ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の56-9。

【自転車奔走記】介語苑・其の56-9。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第414回。

◎固定メッセージ
今、新型コロナウイルスの感染防止に日本が国
を挙げて取り組んでいます。
以前のような感染
拡大はこのところ見られ
ませんが、ここで気を
緩めると再び感染が
拡大してしまうおそれがあ
ります。長期戦
の様相を呈していますが、私達
一人一人が
自分のできること、すべきことを最
大限に
行ってくことを再確認しましょう。

〇お住いの地域の情報(行政が発出してい
    ます)に注意して、実情に合わせた対応
    を取ように心がけましょう。
〇3つの「密」
・人ごみなど、多くの人の「密」集する場所
・換気の悪い「密」閉空間
・近距離での「密」接した会話
 を避けましょう。
〇ソーシャルディスタンス(人との距離を取
    る事)の徹底、外出の際は人と2メートル
    の距離を保ちましょう。
〇手洗い、マスクの着用、うがいの励行。
    特に手洗いとマスクは必ず行うように
 してください。
〇個人単位の感染防止対策が、結果として地
   域の感染拡大防止となります。そのことを
   忘れないようにして、日々を過ごしましょう。

一人一人がそれぞれ自分のするべきことを行うこ
とが今一番大切なことです。
ココロを一つにして
頑張りましょう。
では【自転車奔走記】始まります!
++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・56-9。

【語句】 
成年後見制度

【意味】
判断能力が不十分なため、契約などの法律行為
行えない、あるいは適切に判断できない人に
対し、
必要な契約等の締結や財産管理、また意
思決定の
支援をしたりして本人の保護を図る制
度。
平成12年施行。

【解説】
今週は後見人等が実際にどんな仕事をしているの
か?についてお話していきます。以前お話した
り、成年後見人等の仕事には財産管理と身上
監護
の二つのカテゴリーがあります。まずは財
産管理
について、後見人等の日々の仕事の内容
を見てい
きましょう。財産管理の仕事は「財産
管理事務」
と言います。具体的な内容は…

①預貯金の入出金チェックと必要な費用の支払い
 本人の通帳を管理して、収入や支出、そして
 高などを把握します。例えば、払われるべ
き年
 金や助成金などが未支給であれば、滞り
なく支
 給されるよう必要な手続きを行います。
また公
 共料金や生活費、介護サービスなど
を利用して
 いる方はその利用料などの支出状
況も随時確認
 します。ケースによっては本人
手持ちの小口現
 金が必要になる場合もありま
すので、銀行から
 引き出して本人に手渡す
こともあります。

②不動産の管理本人に自宅がある場合、自宅の管
 理や修繕な
どが成年後見人等の仕事になります。
 一人暮
らしの本人が介護施設に入所してしまっ
 たと
きは、定期的な自宅の見回りや、庭の手入
 れ・
草取りなどが必要になるケースもあります。
 また、本人が賃貸住宅物件を所有していれば
 期的にそれらの物件も確認したり、家賃の
滞納
 などがあれば催促するなど交渉も行うこ
とにな
 ります。

③株式、有価証券の管理基本的に後見人等が本人
 の株式等の運用をす
ることはなく、価格変動に
 注意を払いながら、
本人が所有している株券や
 有価証券等の毎年
残高証明書を発行してもらう
 ことになります。
因みにその理由は、成年後見
 人等の仕事はあ
くまで本人の財産管理であり特
 別な事情が
ない限り財産の処分は含まれないか
 らです。
ですが、株式等が急落することが明ら
 かな場
合などは例外的に売却することはできま
 す。
また、売却等については家庭裁判所への相
 談
が必要となります。

④税金の申告・納税所得税・住民税、固定資産税
 の申告や納入な
ど必要な税務を行います。

⑤居住用不動産の処分③でお話したとおり、成年
 後見人等は基本的
には本人の財産処分をするこ
 とはありません
が、本人の入院費や施設入所費
 に充てるため、
本人所有の不動産の売却が必要
 になる場合な
どは、家庭裁判所の許可を得たう
 えで不動産
の売却等を行うことがあります。

以上が主な財産管理事務の内容です。こうやって
見てみると、不動産や有価証券の管理など、広範
囲に渡ってしっかりと本人の財産を管理してもら
えるのが分かると思います。ただ、注意してほし
いのは、これらの財産管理事務は、代理権を行使
するものですので、後見等の決定時(審判)で
判所から許可された部分のみが有効となります。
また、場合によっては成年後見人と本人との間で
利害が対立する場合(「利益相反」。例えば親族
後見人のケースで、成年後見人と本
人のどちらも
相続人である場合や、本人所有の不動産を成年後
見人に売却する場合などです)が想
定されますが、
その際には、特別代理人や後見監
督人の選任が必
要となります。このように財産管
理事務において
は、何をおいても本人の利益が最
優先されるとい
うことを覚えておいてください。

続いては身上監護についてです。身上監護は本人
の居所を訪問して本人状況に
変わりがないか「身
守り」をすることが基本にな
りますが、それに付
随して下記のような仕事が発
生します。

①医療に関する事項治療、入院等に関して病院と
 の間で諸手続きを
したり、健康診断などの受診
 手続きをします。
ただし注意が必要なのは手術
 等での医療同意
や身元引受人になることは成年
 後見人等ではで
きません。

②住居の確保に関する事項本人の持ち家がない場
 合には、借りる家を探して
賃貸借契約を行って
 住まう家を確保します。また、
その後も家賃の
 支払い・契約更新等の支援を行い
ます。

③施設の入所・退所・処遇の監視に関する事項
 人が在宅での生活が困難となり、施設サービス
 を利用する方が適切と判断される場合、相応し
 い
施設を探したり、施設の入退所の手続きをし
 ます。
また、施設入所後も定期的に訪問して本
 人への
対応の様子を観察し、本人への処遇や対
 応に問題
があって、本人にとっての不利益があ
 れば施設側
に改善を求めます。

④介護・生活維持に関する事項要介護認定や更新
 の手続きなど、必要な介護サー
ビス事業者との
 サービス契約を代理します。加え
てケアプラン
 の内容を確認し、介護サービスの内
容が契約の
 とおり行われているか監視し、異なる
ときや処
 遇上の問題がある場合は改善を求めます。

⑤教育・リハビリに関する事項おもに未成年者の
 後見人等に関する事項ですが、
本人にとって必
 要な教育、リハビリに関する情報
収集や契約を
 します。

以上、代表的なものを上げましたがもちろんこれ
だけではなく、様々な仕事が発生することになり
す。因みに私がケアマネをしていて後見人等さ
んと連携することはたくさんありますが、ほぼす
てがこの身上監護についての内容となります。

というところで今週はここまでとします。
次週は
今回とは逆に成年後見人等ができないこと
をおさら
いしたのち、後見報酬のお話をします。
では、またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ