ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > そんな言葉に出会うための条件。

そんな言葉に出会うための条件。

『体育の日』ですが言葉の話題です

夜勤。ご利用者の皆様が居室に戻ら

れた後のフロアを巡視していると、

ふと壁上部に貼られた紙に目が釘

に…あるご利用者様が書道タイム

に記されたものなのです。ふり仮名

をよ〜く読むと〝目からウロコ〟

ポロポロと剥がれ落ちる様な、衝撃

似たものを感じてしまいました。

syodou_maind.jpg

きはながく

こころまるければ

はらたてず

くちつつしめば 

いのちながからん

いつでも紳士的で温厚なE様の作品。

翌日を待ち、ご本人様にお尋ねする

「実はワシ、せっかちでなぁ〜

  これは自分への戒めの言葉や。

 昔読んだ本で見つけたん。」

という事で書にしたためたそうです。

確かに、E様の歩行速度はかなり速く

食事も他の方より先に完食されます。

自分の生き方の指針や教訓となる言葉

と出会うこと。それは即ち、他者

見た自己知り、それを認めることに

他なりませんよね。秋の夜長、E様

見習って、自己への戒めの言葉を探す

「書の旅」に出ようかな…と感じます

皆様には、自戒の言葉ありますか!?

アーカイブ

月別 アーカイブ