ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の69-7。

【自転車奔走記】介語苑・其の69-7。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第451回。

新型コロナウイルス感染症の
拡大を防ぎましょう!

1月8日から発出された緊急事態宣言もしくは
それに準じた各県の対応は、多くが3月初旬ま
で延長することになりました。感染患者数につ
いては、一時期のことを思えば一定の減少を見
ているものの依然として多く、医療提供体制の
ひっ迫も危険水準で推移している状況です。更
に気を引き締めて、私達一人一人がしなければ
ならない感染防止に徹底的に取り組みましょう!

+++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・69-7。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、活力を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週はミネラルについてお話します。人間の身
体を分子や原子レベルで見ていくと約60種類
の元素で構成されていて、このうち主要元素と
呼ばれる水素(H)、炭素(C)、窒素(N)、酸素(O)
が約95%を占め、その残りの元素を総称し「ミ
ネラル」と呼びます。このミネラルは、量的に
は微量ではありますが体の健康維持に欠かせな
い栄養素で、その中でも特に栄養素として不可
欠な16種類のミネラルを『必須ミネラル』と呼
び、骨や歯、筋肉や血液などの成分となるほか、
さまざまな人体生理作用に関わっています。こ
のミネラル、先週お話した一部のビタミンと同
様に人体内では作られないため、食べ物等から
摂取する必要がある栄養素です。ミネラルの不
足はさまざまな人体機能の障害を招きます。例
を挙げると鉄欠乏性貧血、ヨウ素不足による甲
状腺腫、骨粗鬆症や貧血、筋力の低下、味覚障
害などですが、反対に過剰に摂取しても人体に
障害をもたらします。例えば「リン」という元
素(ミネラル)は人体内でカルシウムが骨にな
るのを助ける働きをしますが、過剰に摂取する
と逆に骨から血液中に溶け出すカルシウムの量
を増やしてしまい、結果としてカルシウム不足
になってしまうなど、摂取には注意が必要な栄
養素です。では先週同様、必須ミネラルの種類
とその働き、そしてそれらを含む代表的な食品
を挙げていきます。

【必須ミネラル】
①ナトリウム
食塩、みそ、しょうゆに多く含まれ、
浸透圧の維持、pHの調節、水分平衡
の維持などの働きをします。

②塩素
食塩、みそ、しょうゆに多く含まれ、
浸透圧の維持、pHの調節、胃液の塩
酸成分となるなどの働きをします。

③カリウム
いも類、野菜類、果物類に多く含ま
れ、エネルギー代謝、浸透圧・pHの
維持、血圧調節、神経刺激の伝達や
電位差の維持、水分保持などの働き
をします。

④カルシウム
牛乳・乳製品、小魚、海藻類、大豆
製品、野菜類に多く含まれ、骨・歯
の主成分となります。また人体内で
血液凝固や筋肉の収縮、神経の興奮
抑制などに関与しています。

⑤マグネシウム
食品中に広く分布していますが、特
に緑黄色野菜や海藻類などの植物性
食品に多く含まれています。人体内
ではエネルギー代謝や筋肉の収縮、
神経機能、ホルモン分泌、体温調節
などの働きをします。

⑥リン
食品中に広く分布しており、食品添
加物などに多く含まれ、骨・歯の成
分、細胞の構成成分となる一方、エ
ネルギー代謝や体液の浸透圧、酸塩
基平衡の調節などの働きもします。

⑦イオウ
たんぱく質を含む食品に広く分布し
含まれます。人体では含硫アミノ酸
の構成成分(毛髪や爪の構造たんぱ
く質)となります。

⑧鉄
レバー、貝類、卵黄、緑黄色野菜、
ひじきに多く含まれ、酸素の運搬・
貯蔵に関与し酵素の成分となります。

⑨亜鉛
かき、肉類、小麦胚芽などに多く含
まれ、酵素の構成成分、核酸代謝、
細胞分裂に関与しています。

⑩銅
野菜、穀物(特にピーナツ類)、肉
類に多く含まれます。酵素の構成成
分、鉄の吸収・貯蔵の促進、成長促
進、免疫機能などに関与しています。

⑪マンガン
穀類、種実、野菜類、抹茶に多く含
まれ、酵素の構成成分、骨形成に関
与しています。

⑫コバルト
葉菜類、肉類、臓器類に多く含まれ、
補酵素、ビタミンB12の成分となり
ます。

⑬クロム
野菜、穀物、肉、魚など食品中に広
く分布していて、糖代謝、脂質代謝
に関与する働きをします。

⑭ヨウ素
海藻類、貝類に多く含まれ、甲状腺
ホルモンの構成成分となります。

⑮モリブデン
乳製品、豆類、穀類、レバーが代表
的な食品で、体内では補酵素(人体
で酵素が作用するために必要な低分
子有機化合物のこと。コエンザイム)
として作用します。

⑯セレン
魚肉、獣鳥肉、小麦、大豆に多く含
まれ、酵素の構成成分となる他、抗
酸化作用としても機能します。

以上が16種の必須ミネラルと呼ばれるもの
です。前段でお話した通り、摂取不足も過剰
摂取も悪影響を及ぼしますので注意が必要で
す。適量の摂取にはやはりバランスの取れた
食事というモノが重要になりますね。

それでは今週はこれにて失礼致します。
来週も引き続き、同テーマについてです!
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ