ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の56-13。

【自転車奔走記】介語苑・其の56-13。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第419回。

【固定メッセージ】
新型コロナウイルス感染症も、やっと収束しつ
つあるような感じが日増しに強くなっ
ていると
感じます。現に、交通量や出歩く
人、そしてマ
スクをしない方も増え始めて
います。ずっと続
いた緊張感も、そろそろ
ほぐしていかないと日
常生活や社会生活の
ブレーキとなってしまうこ
とは重々承知し
ていますが、気を緩めると再び
感染が拡大
してしまうおそれがあります。今一
度、長
期戦の様相を呈している状況であること
再認識して、私達一人一人が自分のできる
と、すべきことを最大限に行っていきま
しょう。

〇お住いの地域の情報(行政が発出しています)
 に注意して、実情に合わせた対応を取ように
 心がけましょう。
〇3つの「密」
・人ごみなど、多くの人の「密」集する場所
・換気の悪い「密」閉空間
・近距離での「密」接した会話
 を避けましょう。
〇ソーシャルディスタンス(人との距離を取る事)
 の徹底、外出の際は人と2メートルの距離を保ち
 ましょう。
〇こまめな手洗い、会話時、咳エチケットとして
 のマスクの着用、うがいの励行。特に手洗いと
 マスクは必ず行うようにしてください。ただし、
 気温が高い状態での長時間のマスク着
用は熱中
 症になる可能性があります。屋外で一
人でいる
 時はマスクを外すなど適宜対応をして、
熱中症
 を防止しましょう。
〇個人単位の感染防止対策が、結果として地域の
 感
染拡大防止となります。そのことを忘れない
 よう
にして、日々を過ごしましょう。

一人一人がそれぞれ自分のするべきことを行うこ
とが、これからも大切です。
路は長いですが、め
げずにココロを一つにし
て頑張りましょう!
では【自転車奔走記】始まります。
+++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・56-13。 

【語句】 
任意後見制度

【意味】
将来、認知症等で判断能力が不十分な状態になっ
た場合に備えて、十分な判断能力がある
うち、あ
らかじめ自分が選んだ代理人(任
意後見人)に自
分の生活、療養看護や財産
管理に関する事務につ
いて代理権を与える契
約(任意後見契約)を結ん
でおく制度。

【解説】
任意後見人制度について、今週は前回お示しした
チャートの①から②についてお話します。
①は任
意後見制度利用のファーストステッ
プで本人(任
意後見制度を利用しようとす
る人)が、自分の信
頼できる人(「受任者」
と呼びます)に任意後見
人になることを引き
受けてくれるかどうかを打診
することから始
めます。任意後見受任者になるた
めに資格等
は必要なく、親族や親しい友人でも原
則OK
となっています。ただ、受任者には自分の
断力が低下したときには任意後見人となって
々な手続きや事柄の代理をお願いすること
になる
ので、その人選は慎重に行う必要があ
りますね。

また、未成年者や破産者など一定の欠格条項に該
当する方を任意後見人として
選んだ場合、任意後
見監督人が選任されない
(チャート⑤で後述)の
で、実質任意後見契
約が発効できないことになる
ので注意が必要
となります。この打診で相手側の
OKが取れ
れば、②の本人と任意後見受任者で代
理行為
の内容などを協議する作業に入ります。が、
こが最初の重要なポイントになります。任意
見人は成年後見人等と同様にできることと
できな
いことが定められています。任意後見
人ができる
ことは「代理権の行使」、つまり
本人に代わって
(代理をして)法律行為をす
ることができると定
められています。この代
理権の行使は成年後見人
等と同じですが、任
意後見人は取消権が認められ
ていないという
事が成年後見人等との違いです。

「取消権」とは、自身にとって不利益となる契約
等を結
んだときに、その契約自体を取り消したり
る権限ですが、任意後見人にはその取消権が
められていません。つまり、本人が一旦し
てしま
った契約等は、消費者契約法等で定め
られている
部分は除き、任意後見人であって
も取り消すこと
ができないということですね。
また、任意後見人
には同意権も認められてい
ません。「同意権」と
は、本人が行う法律行
為に同意をし、同意がない
場合は取消すこと
ができる権利のことをいいます
が、この同意
権が任意後見人には認められていな
いという
事は、本人にとってはいちいち任意後見
人の
お伺いをたてなくても自由に契約等の法律行
為ができることになりますが、翻ると本人が自身
にとって不利益を生じかねない契約を締
結したと
しても、任意後見人には同意権が認
められていな
い以上、取り消すことができな
いと言う訳です。

以上の事は注意が必要です。では、任意後見人が
代理権を行
使してできることはどんなことがある
か?で
すが、この点は成年後見人等とほぼ同じで、
財産管理や身上監護の範囲内で必要な法律行為が
代理で来ます。財産管理の例としては、
預貯金の
管理や引き出し、新聞や水道光熱費
など日常生活
に必要なサービスや商品の購入
や契約、不動産そ
の他の重要な財産の処分、
遺産分割協議等です。
身上監護部分では、要
介護認定の申請や介護保険
サービス、福祉サ
ービス利用時の契約、入退院時
の事務(入退
院の手続きや支払い等)を挙げるこ
とができ
ます。また、法定後見人等と同じように、
姻、離婚、養子縁組、離縁や遺言書の作成な
一身専属権の代理も認められていません。

さて、任意後見人にできることを色々見てきまし
たが、これらの内容を理解したうえでチ
ャート②
の事柄である、任意後見人に何を頼
むか?を双方
が協議して決めていくわけです
が、実際問題とし
て、任意後見制度も法律行
為ですので、細かな内
容まで十分理解するこ
とが難しいと思います。で
すので打ち合わせ
の段階で専門職(弁護士や成年
後見のサポー
ト機関等)で事前にアドバイスを受
けること
をお勧めします。とこのように、任意後
見人
にお願いしたいことが凡そ決まってきた段階
でチャート③の任意後見契約締結になります。
これについては次回!という事で。

それでは、また来週お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ