ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】介護苑・其の4。

【自転車奔走記】介護苑・其の4。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第319回。

☆熱中症に警戒!強烈な暑さが続いています!
◎日中の盛りに不要な外出は控えて下さい。
◎涼しい環境で過ごすこと、こまめに適度
    な水分と塩分の補給をすること。
◎十分な栄養と休養を心がける事。
以上をしっかり守って熱中症にならないようにして
くださいね!
まだまだ猛暑は続く見通しです。十分
警戒をお願いします。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
たきび版:介語苑・その4

【語句】
インフォーマル
(サービス)

【意味】
公式ではない様。
反対語→フォーマル(公式な様。公式。)

【解説】
先日の豪雨被害を受けた地域は、たくさんのボラン
ティアの方々が復興作業の協力をして
いますよね。
介護、福祉の現場でもボランテ
ィアを始めとした公
的な制度によらない担い
手の支援(インフォーマル
サービスと呼
称されています)の重要性は、制度施
行当初
から指摘されており、現にケアマネージャー
が作るケアプランには、介護保険等の公的なサービ
スだけではなく、インフォーマルサー
ビスを適切に
位置付けることが必要とされて
います。

また、介護苑第1回目で取り上げた「地域包括ケアシ
ステム」でも、その社会シ
ステムの構成要素の一つ
としてインフォーマ
ルなサービスが上げられています。
とすると
「インフォーマルサービス=ボランティアさ
ん?
」となってしまいますが、実はもう少し幅が広い
ものなんですね。フォーマルなサー
ビスでは、必ずそ
のサービスの根拠となる法
令が存在します。高齢者介
護では介護保険法
や老人福祉法など、障害者支援では
総合福祉
法などです。これらの根拠となる法令(『根
拠法』と呼びます)に依って行われる公的サービスで
は、サービスの実施主体やサービス
の内容等、細かな
取り決めがなされており、
実施に当たっては当然のこ
とながらその法令
の範囲を逸脱しないことが求められ
ます。対
してインフォーマルサービスは、それらの法
令ではカバーできない(つまり、フォーマルでは対応
できない)部分の支援を担うという
側面があることを
挙げることができます。例
えば介護保険制度でのデイ
サービス(通所介
護)は『要介護状態となった場合に
おいて
も、その利用者が可能な限りその居宅において、
その有する能力に応じ自立した日常生活
を営むことが
できるよう生活機能の維持又は
向上を目指し、必要な
日常生活上の世話及び
機能訓練を行うことにより利用
者の社会的
孤立感の解消及び心身の機能の維持並びに
用者の家族の身体的及び精神的負担の軽減を図るも
のでなければならない。
』とされてい
ます。

ですが、地域によっては『介護や入浴のサービスは要
らないけれど、気軽に集まっ
てお喋りしたりカラオケ
をしたりする場所が
欲しい』という要望(ニーズ)が
ある場合が
あります。こののニードについては、介護
険制度のデイサービスでの対応は困難です。そんな
時に、地域住民や老人クラブが主催と
なって地域の集
会所等を開放し、みんなが気
軽に集まれるサロンとし
て運営したとしま
す。これすごく素敵な『インフォー
マルサ
ービス』なんですね!他にも、隣近所で協力
合って、掃除や買い物など、一人では困難
になったき
た家事を助け合ったとします。こ
の場合、介護保険制
度での訪問介護(ホーム
ヘルパー)で対応は可能なん
ですが、ほぼ同
じ内容の支援を公的なヘルパーさんで
はない
が、隣近所同志が助け合って行っていますの
立派な『インフォーマルサービス』なんで
すね。

つまり、公的な制度に基づかなくても、多様な実施主
体(ボランティアグループやN
PO団体、地域住民や家
族等)が、多様なニ
ーズ(サロンや見守り・安否確認、
ゴミ出し
の支援等)に応じて柔軟に行えるのが特徴で
すね。そしてもう一つ、地域の実情に即した細やかな
ニーズに対応したサービスが行えた
り、或いは「無け
ればば作ってしまえ!」式
で、新たなサービスの創生
がやりやすいのも
特徴ですね。インフォーマルなんて
横文字が
入ると、何か敷居が高そうな感じがするかも
しれませんが、より地域やその人の生活に密着したサ
ービスの提供を可能にする、つまり
暮らしやすい地域
を創ための重要なパーツが
『インフォーマルサービス』
なんですね。

というところで今週はここまでとします。
では、また来週日曜にお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ