ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の69-20。

【自転車奔走記】介語苑・其の69-20。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第464回。

連休明けの日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?ゴールデンウイークはいかがでし
たでし
ょうか?街を走っている車
の量も少なく、どこ
も自
粛ムードの祝日だった印象です。来年こそ
コロナが終息して、
にぎやかで楽しいGWを取
り戻し
たいですね。さて、新型コロナウイルス
感染症
に関して各地で緊急事態宣言やまん延防
止等重点措置が未だ続いて
いる状況です。当該
地域にお住ま
いの方は勿論のことですが、それ
以外の地域の方も感染防止策を徹底して、新型
コロナ感染症のこれ
以上の蔓延を防ぎましょう。
ワクチンの優先者への接種については、5月か
ら各地で本格化する
予定です。お住いの自治体
から発
出される情報に注意し、かかりつけの先
生やご家族様とも十分ご相談
ての上で、可能
限り早期に接種するようにして下さいませ。

では【自転車奔走記】はじまります!
+++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・69-20。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、活力
を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週は「必要な栄養素を過不足なく摂ること」
のミネラル編になります。ミ
ネラルは必須ミネ
ラルと呼ばれる16
種を筆頭に人体で骨や歯、
筋肉や血
液などの成分となるほか、さまざまな
生理作用に関わる重要な栄養素ですが、体内で
つくること(合成)ができない
ため、食べ物な
ど外部から摂取し補給
しなければならない栄養
素です。つまり、バランスの取れた食事が摂れ
ていないと、用意に過剰摂取に
なったり欠乏に
なることを意味してい
ることになります。

例えば必須ミネラルのナトリウムと塩素の化合
物である
「NaCl」、要は「塩」のことですが、
1日の食塩摂取量は男性8g、女性7gが望まし
いとされています。ですが、
ご存知のとおり味
噌や醤油などを多用
する日本人の普通の食生活
を送ってい
ると平均9.9g(平成28年国民健康
・栄養調査)とどうしても多めになってしまい
ます。塩に含まれる必須ミネ
ラルであるナトリ
ウムには血圧を上げ
る作用があるため、高血圧
を招き、動
脈硬化を促進することは良く知られ
いますし、体内ナトリウムが多くなると、そ
の濃度を下げるために水を多
く飲んだり、尿の
排泄が少なくなった
りして、体内の水分量が増
えてむくみ
の原因になることもあります。体内
分量が増えれば心臓に負担をかけ、そのこと
で血圧も上昇するという悪循環
にもなり得ます。

ですので、塩分の摂りすぎは要注意ですが、逆
に塩分
が不足するとどうなるでしょうか?ナ
リウムの働きは、細胞を取り巻く細
胞外液の浸
透圧を調整する働きや、筋
肉や神経の働きを正
常に保つ役割が主
ですが、このナトリウムが減
少して体
内のバランスが崩れると、倦怠感、食
欲不振、嘔吐、筋肉痛、熱けいれんなどをはじ
め、意識障害や低ナトリウム
血症のような症状
に至ることもあるん
です。さらに別の例を一つ。

く耳にする健康話題に、日本人のカルシウム
不足があります。カルシウムも
必須ミネラルの
一つで骨・歯の主成分
であり、そのほかにも血
液凝固、筋肉
の収縮、神経の興奮抑制などに関
与し
ています。カルシウムが不足すると骨に影
響が出ますので、高齢者にとって
の注意疾患で
ある骨粗鬆症になる可能
性が高まります。です
ので意識的にカ
ルシウムを摂取することは必要
すが、ここに別の必須ミネラルである「リン」
が関わってくるのでお話が少
々ややこしくなり
ます。必須ミネラル
のリンはカルシウムが骨に
なるのを助
ける働きをしますが、摂りすぎると
から血液中に溶け出すカルシウムの量を増や
してしまい、逆にカルシウム不
足になってしま
います。つまり意識的
にカルシウムをしっかり
摂っていても、
リンを多く摂ってしまえば効果
が相殺
されてしまうことになりますよね。さら
にリンは多くの食品に含まれてい
る上に加工食
品や清涼飲料の保存料に
も使われているため現
代の食生活で
は過剰摂取気味になっていると報
告さ
れています(このことがカルシウム不足を
まねている要因一つとなっている
ので、もはや
循環論理の様相ですね)。
代表的な例をあげて
お話しましたが、
ミネラルは食事やサプリメン
トなど外
部から摂り入れなければならない栄養
素ですので、しっかりとした知識と意識的な食
事(つまり「バランスの取れ
た食生活」です)
が非常に重要になる
わけですね。

というところで今週はここまで。
次回はミネラルの過剰摂取、欠乏によって引き
起こされる様々な症状を紹介致
します。
では、また来週お会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ