ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の68。

【自転車奔走記】介語苑・其の68。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第442回。

新型コロナウイルス感染症に
注意して生活しましょう!

第3波による新型コロナウイルスの感染拡大が
進行しています。前回
流行時とは違い、今回は
基本的に
社会経済活動を可能な限り守りながら、
感染の拡大を防ぐという二
律背反に近いミッシ
ョンが社会全
体に、そして私達一人一人に課せ
られている状況です。

〇お住いの地域の情報(行政が発
 出しています)に注意して、実
 情に合わせた対応を取ように心
 がけましょう。
〇3つの「密」を避けましょう。
・人ごみなど、多くの人の「密」集
 する場所を避ける。
・換気の悪い「密」閉空間を避ける。
・近距離での「密」接した会話を避ける。
〇ソーシャルディスタンス(人との
 距離を取る事)の徹底、外出の際
 は人と2メートルの距離を保ちまし
 ょう。
〇こまめな手洗い、会話時、咳エチ
 ケットとしてのマスクの着用、う
 がいの励行。特に手洗いとマスク
 は必ず行うようにしてください。

みんなで自分のすべきことを最大限に行い、自
分たちが感染しないよう
に、誰かに感染させて
しまわないよ
うに、これ以上の感染再拡大を可
な限り防ぎましょう!
では【自転車奔走記】始まります。
++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・68。

【語句】 
冬場に多い事故や病気

【意味】
特に高齢者において、冬季に多く発生すること
が知られている事故や病
気。適切な予防策を行
っていると防
げることも多い。

【解説】
12月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?今月に入って寒さ
も急に冬らしく、朝晩
は特に冷える
ようになりましたね。さて恒例と
いう訳ではありません
が、毎年この時期になる
と注意喚起
の意味も含めて、冬場に起こりやす
い事故や病気についてお話をしてきています。
いよいよ冬本番!を前におさらいの意味も含め
て、冬場にな
ると起こりやすい事故や病気につ
ての知識と対策を皆様と共有して、冬を楽し
んで過ごせるようにしまし
ょう。

まずは、冬場にかかりやすい病気や怪我につい
てのお話です。
①インフルエンザ感染症
今年は新型コロナウイルス感染症の
陰に隠れてしまいがちですが、冬季
はインフルエンザが毎年流行する時
期です。インフルエンザに罹ると、
高熱やのどの痛み、鼻水、頭痛、関
節痛などの全身症状が現れます。通
常は約1~2週間で自然治癒しますが、
高齢者の方は肺炎などの重症化に注
意が必要です。予防方法は、予防接
種を筆頭に、日ごろからのしっかり
とした栄養摂取、十分な睡眠と休養
と言った体調管理が重要です。あと、
言わずもがなですが、手洗い、うが
い、マスク着用など新型コロナウイ
ルス感染症の流行で私達の生活習慣
のデフォルトになった行為もインフ
ルエンザの予防や感染拡大防止には
非常に有効です。

②ノロウイルス感染症
ノロウイルスも冬季に流行すること
が多い病気です。このウイルスに感
染すると感染性胃腸炎を起こし、下
痢や嘔吐などの症状が現れます。感
染経路は、カキやアサリなどの食品
から感染する場合や、ノロウイルス
感染した人の糞便や嘔吐物などから
感染するのが多いことが知られてい
ます。予防法は、食事前や調理前、
トイレ後のしっかりとした手洗いと
消毒を筆頭に、適切な調理(特に貝
類)、糞便や吐しゃ物に直接手を触
れない事、速やかに適切な処理(ビ
ニル袋などで密封。ハイターなどの
塩素系漂白剤で消毒)をする事が知
られています。あと、ノロウイルス
はアルコールへの耐性が強いウイル
スですので、一度噴霧した程度では
除菌が不十分とされています。糞便
や吐しゃ物を扱う時は素手ではなく
必ずグローブなどを着用するように
してください。

③脱水症
こちらも毎年のようにお話しをして
います。脱水症は夏冬関係なく、水
分摂取量不足がもたらす病気です。
冬場はどうしても寒いのでトイレが
近くなったり、あまり汗をかかない
ので水分の摂取が少なくなりがちで
す。冬場であろうと、炎天下であろ
うと、こまめな水分補給は非常に大
切です。

④冬季うつ
少し耳慣れない病気かもしれません
が、冬季うつ病、正式には『季節性
感情障害』という病気があります。
この病気の特徴は、秋から冬にかけ
てうつ症状が現れ、春先の3月ごろ
になるとよくなるというパターンを
繰り返す「周期性」です。具体的な
症状としては、一般的なうつ症状と
はやや異なり①過眠②過食③体重増
加といっ非定型的症状が多く、精神
面でも「意欲低下や思考が進まない」
「倦怠感がある」などの抑制症状が
中心で、憂うつ感などの抑うつ症状
は目立ちません。男性より女性の方
が発症率が高いのも特徴の一つです。

⑤その他
他にも、冬場に多く発症すると言わ
れている病気に、心筋梗塞や関節炎
などがあります。どちらも寒さや寒
暖差が影響を及ぼすことが多い病気
ですので、寒暖差を無くす工夫や寒
い日に散歩などの運動をする際には
入念な準備運動などを心がけて下さ
いませ。

続いて、冬場に多い事故についてです。

①ヒートショック
寒い場所から暖かい場所へ移動するこ
とで急激に血圧の変動が起こり、心臓
に負担がかかることをヒートショック
と言い、脳梗塞や心筋梗塞などの重大
な症状を起こしやすくなるものです。
特に冬場は居室、脱衣場、浴室、トイ
レなどの寒暖差が大きくなりがちです
し、寒い外から帰宅してすぐに入浴を
するなど、急激な温度変化が心臓に強
い負担をかけることになります。特に
高齢者はこのヒートショックが原因で
の意識の消失、脳血管疾患、浴槽での
溺水(おぼれる)などの事故が毎年の
ように発生しますので、十分な注意が
必要です。

②転倒
凍結した路面や寒さで関節の動きが悪
くなったり、こわばったりすることで
冬季は転倒事故発生のリスクが高まり
ます。また、寒いとどうしても身が縮
こまってしまい、とっさの反応が遅れ
てしまうことで、軽い転倒が骨折など
重症を招きやすくなります。冬季の外
出時には、いつも以上に足元に気を付
けて、慎重に動くよう心掛けて下さい

③誤嚥や窒息
冬場に特に多いという訳ではありませ
んが、お正月の餅による窒息事故は毎
年のように発生し、お亡くなりになる
方も少なくありません。お雑煮など餅
食は正月の縁起物ですし、日本の文化
風土に根付いたものなので、取り止め
ることは難しいかと思います。ですが、
お餅を小さくカットしたり、焼餅にし
たり、白玉餅を餅の代用にしたりと、
色々工夫することで誤嚥や窒息の事故
は十分防ぐことが出来ます。特にご高
齢の方、ご家族にご高齢の方がいらっ
しゃる家庭ではご検討されてみてはい
かがでしょうか?

以上、ざっとではありますが、冬季に起こりや
すい病気や事故についてお話
してきました。新
型コロナの感染拡大
やそれに伴うコロナ禍で大
変な一年で
したが、もう師走。クリスマスに年
越、
そして新年を元気に、笑って迎えることが
出来るよう、新型コロナの感染防
止に勤めなが
ら、他の病気や事故、怪
我にも十分注意して下
さいませ!
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ