ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の52。

【自転車奔走記】介語苑・其の52。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第399回。

先週、コロナウイルスに関連して手洗いのお話
をしましたが、今週も新型コロナ
ウイルスに関
連したお話をします。先週
以降、感染の拡大傾
向が止む気配はなく、
日本でも感染者数が増え
たり、緊急措置
として入国・出国制限などの入
管措置が
取られるようになるなど流動的な情勢
続いています。加えて、ウイルスの詳細がま
だ未解明ということもあり、漠とし
た不安から
か過剰に心配したり、世間で
はマスクが品切れ
になったりなど、言葉
は非常に悪いですがドタ
バタが続いてい
るような気がします。

噂レベルの無根拠な話や風説に近い情報に惑わ
されて一喜
一憂したり、それらに基づいて行動
する
ことは、時に危険を伴う場合もあります
で、今回の介語苑では、現在分かって
いる情報
に基づいて、新型コロナウイル
スとその予防に
ついて簡単に
お話します。
---------------------------------------------------------

たきび版:介語苑・52。

【語句】 
新型コロナウイルス感染症

【意味】
コロナウイルスのうち、過去にヒトで感染が確認
されていなかった新種のコロナウイ
ルスが原因と
考えられる感染症。

【解説】
まず『コロナウイルス』とは何か?から。コロナ
ウイルスとは、人や動物の間で広く
感染症を引き
起こすウイルスで、人に感染
症を引き起こすもの
はこれまで6種類が知
られています。深刻な呼吸
器疾患を引き起
こすことがあるのは、以前大きな
騒ぎにな
ったSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群
ロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候
群コロナウイルス)が知られています
が、それ以
外は感染しても通常は風邪など
の重度でない症状
にとどまります。今回は
「新型」という言葉が付
いているので、今
まで人への感染が知られていな
かった新し
いタイプのコロナウイルスが原因と考
えら
れています。(ちなみに時々「新型肺炎」
いう文言が見受けられますが、これは新
型コロナ
ウイルスの感染後に関連して発生
した肺炎という
意味で、ウイルスに感染す
れば肺炎になるという
意味ではありません
のでご注意を。)

続いて感染経路ですが、現時点では①飛沫感染と
②接触感染の2つ
が有力と考えられています。①
の飛沫感染
とは、保菌者のくしゃみや咳、唾など
の飛
沫と共にウイルスが放出され、それを口や
から吸い込んだ他の人が感染するという
ものです。
空気中を漂う微細な粒子(飛沫
核)を吸い込むこ
とにより感染する『空気
感染』とは違うという点
は覚えておく必要
があります。②の接触感染は主
にウイル
スが付着した手などで口や鼻、目を触る
とで感染するものです。感染経路が未知のウイ
ルスは確かに怖いですが、今回の新型
コロナウイ
ルスについては、これらの感染
経路が現時点で確
度の高く確定されている
ので、その予防法もはっ
きりしています。
一番効果的なのは感染者がいる
場所に近づ
かない、感染者に接触しないというも
ので
すが、現実的に徹底することは無理ですので、
一人一人の予防手段、つまり【手洗い
・マスク】
が一番効果的ということになり
ます。手洗いにつ
いては先週お話しました
ので、マスク着用につい
て少しお話します。
マスクが品薄になってインタ
ーネットサ
イトで通常では考えられない高値で取
引さ
れたりと色々問題になっています。ただ、
スクをつければ感染しないか?と言われ
れば答え
はNO!です。

一般的にマスクは、咳やくしゃみによる飛沫及び
それらに含ま
れるウイルス等病原体の飛散を防ぐ
効果が
高いとされていますので、咳やくしゃみ等
の症状のある人は積極的にマスクをつける必要が
あります。ですが、予防用にマスク
を着用するこ
とは、込み合った場所(特に
屋内やバスや電車な
どの交通機関内などの
換気が十分行えない場所)
では一つの感染
予防策と考えられますが、屋外で
は相当込
み合っていない限りマスク着用による感
予防の効果はあまり認められていないという事
です。マスクは着けるだけでよいとい
うある意味
簡便さが、今のマスク頼りみた
いな風潮を生んで
いるのかな?とも思いま
す。マスクは効果の高い
予防法ですが、そ
れよりも…

〇咳や発熱などの症状のある人に近づかない
〇人混みの多い場所に行かない
〇手指を清潔に保つ

といった感染予防策を優先して行う方が良いと言う
のが実際です。
新型コロナウイルスについてはこれ
から
研究が進み、いずれワクチン等の治療法、治療
薬が開発されるとは思いますが、暫く
は現在のよう
な状態が続くと思われます。
確かに正体が定かでな
いものに対する不安
は大きいと思いますが、そんな
時こそしっ
かりとした情報に基づき、冷静に対応す
ことが私達一人一人に求められていると感じます。

というところで今週はここまで。
今回のブログは首相官邸ホームページ『新型コロナ
ウイルス感染症に備えて
』を参考に作成しました。
では、また次回お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ