ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2018年1月アーカイブ

デイサービスで笑い愛。

昨年よりデイサービスでは恒例となっている

月一回のスタッフ体当たり企画『笑い愛』

ご利用者の皆様方に、お腹の底から笑ってい

だくことを目的にスタートした企画です。

taiatari_staff_of_day.jpg

先日は「ロシアンぬ~れっと」という

タカラトミー販売のパーィゲームを

現場流にアレンジして実施。まず大き

なルーレットをめがけてご利用者様が

一斉にスポンジボールを投げ、ボー

が一番多く集まった的に書いてあるス

ッフが、水!入ったヘルメットを

かぶって、黒ひげ危機一発の要領で順

栓を抜く…というルールちなみに

頭上のタンクに刺さっている栓は8本!

うち1本が大当り!?です。栓を抜く

の緊迫感が堪らず、見守るご利用者様

からはため息と歓声が!この日主役と

なったのは大岩主任。その表情からも

ドキドキが伝わります普段とは違う

スタッフが体当たり奮闘するゲーム。

そのパフォーマンスに、皆様方は大い

り上がっていらっしゃいました。

出番がないとイイのにな。

今季最高の寒気が日本列島を吹き荒れ

ております。北海道を始め日本海側

これまでの記録を塗り替える記録的な

降雪に見舞われているとのこと。ここ

三重は比較的暖かいので雪による災害

は今の所ほとんどありませんが、ひと

たび自然が猛威を振るえば、交通被

などの混乱は必至です。我々の仕事の

場合、まずご利用者様への送迎活動に

影響が出ます。危険を最小限に留めて

運行する事を前提に、スノーチェー

も全車、常にスタンバイしています。

tire_chain_2018.jpg

もちろん、使用せずに済むのが何より

ですが、いざの時を見据えてドライバ

講習会でスノーチェーンの着用法

徹底的に習得しています。幸い、今日

らしばらく東海地方は、若干暖かく

なるとの予報。が、長い冬。この先

考えると予断はまるで許されません。

万全の準備をもってご利用者様の送迎

業務にあたるドライバーチームです。

ウェルカム☆シクラメン。

センター試験を受験された学生の皆様方、

ひとまず第一関門終了、お疲れ様でした。

なぜか日本では、一年で一番厳しい気候の

時期に実施されるセンター試験。テストそ

のものと同時に、必然と体調管理や寒さ

の戦いにもなりますよね。本当に大変だと

思います。おそらく、悲喜こもごもあると

思いますが、ここで一旦心を落ち着かせて

この後のスケジュールに臨んで下さいね。

今日は…

受験生の皆様に向けて、花咲く話題です!

・ ・ ・

いつも朗らかなご利用者のA様。そんなA様

より、赤いなシクラメンを頂戴しました

「家の庭に咲いたんさ。たきびに飾って!」

笑顔で差し出された鉢植えは本当に綺麗。

mrs_a_with_flower.jpg

※写真は関係者ご了承の上、掲載しております。

早速、A様と一緒に少しデコレーョン

をして、施設の玄関に飾らせていただき

ましたかの名曲の歌詞の通り、とて

清しい香りを漂わせ、周囲を魅了して

れます。まるで、その香りと鮮烈な赤

施設にお越しの皆様に〝WELCOME!〟

伝えている様。 A様、素敵なプレゼン

トありがとうございます。今日から、

り愛情注いで育てて行きますね

【自転車奔走記】依存症とは#63。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第292回。

あっという間に1月も月半ば…さすがにお屠蘇
気分は抜けていますが、
まだ松飾りはついてい
るような(笑)。
毎年正月が明けてからの時の
速さには、
なんとも不思議な気分になってしま
ます。さて、寒さもさらに増して風邪をひく
方が多くなり、加えてインフ
ルエンザが流行し
ています。マスク着
用と手洗いに嗽、そして十
分な栄養、
水分の摂取と休養を心がけて、体調
万全に保ってお過ごしくださいね。あとイン
フルエンザに限らず、風邪を
ひいたらすぐに医
療機関を受診してし
かるべき治療を受けるよう
にしましょ
う。「病は気から」は昔の話、今は
「病は早期発見、早期対処」が肝心です!
冬はまだまだこれから。
元気にこ
の寒さを乗り切りましょうね。
では【自転車奔走記】始まります!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【アルコール依存症のまとめ】
④「アルコール依存症の治療の過程」について
お話ししています。前回はアルコ
ール依存症の
治療方法は断酒しかないこ
と、そしてアルコー
ルの長期大量摂取等
によって変性してしまった
脳は仮に何十
年と断酒していても二度と元に戻
ること
はなく、一滴でもお酒を飲めばアルコー
ル依存症の問題飲酒を再発してしまうことにつ
いてお話しました。これらの事か
ら、アルコー
ル依存症の治療過程は

(1)断酒をしてアルコールを体内から抜く
(2)断酒を続けていくためのグループワー
   クや精神療法などのリハビリテーショ
   ンの実施。
(3)退院や社会復帰後も断酒を続けていく
   ために自助グループへの参加や定期的
   な医療機関の受診。

というプロセスを踏むことが一般的です。
(1)については先ず前駆的段階として、ア
コール依存症患者が自分は「アルコール依
存症
である」という事を“認める”ところから
始まり
ます。実のところ、この「自分は依存
症患者で
あるという事を認める」という行為
は『一番の
難関である』という人もいるく
らい難しいこと
なんです。アルコール依存症
に限らず全ての依
存症は“否認の病気”と言わ
れており、自分が何
かに依存状態となってい
ることを認める(自分
で自分自身が依存症で
あると認識する)ことが
非常に難しいんです
ね。アルコール依存症の場
合、『自分は、酒
は止めようと思えばいつでも
止められる。だ
から自分は依存症ではない』と
いうのが否認
の常套句の一つで、連続飲酒をし
て毎日朝か
ら酔っぱらってフラフラになってい
ようが、
飲酒で家族や会社、社会に迷惑をかけ
ようが、
自分はアルコール依存症ではないと言
い切っ
てしまう。つまりアルコールに自分が支
配さ
れている(脳がアルコールという化学物質
刺激を要求しているので、自分の意思や感情
では太刀打ちできない状態)ことを認めたく
い訳なんですね。

否認があるうちは、たとえ入院して一時的に断
酒しても退院したらす
ぐに再飲酒しますし、そ
もそも否認のアルコ
ール依存症患者が治療を行
うこともありませ
ん。ですので、アルコール依
存症の治療の第
一歩は『自分はアルコール依存
症で、自分一
人ではどうしようもない状態にな
っている』
と自分自身が認識することなんです
ね。依存
症患者がその状態になるために必要な
事とし
てよく言われるのが“底つき体験”、飲酒
で健
康を損ね、家族を失い、仕事も失い、社会
定期信用も失い、お金も無くなり…といったい
わゆる「どん底」の体験をしないと否
認の状態
から脱することができないという意
味です。で
すので以前はアルコール依存症で
否認のまま治
療に結びついていない患者さん
は「放っておく」
しかないと言われていまし
た。自分がどん底に
落ちて自分自身で否認を
解かない限り、他の人
が何をどうしても無駄
だという意味なんですね。

ただ、最近はインタベンションと言って、否認
状態の段階から、
依存症専門の支援スタッフや
カウンセラーが
関わり続けて治療へと繋げてい
く手法も取ら
れています。このようにして否認
の状態を抜
けてから初めてアルコール依存症の
治療が開
始となります。現在では入院治療が一
般的で
すが、入院してすぐは解毒と言って、断
酒を
すると同時に体内に残っているアルコール
全て抜く治療が行われます。その際に離脱症
状(いわゆる禁断症状)がほぼ必ず起こりま
ので、それへの対処、そして長年のアルコ
ール
摂取の影響で影響を受けた臓器の障害や
精神的
な部分の治療などが行われていきます。
通常は
この治療が3週間ほど続き、体調やメ
ンタルの
部分が落ち着いてくると次のステッ
プである
(2)リハビリテーションに移ります。
ということろで今週はここまで。次回は(2)
のアルコール依存症のリハビリテーシ
ョンにつ
いてお話しします。
では、皆様お元気にお過ごしくださいね。
またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK 

【ウッチー輪ばなし】〆縄ジンクス。

【ウッチー輪ばなし】連載・第338回。

みな、みなさま、こんにちわ!

年が明けてから、早2週間。

月日はあっという間に過ぎますね。

毎年のことではありつつ、

歳を重ねるごとにより感じるのは

錯覚!?で良いのでしょうか

・ ・ ・

さて、、

先日1月7日のこと。松阪施設では

玄関の「しめ縄」を外しました。

ちなみに、この「しめ縄」ですが、

実は施設のこだわりがあります。

施設開所以降、お隣町である玉城町の

『角谷しめ縄産業』さんの「しめ縄」

を必ず使用する様にしているんです!

shimenawa_2018_kadoya.jpg

写真は『角谷しめ縄産業』さんの

作業風景です。こだわりブランドの

「しめ縄」を飾りつけ、感謝と敬意

気持ちを込めて取り外します。

そして後に、地元・松阪神社の

どんど焼きにて燃やして頂くのが

例年、たきび施設の慣例です

今年も例年と変わることなく、

その儀式が終了いたしました。

いつの世も縁起は大切ですね!

今年も良い年になりそうです

・ ・ ・

それでは今週は失礼致します。

来週も元気にお会いしましょうね!

PLEASE TAKE CARE 

【生搾り】『2017MVP・再放送』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第400回
『高齢者の外食事情(再放送)』の巻。


皆様!本年もよろしくお願いい致します。

本年最初の放送は、昨年末のアワードで
MVNに選ばれた「高齢者の外食事情」の
再放送です。ぜひもう一度お聴き下さい!
-----------------------------------------------------

<今週のテーマ>
外食や飲食産業において、高齢者
の方々の動向はどの様に変化して
いるのか?今週はそんなテーマの
談論を配信です。ぜひ御一聴を!

<今週のメンバー>
赤塚浩文、三浦真弥、伊藤亜也子、
岩佐雅之、赤塚まゆみ、高瀬和良。
-------------------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

そこで足が止まってしまう。

年も明けショートステイでは様々な

行事が始まっておりますが、一方で

展示企画として書初め展』も開催

されています。ご利用者の皆様方が

このお正月に記された作品群です。

写真はその一部!笑う・健康感謝…

kakizome_ten_2018.jpg

皆様一心不乱で、いつの間にか手

墨で真っ黒…作品を見つめてい

ると、数日前であるはずのお正

、遠い昔に感じてしまいます。

どの字も全て個性。その人の味。

写真にはありませんが〝太い絆で

逢いましょう〟と記されたM様は

「強い信頼関係と新たなる出会い」

が、今年の目標なのだそうです。

・ ・ ・

スタッフたちは、この展示場所の

前でよく立ち止まります。先日は

看護師である川辺副施設長がたた

ずんでいたので声をかけてみると

「素晴らしい字。皆さんいいね。」

と感心しきり。皆様の記した書に

心を奪われるスタッフたちです。

【日々隆々】2018・迎春。

【伊藤隆太の日々隆々】2018・迎春。

本年初の不定期連載【日々隆々】です!

皆様2018年もよろしくお願いいたします。

さて、本日は『新春上映会@たきび座』

が開催されます。そして、気になる今年

最初となる上映作品は、1962年配給の

日活作品である「上を向いて歩こう」

takibiza_2018_vol1.jpg

主演はもちろん坂本九さん!共演には

浜田光夫・高橋英樹・吉永小百合など

の豪華キャストです。同名の主題歌は

あまりにも有名なので、本映画の事

あまり知らないという若いスタッフでも、

この題名は聞いたことがあるようです。

ポスターをご覧になられたご利用者様

「これ昔映画館で観たの覚えとるわ!」

「懐かしい。当時は二本立てやったな」

などなど、観賞当時の想い出を口々に

されてみえました。1960年代は邦画の

全盛期でして、シネコンが主流の今では

考えられませんが、各地の映画館では

立見客が溢れて扉が閉まらないほどの

映画人気だったそうです。ちなみに、

日活入社2年目の1961年、吉永小百合

さんは、その年に何と!16本もの主演

をしているそうです。現在では考えら

れませんよね。まさに時代を感じます。

そんな時代に作られたこちらの作品。 

映画自体も楽しんで頂きたいですが、

観賞当時の記憶や心象風景を思い出し

頂いたりしながら、古き良き昭和時代を

回顧する90分になればいいなと願います。

ブゥーーーーー。あっ!上演ブザーが

鳴りましたので、これで失礼致します

【日々隆々】お相手は、ショートステイ

管理者の伊藤隆太でした。ではまた!

ゆび先から桃色吐息。

たきびのデイサービスでは、希望さ

れる女性ご利用者様にマニキュアを

塗って差し上げることがあります

nailart_at_daysarvice_2018.jpg

「ん〜、今日は桃色にしよかな!」

マニキュアの色を決め、指を開き

♪ 咲かせて〜咲かせて〜桃色吐息

と、高橋真梨子さんの名曲を口づ

さむD様。変わりゆくご自身の爪

を眺めながら、とってもご機嫌

様子ですD様によると、心を

く保つ秘訣は〝外見も若く〟いる

ことだそうです。確かに誰かから

「綺麗ですね」なんて言れたら

嬉しい気分になると共に、本当に

返った様な気がしますよね。

マニキュアで若さGET…残念

男性ご利用者様には分か

い、女性ご利用者様の特権です!

微笑みの青い交差点。

津市・本社よりどうぞ…!

ホームヘルパーとして町を走っていると

季節を肌で感じることが出来ます、ある

意味、ヘルパーの特権と言えるかも知

ませんね。昨日の津市は「成人式」!

晴れ着姿の若者たちが輝いて見えます。

seijinshiki2018_in_bluesky.jpg

実は昨年の「成人式」、三重県中勢地区

特に津市は土砂降りの雨でした。横殴り

の豪雨の中、跳ね返る泥水を避けながら

慣れない正装でく、あの健気な新成人

たちの姿は未だに忘れられません。一転

して、今年は気持ちの良い青空が広がり

ましたので、第三者ながら本当にホッと

しました。雨なら雨で、別の形で記憶

深く残るのでしょうが、やはり晴れ着

いうくらいですから、空は快晴であっ

あげて欲しいですね!青い空と晴れ着

姿の若者たちを横目に、小さく微笑みな

ら信号を待つホームヘルパーでした。

・ ・ ・

新成人を迎えた皆様、

おめでとうございます!

人生は長く、時に困難や悲しみが待ち

受けていかも知れませんが、この

晴れ渡った空のように、澄んだ心で

分なりの道をしっかり歩んで下さい

【自転車奔走記】新年のご挨拶。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第291回。

新年明けましておめでとうございます!
平成30年、最初の自転車奔走記となりました。
さて、お正月も過ぎ、今週から本格的にお仕事が
始まる方も多いと
思います。皆様、このお正月い
かがお
過ごしでしたでしょうか?三重県は久しぶ
りの穏やかな日よりの
お正月で、ワタクシも久々
に初詣にも行き
お正月気分を満喫していました

さて、今年の平成30年ですが、皆様ご存知の通り
介護保険の定期改正があります。
施行は平成30年
度、つまり4月1日からに
なります。改正の概要に
ついては報道で
ご存知の方も多いと思いますが、
これか
ら改正内容の細かな情報が沢山出てきま
ので、随時お知らせしていきたいと思
います。
今回は医療保険との同時改正で
すので、その部分
についてもできる限り
お知らせするつもりです。

また、今連載中の依存症についても、今年からイ
ンターネットゲーム依存が正式に疾病として取り
上げられる見通しとなりました。
診断基準や症状
の内容についての概要は
ある程度出ていますが、
これから更に細
かな情報が出て来る予定ですので、
連載
中にお知らせすることができると思います。
と、色々と変化の年になりそうな平成30年ですが、
“楽しく、分かりやすく”を
モットーにこれからも
色々なお話しを
させて頂きます。

今年一年、弊社と本連載を
どうぞ
宜しくお願い致します!
では、今週はここまで。
来週から依存症の連載にもどります。
またお会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK

【ウッチー輪ばなし】Rising Sun!

【ウッチー輪ばなし】連載・第337回。

みな、みなさま!

本年も何卒宜しくお願い致します。

お正月はどう過ごされましたか?

私はと言いますと…人生はじめて!

「初日の出」を拝みにいきました

300106.jpgのサムネール画像

三重県鳥羽市にある展望台まで

出向きましたが、既に満員御礼状態。

そこでは拝観することは出来ずに、

鳥羽市の砂浜で拝観させて頂きました。

少し雲フィルターがかかりましたが

とても綺麗で、壮大な初日の出を拝む

ことが出来ました!感動です。

その後は、毎年恒例の初詣へ。

例年のブログでおなじみ!?津市

美杉町の「川上山若宮八幡宮」です。

今年の元旦はそこまで寒さも厳しく

なくて、とても穏やかでした。

それもあってか、いつも以上に静かで

良いお正月を迎えることが出来ました。

そして!

前回記事にあげさせて頂きました、

『日事記』もスタートしております。

HAPPY NEW YEAR 2018

・ ・ ・

あらためまして、平成30年も

弊社ケアステーションたきびに

変わらぬご指導ご鞭撻の程を

何卒宜しくお願い申し上げます。

O様を通じて実感すること。

松阪施設は、すでにお正月モードを抜けて

普段通りの毎日を過ごしております。新年

を迎えた!という特別な雰囲気も良いもの

ですが、こうして 365分の1 として流れる

〝普通の日〟にこそ喜びを感じたりします。

・ ・ ・

o_sama_has_smile_everyday.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

写真のチャーミングな女性は、デイサ

を長い間ご利用下さっているO様!

弊社松阪施設が開所した当初にご利用が

始まったので、デイサービスのここまで

を最も身近で見守ってくれたご利用者様

のお一人と言えるでしょう。デイのスタ

フ達はいつも、O様の笑顔から大きな

びをもらっています。そこにあるのは

決して特別な何かではなく、普通に過ぎ

今日へ感謝。他のご利用者様からも

信頼が厚いのが分かります。O様の笑

には、そんな不思議な力があるんです

・ ・ ・

2018年1月5日、普通の日にあらためて

ます。多くの素敵なご利用者様と

仲間たちに囲まながら日々過ごせる

という仕事本当に素晴らしい!

笑顔は決して売り切れない。

三が日が過ぎて、今日から仕事初めという

方も多いのではないでしょうか。なかなか

体と気持ちのエンジンがかからない…なん

てこともあると思いますが、そんな時こそ

スマイル・スマイル!誰かが笑えば誰かも

笑う。気づけばみんな、普段の調子です

ってことで!今日は実にささやかな話題で

皆様にクスッとしてもらおうと思います

・ ・ ・

施設玄関横の自動販売機。毎年ご利用者様

やスタッフに大人気で、完売を繰り返すの

が井村屋さんの「おしるこ」。でも昨年は

諸事情によって入荷できなかったんです

あ〜2018年も「おしるこ」なしか、と諦

ていた先日!とっても嬉しいニュースが…

oshiruko_came_back.jpg

自販機補充の際に、顔なじみの業者さん

から「遅くなりましたが、おしるこ入荷

しましたよ〜!」とのセリフ。スタッフ

からの熱いラブコールに応えて下さった

形で、まさかの入荷再開なんとも些細

でささやかなエピソードですが、私たち

にとっては、とってもビッグでサプ

ズなニュース!そしてこの日の昼過ぎ、

無事に「おしるこ」が自販機に並ぶと、

のニュースはすぐに館内に広ります。

すると…ご利用者様数名と休憩中の

ッフたちがもう行列にすぐに売り切れ

そうな勢いです。あるスタッフによる

今年は「例年以上に美味しく感じる」

弁でした。おそらく、実際にそれはな

でしょうが、それだけ「おしるこ」

待望されていた証しと言えそうです。

・ ・ ・

この出来事が、ご利用者の皆様方とス

フに小さな笑顔を運んでくれました。

『小さな幸せ、大きな笑顔』

今年も皆様にとってそんな素敵な出来事

が多く起こりますよう願っております。

さぁ頑張ろう!2018年

一文字入魂、筆は走る。

昨日は『年始の書初め』に挑戦された

ショートステイのご利用者様今年の

願いを文字に込めて丁寧に記して行か

れます。ちなみに、皆様が選ばれた

いの中で最も多かったのが〝平和〟!

kakizome_2018.jpg

「365日が平和でありますように…」

小さな声でつぶやきながら筆を走ら

せる方もいらっしゃいます。最近は

お正月に書初めをする機会が、随分

減っていると聞きます。パソコンや

スマホの普及もあるのでしょうか?

確かに毛筆や習字という古来からの

習慣は、たち生活から遠のきま

した。しかし、魂を込め筆を走ら

ご利用者様の背中拝見して

と、その文化の重要性に改めて

きます。心を洗い、己を

は、やはり習字が一番の様ですね。

・ ・ ・

一文字入魂の作品。もう少ししたら

施設内に展示させて頂きますので、

御来設の際は、ぜひご鑑賞下さい!

静けさに浮かぶ幸せのカタチ。

2018年最初の日、いつもより静けさを湛えた

松阪施設の時間は、実に平和に流れました。

2018_gantan_kagamimochi.jpg

いつも通りの通常営業ではありますが、やはり

普段とは違って〝新たなる〟空気が漂う一日。

「おせち料理ディナー」「甘酒」や「お正月レク

」。ご利用者の皆様とスタッフたち家族

気の中、笑いあっていますそして…

ショートステイのご利用者様にとって、お正月

楽しみといえば、普段はなかなか会えないご

家族・ご親族との面会!久々に会うお孫さんの

成長に目を細めたり、ひ孫さんの成長スピード

に驚きの表情を浮かべたり…皆様、本当に幸せ

そうです遠方から足を運んで下さる機会とな

ると、やはり年始かお盆になってしまいがち。

限られた時間ですが、ご利用者様方にとっては

永遠にも等しい特別な瞬間なのだと感じます。

・ ・ ・

今日・明日はまだまだのんびり、

おとそムード漂うたきび松阪施設。

平和な時間への有難さを実感しながら

ご利用者の皆様もスタッフたちも

なんな笑顔で、みんな元気です

あらためまして、

本年もどうぞよろしくお願いします!

謹賀新年。

・・・

謹 賀 新 年

・・・

旧年中はただなるご愛顧を頂き

誠にありがとうございました。

2018年もスタッフ一丸となり

介護道を追求してまいります。

takibi_flag_2018.jpg

本年も変わらぬご指導・ご鞭撻

よろしくお願い申し上げます。

今年が皆様方にとって実り多き

年となりますように願いながら

新年の挨拶とさせて頂きます。

・・・

2018年元旦
ケアステーションたきび
スタッフ一同

アーカイブ

月別 アーカイブ