ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 盲導犬・介助犬を知ろう。

盲導犬・介助犬を知ろう。

【伊藤隆太の日々隆々】2019・夏到来。

みなさまこんにちは!

不定期連載【日々隆々】、お相手のショート

ステイ管理者・伊藤隆太です。突然ですが!

皆様は盲導犬や介助犬をご存知ですか?

・・・

街でよく見かけることがある盲導犬は、

目の不自由な人が安全に歩けるよう段差や

曲がり角などを伝えるなどの役割を担います。

胴体にハーネスをつけているのが特徴。

そして介助犬は、身体の不自由な方々のため、

落とした物を拾ったりドアの開け閉めをしたり、

指示された物を持って来たり、不測の事態が

起きた時に人を呼びに行ったり緊急ボタンを

押すといった緊急対応など、日常生活の

手助けをしてくれる同伴犬のことです。

まだまだ認知度が低いのが現実…という事で

盲導犬や介助犬をもっと知ってもらおう!

とで83に本社のある津市の「イオン津」

1階セントラルコート(10001500で、

このようなイベントが開催されます

moudouken_fes_in_tsu.jpg

胴体にハーネスを付けていたり「聴導犬」

「介助犬」といったケープを身に付けて

いたりし、「ペットではないな」と思う

ことはあるものの、実際に介助犬や困って

いるご利用者様を見かけたら、どうしようか

迷われる方が多いと思います。ちなみにこの

場合の正解は「お手伝いしましょうか?」と

声を掛けるのがベスト。ただ!補助犬は

仕事中なので、触ったり話し掛けないように

気を散らさないようにするのが大原則です。

水や飲み物を与えてはいけないのもルール。

ご利用者様とって盲導犬や介助犬は文字通り

家族であり、身体の一部でもあります。

なかなかこういった機会はありませんので、

ご興味がある方、お時間がある方は是非とも

参加されてみてはいかがでしょうか?

私も参加予定です!

・・・

それでは今回はコレにて失礼致します。

暑さが異常化していますので、どちら様も

体調管理にはくれぐれもご留意下さいませ。

不定期連載【日々隆々】、伊藤隆太でした

アーカイブ

月別 アーカイブ