ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 空を見上げて介護を考えよう。

空を見上げて介護を考えよう。

中部国際空港セントレアに、来年新施設が

誕生…という話題が東海地区のニュースで

よく取り上げられていますね。その新商業

施設開業にあたり、集客の最大目玉になる

のが「ボーイング787」の展示だそうです。

・ ・ ・

明治43年の今日は、日本人が初めての有人

飛行に成功した日。東京・代々木錬兵場、

在の代々木公園において、徳川好敏工兵

大尉が、その偉業を達したとのことです。

first_flght_by_japanese.jpg

飛行時間は 4分、最高高度は 70m、飛行

距離は3000mだったそうで、この数字か

らも当時の有人飛行がいかに難しいもの

だったかが類推できます。旅客機産業と

技術の発達で、世界は本当に近く・狭く

なりました。そして、いずれ私達の従事

する介護業界にも本格的なグローバル

の時代がやって来ると言われています。

いや…アジア各地からの人材誘致、介護

技術輸出や、インターネットを介して

の情報共有など、医療系分野と同様、

護現場のグローバルは既に始まって

ると言った方が正しいかも知れません。

弊社においても、世界各国から日本に来

て家族を持ち、現在私たちと共に働いて

くれている仲間が数人います。彼ら彼女

はみんな真面目で向学心が強く、チー

ムメイトとして実に誇らしく感じます。

・ ・ ・

グローバルという言葉が、現にリアルな

味を持って産業を変革させてゆく事。

その裏側にはきっと、移動手段としての

飛行機の進歩が可欠だったと感じます

し、今後も更なる技術進歩でこの世界を

一層近く・狭くしてくれるのでしょう。

空を見上げて考えると、介護の現場にも

今までとは違う発想が生まれそうです。

アーカイブ

月別 アーカイブ