ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】依存症とは#62。

【自転車奔走記】依存症とは#62。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第290回。

今日はクリスマスですね。皆様いかがお過ごし
でしょうか?ワタクシ
はと言いますと、もうク
リスマスと
言ってウキウキする歳でもない(笑)
ので、特段なにもしませんが、毎年クリスマス
ムードに溢れる街並みを見ていると、本来のキ
リスト教の祝祭日というスピリチ
ュアルなもの
ではなく、プレゼントやケ
ーキなどの特別行事
として、
また年の瀬を感じさせる一つの歳事とし
て日本に完全に根付いているのだなぁ…と感心し
ています。でも、この間TVの
番組で、イスラム
圏の方々も、クリスマ
スはお祝いしないがサンタ
クロースから
プレゼントをもらうという習わしは
あり、
異教の習慣ではあるがみんな楽しみにし
いるという内容の話を聞いて、なるほ
どサンタさ
んの存在というのは宗教宗派
の枠を超え、ほぼ全
世界的な領域で折口
信夫の言う所の『マレビト』
として
機能しているのか!と考えると…。とい
具合に、毎年毎年、ボッチのクリスマ
スを送る独
り者はゴニョゴニョと
独り言を呟いてます
クリスマスに似合わない哀愁を漂わせつつ
【自転車奔走記】始まりますっ!
+++++++++++++++++++++
【アルコール依存症のまとめ】
今週から④「アルコール依存症の治療の過程」
ついてお話しします。まず覚えておかない
といけ
ない事は、アルコール依存症は、一度
発症すると
二度と元に戻る(完治する)こと
はないというこ
とです。『きゅうりを糠漬け
にしたら、元のきゅ
うりには戻らないのと同
じ』という例え話を聞い
たことがありますが、
長期間の多量飲酒や連続飲
酒などの問題飲酒
を繰り返すことで脳が変質、つ
まり飲酒によ
って得られる快感を脳が覚えてしま
い、その
快感を繰り返し味わうように常に脳が要
求す
る状態がアルコール依存症と言えますので、
酒を欲するその感覚は、小さくなることはあるに
せよ生きている限り消えないと
いう訳です。

ですので、アルコール依存症の治療方法はただ一
つしかなく、飲酒をしない
こと、断酒ということ
です。ですが、この
断酒も『今日はちょっと飲ん
でも大丈夫だろ
う』とか『一年断酒したので一日
くらい大
丈夫だろう』というような甘いものでは
あり
ません。アルコール依存症の脳は常にお酒を
欲していますので、断酒を続けてその欲求が小さ
くなっても消えることはなく、常にくす
ぶってい
る状態ですので、一旦お酒を飲んで
しまうと(再
飲酒)あっという間に元の問題
飲酒を繰り返すア
ルコール依存症に戻ってし
まうことになります。
断酒20年のアルコール
依存症の患者さんが、親戚
の祝いの席でどうしても
断れずに猪口一杯のお酒
を飲んでしまっただ
けで、あっという間に連続飲
酒(24時間お酒
を飲み続ける)状態になってしま
ったという話を聞いたことがあります。

このことからも、アルコール依存症の治療とは
『一滴のお酒も飲まない事を一生続け
ていく』と
いう事に尽きるんですね。因みに
アルコール依存
症患者は断酒歴何十年であっ
ても決して『元アル
コール依存症患者』とい
う言葉を使いません。
それは一度アルコール
依存症になれば元に戻るこ
とがないからです。
また、30年近く一滴のお酒も
飲んでいなけれ
ば非飲酒者と言ってもよさそうで
すが、かれ
らは『断酒30年目』と言います。お酒
を飲ま
ない人ではなく、(断酒を30年続けている、
そしてこれからも断酒を続けていかなくてはいけ
ない)という意味がその断酒30年目とい
う言葉に
込められているんですね。このこと
からも、アル
コール依存症に限らず、全ての
依存症の治療方法
はシンプルで『依存物質を
断つ。依存物質を断ち
続ける』ことなんです
が、このシンプルな行為を
実践することが非
常に難しいんですね。

何故かというと、先ほども述べたように変質した
脳は一生元に戻り
ませんので、アルコール依存症
の脳の中では、
常に飲酒をしたいという欲求が持
続する特殊
な状況になっています。この欲求は言
ってし
まえば脳の変質によってもたらされるもの
すので、世間一般がよく言う意思の強さや気合
などの精神論で対抗できるほど生易しい
代物では
ありません。常にお酒を飲みたいと
いう欲求があ
るような状況下で何十年も断酒
を続けるというこ
と自体、一般的に考えると非
常に強固な意志が無
いと成し遂げられないは
ずですよね。ですが一滴
の再飲酒が全てを
チャラにしてしまうという事実
を考えると、
アルコール依存症はれっきとした
『疾病』で
あり、その治療(断酒)には意思や気
合とい
う精神論ではなく、医学、科学や効果に裏
ちされたしっかりとした治療方法(治療プロ
ラム)実践が必要なのがご理解で
きると思います。

というところで今週はここまで。
次回は具体的な治療プログラムの
まとめをお送
りします。
ではまた来週お会いしましょう。
SEE YOU and
HAVE A WONDERFUL X’MAS DAY  

アーカイブ

月別 アーカイブ