ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】平成29年。

【自転車奔走記】平成29年。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第261回。

新年おめでとうございます。
2017年も【自転車奔走記】、宜しく
お付き合いをお願い致します!

早速ですが、本日1月8日が平成29年最初の連載
になります。今年は、来年の平成30年に予定さ
れている介
護保険法改正に向けての詰めの議論
や調整が
行われる年です。昨年に取りざたされ
た福祉
用具貸与や軽度者への生活援助(訪問介
護サ
ービス)の縮小や抑制については、現状賛
両論を併記して検討している真っ最中ですの
で現時点では何とも言えませんが、昨年の分
会(検討会)の議事録を読む限り議論の主
体は、
実際の介護サービスやこれからの介護
システム
のグランドデザインよりも給付割合
や負担割合
などの改定、要は介護保険財政を
含む社会保障
費の抑制をいかに行っていくか?
という議論に
なっていると感じました。国が
高齢化社会の一
つのピークポイントとして設
定している2025年
まで10年を切っている状況
に加え、人口減や出
生率の連続低下による現
役世代の減少など高齢
者を含めた社会保障を
取り巻く環境は増々悪化
しているのが
正直なところです。この状況下で
いかにして
少子高齢化社会に伴う問題に対して
社会保障
等の施策を充実させていくか?無制限
の充実
は無理としてもどの程度までの保障が出
来、
そして実際の私たちを始めとした国民の生
はどのように変化していくのか?今年は一層
注視していく必要がありますね。このブログ
も連載企画とは別に、重要な情報につきま
して
は随時お伝えしていくことになると思い
ます。

と、ちょっと堅苦しい年頭のご挨拶にはなりま
したが、『肩の力を抜いて、介護や福祉の事を
気軽に知ってほしい!』という自転車奔走記の
スタンスは今年も変わりません。
本年もよろしくお付き合いをお願い致します。
次回は連載企画『依存症について』の再開に
なります。皆さま、風邪などひかずにお元気に
お過ごし下さい!
SEE YOU NEXT WEEK

アーカイブ

月別 アーカイブ