ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の69-3。

【自転車奔走記】介語苑・其の69-3。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第447回。

新型コロナウイルス感染症に
注意して生活しましょう!

〇お住いの地域の情報や要請事項に
 注意して、実情に合わせた対応
 を取るようにしましょう。
〇3つの「密」
・多くの人の「密」集する場所
・換気の悪い「密」閉空間
・近距離での「密」接した会話
 を避けましょう。
〇概ね2mのソーシャルディスタンス
 (人との適切な距離)を保ちましょう。
〇こまめな手洗いと手指消毒をしま
 しょう。
〇マスクの着用を徹底しましょう。
〇不特定多数の方が利用するドアノ
 ブやボタンなどに直接触れること
 を避けましょう。また、触った手
 で直接目や鼻にふれないようにし
 ましょう。

・感染リスクが高まる五つの場面
【場面1】 飲酒を伴う懇親会等
【場面2】大人数や長時間におよぶ飲食
【場面3】マスクなしでの会話
【場面4】狭い空間での共同生活
【場面5】居場所の切り替わり

十分な室内の換気やマスクの着用などの対策を
行い、5つの場面を回避
するようにしましょう。
一人一人が十分気を付けて、感染や感染の拡大
を防ぎましょう!
+++++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・69-3。

【語句】 
栄養

【意味】
ヒトや動物など、生物が自分以外の外界から食
物を得て、生長し、活力
を保ち続ける身体の営
みのこと。

【解説】
今週は「栄養素」についてお話します。ヒトを
始めとした多くの生物に
とっての「栄養」とは、
外界から食
物を得て、生長し、活力を保ち続け
る身体の営みのことを指しますが、その栄養と
いう生物の営みの源にな
る物質が栄養素となり
ます。人間の
身体は筋肉や脂肪、骨などで構成
れていますが、これらの組織は栄養素によっ
て構成され、そして維持さ
れています。例えば、
骨はカルシウ
ムであったり、筋肉はタンパク質
あったりと。そして人間は、生まれてから死
ぬまで、生命活動を維持す
るために、食物を得
て、その中に含
まれる栄養素を体内に摂取し続
ける
必要があります。つまり栄養という営みの
中核部分は、人間の身体の成
育や維持に必要不
可欠な成分である
栄養素を摂取し続けることな
んです
ね。

では、栄養素にはどのような役割があるのか?
についてお話します。
皆様は『3大栄養素』と
か『5大栄
養素』という言葉を聞いたことがあ
るかもしれませんが、栄養素はそれ単独でなに
かの役に立つというより
は、それぞれが相互に
関わりあって
身体の中で作用する性質がありま
ので、まずは栄養素を身体の中での働き別に
分類したもの
を見てみまし
ょう。

【栄養素の働き】
1・体を動かすエネルギー源
2・体の組織(筋肉、血液、骨など)
  を作る
3・体の調子(体温調節や神経の働
  きなど)を整える

となります。

1について。まさしく体を動かすガソリン的な
役割を果たす栄養素にな
ります。このような身
体活動・生命
活動のエネルギー源になる栄養素
主に糖質と脂質です。因みに糖質の摂取量が
足りないと体内でたんぱく
質や脂肪が分解され
てエネルギー源
として使われますし、過剰に接
種す
ると余った分は体内に蓄積されます。巷で
言うところのダイエットとリバ
ウンドの関係で
すね。
2の働きは、筋肉や血液、骨にとどまら
ず、髪や爪、歯、そして体細胞
の細胞膜を作る
など人体の全ての組
織の生成と維持に必要な働
きです。
この働きを担当する栄養素は主にた
ぱく質、ミネラルそして脂質の3
つです。

3の「体の調子を整える」とは、体温の調節や、
インスリンなどの体内
で必要な物質を作る、さ
らには神経
の働きに関わる機能など、身体の状
態を一定に保つために必要な働きのことを指し
ます。後述しますがこの
働きを担当する栄養素
は主にビタミ
ンとミネラルですが、ビタミンの
部を除いて、必要な栄養素(物質)を人間は
体内
でつくることができま
せんので、食事等で
外部から取り入
れ続ける必要があります。

このように、栄養素には3つの大きな働きがあ
ること、そしてそれはヒ
トという生物が生命を
維持し活動す
るために必要不可欠な働きをして
ることをご理解いただけたと思います。言い
換えれば、これらの働きの
バランスが崩れれば、
体調を崩した
り、病気になったりする可能性が
くなるという事ですね。

というところで今週はここまで。
来週は、栄養素の働きを支える
個別
の栄養素についてお話を進めていきます。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ