ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 曇天模様とホームヘルパー。

曇天模様とホームヘルパー。

本社・ヘルパーステーションのある三重県津市。

昨日は一日中、あいにくの曇り空でした。これで

太陽の光は、約二日間続けて射しておりません

ご自宅で日々過ごされているご利用者様にとって

天気…というか空模様は大きな影響があります。

kumorizora_guzuguzu.jpg

それは精神面への問題。専門家の見解によると、

人は太陽光を浴びることで精神のバランスが良く

なるとされています。確かに小難しく考えずとも

よく理解できる学説ですよね。ある意味で私達は

自然にその事を熟知しているとも思えますよね。

つまり、曇りが続くとその逆の現象が起こり易い

というお話なのです。暗い部屋だと気持ちが暗く

なるのと同じですよね。こんな日に、ヘルパー達

はどんな点に留意しているのか?いつもより更に

元気なテンションで、ご利用者様に接するのか?

実はその真逆なんです。いつもよりコミュニケ

ーションの波長を弱くし、静かに立ち居振る舞う

のです。言い換えると、空模様にテンションを合

わせるといったところ。こちらが元気過ぎる場合

それに合わせようとされたご利用者様が、ヘルパ

ー帰宅後一時的に落ち込むケースがあるからです。

ご自宅にいらっしゃる皆様は意識せずとも空模様

に精神を合わせて過ごされています。そこにズケ

ズケ違うテンションで接するのは、最終的にマイ

ナスになりかねません。だからこそいつもよりも

静かな心持ちで臨み、会話や雰囲気の中から少し

ずつ〝元気〟を取り戻して頂く方法論なのです。

つまり、ご利用者皆様にとって、最も大切なのは

〝元気〟ではなく〝精神のバランス〟なのです

アーカイブ

月別 アーカイブ