ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の69-17。

【自転車奔走記】介語苑・其の69-17。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第461回。

もう何度目のアナウンスになるのか思い出せま
せんが…新型コロナウイルス感染症の感染者が
再び全国的に急増しつつあります。100日後
にはオリンピックを控え、先月から始まった聖
火リレーも全国に
元気と希望を届け続けていま
が、このままではこの思いも露と消えてしま
うかもしれません。
私達の健康な生活、そして
平和
な毎日のためにも、改めて感染防止策の徹
底に尽くしたいところです。

では【自転車奔走記】はじまります!
++++++++++++++++++++ 

たきび版:介語苑・69-17。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の
外界から食
物を得て、生長し、活力を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週からは「バランスの良い食事」というもの
の考え方や具体的な内容
について更に深く掘り
下げていこう
と思います。先週お話したとおり、
バランスの良
い食事には…
①身体を生育し、健康に維持するた
 めに必要な栄養素を摂取すること。
②必要な栄養素を過不足なく摂ること。
③人によって違う、その人に応じた
 必要な量や質の栄養素を摂ること。
これら3つの柱があります。まずは①の「身体
を生育し、健康に維持するために必要な栄養素
を摂取すること。」についてお話していきます。

①を具体的に言い換えると、体を育て、健康に
維持していくためには、
(1)身体の活動を支えるエネルギー
   となる栄養素
(2)細胞や筋肉、骨など身体の組織
   をつくる栄養素
(3)身体の調子を整える栄養素
これらの栄養素を摂る必要があるという事です。
今までお話してきたとおり、
(1)の代表格は炭水化物(糖質)や脂質など、
(2)はタンパク質、脂質、
そして(3)はビ
タミンやミネラルな
どですね。これらの栄養素
を食事でし
っかり摂ることが①の面から見たバ
ンスの良い食事という訳です。そして、これ
らを実際の食事に落とし込むと、
主食(炭水化物などによるエネルギー源)
主菜(主要なたんぱく質・脂質源)
副菜(ビタミン・ミネラル源)
という食事の組み合わせになります。

その意味で言うと、一時話題になった「ダブル
炭水化物のメ
ニュー」、例えばラーメン+ライ
スやう
どんといなり寿司などの組み合わせは
る・肥らないを置いておいても、栄養
のバラン
スと言う面では少々問題のある
組み合わせと言
えますね(ただ、この組
み合わせは満腹感は半
端ありませんし、
なにより抗いがたい、悪魔的
な魅力を持
った美味しさとボリュームの組み合
わせ
ではありますが)。さておき、健康という
面で考えると、やはり日々の食
事でしっかり栄
養のバランスを意識する
ことが重要ではありま
すね。因みに、エ
ネルギー源になる栄養素には
糖質(炭水化
物)、脂質、たんぱく質があります
が、そ
の摂取バランスも重要です。身体が必要
とする全エネルギーを100とした場合、理想的
バランスとされるのは糖質(炭水
化物)50~
65%、脂質を20~30%、た
んぱく質で13~20
%という割合です。く
わしくは、『日本人の食
事摂取基準(20
20年版)』に記載されています
ので、興味のある方は是非ご覧ください。

「日本人の食事摂取基準」とは、厚生労働省が
5年に一度作成する国民の健康
の維持・増進、
エネルギー・栄養素欠乏
症の予防、生活習慣病
の予防、過剰摂取
による健康障害の予防を目的
とし、エネ
ルギー及び各栄養素の摂取量の基準
を示
す指標です。かなり専門的な内容ではあ
ますが、ご興味のある方は下記のリンクから是
非ご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf
/seisakunitsuite/bunya/kenkou_
iryou/kenkou/eiyou/syokuji_kijyun.html

(厚生労働省のHPにリンクします)

というところで今週はここまでです。
次回は、②の「必要な栄養素を過不足なく摂る
こと」を掘り下げます。
では、また来週またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK 

アーカイブ

月別 アーカイブ