ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【日々隆々】日本語能力試験。

【日々隆々】日本語能力試験。

【伊藤隆太の日々隆々】2018・GW前。

皆様!お元気にお過ごしでしょうか!

不定期連載【日々隆々】、お相手の松阪施設

ショートステイ管理者・伊藤隆太です。

以前より、Podcastラジオ番組や当ブログでも

取り上げさせて頂いておりますが、弊社施設

には3名の外国人スタッフが勤務しています!

先日の休憩時間、そのうちの一人が食事後に

読書をしていたので「何を読んでいるの?」

と聞くと…『日本語能力試験』の勉強でした。

nihongo_challenge.jpg

日本語能力試験は1984年から開催されており

日本語を母語としない人を対象に、日本語の

能力を測定し認定する試験です。開始当初の

受験者数は、世界で7,000人ほどでしたが、

現在ではその数60万人以上にのぼり、世界で

最大規模の日本語試験となっているそうです。

認定には学校での単位取得や卒業資格認定、

出入国管理上の優遇措置などさ様々なメリット

あるそうで、最近報道でも頻繁に取り上げ

られているEPA(経済連携協定)に基づく

看護師・介護福祉士の候補者選定の条件の一つ

にもなっています。こちらのテキストは挨拶や

食べ物、季節や風習など日常生活で必要と

思われる約600の言葉が絵や文章・例文と

ともに話題・場面ごとに分けられているので

楽しみながら勉強できるというものだそう。

異国へ旅行するだけでも大変なのが言葉の壁

ですが、働きながら生活されている彼女達の

ひたむきさ見ると、心から頭が下がります。

向上心を常に持ち、休憩時間にまで勉強する

なんて、誰もが出来ることではありません。

日頃の仕事に対する姿勢がとても真面目なのも

その考え方が根底にあるからなのでしょう。

日本では〝郷に入れば郷に従え〟という諺が

ありますが、そんな優秀な外国人スタッフ達が

気持ちよく仕事が出来るために、我々自身が

〝郷に入って〟英語を身に付けたり、難しい

言葉をより分かりやすく言い換えたりする

柔軟性を身につける必要があると感じます。

異国から来た素敵な仲間達、誇りに思います!

 

それでは、また近いうちにお会いしましょう。

不定期連載【日々隆々】でした

アーカイブ

月別 アーカイブ