ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > たきび新喜劇@本社事務所。

たきび新喜劇@本社事務所。

津市にある本社・事務所にはヘルパー

同士が互いに差し入れたお菓子がたく

さん置いてあります!糖分補給の意味

あいもあり、事務所に戻るたびにヘル

ー達はそれらに手を伸ばすのですが

先日午後のこと、そんなひと幕の中で

こんな議論!?が湧き起こりました。

・・・

「ミルキーって、赤い包み紙はミルク味

 ですよね?それじゃ、この黄色い包

      み紙はいったい何味なんですかね?」

ふと呟いたヘルパーの何気ない一言に

「えっ?黄色はバナナ味ですよ。ミル

  キーの中でもそんなに多くないから

      昔は姉とよく取り合いしたなぁ〜。」

と、事務スタッフの竹田。不二家の

ミルキーといえば誰もが一は食べ

た記憶のある、1951年発売ロン

ラー商品。にも関わらず、知らな

った新事実に、その場にいた誰も

「へぇ、そうなん!」と納得しか

かったのですが、次に通りかかった

スタッフ広森がさえぎる様に一言…

she_has_same_candy.jpg

「バナナ味?違う!これはちょっぴり

     レモン薫るレモン味ですからね。」

と、まさかの新説提唱一体どっち

なんだろう?という空気の中、そこ

帰ってきた50代の女性ヘルパーが

「あっ!それは二つとも同じ味です。

食べたら分かりませんか?昔から

    ずっと変わらないママの味です。」

まさかの一言に、全員「………」。

・・・

〝母親が安心して子どもに与えられる

お菓子〟を発想の原点として作ら

たミルキー。実際には包み紙の

何パターンかあるようですが、

のキャンディは全てミルキー味だそ

す。いやはや思い込みとは先入

観によるところが大きい…と

いまが、まさにそれを絵にいたよ

うな場面そこには、少しばかり頬

赤らめながら、うつむき、照れを

竹田と広森の姿がありました。

・・・

先入観って、自分自身ではなかな

気付けないケースが多いですよね。

日々ご利用者様へのサービス上に

いて議論が展開される津市のたき

本社・事務所。ともあれ、何事も

先入観なく取りむべし…ですね

アーカイブ

月別 アーカイブ