ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介語苑・其の11-4。

【自転車奔走記】介語苑・其の11-4。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第332回。

待ちに待った秋の到来!
と喜んでいたのもつかの間、4
まさかの秋花粉アレルギー

くしゃみに鼻水が止むことなく続き「病は気から。
病気は気合で治す!」をモット
ーにしていた私も
さすがに参っています。
耳鼻科へ行ってきますね。
と、雨にも負けず、風にも負けず、雪にも夏の暑
さにはちょい負けし、花粉に全面
降伏のヒロモリ
がお送りします『自転車奔
走記』始まります!
+++++++++++++++++++++

たきび版:介語苑 その10の4

【語句】
有料老人ホーム

【派生語】
介護療養型医療施設(介護保険3施設)

【意味】
介護保険法の介護給付により入所のサービスを
提供できる高齢者入所施設。介
護老人福祉施設、
介護老人保健施設、介護療
養型医療施設を指す。

【解説】
今週は介護療養型医療施設についてお話しし
す。
介護療養型医療施設は、慢性疾患を有し長
の療養が必要な方のために、介護職員が手厚
く配置された医療機関(施設)で、病状は安
していているものの自宅での療養生活は難
しく
長期の療養が必要であるという方が施設
に入所
して、必要な医療サービスや日常生活
における
介護、リハビリテーションなどを受
けることが
できます。前回までお話しした介
護老人福祉施
設(特養)や介護老人保健施設
(老健)とは少
し違って、「介護」という
冠は付いているもの
の介護施設ではなく医療
機関と考えて頂くとイ
メージがしやすいと思
います。話は戻りますが、
病院の性格が非常
に強い施設になりますので、
結果として入所
される方も特別養護老人ホーム
や介護老人保
健施設に比べて、医療や介護の必
要度が高い
方を対象にしています。

入所の要件としては、要介護1以上の方が対象と
なります。費用に
ついては、特養や老健と同様、
介護保険利用
料(1割~3割)+居住費+食費
(減免あり)
+その他諸費用となります。また、
入所期間
は医療機関等での療養の必要が無くなる
まで
となっています。さて、この介護療養型医療
施設ですが、実は
平成18年の医療保険制度改革
において平成
23年年度末で廃止され、老人保健
施設等へ
の転換を進める予定でしたが、その進捗
が思
わしくなく平成23年の介護保険法改正で平
成29年度末まで延期となり、同年の介護保険制
度一部改正でさらに廃止までの経過措置
期間が6
年間設けられることになりました。

一方、今年平成30年の4月に今までの介護療養
型医療施設に替わる新しい類型の施設と
して「介
護医療院」という施設が新設されて
います。この
介護医療院という施設は、従来
の療養型医療施設
のように医療的なケアの充
実を保ちながら、同時
の生活の場として機能
を強化した施設となってい
ます。介護保険法
では「介護医療院とは、要介護
者であって、
主として長期にわたり療養が必要で
ある者に
対し、施設サービス計画に基づいて療養
の管理、看護、医学的管理の下における介護
び機能訓練その他必要な医療並びに日常生
活上の
世話を行うことを目的とする施設。」
とされてい
て、医療の必要な要介護高齢者の
長期療養の施設
であると同時に、生活施設と
しての場であること
が謳われています。イメ
ージとしては、老人保健
施設に近いと考えて
頂ければOKだと思います。

この介護医療院は今後増える(従来施設からの転
換含む)事に
なりますので、選択肢の一つとして
押さえて
おくべき施設ですね。

と言うところで、介護療養型医療施設についての
お話しはこれにておしまいです。さて
特養、老健、
療養病床という介護保険3施設
を見てきましたが、
この3施設の共通点をまとめておきますね。

①入所には要介護1以上の認定が必要であること。
②入所費用は介護保険利用料+居住費
+食費(減
 免あり)。
③入所後は、施設サー
ビス計画(施設ケアプラン)
 に沿って、必要
な介護や医療的処置を受けること
 ができる。
④介護保険法に定める入所施設である。という事

次回は、介護保険法ではなく老人福祉法に施設の
設置根拠を持つ「養護老人ホーム」と
「軽費老人
ホーム(A型、B型、ケアハウス)
についてお話し
します。
このあたりからお話しがややこしくなっ
てき
そうですので、できる限り分かりやすくお話
しできるよう心して準備します。
次回もお楽しみに。
では、SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ