!
++++++++++++++++++++ 
※今月から予定していた新シリーズ
 「介護保険用語解説シリーズ」は、
 現在テーマの進度上、再来週スタートに
 なります。悪しからずご了承下さいませ。
++++++++++++++++++++ 

今週から行為依存(症)についてお話しします。
今までお話ししてきたアルコール依存や
薬物依
存は「物質依存」と呼ばれるもので、
依存の対
象となるアルコールや薬物などの物
質を体内に
取り込むことによって引き起こさ
れる病気でし
たが、行為依存は依存対象が
「行為」、特定の
行為をすることから得られ
る刺激や安心感にの
めりんでしまい、得られ
る快感や高揚感、安心
感を求めてその行為を
止められなくなり、日常
生活や人間関係等に
支障が生じている状態をさ
します。そしても
う一つ重要なことが、行為依
存症患者はその
行為をした結果として得たり失
ったりするも
の(行為の報酬)には殆ど執着し
ません。また得られた報酬の結果が快感
や高揚
感の程度を左右することもありません。
行為依
存症患者は、得られる報酬よりも行為
の遂行そ
のものに執着し、何らかの行為をす
ることに対
して快感や安心感を強く感じます。

例えとして分かりやすいのが『買い物依存症』
です。買い物依存症とは、買い物で
気を紛らわし
たり、後から考えるとそんなに
必要でもないもの
をつい買ってしまったり、
または過去に買ったも
のを再度買ってしまう
などの症状が特徴ですが、
重要なことは買い
物依存症の方の殆どが、買った
物には殆ど
見向きもせず、ただ(何かモノを買う)
とい
う行為そのものに対して安心感や高揚感を得
る点です。普通私たちは自分が欲していたり、
かの用に必要であるモノを手に入れるため
に買い
物という行為をしますよね。その買
い物によって
欲しかったものが手に入れられ
れば満足ですし、
例えばずっと欲しかったモ
ノをようやく買うこと
ができれば大きな満足
や高揚感を感じる時もある
と思います。この
場合は、買うという行為は目的
を達する
為の手段に過ぎず、目的のモノを買い物
とい
う行為で手に入れることができるか否かが重
要なことですよね。

ところが買い物依存と呼ばれる状態では何かモノ
を買うという行為
そのものが目的であり、満足や
高揚感などを
感じるポイントなんですね。極論を
言えば、
買うという行為で得たモノが自分の欲し
てい
なかったモノでも別に構わない、それよりも
買うという行為をすることのほうが大切であり、
精神が高ぶるという状態なんです。
このように、
行為依存は行為そのものに強
い依存や執着を見せ
る状態を指し、別名「プ
ロセス依存」とも呼ばれ、
行為の結果より行
為をするプロセスそのものに依
存する状態で
す。アルコールや薬物のように重篤
な身体症
状や異変が起きる訳でもなく、また行為
その
ものに依存すると言う非常に分かりにくい構
造が故に世間的認知や理解は非常に低い状態です。

ですが、後述するギャンブル依存症など精神疾患
と認定されている行為依存もあ
ります。身体症状
が無いのは事実ですが、行
為依存が重症化すると
その人の社会生活に深
刻なダメージや周囲を巻き
込んでしまうよう
な重篤な生活問題が出現するこ
とになります。
ですが、非常に分かりにくい病気
であること
と、世間的な理解が不十分なことも相
まって、
初動での対応が遅れ、症状や出現した問
題が
重篤化して二進も三進も行かない状態になっ
てしまうことが非常に多いのも特徴の一つです。

このように、深刻化する率は他の依存症と比べて
引けを取らないのに、見逃されがちな行
為依存で
すが、啓発の意味も込めて次回最終回はい
くつか
の行為依存の実例を紹介しますね!
では、また来週お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】依存症とは#77。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第311回。

五月最後の日曜日となりました。皆様いかが
お過ごしでしょうか?
6月からの衣替えが待て
なくて、
早くも半袖で過ごしたくなるよう
暑い日が続いていますね。そろ
そろ梅雨入り
も間近。こまめな水
分補給と適温管理、そろ
そろ夏モ
ードの体調管理をお願いしますね。
では自転車奔走記始まります!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

先ずは先日来お話しをしてきました、薬物依
存症のまとめをお話しします。
薬物依存症は
依存対象となる物質が、
その性格上非合法の
薬物(化学物質)
であることが多いことから、
マイナスのイメージを付与して語られること
が多い現実があ
ります。ですが、薬物依存症
も元を
ただせば、アルコール依存症と同じ
存症。薬物に含まれる化学物質
が脳内の神経
系に異常を生じさせる
ことによって引き起こ
される歴とし
た病気であることを先ず理解す
るこ
とが重要であると思います。薬物依存症
に限らず全ての依存症の根底に
は依存(嗜癖)
という病気が潜ん
でいるという事ですね。
その上で、
アルコール依存症患者にとって回復
の路が開けているように、薬物依存症患者にも
しっかりとした治療メソ
ッドやNA(ナルコテ
ィック・アノ
ニマス)という国際的に展開して
る自助グループやDARC(ダルク。薬物依
存症のリハビリセンター)と
言った薬物依存症
からの回復施設が
全国各地に整備されています。
薬物依存症患者の多くがそれらの自助グループ
や治療回復施設に繋がっ
て、断薬(薬物を断つ)
生活を送っ
ていますし、社会復帰されている方
も大勢います。治療中、回復途中の患者さん達
しっかりと社会復帰できるためにも、そして
新たな薬物依存症患者を作ら
ないためにも、私
たち一人一人が薬
物依存についてしっかりとし
た知識
を持ち、考えることができる素地を作っ
てい
く事が大切であると思っています。

続いて、、、
「行為依存」についてのお
話になります。
「行為依存」とは専門用語なんですが、おそら
く多くの
方にとって聞き慣れない言葉だと思い
ます。行為依存とは、依存対象がアルコールや
薬物などの物質ではなく行為、何かをすること
で脳が快感刺激を受け、その行為を止めること
ができなくなる依存症です。代表的な行為依存
が今カジノ法案などで話題に上る事が多い「ギ
ャンブル依存」ですが、過食症や拒食症に代
表される「摂食障害」も行為依存の範疇に入れ
られる場合もあります。その他にも「ゲーム依
存」「スマホ(インターネット)依存」「買い
物依存」
などがあります。これらの行為依存は
もしかしたら急速なテクノロジーの進歩や生活
スタイルの目まぐるしい変化を伴う現代社会が
内包している病理とも言えそうな部分
も秘めて
いるのに加え、ギャンブルやスマホ・インター
ネット、買い物など世間的には『娯楽』として
捉えられるあれこれが依存対象となっているの
で、「個人の嗜好の問題」や「道楽の果て。自
己責任」という世間的な評価を覆すことがなか
なか難しいですね。更には社会や文明、テクノ
ロジーの進歩に応じて、次々に新たな行為依存
が生まれては消えていくという非常に厄介な特
徴も相まって、一般の理解や依存症と、病気と
しての対応や対策が大幅に遅れている
のが今の
状況なんですね。(特にインターネット依存に
ついては依存症とみなされる患者が爆発的に増
えていて、非常に深刻な問題となっている実情
もあります。)次回、その非常に分かりにくい
「行為依存」について、できる限り分かりやす
くお話しをしていく予定です。
では、今週はここまでとします。
またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】依存症とは#76。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第310回。

五月もいよいよ後半戦に突入となります。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?このところ
夏日が続いていますね。急激な
気候変化で身体
が追い付いて行かず、体調
を崩し気味の方も多
いと思います。加えて
夏風邪(らしき)ものも
流行り出している
様子。もうじき梅雨に入ると
いうこと
もあり、皆様体調管理には十分お気を
つけ
下さい。特に熱中症には十分注意です!
体が夏日に慣れていないのに加え、まだ五
という気の緩みも手伝って全体の状況と
して熱
中症になりやすい状態になっていま
す。適正室
温とこまめな水分補給をお願い
しますね。
では、「自転車奔走記」始まります!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎薬物依存症について(P-2)
引き続き薬物依存症についてのお話しです。
始めに、「薬物依存症」というと『怖い』と
か『危ない人』と言ったイメージ
を抱く人は多
いと思います。実際、薬物依
存症の依存対象物
質(使用物質)の殆どが
法律等で使用を禁止を
禁じられている物で
あったり、乱用(濫りに使
用する)を制限
されていたりする物質ですので
当然
の反応ですが、元をただせばアルコール依
存症と同じ依存症です。依存症(こ
の場合は物
質依存ですが)とは大雑把に言
うと、化学物質
等による刺激が脳を変容さ
せ、依存行為(強烈
に使用したい欲求(渇望)
や使用をやめるとイ
ライラしたり、振るえ
などの身体症状を呈する
(離脱)ことなど)
が生じる事ですので、アル
コール依存症も
薬物依存症も同じ化学物質(ア
ルコールと
薬物)である以上、化学物質が脳や
身体に
与える影響やダメージに違いはあるこそ
れ、同じ依存症という病気なんですね。
ただ、アルコールと薬物に対する法律等の社会
的背景の違いからか、一般的に膾炙し
ているイ
メージは両者で大きく異なります
し、その事が
薬物依存症患者の社会復帰を
阻害している一つ
の大きな要因となってい
る面も否定できません。
ですので、薬物
依存症についてまず知っておく
べきこと、
そしてしっかりと理解して頂きたい
ことは、
薬物依存症患者も『依存症という病気
にか
かっている人』であるという事なんです

という事は、依存症のメカニズムについては、
今までお話ししてきたアルコール依存症とほぼ
同じと考えてOKなんですね。違うのは
、薬物
依存症の原因は、薬物に含まれる
化学物質が脳
内の報酬系と呼ばれる神経系
に起きた異常であ
るという事
が最重要の違いになります。ドーパ
ミンという神経伝達物質(脳内ホルモン)は一
度は聞いたり目にしたりしたことがあると思い
ますが、別名を“生きる意欲を作るホルモン”と
呼ばれていて、ヒトの「快感や多幸感を得る」
「意欲を作ったり感じたりする」「運動調節に
関連する」といった機能を担う重要な脳内ホル
モンのひとつです。このドーパミンが減少する
と、運動調節に関する神経伝達が上手く働かな
くなり、身体を動かそうという意思と身体が上
手くリンクできなくなったり、身体の震え、運
動失調などのいわゆる『パーキンソン症候群』
を引き起こしたり、もの忘れや集中力、注意力
の低下、無気力や無力感等の症状がでる場合が
あります。では逆にドーパミンが過剰に分泌さ
れるとどうなるか?というと、幻覚や異常妄想
が起こったり、自分自身の発話や運動をコント
ロールできなくなって、奇妙なことや恥ずかし
いことを思わずやってしまったり口走ったりす
る症状を呈します。薬物依存症の場合はドーパ
ミンの過剰分泌と深く関わっていると考えられ
ています。

そしてその薬物を繰り返し摂取していると、脳
内のA10神経系を始めとする神経機能に異常が
生じ、この感覚(薬物を使用したときの陶酔感
や多幸感)が忘れられなくなり、薬物に対する
強烈な摂取(使用)欲求が常に生じるようにな
ると言われます。この薬物等の使用を止めるこ
とができない…というか何としても使用したい
という欲求に支配された状態こそが薬物依存症
の正体なんですね。薬物依存症の殆どが『精神
依存』だと言われていますが、薬物使用におけ
る精神依存状態では,その薬物の効果が弱くな
ったり消えたりしても、アルコール依存症患者
においてアルコールが血中から抜けたときのよ
うな手のふるえ等の身体的な不調は原則的には
現れません。ですが、薬物に対する強烈な摂取
(使用)欲求が生じ(『渇望』と呼びます)、
これが原因となって薬物の使用を容易にやめる
ことができなくなり、何としても薬物を使用し
たいと強烈に渇望するんですね。薬物依存症患
者が法を犯してまで禁止薬物を使用することの
裏側には、このような病理が隠されています。

この「何としても薬物を入手したい。何として
も薬物を使用したい。」という欲求が生じると、
自分の事、周りの事、社会の事など一切お構い
なしに薬物入手に固執する行動を取るようにな
ります。この行動を「薬物探索行動」と言いま
すが、よく例えに出されるのが、喫煙者が常に
タバコを切らさないよう振舞う行為なんですね。
このように、依存性薬物の摂取→ドーパミン分
泌異常からくる強烈な陶酔感や多幸感→消失す
るともう一度その感覚を感じたくて薬物を何と
してでも入手する→再使用→薬物探索行動、と
繰り返すことによって、薬物依存症という病気
になるというのが現在解明されている依存症発
症のメカニズムなんですね。このように薬物依
存症のメカニズムをしっかり理解することで、
薬物依存症患者にまつわるイメージ、使用薬物
が非合法・違法・脱法・触法であったり「社会
的側面」と、脳内、身体で起きている依存症と
いう「病理としての面」をしっかり分けて考え
ることで、薬物依存症は病気であり、薬物依存
症に陥っている人は患者であるという事を多少
なりとも理解できそうです。

というところで、今週はここまでとします。
次回は、薬物依存症のまとめと、最近話題にな
ることが多い行為依存症についてお話をします。
では、また来週お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】依存症とは#75。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第309回。

今年のGWは皆さまいかがお過ごしされました
でしょうか?幸いに天候にも恵ま
れたので、行
楽を楽しんだり、ゆっくり
とココロとカラダを
リフレッシュしたり
なさっていたことと思いま
す。5月も中盤、
少しずつですが、いやな梅雨
の足音も
聞こえてきたりしていますね。
さらに、7月まで祝日なし。皆様、体調管理には
万全のご注意をお願いしますね。
では、【自転車奔走記】始まります!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

(はじめに)

今週からは、今後の高齢化社会の加速とも決し
て無関係ではない
薬物依存問題・薬物依存(症)
について。今月末まで3回の短期連載という形

お話
しさせていただきます

薬物依存というと、大体の方は覚せい剤や大麻
などの中毒を想
像されると思いますが、依存対
象薬物の範
囲は思いのほか広く、シンナーなど
毒劇
物、近年大きな社会問題と化した危険ドラ
ッグに代表される合成薬物、睡眠剤や安定剤、
最近は減りましたが風邪薬や
鎮痛剤までも含む
処方薬、そして愛好
者が多いタバコやカフェイ
ンも依存対象薬物に含める場合もあ
ります。
このように対象物質が多いことも
あり、対象物
質が一つであるアルコール依
存症に比べると全
体像が見えにくい
部分は否定できませんね。

また、薬物依存の場合、対象物質の多くが法律
等で禁
止されているものであるため、使用者の
常に多くが触法・違法行為を行っているこ
になります。その結果として普通の人が
一般社
会で薬物依存症患者に接したり、身
近に感じる
機会が少ない分、
結果として薬物依存の怖さや
悲惨さを知ら
ないまま依存症患者となってしま
うケース
も多々あります。他にもやや学術的な
お話
しをすると、以前はいわゆる『薬物中毒』
という言葉が薬物依存症を表
していましたが、
現在では薬物の問題使用
については、乱用・依
存・中毒
という具合にしっかり分類区別されて
いるようです

今お話ししたことは、薬物依存症とういう病気
を語る中でのほんの一部分ですが、意外
に知ら
ないことが多いと感じるのではないで
しょうか。
今回の短期連載が、読んでいただいている皆様
にとって、薬物依存症について正しい知
識を持
つきっかけになるのならば
幸いです。

なお!6月からの連載テーマは、原点に戻って
『介護業界用語・解説シリーズ』を予定して
おり
ますので、そちらもぜひお楽しみに!
では、また来週お会いしましょう。
お相手は日曜日の使者!?広森規泰でした。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】ちょっと一息。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第308回。

5月最初の日曜日、そしてGWの最終日、皆様い
かがお過ごしでしょうか?
今年の連休は概ね好
天に恵まれたので、
あちこち行楽にお出かけに
なった方も多
いと思います。気持ちをリフレッ
シュ!そして今日は明日からの仕事や学業に備
えての安息日と言ったところでし
ょうか

さて、月初め「ちょっと一息」のコーナー。
突然ですが、去年の10月にたきび津事務所の近
くにサオリーナという津市の総合体育施設がオ
ープンしたことをブログに書きました。実はそ
の後、密かに(というか別に隠す必要はありま
せんが)同施設のトレーニングセンターに通う
ようになりまして、この半年間自己流筋トレに
ゆる~く励んできました。筋トレと言っても、
ワタシ自体正直若くはありませんので(苦笑)、
ボディビルダーさんのようなガチガチムキムキ
の体に我が身をシェイプアップ!というよりは
五十路を目前にこれからも元気で仕事ができる
ための基礎体力作りと運動をサボり続けて衰え
に衰えた筋肉をレストアすることが目的でした。

筋トレを半年間続けてみて、一番の効果が悪い
癖だった歩行時の姿勢が治った事!以前は前か
がみそして足先を外旋(いわゆる『ガニ股』っ
てやつです)して歩く癖があったんですが、筋
トレを始めてから徐々にその癖がなくなって、
今では特に意識しなくても上体前傾、足先外旋
もなく歩くことができるようになりました。

不思議なことに、しっかりとした姿勢で歩くと
それほど疲れないんですよね。特に階段の昇降
時にそれは顕著に感じます。ワタシが通ってい
るトレーニングセンターには、同業の顔見知り、
そしてお年を召した方も沢山いらしていて筋ト
レに励んでいます。今まで筋トレというと筋肉
ムキムキを想像して自分には縁がないと思いが
ちだったんですが、ワタシも含めてシニア世代
にとっては、加齢とともに急速に衰えていく筋
肉をトレーニングで補うことで、これからも仕
事や余暇を今まで通り楽しめるようにするため
に必要不可欠なものかもしれませんね。

今までシニア世代の体力作りや運動というと、
ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動が
取り上げられがちでしたが、それらに加えて体
を動かす“動力”とも言える筋肉をしっかり作っ
て維持していく事も、楽しく元気に暮らし続け
る体つくりの両輪として必要なんでしょうね!
というところで今週はここまで。
最後に、明日からの仕事と学校に備えて、
体調管理は万全にお願いしますね
では…SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】依存症とは#74。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第307回。

GW始まりの日曜日であり4月最後の日曜日
もある今日、皆様いかがお過ごしでしょう
か?
昨日の土曜日から明日の月曜まで3連休とい
方も多いのではないでしょうか?海…
は少々
早いですが、各地の行楽地へ出かけら
れる皆様
思う存分楽しんできてくださいね。
ただ、この
ところ少々気候が不安定ですし、
朝晩と日中の
寒暖差もまだまだ結構あります。
風邪などひか
ないように、また気温が上昇し
たり日差しの強
い時は適度な水分補給も忘れ
ず行って下さいね。
では【自転車奔走記】始まります!
++++++++++++++++++++
⑤「アルコール依存症に潜む嗜癖問題6」
今週はアダルトチルドレン(AC)の回復に
いてお話しします。前回お話しした通り、
家族
という最小単位の社会が子供の成育に対
して必
要な役割を果たしていない、子供にと
って家族
環境が機能不全に陥っている家庭
(機能不全家
族)で育った子供たちの多くが、
不当に低い自
己肯定感や満たされない自己承
認欲求を持ち続
けたまま大人になり、様々な
生き辛さを感じな
がら暮らしたり、時には自
己承認欲求を満たす
ために嗜癖という歪な手
段に頼ったりする傾向
を強く有した存在とな
るというものがアダルト
チルドレンという
モデルというか概念になりま
す。よく誤解さ
れがちなんですがアダルトチル
ドレンとい
うものは所謂精神の病気として診断
が確立さ
れていいるものではないんです。AC
とは、
依存症の治療や支援に関わってきたソー
シャ
ルワーカーや医師たちが依存症という病気
向き合ってきた歴史のなかで、様々な経験や
事実から導き出されてきた一つの考え方であり、
捉え方であり、嗜癖という文脈の中で語
られる
概念なんですね。

という事は、ACというものが客観的事実とい
うよりは主観的認
識として語られるべきである
という事を示唆
しています。つまり自分がAC
であるかどう
か?という事柄は人に言われて知
るものでは
なく、生まれてきてから今までの記
憶や体験
と現在の自分が置かれている立場や感
じてい
る事柄がACという概念で一つに繋がり、
して自分自身が心の奥底に封印してきた感情
や隠して見ないようにしてきた欲求に気付き、
向かい合うという体験や認識がなくては成り
たないという事なんですね。『あなたは
ACの
可能性が非常に高い。ACだと思う!』
と、ど
んなに熱く語っても、しっかりと理論
立てて話
しをしても、本人が自分自身で知覚
し、認めな
ければ、ACという非常に有効な
概念もただの
お題目になってしまうという事
です。

以上の事から、ACからの回復の為には、まず
『自分はアダルトチルドレンである』
という自
己認識が必要になります。そしてそ
の上で過去
の経験や体験、そして今自分が
直面している生
き辛さや問題にしっかりと向
かい合って、拗れ
た紐を解きほぐすように一
個一個、時間をかけ
て解決していくことにな
ります。依存症の回復
の過程と似ていますね。
というところで、今週はここまでとします。
さて、長きに渡って連載をしましたアルコール
依存症についてのお話、次回がいよいよ最終回、
簡単にこれまでの総括をして、次のテーマ
であ
る『薬物依存症』へ移行します。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】依存症とは#73。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第306回。

GWも近づいてきました。皆様いかがお過ごし
でしょうか?
朝晩は少々ひんやりしていますが、
日中は初夏を思わせるような、日差しを浴びて
汗ばむくらいの陽気が続
いています。もう少し
朝晩と日中
の寒暖差が大きい日が続きます。こ
こ最近よく聞かれるようになった『春バテ』と
いうやつですね。せっ
かくのGW、元気に十分
楽しめるよ
う体調管理には十分ご注意下さいね。
では、自転車奔走記、始まります!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

今週はACの性格的傾向について、もう少し具
体的にお話しします。
前回のお話しで、AC達
は様々な問題を
抱える親たちがいる家庭(機能
不全家族)
の中で、子供らしい我儘や要求の表
出を
抑圧されて、常に親たちの顔色を伺いな
ら暮らしてきた結果、自分が望むよう
にではな
く、周囲の状況に反応して行動
したり、人の顔
色を伺い忖度しながら行
動する自分を作り上げ
てしまうというお
話しをしました。今週はもう
少し具体
的に、AC達の性格傾向というか像に
いてお話しします。

ACというのはあくまで個人性格的傾向に近い
概念ですので、これからお話しす
るACのタイ
プも、ドメスティックな像
ではなく、性格的な
タイプというかカラ
ー(色)に近い、性格傾向
に見られる要
素的なものであるという前提で、
AC達
は一般的に以下のようなタイプ(カラー)
を持つと言われています。
◎タイプ1:ヒーロー(スーパーチャイルド)
「優秀ないい子」「しっかりした子供」
 いること、或いはあろうとすることで、
 家族の中での自分の存在価値を感じ、
 何
とか自分を保つタイプ。
◎タイプ2:スケープゴート(問題児)
「いつもトラブルを起こす子」。攻撃的に
 振る舞ったり、色々な問題行動を
とる事で
 家族の注意を引くことで、
家族の中での
 自分の居場所を確保しよ
うとするタイプ。
◎タイプ3:ロストチャイルド(忘れられた子供)
 褒められもせず、怒られもしない
 「目立
たない子供」。機能不全家族の中で
 目立
たないように存在することで自分を
 守ろ
うとするタイプ。特別な自己主張もなく
 聞き分け良く親からすれば手のかからない子。
◎タイプ4:クラウン、マスコット(道化師)
 おどけたり、冗談を言ったりして場を
 和ませ、家族の問題が深刻化しないよう
 常に周りに気を配って生きるタイプ。
◎タイプ5:ケアテイカー(お世話焼き)
 問題を抱え、家族の中で親としての役割を
 果たせない不安定な親や、そのため
に色々な
 問題が生じるきょうだいの面倒
を見たり、
 トラブルの後始末をしたり
母親のかわりの
 ように存在するタイプ。

主なACのタイプを5つ挙げてみましたが、どれ
にも共通するのが、場の中で何
かの役割を演じる
ことによって自己承認
欲求を満たそうという傾向
です。言い換
えればそれだけ自己肯定感が低いと
も言
えますが、その低い自己肯定感からくる生き
辛さや生きにくさが依存という嗜
癖に容易に結び
ついてしまうことになる
んですね。ただ、注意し
て頂きたいのは、
ACというのはあくまで概念で
あって、
診断的なものではないという事で(こ
らの性格傾向がある=ACだ!)と単
純に等式で
結びつけることができないと
いう事です。ACと
いうためには、成育
の背景もよりも自分自身の知
覚、自分が
ACの傾向を持っているとその人が自
認識をすることでしか成立し得ない訳ですね。
つまり、自分以外の他者を「あな
たはACです。」
と指摘することよりも、
その人が「自分はACで
ある。」という
認識を持つことが必要なんですね。

というところで今週はここまでとします。
次回はACの回復についてお話しします。
それでは、またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK

【自転車奔走記】依存症とは#72。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第305回。

4月も今日から後半戦、皆様いかがお過ごしで
しょうか?
年度替わりの忙しさもようやく一段
落し、
一息入れている方も多いと思います。で
もでも、そうこうしているうちにGWがやって
きますので、またバタバタと…。
毎年のことで
はありますが、5月の連休
が終わるまではある
意味気忙しい毎日が
続きますね。また、そんな
時期に限って
体調を崩しがちになります。
皆様、健康
管理、体調管理は万全にしておきま
しょ
うね。さぁ【自転車奔走記】始まります!
+++++++++++++++++++
(アルコール依存症のまとめ)
⑤の「アルコール依存症に潜む嗜癖問題4」
今週も引き続きアダルトチルドレン(以下ACと
します)についてのお話しです。
前回はACとい
う概念について、その起源
や依存症の文脈の中で
持つ意味についてお
話ししました。アルコール依
存症を始めと
した嗜癖を持つ親など、家族という
本来は
子供の健全な成育に必要不可欠な役割を果
たすはずの場が、機能していない、或いは壊れて
しまっている家族(『機能不全家族』)
の中で育
った子供たちは、特有の性格的傾
向を有し、成人
しても様々な生き辛さや嗜
癖への親和的傾向が見
られるようになりま
す。いわゆる嗜癖の世代間連
鎖として、自
らも依存症に陥ったり、或いは共依
存者と
して、子供の頃にあれほど嫌な思いをして
さんざんな目にあい、忌避すべきはずの依存症の
パートナーを選び、親と同じような
苦しみや悲し
みを繰り返し、そして自分の
子供たちにも自分と
同じような思いをさせ
てしまいます。そのような
傾向を持つAC
ですが、では一体どのようなプロ
セスとい
うか体験をして、どんな性格的傾向を持
た子供になっていくのかをお話ししますね。

本来子供にとって『家族』という場は、親の無条
件の愛情と庇護で子供を守ってくれ
ている場所で
あり、その安心の安全の中で子供たちは少しずつ
自我を育んでいきます。例えば、親の絶対的庇護
があるからこそ、単独では生きる術を持たない子
供たちは「自分はここ(家族という場)に居るか
ら安全で安心して生きることができる」という生
存的安心を感じ、そして親の絶対的な愛情を受け
ることで、自分がその家族という場の中にいる事
に対し、「自分はここ(家族)にいても良い。自
分だからこそここにいることができる」という最
初の自己肯定感を獲得します。そして、家族とい
う最小の社会から友達や学校、職場など少しずつ
範囲が広がり、その場面場面でさらに自我を発達
させて大人へとなっていきます。では、アルコー
ル依存症や機能不全家族の元で育つ子供たちはど
うなのか?一般的な傾向として、機能不全家族で
育つ子供たちの多くが、所謂「いい子」として家
族の中で存在しています。例えば、アルコール依
存症で飲んで暴れている親とその横で振り回され
オロオロしている親がいる家族で、自分は親の助
けにならないといけない、自分は親に心配をかけ
てはいけない、と必死に頑張っている子供です。
つまり、子供は子供なりに、自分が最初に属した
「家族」という自分を守り育ててくれる場が壊れ
てしまわないように、自分が安心して居ることが
できる場を守ろうと考え、自分で何とかこの問題
を解決しようと思うんですね。

ですが、子供がいくら頑張っても事態が変わるは
ずがなく、トラブルや諍いは毎日続きます。です
が、子供は何とかしようともっと頑張るようにな
ります。親が機嫌を損ねて諍いが起こらないよう
に常に親の顔色を伺いながら過ごしたり、親の期
待や要望に答えようと本来自分が望まない事でも
積極的に買って出たりするなどです。このように
通常の家庭では、親の愛情と庇護の下で甘えたり
我儘を言いながら少しずつ自己や自我を育て育ん
でいく年代にもかかわらず、機能不全家族の中で
育つ子供たちは、自我を育てる前に自分を抑圧し
て我慢することを学び、実践することで幼少時代
を送ってしまうことになります。その結果、機能
不全家族で育った子供たちの多くが、自分が望む
ようにではなく、周囲の状況に反応して行動した
り、人の顔色を伺い忖度しながら行動する自分を
作り上げてしまいます。つまり、何事にも自分主
体ではなく他人や周囲を主体に考えるようになり、
そのことで自分の存在価値を見出すように、つま
り共依存的な考え方(嗜癖)を知らず知らずのう
ちに心の中で育て上げてしまいます。そしてその
結果、ある子どもは成人しても共依存者として吸
い寄せられるように依存や嗜癖を持つパートナー
を選ぶようになり、またある子どもは抑圧された
自己承認欲求からくる不当に低い自己肯定感の為
に、自らも依存に陥ったりするようになります。

そして、このAC達の過程で育った子供は、その
多くが親と同じようにACとなりさらにその子供
たちが…と永遠に連鎖が続くことになるんですね。
では、そのAC達はいったいどのような具体的性
格傾向を持つのか?については次回お話しします。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ