ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > いつも胸に刻みながら。

いつも胸に刻みながら。

梅雨の中休み。風が心地よく過ごしやすい

日が続いていますね。やがてまた降り出す

長雨の前に、表へ出て美味しい空気を沢山

吸い込んで体に留めておきたい気分です

・・・

さて、車いすをご利用される方々にとって

送迎車両への乗降は、ご覧の様なリフト等

を完備した〝福祉車両〟への乗降になりま

す。この場合、自分以外の誰かの操作によ

コントロールされるので、ある種の恐

怖感を伴うもの。我々スタッフには、その

恐怖感を緩和させる技術が求められます。

hawto_fukushisyaryou.jpg

ご覧の様に左手でリモコンを操作しつつ、

右手でご利用者様を支えます。この間常に

安定・安全を目視しながら、今から起こる

動作について、しっかり声掛けをすること

が重要。この介助については定期的な勉

会や研修会を設けて、技術の維持に務めて

います。その際は、自分たち自身が車い

乗り、リフトで運ばれる体験をします。

介助する側で考える〝必要な技術〟と、介

される側で思う〝して欲しいこと〟は、

必ずしも完全一致する訳ではありません

これは、どんな介助についても言えます。

だからこそ、自分が介助される側を経験す

る機会が絶対に必要なのです。それを踏ま

えて、ご利用者様それぞれの個性に合わせ

て介助手順をアレンジする。それが大切!

当たり前のように行っている介助。それ

全てはご利用者様の恐怖感や不安感と常に

表裏一体であるのを、私達スタッフは決し

忘れてはいけない…そう強く感じます。

アーカイブ

月別 アーカイブ