ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 大切な思いを伝えるとき。

大切な思いを伝えるとき。

毎月23日は「ふみの日」です。1979年に

手紙の普及促進のため郵政省が制定し

記念日で、記念切手なども発行され人気

を博しています。それにしても、手紙を

機会は劇的に減ってしまいました。

携帯電話・電子メールの台頭による通信

利便性の向上がその最大要因でしょう。

確かにスマホやメールや便利この上ない

素晴らしい発明で、今やなしでは生活が

できません。しかし、その反面で手紙

温もりや人間らしさが、みるみる少に

ゆくのは何とも寂しいものです。

thankyou_letter.jpg

時々、ご利用が終了したご利用者様や

ご家族様よりお手紙を頂戴することが

あります。感謝のお手紙です。涙が出

るほど嬉しい気持ちになると同時に、

自分たちの仕事に対し、とてつもない

自信を与えてくれます。過去に頂戴し

た手紙はチームの最高の宝物として、

大切に保管していて、弱気になった時

や、迷いが生じた時には読み返し活力

を取り戻す事もあります。でも、それ

力になるのは、きっと手紙いう形

残る通信形態だからではないでし

か?ご利用者様世代の方々が、今も

手紙の習慣を貫かれるのは、何もITの

進歩に乗り遅れたからではないと

ます。きっと皆様は経験からご存知な

のです。大切なことこそ手紙にした

るべきだという理由を。人生で多く

手紙を受け取り、多くの手紙を綴っ

皆様だからこそ分かるのでしょう。

今日は「ふみの日」、慣れない手紙を

大切なに送りたくなってきました。

アーカイブ

月別 アーカイブ