ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 朔太郎の詩が聞こえる。

朔太郎の詩が聞こえる。

昭和17年、今から75年前の今日

日本近代詩の父こと萩原朔太郎

その生涯の幕を閉じました。

sakutarous_words.jpg

代表作の詩集「月に吠える」は、

口語自由詩の先鞭をつけたという

点で、現代詩人界にとどまず、

作詞家やミュジシャンたちに

多大影響を与え続けています。

実際に尾崎豊、長渕剛、辻仁成の

歌詞やメッセージからは、朔太郎

影響を感じ取る事ができます。

おれは人間を愛する。

けれどもおれは人間を恐れる。

おれは時々、すべての

人々から脱れて孤独になる。

そしておれの心は、

すべての人々を愛することに

よつて涙ぐましくなる。

(「月に吠える」雲雀の巣より)

通信技術の発達の一方で、達は

分の言葉を探し・考える習慣

放棄しかかっている気がします。

詩人、詩集…普段はまず縁のない

分野ですが、時にはふと立ち止ま

り、今の自分が求めている言葉

追いかけてみるのも悪くない

よね。 次の休みは図書館へ GO!

アーカイブ

月別 アーカイブ