ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の56-17。

【自転車奔走記】介語苑・其の56-17。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第423回。

◎新型コロナウイルス感染症の
 感染再拡大を防ぎましょう!

感染者数が日に日に増加してきています。私達
一人一人が自分のすべきことを最大限
に行って、
自分たちが感染しないように、
そして誰かに感
染させてしまわないように
心がけましょう。
そして、感染再拡大を可
能な限り防ぎましょう!

〇お住いの地域の情報(行政が発出してい
 ます)に注意して、実情に合わせた対応
 を取ように心がけましょう。
〇3つの「密」
・人ごみなど、多くの人の「密」集する場所
・換気の悪い「密」閉空間
・近距離での「密」接した会話を避けましょう。
〇ソーシャルディスタンス(人との距離を取
 る事)の徹底、外出の際は人と約2メートル
 の距離を保ちましょう。
〇こまめな手洗い、会話時、咳エチケットと
 してのマスクの着用、うがいの励行。特に
 手洗いとマスクは必ず行いましょう。
 ただし、気温が高い状態での長時間のマスク
 着用は熱中症になる可能性があります。
 屋外で人との距離が離れている時や炎天下
 の作業ではマスクを外すなど、こまめな対
 応をして熱中症を防止しましょう。

個人単位の感染防止対策が、結果として地域
感染拡大防止となります。そのことを常に
意識
しながら、毎日を活動的に過ご
しましょう!
では【自転車奔走記】始まります。
+++++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・56-17。

【語句】 
権利擁護

【意味】
判断力が低下したり、自分の意思表明が困難
なった高齢者や障がい者などが、不当に扱
われ
たり不利益を被ることがないよう、権利
や財産
を守ること。

【解説】
成年後見制度と任意後見制度について色々お
をしてきました。これらの制度の基底にあ
るも
のが、今回【語句】として挙げた『権利
擁護』
という考え方です。福祉分野の専門用
語的な意
味合いが強い語句で、高齢者や障が
い者などの
弱い立場にある方々の権利を守り、
被るかもし
れない不当な不利益を防ぐことを
主に意味しま
すが、その基底にあるのは
自己決定という私達
すべての人間が持って
いる(保障されている)
ごくごく基本的な権
利を、いついかなる場合で
も全ての人が行使
できるよう守っていこうとい
うことです。自
分の事は自分で決めるという自
己決定権、当
たり前と言えば当たり前の権利で
すが、自己
決定権を行使する際に個人とその個
人が属す
る社会との間に葛藤が生じたりすると
大きな
社会的問題に発展したり(例えば『尊厳
死』
の問題)エゴイズムや自己責任論との混同
曲解など色々と取り扱いが難しい権利では
ります。

ただ、この自己決定権ほど容易に他者や社会か
ら浸食されやすい権利はないと
ワタシは考えて
いまして。
この自己決定の侵害は高齢者や障が
い者だ
けでなく、年齢や性別などの人間の基本
的属
性が原因で起こります。このように声高に
張すれば社会との軋轢や葛藤を生み出すよう
な強い面をもちながら、容易に侵食されて行使
できなくなってしまうという脆い面もある
厄介
な二面性を持った自己決定権ですが、そ
の特性
を十分理解したうえで、本人が適切な
形で最善
の形で自己決定が行える環境を用
意すること
そが『権利擁護』の本質であっ
て、成年後見等
の制度はそのツールの一つで
あるという事が重
要なポイントなんですね。
財産管理や身上監護
なども、本人が不当な不
利益を被ることを防ぐ
ことが目的ですが、言
い換えれば本人が自己決
定権を十分に発揮で
きる環境を守り、用意する
事こそがその本質
という事ができますね。自分
がいついかなる
場合でも、自分らしく生きてい
くことができ
るようそのサポートをすることが、
今までお
話してきた後見等の制度であり、権利
擁護と
いう考え方であるという事です。 

 最後になりましたが、長期の連載にお付き合
いただきありがとうございました。概要は
お伝
えすることができたと思いますが、詳細
につい
ては専門の相談機関でご相談すること
をお勧め
しますので、まずは、身近のケアマ
ネやお住い
の地域の地域包括支援センターに
ご相談下さい!

では、成年後見シリーズはこれにて終了。
次回からも、様々なトピックや専門用語につ
て解説をしていきますね。それ
では…
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ