ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の18(2)。

【自転車奔走記】介語苑・其の18(2)。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第353回。

三月も中盤、もうすぐ春分の日ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
近頃めっきり
日が長くなったと感じ
ます。春分を過ぎれば春
爛漫の季節
がもうすぐ。桜の開花も今年は早め
予想が出ていますね。ですが春は体調を崩し
やすい時期。
せっかくのお花見シーズンも体調
良では台無し。健康管理には十分注意してく
ださいね。では【自転車奔走記】始まります!
-------------------------------------------------------------

たきび版:介語苑・その18-2

【語句】
リハビリテーション/リハビリ

【意味】
身体的、精神的かつまた社会的に最も適した機
能水準を可能にすることによって、各
個人が自
らの人生を変革していくための手
段を提供して
いくことを目指し、かつまた時間を限定したプ
ロセス。

【解説】
今週からリハビリテーションについて連載
形式
でお話をしていきます。まずは、リハ
ビリテー
ションの定義から。一般にリハビ
リというと怪
我や病気などで衰えた機能
を、病院で理学療法
士さんや作業療法士さ
んが何かしの訓練をして
回復に導く…
といったイメージでしょうか。膝
の手術か
らの回復を目指し懸命にリハビリに取
り組
んでいるプロレスラーの武藤敬司選手のイ
メージ
が(笑)…すみません!少々趣味に走
てしまいましたが何はともあれ
「リハビリ=身
体の機能回復」というのが
ごく一般的なイメー
ジだと思います。です
が「リハビリテーション」
というと、先
ほど述べた治療や回復に対する身
体的なア
プローチというのは一つの側面に過ぎ
せん。リハビリテーションというのは一つの
概念として考えるのが妥当なものなんですね。

1981年の厚生白書においてリハビリテーション
は『リハビリテーションとは、
障害者が一人の
人間として、その障害にも
かかわらず、人間ら
しく生きることができ
るようにするための技術
及び社会的、政策
的対応に統合的体系であり
に運動障害
の機能回復の部分だけをいうのでは
ない
と定義されています。下線の部分に注目
て頂くと、「運動機能の回復の部分だけを
うのではない」と、先ほどお話した通り
リハビ
リというのは、(=機能回復)とい
う図式だけ
ではないとしています。では、
リハビリとは一
体何なのか?元々、リハビ
リという単語自体に
は「再び適した状態にする
こと」という意味が
あります。その意味で
言えば、衰えたり失った
りした機能を再び
適した(回復)状態に戻すた
めに行う治療
や技術は当然リハビリテーション
となりま
すが、では、機能が回復すればそれで
問題
は解決か?と考えてみてください。リハビ
リによって完全に機能が回復する場合もあれば、
回復しないケースもあります。もし、
リハビリ
が身体機能の回復に対するアプロ
ーチのみを言
うのであれば、回復しなけれ
ば、或いは残念な
がら回復に至らなかった
場合は、身体的なハン
ディを背負ったまま
そこで終了、リハビリの目
的である『再び
適した状態にすること』という
事が達成されないままで終わってしまいます。

でも!実際はそうではなく、ハンディがある
であれば、そのハンディを生活環境の整
備や社
会環境を改善していくことによって
無くしてい
く、或いはハンディがあっても
暮らしやすい社
会を作ることができますよ
ね。機能回復の先に
は社会生活でのQOL
(生活の質)の向上がなけ
ればダメという
事です。つまりリハビリテーシ
ョンとは身
体的な部分だけでなく、人間の社会
生活的
な部分も包含した、いわば全人的回復を
目指すというプロセスという事ができます。
実際のリハビリテーションには4つの側面があ
るとされています。以下に挙げますと…

1.医学的リハビリテーション
【目的】怪我や病気に起因する心身の障害
              に対する治療や指導、援助。

2.社会的リハビリテーション
【目的】機能回復と環境の改善によってその
              人の社会生活力を高めることを目的
              としたプロセス。

3.教育的リハビリテーション
【目的】心身の障害を持つ児(者)に対して
              の特殊教育、視覚障害や聴覚障害、
               特別支援学校などでの教育。

4.職業的リハビリテーション
【目的】障害者が適当な職業につき、または
               継続して就労することで、社会への
               参加や(再)統合(ソーシャルイン
               クルージョン)を促進する。

となります。これらを見ていただければリハビリ
とは機能回復だけではない、もっ
と大きくてダイ
ナミックなアプローチで
あることがご理解いただ
けると思います。
ワタシなりにリハビリを定義す
ると、リハ
ビリとは、その人がより適した状態や
環境
で再び社会に参加し、そして健康に暮らし
けることができるよう、様々な方法やアプローチ
で支援をする過程なんですね。

というところで今週はここまで。
次回は、リハビリテーションの制度につい
てお話
します。主に医療保険と介護保険で
の違いについ
てのお話になる予定です。
では、またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ