ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の59。

【自転車奔走記】介語苑・其の59。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第427回。

新型コロナウイルス感染症の
感染再拡大を防ぎましょう!

全国的に感染者数が増加しています。私達一人
一人が自分のすべきこ
とを最大限に行って、自
分たち
が感染しないように、そして誰かに感染
させてしまわないよう
ことを心掛け、感染再拡
大を可
能な限り防ぎましょう!

〇お住いの地域の情報に注意し
 て、実情に合わせた対応を取よ
 うに心がけましょう。
〇3つの「密」
・人ごみなど、多くの人の「密」
 集する場所
・換気の悪い「密」閉空間
・近距離での「密」接した会話
 を避けましょう。
〇ソーシャルディスタンス(人
 との距離を取る事)の徹底、
 外出の際は人と2メートルの距
 離を保ちましょう。
〇こまめな手洗い、会話時、咳
 エチケットとしてのマスクの着
 用、うがいの励行。特に手洗い
 とマスクは必ず行うようにして
 ください。ただし、気温が高い
 状態での長
時間のマスク着用は
 熱中症にな
る可能性があります。
 屋外で人
との距離が離れている
 時や炎天
下の作業ではマスクを
 外すなど、
こまめな対応をして
 熱中症を防
止しましょう。

個人単位の感染防止対策が、結果として地域の
感染拡大防止となります。
そのことを常に意識
しながら毎日
を楽しく活動的に過ごしましょう。
では【自転車奔走記】始まります。

+++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・59。

【語句】
介護保険報酬改定

【意味】
介護保険サービスの公定価格である介護報酬を、
介護事業所・施設の経
営動向や賃金・物価水準、
さらに介
護現場の課題解決などを材料に総合
に勘案して改定する作業。現在は3
年に一度改
定が行われている。

【解説】
今週は介護保険情報について。定期的に行われ
ている介護保険の報
酬改定が来年4月から行われ
ますが、
その内容についての国の議論が10月
から本格的に開始されることになります。来年
度の報酬改定について、
現時点で一番のトピッ
クとなってい
るものは、訪問介護サービス(ホ
ムヘルパー)についての報酬や処遇の改正に
ついてです。直近2019
年のデータによると、
訪問介護の有
効求人倍率は15.03倍(!)と、と
んでもない数値になっています。数値はここ5年
で急上昇(訪問介護員
の資格要件の厳格化等々、
その原
因については様々な理由があります)し
ていて、以前から指摘され
ていた訪問介護員の
人材不足が深刻
化、というよりもはや深刻を通
り過
ぎて危機的な状況を迎えていると言わざる
を得ない状況です。因みに施
設職員の有効求人
倍率は4.3倍、福祉
職以外も含む全職種の平均有
効求人
倍率が1.1倍となっていますので、慢性的
な人材不足に悩む福祉業界の
中でも訪問介護サ
ービスの人材不足
の深刻さが際立っていますね。

また、訪問介護サービス従事者の平均年齢も高
齢化しており、先日の審議会で
の報告によるま
すと60歳以上の訪問介護
員が全体に占める割合
が39.2%、70
歳以上は10.5%になっているとの
告もされています。このデータの評価につい
ては、若い働き手が減少し
ているという単純な
問題ではありま
せん。訪問介護サービスの特性
は、
訪問介護員の高度な現場力にあります。利
用者様のご自宅で、利用者様
の状態やペースに
合わせた細や
かなサービスの提供と生活の変化
見逃さない観察力、利用者さんだけでなくご
家族様や、時には医師や看
護師、ケアマネ等と
直接連携を行う
コミュニケーションスキル、そ
して
想定外の事態にも臨機に対応できる能力な
ど様々な能力が求められる
職種なので、ある程
度の経験を積ん
だ人材でないと対応できない部
分が
あります。その意味で、60歳以上のベテラ
ン職員が多いということ
は、非常に頼もしいと
いうより当然
の帰結とも言えます。ですが、こ
データが示す問題は訪問介護員の高齢化その
ものではなく、このままだ
と後に続く世代の訪
問介護員が不足
し、訪問介護員の全体数がさら
に低
下してしまう可能性が極めて高いというこ
とを意味している点です。つ
まり訪問介護員の
全体数とベテラン
職員がともに減少していって、
在宅サ
ービスというより現行の介護保険サービ
スのグランドデザイン(施設か
ら自宅へ。住み
慣れた地域での包括
的ケア)の根本部分である
自宅での
安心できる介護体制が揺らいでしま
ます。

この少子高齢化社会での人材不足は全職種共通
のことではあり
ますが、福祉業界の中でもとり
わけ
訪問介護サービスにおいて深刻さを増して
いる問題なんですね。今回の
報酬改定は訪問介
護の他にも、訪問
看護事業など様々懸案事項に
対する
改正も議論されていく予定です。
というところで今週はここまでに致します。
次回もお楽しみに。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ