ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の56-8。

【自転車奔走記】介語苑・其の56-8。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第412回。

【固定メッセージ】
今、新型コロナウイルスの拡大防止に日本が国
を挙げて取り組んでいます。
緊急事態宣言につ
いては5月31日まで延長されてい
ます。地域に
よっては休業や移動の自粛な
どが段階的に融和
されている場所もありま
す。ですが、ここで気
を緩めると、再び感
染が拡大してしまうおそれ
があります。長
丁場で、心身ともに疲れが溜ま
っている方
も多いと思いますが、ここはグッと
堪えて、
私達一人一人が自分のできることを最
大限
に行ってくことを再確認しましょう。

〇お住いの地域の情報(行政が発出しています)
 に注意して、実情に合わせた対応を取ように
 心がけましょう。
〇3つの「密」
・人ごみなど、多くの人の「密」集する場所
・換気の悪い「密」閉空間
・近距離での「密」接した会話
 を避けましょう。
〇ソーシャルディスタンス(人と距離を取る事)
 の徹底、外出の際は人と2メートルの距離を保
 ち
ましょう。
〇手洗い、マスクの着用、うがいの励行。特に
 手洗
いとマスクは必ず行うようにして下さい。
〇コロナウイルスだけでなく、生活のことなど、
 な
んでも結構です。もし不安なことがあって、
 身近
に相談する相手がいなければ、ケアマネ
 や介護職
員、看護職員などに気軽に相談して
 下さい。

一人一人がそれぞれ自分のするべきことを行う
こと
で、コロナの流行拡大に歯止めをかけるこ
とができ
ます。先は長いかもしれませんがココ
ロを一つ
にして頑張りましょう!
では【自転車奔走記】始まります。
++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・56-8。

【語句】 
成年後見制度

【意味】
判断能力が不十分なため、契約などの法律行為
を行
えない、あるいは適切に判断できない人に
対し、必
要な契約等の締結や財産管理、また意
思決定の支援
をしたりして本人保護を図る制度。
平成12年施行。

【解説】
今週は成年後見人等の実際の支援の流れやその
内容
等についてお話をしていきます。ここ数週
は少し話
が横に逸れましたので、今一度後見等
の制度利用の
流れを再確認しておきます。
① 後見等(後見、保佐、補助)の申し立て
② 家庭裁判所での審理
③ 審判(後見等類型の決定、後見人等選任)
④ 後見登記

そして今回が
⑤ 後見等の開始
となります。

選任された後見人等は、審判で定められた代理
権や取消権、同意権を使い、本人の様々な
法律
行為を代理しますが、その実際の実務の前に行
うことがあります。まずそれを見ていきましょ
う。
後見人等がまずすることは…
(1)本人、そして家族等の関係者との面談。
   後見人等が今後、本人に代わって様々な
   手続きや支
援(「後見事務」と言います)
   を行っていくために、
本人(被後見人等)
   やその家族、関係者と面談をし
て今後の
   方針や後見事務の説明等を行います。

(2)財産関係の書類や印鑑の引渡しを受ける。
   財産管理等の代理権がある場合は今後の
   財産管理
のために被後見人等の現金・通
   帳・有価証券・不動
産権利証・実印・銀
   行印・印鑑登録カード等、本人
の財産に
   かかわるものをそれまで管理していた人
   (本人やその他の管理人)から受け取り
   ます。

(3)登記事項証明書の入手。
   ④で行っている後見登記について、法務
   局でその後
見人等が合法かつ正当な後見
   人等であることを証明
する「登記事項証
   明書」を法務局から発行してもら
います。

(4)銀行、保険会社等への届出。
  (2)で行った書類や印鑑等の引渡とは別
   に、被後見
人の財産にかかわる銀行や保
   険会社等に直接出向き、
登記事項証明書
   等を示して成年後見人に就任したこ
とを
   届け出ます。

(5)財産目録の作成と提出。
   被後見人の財産を調査し1ヶ月以内に財
   産目録を
作成し、裁判所に提出します。

(6)年間収支予定表の作成と提出。
   被後見人等に関する過去1年間の収支状
   況をもとに、
就任後から1年間の収支の
   予定を明らかにした「収
支予定表」を作
   成し、裁判所に提出します。この収
支予
   定表が後見等の開始後の収支の基準とな
   ります。

と就任後にはこれだけの手続きを経る必要があ
るんで
すね。そして、実際の実務においては先
週お話した
財産管理や身上監護の支援を行って
いくことになりま
す。因みに、後見人等は裁判
所の監督を受けることが
定められています。こ
後見監督は、裁判所が後見人等に命じて定期
的に又は
随時に報告を求め、その職務内容を審
査し、問題があ
れば必要な指示や是正などの処
分を行う手続です。で
すので、後見人等は財産
管理においても、身上監護に
おいてもその法律
行為の内容や支援の詳細をしっかり
記録して置
いておくことが義務付けられています。

このように、厳格な手続きを経て、後見の実務
が開始
されることがお分かりいただけたでしょ
うか?代理と
いうと一見簡単そうに見えてしま
うかもしれませんが、
後見人等の仕事は厳格な
法律行為ですので、本人(被
後見人等)の利益
を最大限守るためにこれだけのもの
が必要であ
るということですね。

というところで今週はここまで。
次回は後見人等が実際にどんなことをしている
か?
そして後見報酬についてお話します。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ