ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の27。

【自転車奔走記】介語苑・其の27。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第368回。

7月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?
6月が少雨だったのに、7月に入った途
端、全国的に想像以上の大雨に
見舞われていま
す。7月の平均総雨
量をわずか数日で上回った
という信
じられないくらいの降雨に見舞われ
いる地域もあります。また、全国
的に長期予報
でも7月は降雨量が多
い予報が出されています。
皆様、まだまだ梅雨は続きますので、これから
の気象情報には十分注
意して下さいね。加えて
ジメジメ
の時期ですので、食中毒や熱中症に
気を付けて。夏本番までまだまだ
かかりますが、
元気に7月も過ごし
ていきましょう!
では、今週も【自転車奔走記】始まります!
+++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑・27。

【語句】
改正健康増進法

【意味】
健康増進法は平成14年に制定された国民の健康
維持と現代病予防を目的と
した法律。令和元年7
月1日より、受
動喫煙対策を強化した『改正健康
増進
法』が一部施行され、令和2年4月1日から全
面施行となる。

【解説】
今週は愛煙家の方々には少々耳の痛いお話になり
ます。今月初めから、改正
健康増進法が一部施行
され、病院や行
政機関の敷地内が原則禁煙となり
まし
た。今週はこの改正健康増進法についてお話
します。そもそも、この健康増
進法は「健康日本
21」という
「21世紀において日本に住む一人ひ
りの健康を実現するための、新しい考え方によ
る国民健康づくり運動」、つ
まり21世紀の日本社
会における国民一
人一人、そして社会全体の健康
意識の
向上と健康の実現を目的とした国家的取り
組みのグランドデザインがあって、
それとリンク
する形で制定され施行さ
れました。今回の改正は、
受動喫煙対
策を強化したものとなっています。

までも分煙や禁煙エリア等の取り決めはありま
したが、今回の改正では、繰
り返しの勧告や指導
に従わず改善が見
られない悪質なケースの場合は
最大5
0万円の過料が課されると言った罰則付き
のかなり強い内容となっています。
さて今月から
施行されたその内容は
、病院や診療所、薬局、介
護医療院、
介護老人保健施設、難病相談支援セン
ター、はり・きゅう師らの施術所などの医療関係
機関、小学校、中学校、高
校、大学に加えて介護
福祉士や社会福
祉士、看護師などの養成校や専門
学校
などの学校機関、そして児童関連施設や国や
地方公共団体の施設など幅広い
施設が「原則敷地
全面禁煙」となり
ました。敷地内、つまり建物
以外の場
所でも、その施設の敷地内であればど
であっても“原則禁煙”という事になり
ます。

原則となっているのは、特定の要件を満たした屋
外喫煙所(「特定屋
外喫煙場所」とうお堅い名称
ですが)
がある場合はその場所に限って喫煙可
という意味なんですが、①喫煙をす
ることができ
る場所が区画されている
(例…パーテーション等
による区画)
②喫煙することができる場所である
を記載した標識を掲示する(標識は国が規定)
③施設を利用する者が通常立
ち入らない場所に設
置する(建物の出
入り口ではなく、建物裏や屋上
を想定)
という3つのルールを全て守る必要が
りますので、ハードルはかなり高い
ですね。そし
て来年の4月からは全面
施行となり、人がたくさ
ん集まる施設
は「原則屋内禁煙」となります。

この施設というのは、民間企業の社屋や事務室や
商業施設、飲食店等、そしてシ
ョートステイやデ
イサービスなどすべ
ての介護施設が当てはまりま
す。また
また『原則』という言葉がありますので、
専用の喫煙可能室内であれば喫
煙可能ですが、こ
の設置にも決まりが
定められていて、簡単に設置
できるよ
うなものではありませんので、全体的
流れとしては全面禁煙の方向で進ん
でいくと予想
されています。
と、愛煙家にとってはかなり厳し
い環
境の変化になりそうな内容で、一部では「喫
煙者差別」といった過激文言
も飛び交っています。
一方嫌煙家にと
っては一定評価はあるものの、こ
の改正内容でもまだまだ不十分といった声がよく
聞こえてきます。双方にそ
れぞれ言い分はありま
すし、吸うも自
由、吸わぬも自由ではありますが、
界的な傾向としては“煙草排除”に進んでいるこ
とは確かですね。因みにこれ
を機会に禁煙をと考
えている方、
医療保険対応の禁煙治療も広まって
ましたので、一度医療機関に相談してみてはい
かがでしょうか?

というところで今週はここまで。
次回もお楽しみに。
SEE YOU NEXT WEEK 

アーカイブ

月別 アーカイブ