ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の69-20。

【自転車奔走記】介語苑・其の69-20。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第474回。

いよいよオリンピックの開催週。皆様いかがお
過ごしでしょうか?
残念ながら無観客での開催
が決ま
ってしまいましたので、観戦に行くこと
はかないませんが、TV越し
にトップアスリート
の競演を楽し
み、声援を送りたいと思います。

さて、今年はオリンピックの延期に伴い7月と
8月の祝日が移動
して少々ややこしいことにな
って
いますね。皆様、お間違えの無いように…
といいつつそもそも間違えていた私です。梅雨
はそろそろ明けそうですが、
暫くはムシムシ暑
い日が続きます。
しっかりとした水分補給や室
温管
理など、熱中症予防は引き続き万全にお願
いします。
では【自転車奔走記】始まります!

+++++++++++++++++++

たきび版:介護苑・69-20。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、
活力を保ち続ける身体の営
みのこ
と。

【解説】
今週から、人のライフステージごとのバランス
の取れた食事につい
てお話をしていきます。最
初は
「誕生~成長期」までについてです。まず、
乳幼児期ですが、人に
とってその時期は身体発
育と共に、
運動機能、手指の微細運動、脳・
経機能などが急速に発達してい
く時期です。こ
の時期に食事によ
り摂取するエネルギーや栄養
素は、
健康を維持・増進したり、 身体の活動に
使われるだけでなく、身体
の発育・発達のために
も必要にな
るので、栄養や食事の考え方はそ
点で成人期と大きく異なるのが
乳幼児期の食事
の特徴になります。
乳児は授乳回数が多く、幼
児も1
日3回の食事に加えて間食(おやつ)を
とる等するのが一般的に推
奨されているとおり、
乳幼児期は
食事の基本形態である三食に加え
間食(補食)として、エネルギ
ーや栄養素を摂
取することになり
ます。因みに1~2歳児の1
日に
必要なエネルギー量は900~950kcal
3~5歳児では1
250~1300kcalとなっ
います。食事の内容については、必要な栄養
素をすべて(主に5大
栄養素)過不足なく摂れ
れば十分
とされていますが、乳幼児期の肥満は
カルシウム不足など様々な健
康問題も報告され
ていますので、
その点は注意が必要かもしれま
ん。

続いて「成長期」になります。成長期の小児・
青少年は体組
織(筋肉や骨など)を構成するた
んぱく質、ミネラルを十分にとる必要があるの
が特徴です。特に小
児~青年期は筋肉や血液を
つくり、
内臓が発育する時期なので、一生で最
もたんぱく質を必要とします。
タンパク質がし
っかり摂れる乳製
品はこの時期に重要な栄養源
とな
ります(子供のころ「牛乳を飲みなさい!」
とよく言われましたね)。
また、筋肉や骨、内
臓だけでなく
脳も成長するのがこの時期です。
脳に良い食事や栄養素については、特にこの栄
養素を重点的にという
ものではなく、5大栄養
素を筆頭
に栄養を過不足なく摂ることがここで
も重要になります。近年は偏
食、不規則な食事、
運動不足など
から小児の肥満、骨折、むし歯や
青年期の女子の貧血が多くみられるようになっ
たと報告があります。
カルシウムや鉄分、亜鉛
などのミ
ネラル分の不足は様々な問題を引き起
こす可能性があり、成長期の
食生活はその後の
その人の健康に
大きく影響を及ぼすことが多い
で注意が必要です。

他にも、小児は成人より汗が多く出るので、
量に汗をかいたときなどは十分
な水分補給をし
て脱水症の予防に
十分配慮することが必要です。
ということろで、今週はここまで。
次回は「成年期」の食事についてお話します。
では、またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ