ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】依存症とは#71。

【自転車奔走記】依存症とは#71。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第304回。

暖かな日が続いています。皆様いかがお過ごし
でしょうか?
プロ野球のペナントレースが開幕
し、
春のセンバツが終わり、そろそろ田植えの
時期が始まり…と、ワタシの中で
は着実に春か
ら初夏へのステップが進
んでいます。一年で一
番過ごしやすい
時期ではあるんですが、またま
た風邪
が流行り出しているようですし、イン
ルエンザの落ち武者も所々で顔を出
しているよ
うです。皆様、油断大敵!
健康管理には十分ご注意下さいね。
では【自転車奔走記】始まります!
++++++++++++++++++
(アルコール依存症のまとめ)
⑤の「アルコール依存症に潜む嗜癖の問題3」
今週は「AC」、依存症や嗜癖に大きな関わり
を持つとされているアダルトチル
ドレンという
現象というか考え方につい
てお話しします。
元々は1970年代にアメリカでアルコール依存症
の現場に関わるケースワーカーが
提唱した言葉
で、正式には『Adult Children
of Alcoholics(ア
ルコール依存症の親の元
で育ち成人した人)』
と言います。
それ以前より、アルコール依存症
に関わる
ケースワーカーたちの間ではアルコー
ル依
存症の世代間連鎖、つまりアルコール依存
症の親の元で育った子供たちは成人すると親と
同じようにアルコール依存症になった
り、また
はアルコール依存症の配偶者を選
んでしまうと
いう不思議な傾向があること
は知られていまし
た。アルコール依存症家
族の壮絶な生活現場で
育った子供たち、親
の引き起こすトラブルに巻
き込まれて嫌な
思いをしたり、本来あるべき家
族の団らん
などの幸せな時間を殆ど経験したこ
とが無
かったり、ケースによっては日常的に暴
や虐待を受けたりしています。通常であれば、
そんなアルコール依存症の家庭で育っ
た子供ら
は、自分たちを不幸にしたアル
コールや依存症
というものに対して拒絶、
忌避の感情を抱くの
が当然のはずなんです
が、何故か親と同じ依存
症の道を歩んでし
まう。もっと言えばアルコー
ルだけでなく
他の依存症にも陥りやすく、薬物
や関係依
存などの問題を抱えて生きていました。

この場合、すぐに浮かぶのは遺伝的要因が原因
ではないか?という考え方です。確か
にアルコ
ール依存症と遺伝の関係が全くな
いわけではあ
りませんが、現在知られてい
る範囲では、アル
コール分解酵素の有無や
多寡などの身体のアル
コール耐性について
の遺伝子的な関連性程度で
すし、そもそも
それでは、アルコール依存症の
世代間連鎖
は説明できても薬物依存や関係依存
など他
の依存症に陥りやすい傾向について説明
つきません。そこで注目したのが、アルコ
ル依存症の親と子供たちとの家族関係で
した。
その分析を進めていくと、いわば特
殊な家族関
係で育った子供たちには様々な
性格的共通点が
見いだされ、それらを依存
症や嗜癖との関連性
で読み解いた結果、ア
ダルトチルドレンという
考え方が提起され
ました。その後、このアダル
トチルドレン
と言う考え方は、アルコール依存
症だけで
なく他の依存や嗜癖を持つ家族や依存
の問題を持っていないが子どもにとって必
な家族としての役割を果たせていない家
で育
った子供にも様々な影響を及ぼし
ていることが
分かり「Adult Children of
Dysfunctional Family
(子どもの成育に悪影
響を与える親や家族のも
とで育ち、成長し
てもなお精神的影響を受けつ
づける人たち)」
という具合に変化し、現在で
はこの定義が
一般的なものとなっています。

というところで今週はここまでとします。
次回は、アダルトチルドレンの具体像について
もう少し突っ込んでお話しをします。
では、またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ