ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介護苑・其の7。

【自転車奔走記】介護苑・其の7。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第322回。

早いもので8月も中盤にさしかかりました。
今週はお盆の時期ですので、お墓参り等でご実家
へ帰省される方も多いと思います。
道中お気をつ
けて、ご実家で楽しいお時間
をお過ごし下さいね。
では【自転車奔走記】開講です!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

たきび版:介護苑 その7

【語句】
フレイル

【意味】
主に加齢が原因で、運動機能や認知機能が低下する
ことで生活機能に問題が生じ、健
康障害を起こしや
すくなっている(要介護
状態等になる)が、適切な
支援や介入によ
り生活機能の維持や向上が可能であ
る状態(像)。

【解説】
①「フレイル」とは。
この言葉は元々老年医学で使用されていた虚弱や老
衰を表す【Frailty】の共
通訳語として、平成26年
日本老年医学会が提唱したものです。
人間は齢を重
ねて老いていくに従い、身体
機能(運動や活動の能
力)や認知機能が衰
えてきます。その衰えが進行す
ると、やが
て日常生活を送るのに様々な支障や障害
生じるようになり、やがて日常的に支援や介護を
要する状態(要介護状態)へと至り
ます。フレイル
というのは、まさに要介護
状態へ至る一歩手前の状
態で、健康・健常
な生活と要介護状態のちょうど中
間に位置
付けられています。一方フレイルにはもう
一つの意味が込められていて、この状態であっても
適切な支援やサポートがあれば要
介護状態に至るこ
となく、生活機能(日常
生活を健康に送るための能
力や機能)の維
持や向上が可能であるという事です。

つまり、要介護状態へ至らない為の予防的支援が必
要である状態ですね。因みに厚生労働
省の報告書で
は『加齢とともに心身の活力
(運動機能や認知機能
等)が低下し、複数
の慢性疾患の併存などの影響も
あり、生活
機能が障害され、心身の脆弱性が出現し
状態であるが、一方で適切な介入・支援により、
生活機能の維持向上が可能な状態像』
と定義されて
います。フレイルは高齢者特
有と言う訳ではありま
せんが、高齢者がそ
の状態に特に陥りやすいことで
あることは
間違いありません。

②フレイルの原因。
フレイルが発症する原因は様々ですが、主に加齢に
よる心身の衰えや社会・環境の変
化が原因とされて
います。以下に主なもの
を挙げます。
・加齢に伴う活動量の低下と社会交流機会減少
・身体機能の低下(歩行スピードの低下など)
・筋力の低下
・認知機能の低下
・易疲労性や活力の低下
・慢性的な管理が必要な疾患にかかっていること
・体重の減少
・低栄養
・個人の収入・教育歴・家族構成などの問題

上述の原因因子を整理すると、フレイル発症の原因
を以下の3要素として整理するこ
とができます。

(1)身体的要素。
加齢に伴う筋肉量の減少(サルコペニア)や疾病な
どが原因で動作が遅くなったり転倒し
やすくなった
りする。
(2)精神的要素。
アルツハイマー病などの認知機能の障害や、近年問
題視されている老年うつ病、意欲や判
断力の低下な
どの精神や心理的な問題。
(3)社会的要素。
配偶者との死別や核家族化による独り住まい、社会
交流の減少や閉じこもり状態、退職等に
よる収入減
少からくる経済的な困窮など。
フレイルはこの3つ
の要素が相互に関連しな
がら発症し、進行すると考
えられていますが、
その中でも特に(1)の身体的
要素が発症に
至る過程で大きなウエイトを占めてい
ます。

③フレイルの進行。
さて『サルコペニア』という言葉が出てきましたが、
フレイルのメ
カニズムを理解するうえで非常に重要
な語句
なので、解説しますね。

「フレイル」関連語

【語句】
サルコペニア

【意味】
加齢や疾病が原因で筋肉の量が減少することで、全身
の筋力が低下したり、歩行などの身体機能
の低下が起
こっている状態。

【解説】
高齢者に発症が多く、要介護状態へ至る重要なトリガ
ーで、フレイルの重要なフ
ァクターでもあります。身
体を動かすために必
要な筋肉が減少することで、身体
動作や身体活
動上の困難や障害が生じ、それが生活機
能障害
を招き、やがて生活活動に介護や支援を要する
状態(要介護状態)へと至ります。加齢が原因で発症
することが多いですが、加齢以外にも①
寝たきりの生
活や活動性が低下することによっ
て起こる廃用による
もの②癌や虚血性心不全、
末期腎不全、内分泌疾患な
どの疾患によるもの
③栄養の吸収不良、消化管疾患や
薬の副作用に
よる食欲不振、エネルギー・タンパク質
の摂取
不足によるもの、などがあります。

サルコペニアの解説は以上となりますが、フレイルは、
発症してからも適切な支援や介入がな
いとどんどん進
行していきます。
その進行のメカニズムにサルコペニ
アが大きく
関わっているんですが…ちょっと話が長く
なりますので、今週はここまでにしておきます。
フレイルは、介護保険制度や高齢者福祉施策の基本的
考え方の一つである【介護予防】をより
深く理解する
ために欠かすことができないもの
ですので、次回も引
き継続きフレイルを取り上
げます。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ