ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2016年11月アーカイブ

スノーキャップ装着練習。

先日の本社のヒトコマよりどうぞ…

冬支度という言葉がぴったりの時期

になりましたね。本社スタッフたち

もこれからの路面凍結時・積雪時に

備えた応急処置としてタイヤ・スノ

キャップ装着法を確認しました。

snowcup_honsya.jpg

チェーンとは違って、あくまでも

応急用のスノーキャップですが、

もしものには確実に効果を発揮

する心強いアイテム。昨年ま

チェーンのみで対応していまし

が、車両管理のダイハツさんより

頂戴したので、今年からは状況に

合わせ併用しようと思います。

因みに、応急用スノーキャップは

布製で2~3回ほど使用出来ます。

装着自体はチェーンより簡便で、

シャンプーハットの要領でタイヤ

の上部から被せだけ!ヘル

たちにとってはより実用的だと言

そうです。もっとも、ヘルパ

たちの本音は「チェーンもスノー

キャップも一度も使わず済む冬

あって欲しいな…」なのですが

さて、今期はどんな冬になるの

しょうか?冬支度をしながら到来

待つ本社のヘルパーたちです。

ランチタイムでポッカポカ。

先日のランチメニューをご紹介です!

この日のメインディッシュは、寒い冬

にぴったりの「味噌おでん」でした

oden_lunch.jpg

どのご家庭の食卓にもおでんやお鍋

など、ポカポカメニューが登場する

機会が増え始めているのではないで

しょうか寒さが本格化してくると

そんな食事が恋しくなりますよね!

ご利用者様方も配膳されると同時に

「うわぁ〜、おでんやんか!嬉し!」

「おっ!あったかそうなおでんや!」

「よう浸かっとんな、美味しそう。」

とポカポカなコメントを口々に…

いつもはおしゃべりしながら召し

がる皆様も、この日は会話もそこそ

こに、ハイペースでお箸を動かして

いらっしゃる方々が目立ちました。

「ゆっくり召し上がって下さいね。」

というスタッフ達の言葉に対しても

「あったかいうちに」「冷める前に」

と、頬張ったおでんをホクホクしな

ら笑顔で応える皆様方。とっても

幸せそうなそのお姿に〝食べる事を

楽しむ〟ってこう言う事なんだなぁ

と、あらた気付かされました。

今年始めてとなったでんランチ。

気づけば心もポッカです

防災救助訓練・2016冬。

先日は半年に一度の防災訓練でした。

その模様をどうぞご覧下さいませ…

bousaikunren_2016_11_4.jpg

通報・救助・避難・消化訓練、毎回

それぞれ想定パターンを変えて取り

組んでいます。なお、避難訓練では

『救助袋を用いて実践訓練を実施。

bousaikunren_2016_11_3.jpg

bousaikunren_2016_11_1.jpg

bousaikunren_2016_11_2.jpg

この救助袋、一見すると垂直に落ちて

危険に思われそうですが、筒状の袋の

中は身体を優しく包み込む様、螺旋状

になっているので、足や手をどこかに

引っ掛けなくてもスルスルと安定して

下まで滑る事が出来るので安心です。

因みにこの日は、ご利用者様役とスタ

ッフ役の二手に分かれての訓練だった

のですが、救助袋を含め実践訓練には

かなりの時間を費やしました。当然の

事ながら「あらゆる想定外を想定内と

して準備しておく」のが訓練の目的。

だからこそ訓練こそが本番である」

という心がけで取り組まないと意味が

ないと痛感しますし、それでこそ課題

がよりハッキリと見えて来るものだと

思います。今回、今までにない設定に

取り組んだことで、またひとつチーム

としての対処力が増したと実感できる

訓練となりました。的確にご指導下さ

った松阪南消防署様、そして消防設備

保守管理会社のアルファ様、貴重な機

会をどうもありがとうございました!

【自転車奔走記】依存症とは#21。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第256回。

急に寒くなりました・・・というかやっと晩秋
から初冬への移ろいが感じ
られるようになって
きました。皆さ
まいかがお過ごしでしょうか?
先週は東京で何十年ぶりに11月の初雪観測があ
りました。ニュースを見
ていると、この季節は
ずれの降雪も
地球温暖化の影響らしいですね。
正直詳しいメカニズムはちんぷんかんぷんです
が(苦笑)、地球規模で何か
が起きている証拠
と考えると少し不安
になりますよね。ともかく、
過去の経
験則からく季節の移ろいの感覚と実際
の気候の変化が嚙み合わないことが増えてきて
いるのは確かですね。
というところで【自転車奔走記】始まりますが
皆さまインフルエンザの予
防注射はお済でしょ
うか?まだの方は
早めの接種をお願いしますね!
それでは、始まります!
------------------------------------------------------------
今週も引き続き共依存というものについてお話
しをしていきます。前回、アルコ
ール依存症患
者の家族がイネブラーとな
ってしまう状況の奥
には「共依存」とい
う人間関係が存在していて、
その共依存関係の中でイネブラーは依存症患者
本人
の世話を献身的に行っていますが、その
は【献身的に世話を焼くことで、自分
の存在意
義をその人間関係の中にしか見
出せない】とい
う心理が働いているとい
うお話しをしました。
この共依存という
人間関係の考え方ですが、分
かりやすい
アプローチの方法として、『依存症』
いう病気を改めて大きくカテゴライズして整
理必要があります。

先ず、大きなくくりとして【嗜癖(アディクショ
ン)】というものがあります。
嗜癖というのは、
世間一般で言う
単なる「習慣」や「嗜好」よりは
少し強
い状態で、ある習慣への耽溺、今風に言え
ば「ある習慣や物事
に極度にハマって」しまった
状態を指し、
嗜癖に囚われている本人あるいは周
りの
人にとって都合の悪いことが起こっていても、
その習慣や行為に囚われてしまっ
て、止めること
ができない状態を意味し
ます。「ハマる」という
言葉を使いまし
たが、趣味や嗜好にのめり込むこ
とって、
特段に珍しくはありませんよね。かくい
うワタシも自転車に「ハマっている」といえばそ
うですし、音楽や釣り、園芸やゲ
ームなど世の中
にはゴマンとそんな人が
居ます。ですので、ハマ
る=嗜癖と
いう意味ではなくて、ハマるという行
や習慣の結果として、社会生活や人間関係、そ
して自身の健康など本来であれば
ハマる対象より
も重視されなければなら
ない物事がないがしろに
され、そして問
題を生じる状態に至ってもその行
為や習
慣を止めることが困難、あるいはできな
状態を軽重含めて“嗜癖”と呼びます。
ですので、
嗜癖という概念はかなり幅が
広く「昨晩ゲームを
やり過ぎて寝坊し
て遅刻してしまった」といった
症例から、アルコール依存症などの重症例まで
を含めて使われます。そして、そ
の嗜癖の重症例
が今回お話ししている
『依存症』という呼び方で
カテゴライズ
されているわけです。

で、その依存症にも依存する(嗜癖)対象別に
①物質依存
②過程依存
③関係依存
という3つのくく
りがあります。①の物質依存はア
ルコ
ールや化学物質、そして食物などの物質が依
存対象となるケース、②の過程(プ
ロセス)依存
というのは、ギャンブルや
買い物、ゲームなどあ
る行為を行ったそ
の結果ではなく行為の過程(プ
ロセス)
に依存してしまうケースです。そして
の関係依存が今回取り上げている共依
存が含まれ
るカテゴリーで、恋愛
、そして共依存など人間関
係そのもの
に依存するケースとなります。

ここで重要なのは、共依存という人間関係はそも
そも嗜癖の一つとして捉えられていること、つま
り共依存も依存症の一つの
形態であるという事。
ですが、人間
関係において、人を好きになったり、
族を愛したり、友人を大切にしたりなどするこ
とはごく普通ですよね。また、人
は持ちつ持たれ
つ、社会も人の相互依存
の関係で成り立っている
わけですから、
ある意味「人間関係に依存する」
って特
段珍しいことではありませんよね。と言
か当たり前の話ですね。では、なぜ共
依存が依存
症としてカテゴライズされる
のか?そのあたりに
ついて次回もう少し
深くお話をしていきます。
では、また来週お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK 

【ウッチー輪ばなし】ロマンチスト。

【ウッチー輪ばなし】連載・第277回。

ミナ、ミナサマ、コンニチワ

片言調ではじまった今週の【ウッチー輪

ばなし】。お相手はいつものワタクシ、

松阪施設長のウッチーこと内田英希です!

本格的な冬の到来をむかえて、どちら様も

体調管理には一層のご留意を下さいませ。

 

さて、スタッフツアーズ真っ只中の弊社。

そのスケジュールには、案外ロマンチスト

なワタクシの意向が組み込まれています。

それがこの見事な夕陽@東尋坊なんです!

161126.JPGのサムネール画像

当初はお昼過ぎに観光予定だったのですが、

みんなが夕陽を見られるように、と夕刻に

観光するというプランに変更したんです!

写真は東尋坊の下の方から写したショット。

実は、東尋坊は日本夕陽百選に選ばれてい

るんですこの日(第1班)は幸いにも、

雲一つない天気に恵まれたこともあって、

ご覧の通り文句なしのロケーションでした。

ちなみに、夕陽好きなワタクシは、この

東尋坊が、日本夕陽百選のうち6か所目の

観賞となりました。それにしても想像以上

に綺麗な夕陽で驚き!日本海ならではの

激しさも相まって本当に荘厳な雰囲気です。

さて、、本日出発の第三班のメンバーたち

は、果たして絶景を見れるのでしょうか?

本日出発した第三班メンバーであるショート

スタッフ・名取恵美子もワタクシに負けず

劣らずのロマンチスト&夕陽好きだけに、

ぜひ良い夕陽が拝める事を祈っております

 

それでは今週はこの辺で失礼いたします。

嗚呼、気が付けば来週はもう12月。

2016年もいよいよラストスパート期です!

PLEASE TAKE CARE , EVERYONE 

【生搾り】『業者さんと介護事業所』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第345回
『業者さんと介護事業所』の巻。


<今週のテーマ>

介護施設などの事業所は、多くの専門
業者さん達によって支えられています。
今週は、そんな業者さん達に対して抱く
リスペクトをテーマにした談論を配信!
自分たちの力だけで仕事が成り立って
いる訳ではないことがよく分かります。
お気軽に御一聴下さいませ…


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、三浦真弥、
伊藤亜也子、岩佐雅之、
赤塚まゆみ、高瀬和良。
------------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

たきび将棋クラブにて。

松阪施設ショートステイには〝いつも

光景〟が幾つもあるのですが、こち

その一つ!『たきび将棋クラブ』です

short_syougikurabu.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

将棋愛好家のご利用者様方が、まるで

待ち合わせをされたかの様に決まっ

時間に集まって、毎日熱い戦いを繰

広げていらっしゃいます。一度に何組

もが対局される場合もあるのですが、

写真のこのは少し違って、対局中

お二人を、別のお二が観戦しながら

それぞれが繰り出す差し手を考え合う

いう、なんとも通な楽しみ方です。

ちなみに、たきび将棋クラブに足を運

ばれる方々は皆様かなりの腕前です。

実際、将棋の打てるスタッフが挑戦し

ても足元にも及ばず、完膚なきまでに

コテンにされちゃいますそう

えば以前、ご利用者 F様とスタッフ

めずらしく接戦を繰り広げていたので

「へぇ〜、やるぁ」驚いていたら…

飛車・角・香車落ちだった事あり

したそれくらい皆様お強いのです。

さりとて皆様にお話をお聞きすると、

「勝ち負けは大事やけど二の次やわ。」

「勝負事でもな、楽しいのが一番や。」

というご返答。どうやら皆様にとって

は勝負自体よりも、この場所で大好き

将棋を通じて、語り合ったり笑い

ったりする事の方が重要なんですね

パチ・パチン…今日もホール片隅

いつもの音が聞こえるショートです。

サンタクロースの国から。

ご覧のサンタクロースはショートステイ

のレクビリでご利用者様方とスタッフ

共作したものです!でもこれまだ途中

santa_claft.jpg

写真のサンタは、模造紙を正方形に整え

てから折っているので少々大きめのサイ

ズです。そしてこのあとご利用者の皆様

には、色紙を使って小さなンタをたく

さん折って頂く予定です。作品テーマは

〝サンタクロースの国〟!その名の通り

いっぱいのサンタさんたちが一同に登場

する一大スペクタクル作品になるはず

後半になればなるほど細かい作業が増

るため、口数もそこそこに真剣な表情で

製作に取り組む皆様。そのお姿からは、

傑作が誕生する予感がプンプンします。

完成しましたら本ブログでアップし

と思いますので、どうぞお楽しみに…

ウッドブロック頭脳戦。

ジェンガをヒントにスタッフが考案した

レクビリ『頭脳戦略ウッドブロック』。

制限時間内に、決められた白いスペース

に、木製ブロックを〝より多く〟積み

げれば勝ち、というシンプルなルール

ですが、これがなかなか奥深いんです!

tsumiki_tower.jpg

このゲームのポイントは〝より多く〟

であって〝より高く〟ではないという

点。つまり!ただ並べるわけではなく

いかに効率的な配置を作るかが大きな

カギを握る、いわば頭脳戦なのです

ご利用者様はどなたも真剣なご様子で

ブロックを配置し積み上げていか

のですが、ほとんどの方がある時点で

「あっ、これ、はじめを間違えたな…」

「あれ!?このスペースでは足らん…」

と、自らの策を省みて小さくため息を

つかれるのです。そして、この後こそ

このゲーム最大の狙いでもあるの

が、そこから軌道修正して微調整す

のか、そのまま強引に積み上げるの

か、はたまた最初からやり直すのか…

瞬時の判断力が求められるわけです!

実は最初の白いスペース自体が、ブロ

クが綺麗には並ばない比率の大きさ

てあるのも重要なポイントです。

現在は、更にルールを改良して、なん

とかチーム戦ができないかと思案中。

小さな木製ブロックを、もっともっと

脳トレに活かせないか?と、あれこれ

試行錯誤する担当スタッフたちです

ニッポンのオトヂカラ。

日本民謡グループ『藤正会』様

登場でアツくなった先日の施設!

fujimasa_2016_11.jpg

ご利用者様方の心を惹きつける

卓越した演奏力とパフォーマン

スは健在で、むしろお越し頂く

たびに熟成されているような感

があります。う〜ん凄い迫力

ただ集中し没頭する皆様です。

ちなみに『藤正会』様のご来訪

については、ご利用者様にとど

まらず、ご家族様も楽しみにさ

れており、この日に合わせ面会

立て、親子並んで観覧

される方もいらっしゃいます。

そんな光景を生み出すのもまた

伝統芸の力なのでしょうか…

60分間に渡る演舞が終わると会

からは大きな拍手と喝采が!

それは演者の方々への賞賛であ

るとに、受け継がれてきた

伝統そのものへの、深い敬愛の

あった様にも感じました。

『藤正会』様!素晴らしい時間を

誠にありがとうございました

【自転車奔走記】依存症とは#20。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第255回。

朝晩は冷え込むけれど、日中は11月らしくない
ポカポカとした陽気が続いています。
皆さまい
かがお過ごしでしょうか?
このところの陽気は
ちょっと動くと汗ばむ
くらいで、過ごしやすい
と言えばそうなん
ですが、朝晩と日中の寒暖差
が大きいと体
調を崩しやすくなります。ワタシ
の周りでは
まだインフルエンザは出ていません
が、風
邪をひいて体調を崩している方は多くな
てきました。皆さま、くれぐれも体調管理
は十分お気を付け下さいね。
あと、何度でも繰り返しますが!
インフルエンザの予防接種がまだの方、早め
接種をお願いしますね。
では、自転車奔走記、始まります!
------------------------------------------------------------
アルコール依存症患者とその家族が、一緒にな
って依存症を悪化させていく負の連鎖
に陥るプ
ロセスについてお話ししています。
前回はイネ
ブリングという行為についてお
話ししました。
家族や周囲の人が『本人に
お酒を止めさせたい』
あるいは『本人の為
に…』と思ってしていること
が、実は飲酒
を後押しする行為として機能すると
言った
内容でした。この家族によるイネブリング
の怖い所は、【知らず知らずのうちに家族自身が
本人の飲酒を後押しする存在(イネ
ブラー)にな
ってしまう】という事です。
アルコール依存症患
者に関わる家族は、誰
しも依存症患者の飲酒を積
極的に後押しし
ようとなんて思っていません。何
とかして
お酒を止めさせたい、そして元の普通の
活に戻ってほしいと願っての事なんですが、
局は飲酒を後押しして依存症からの回復
どころか
症状悪化させてし
まっているんですね。

ここでちょっと申し添えておきますが、家族や周
囲の人のある
意味献身的な対応や行為を逆手に取
るよう
にして飲酒を続けるアルコール依存症患者
本人、これだけをみると、正直な感想として人格
的に“サイテー”と捉える方が多いと
思います。
ですが忘れてはいけない事は“ア
ルコール依存症は
病気である”という事です。
いくら本人が酒を止め
たいと思っていても、
強烈な飲酒渇望が出現する
と抗うことがで
きずに飲んでしまう状態ですので、
家族や
周囲の人の思いや気遣いは十分すぎる程分
かっているけれど、飲んでしまう。その事が心の
棘や滓となって本人を苦しめ、更に
飲酒に向かう
という側面もご理解してもら
えればと思います。
で、話を戻して、知ら
ず知らずにイネブラーとな
った家族
や周囲の人とアルコール依存症患者には
妙な関係が出来上がります。それが前回の最後
にお話しした『共依存』という関係で
す。

この共依存という考え方は、アルコール依存症の
治療過程で提唱された考え方と
いうか人間関係の
捉え方の事です。共依存
=「共に依存する」とい
う言葉を、その言
葉が示す通りに解釈すれば『双
方が、お互
いを頼って(依存して)いる状態』と
なり
ますので、最近は本来の意味を離れて汎用
れるようになってきているようですが、
実はその
概念はかなり複雑で分かりにくい
ものです。です
のでできる限り分かりやす
くお話しを進めていこ
うと思います。

元々は、アルコール依存症の治療と回復過程に
いて、イネブリングを行うイネブラーと
しての家
族と、アルコール依存症患者本人
との関係を観察
していく中で生まれた概念
です。アルコール依存
症患者は酒を止めた
いと願い、そして家族は酒を
止めさせたい
と献身的に世話をする。ところが家
族はす
でにイネブラーとなって本人のアルコール
依存症を後押しする存在になっているので、酒は
止まらず、依存症は悪化するばかり。
家庭を含め
本人と家族の周りではトラブル
が絶えない状態が
続きます。普通であれば
とっくに家族は破たんし、
人間関係が解消
されてもいいはずなのに、なぜか
家族関係、
特にアルコール依存症患者との人間関
係が
破たんせず持続していくケースが目立つと
う事実がありました。そこで注目された
のがイネ
ブラーとしての家族が献身的に
依存症患者の世話
をするという行為の裏側
に『相手に対して献身的
に世話をするこ
とに、自分の存在価値を見出す』
という心
理的な働きがあるのでは?という考えな
ですね。アルコール依存症患者に対して、これ
以上飲酒しないように酒を隠したり、
酒を止める
よう説得を試みたり、あるいは
飲酒で起こした失
敗やトラブルの後始末を
したり…家族が献身的な
対応をするその裏
には、先述のとおり【献身的に
人の世話を
焼くことで(しか)、自分の存在意義
を確
認しようとする(できない)】といった心
が働いている訳です。そしてその心理は
更に裏を
返すと『アルコール依存症患者が
依存症でなくな
って、自分の献身的な世話
の必要が無くなれば自
分の存在価値もな
くなってしまう』という奇妙な
人間関係と
いうか心理状態になることを露呈しま
す。
おかしなな話ですよね。回復を願う家族が
は心の奥底では回復を拒むという矛盾。
これらの
事が共依存の分かりにくい所でも
あり、そして怖
い所でもあるんですね。

というところで今週はここまで。
次週も共依存についてお話ししていきます。
では、またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK 

【ウッチー輪ばなし】気づけば親に...。

【ウッチー輪ばなし】連載・第276回。

みな、みなさま、お元気でいらっしゃますか?

ワタクシ、松阪施設長のうっちーこと内田英希

は元気が売りの男!という事で、寒くとも元気

ハツラツオロナミンCでございます!(古い…)

「元気があれば何でもできる!ダァ〜〜!!」

つくづくそう思います。アントニオ猪木さん!

大事な事を教えてくれてありがとうございます

 

さてさて本題。

ワタクシ、自他ともに求めるコーヒー好きです。

小学校の頃から、毎朝父親がコーヒーメーカー

でコーヒーを入れて美味しそうに飲んでいたの

ですが、父親はそのコーヒー豆は手動のミルで

挽いていました。ゴリゴリ・ゴリゴリと毎朝。

161119.jpgのサムネール画像

あの頃の自分を思い出すと、子供ながらに

「面倒くさそうだな~。コーヒー豆なんて、

 インスタントも変わらないでしょ?」

と言いながらコーヒー豆を挽いていました。

そして時が経ち、最近ではコーヒー豆を手動

で挽かないと気が済まない自分がおります。

そんな先日、我が子が不意にこう言いました。

「なぁ、コーヒー豆なんてインスタントで

 よくないの?そんなに違うもんなん?」

ハッ!!って感じで、一瞬で過去がフラッシュ

バックしました。それはまさに、自分が子ども

の頃に、父に対して言った言葉なんですから。

そして、私があの時の父親と全く同じ立場に

なっている事実に気づきました。今まで意識

してなんかいませんでしたが、知らず知らず

あの頃の父親に近づいて行ったのでしょうか。

「気づけば、その自分はあの日の親と同じ…」

みなさまにはないですか、そんな経験が?

一度Podcastでもこのテーマを取り上げて、

他の人の意見を聞いてみたいと思います!

 

それでは今週はこれにて失礼いたします。

たきびはスタッフツアーズ第2班が今朝出発。

どちら様も良い週末をお過ごし下さい…。

PLEASE TAKE CARE 

【生搾り】『笑うサラダバー』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第344回
『笑うサラダバー』の巻。


<今週のテーマ>

「サラダ」についての井戸端
トーク!随所に笑いどころが
多い内容になったかと思いま
すので、ぜひお一人でクスッ
としてみて下さい。サラダが
好きな方も、そうでない方も、
ぜひお気軽に御一聴どうぞ‥。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、三浦真弥、
伊藤亜也子、岩佐雅之、
赤塚まゆみ、高瀬和良。
---------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

見とれるには訳がある。

趣味の時間、大好きな塗り絵に没頭

されるのはご利用者のG様。現在は

次期展示物として、クリスマステー

マに取り組んでいらっしゃいます。

christmas_colorl_2016.jpg

短くなった色鉛筆を柔らかく握り

丁寧に丁寧に右手を動かすG様。

その横顔は深く穏やかで、そして

優しさに満ちていますその姿が

何とも不思議な尊さを感じさせる

からか、他のご利用者様もスタッ

フたちもついつい見とれてしまい

ます。以前にも本ブログで取り上

げましたが「塗り絵」というのは

一種の自己対話です(2016年11月

1日のブログ参照)。その意味で

G様は、ご自身との会話がすごく

上手です。周囲の私達は、作業自

体というより、その部分…つまり

見えないが確かにそこに存在する

自己対話の世界に心を奪われてい

るのでしょう。そしてフッと我に

帰った様に、他のご利用者様方は

自らも塗り絵をはじめるのです。

記憶の奥のあの公園で。

デイサービスのヒトコマよりどうぞ…

定期的に開催している『紙芝居屋』!

今やご利用者様にもすっかりお馴染み

となり、開催日を楽しみにされる方も

沢山いらっしゃるんですよ。この日は

スタッフ・岩佐の紙芝居屋デビュー

iwasa_play_kamishibai.jpg

この日のためにかなりの練習を重ねて

きた岩佐ですが、皆様方を前にすると

ご覧の通りかなり緊張している様子。

しかしさすがは元教師!やがて雰囲

に慣れて落ち着くと、練習で培ったテ

ニックを徐々に発揮しはじめます。

そして、アドリブやアレンジを駆使し

ら軽快に話しは進んで…気づけ

皆様のハートをガッチリとキャッチ!

「いや〜面白かったなぁ。わろたわ!」

「今度はまた違う話しを聞かせてな。」

終了後にかけていただいた、皆様から

の評価に、岩佐自身はホッと一安心。

デビューを見守っていた他スタッフも

胸を撫で下ろし、喜びました。デイ

ビス・スタッフたちの『紙芝居屋』

への意気込みはとにかく凄いんです

読み手に岩佐が加わって、さらに表現

の幅が広がった『紙芝居屋』の企画。

これからの新作が、なお楽しみです!

ヨガストレッチで腰痛予防。

津・本社ヘルパー事業所より…

先日の業務終了後に、事務所で

開催されたのは『ヨガ体験』!

yoga_honsya.jpg

ヘルパースタッフたちの腰痛

予防と健康増進の一環として

開かれた本会インストラ

ターの先生にもお越し頂き、

想像以上に本格的な体験

ました!今回、ヨガ初挑戦

のスタッフがほとんどだっ

のですが、みんな一様に驚い

ていたのが、そのストレッ

効果の大きさ。確かにこれは

腰痛の予防やストレスフリー

持ってこいの運動ですね!

慣れるまでは大変ですが…

体験前にも、ヨガ自体に対す

る一般的なイメージは持って

いたのですが、いざうして

実際やってると、かなり

印象って変わるものですね。

世間で流行るのが、よくよく

分かったような気がします。

先生!分かりやすいご指導を

どうも有難うございました

今日から、先生に教えて頂い

たヨガ体操で腰痛予防に励む

つもりの私達スタッフです!

【定期研修会】リスク・マネジメント。

先日開催された定期研修会のテーマは

『リスク・マネジメント』についての

グループワークでした。介護職だけに

ず、どの職種についても〝事故〟

を未然に防ぐ、そして万が一起こった

時は速やかに正しい方法で対応する〟

ということは最重要の課題ですよね。

riskmanagement_benkyoukai_2016_11.jpg

今回は、過去に全国各地で実際に起こ

った数件の介護事故事例を元に、各班

ごとに施設立場と家側立場分か

れて徹底的にディスカッション行い

ました。そして最後に、その討論から

浮き彫りになった法令遵守の重要性

危機管理意識の必要性」を、員が

通認識として再確認します張り詰

めた緊張に包まれた中、問題本質

捉えようと、スタッフらは誰も真剣

そのもの。研修が終わった後は、集中

の反動で疲れを隠せない様子でした。

しかし、今回の研修会に関しては終了

後に強い疲労感が残って当然。それ

どに重要なのがこのテーマなのです。

そして、、、

「みんな!お疲れ様でしたぁ!」の声で

研修終了し、コメダ珈琲カツサ

全スタッフに配られると…たちど

元気取り戻すスタッフたち

〝共に学び、共に遊ぶ〟

という弊社のスタッフキャッチコピー

を証明するような貴重な90分でした!

【自転車奔走記】依存症とは#19。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第254回。

いよいよ秋も終盤。紅葉も見ごろになってきま
した。皆さまいかがお過ごしでしょうか?朝晩
がめっきり寒くなって、我が家でも暖房器具を
引っ張り出して冬支度が始まっています。これ
から日増しに寒くなりますので、体調管理には
十分お気を付け下さい。加えて早めのインフル
エンザの予防接種もお願いしますね!
元気に晩秋を楽しみましょう。
では、【自転車奔走記】はじまります。
------------------------------------------------------------

アルコール依存症患者さんとその家族との関係
についてのお話しを再開します。10月30日の回
で、アルコール依存症患者が抱え込み、そして
生み出すトラブルに、その家族がどのようにし
て巻き込まれていくかというお話しをしました。
周りの制止も聞き入れられず、嘘をつき、自分
や周囲を胡麻化しながらお酒を飲み続ける依存
症患者に対してその家族は、酒を飲まないよう
説得を試みたり、お酒を隠してみたりと色々な
方法でお酒を飲まないよう働きかけます。
ですが、そもそも何があってもお酒を止める事
ができない病気がアルコール依存症ですので、
殆どすべての働きかけが大した効果なく終わっ
てしまいます。そうするうちに家族は、本人が
起こした問題や失敗の尻拭いをしたり、周囲や
社会に対して体裁を取り繕おうとしたり、本人
を庇ったりするようにもなります。このような
家族の対応は一見、本人を依存症から何とか立
ち直らせたい、あるいは本人も含め家族全員が
依存症から解放されたいからこそのもののよう
に見えますが、実はこの時点で既に本人とその
家族全体がアルコール依存症という病気を維持
させてしまう連鎖
として機能しているんですね。

正直、不思議なお話ですよね。お酒を飲みたい
アルコール依存症患者とお酒を止めさせたい家
族が一緒になってアルコール依存症であること
を維持していくというなんですから。このメカ
ニズムを理解するために必要な概念が以前少し
お話しした“イネブリング”という考えです。
「イネブリング」というのは『支える。後押し
する』といった意味を持ちます。アルコール依
存症の場合、依存症患者の飲酒をイネブリング、
つまり本人の飲酒欲求を“後押し”して本人が飲
酒しやすいように、あるいは本人が飲酒する理
由を作り出してしまうことを指します。

まずは具体的にどういうメカニズムでイネブリ
ングが機能するのかを見てみましょう。まず大
前提として、アルコール依存症というのは『自
分が感じる飲酒欲求の前では、自らの意思でも、
他からの強制であっても、飲酒をやめることが
できない状態に陥る病気』という事をおさらい
しておきます。

例1
 家族が酒を飲まないように、捨てたり
 隠したりする。
 酒を飲まないよう監視したり、お金を
 持たせないようにする。
      ↓
(依存症患者本人は・・・)
『飲みたいのに酒がない→(だから)気分
 が悪い。飲もう』
『自分はアル中でもなんでもないのに、
 信用されていない。→傷ついた。
 嫌な気持ちになった。→だから飲もう』

例1は依存症本人に飲酒の理由を与えてしまうイ
ネブリングの典型例です。大前提で挙げた通り、
アルコール依存症患者は何がどうあれお酒を飲み
ます。ですので酒を隠そうが、監視しようが制限
を設けようが、最終的には飲みます。その飲酒に
身勝手な根拠を与えてしまうのが上述の例なんで
すね。「酒を飲む自分も悪いけど(自分が)酒を
飲まずにはおれないようにさせる家族も悪い」と
いうまことに勝手な理屈ですが、依存症患者にと
ってみれば、自身が感じている飲酒に対する罪悪
感を家族に肩代わりさせることで、少しでも薄れ
させることができる訳ですから、こんな好都合な
ことはないわけで、飲酒に対する罪悪感ややまし
い気持ちが薄れ、家族を否定することで飲酒を続
ける自分を肯定し飲酒を続けていく事になります。

例2
 家族が、本人が飲酒で引き起こした
 トラブルや失敗の尻拭いをする。
      ↓
(依存症患者本人は・・)
『家族が自分の代わりに色々してくれる
 ので助かる→自分が起こしているトラブル
 や失敗に気付かない、事の重大性に気付か
 ない→(別に酒を飲んでいても、問題は
 起こっていないから)飲まない理由はない。
 だから飲もう』

例2は本人の自覚を妨げるイネブリングです。一
般にアルコール依存症患者が自ら治療に向き合う
ためには“底つき体験”と言って「にっちもさっち
も行かない、地位や信用、居場所を失い、家族や
友人も離れ、独りぼっちで未来も過去もないどん
底に落ちる」くらいの経験が必要だとよく言われ
ます。例2では、家族としては本人の事を思ってか
もしれませんが、結果としてアルコール依存症患
者が自らの飲酒で引き起こした様々なトラブルの
結果と本人を遮断してしまい、本人が飲酒との問
題と向き合う機会を奪っています。結果、気づき
のないアルコール依存症患者は、いつまでも飲酒
を続けることになります。

例3
 家族がお酒を飲まないように説教する。
 離婚や別れをほのめかしたりして断酒を迫る。
      ↓
(依存症患者本人は・・)
『自分でも悪いとは思っている。まずいことだ
 とは分かっている。何度も言われると嫌になる
 →(だから)気分が悪くなる。飲もう』

例3は例1とよく似ています。話し合いやある意味
脅しをかけることで飲酒をやめさせようとするの
ですが、結局本人には飲酒の理由(身勝手な)を
与えている結果になっています。3つの例を挙げま
した。正直、この話に合わせて
都合よく作った話
のように読めるくらい辻褄が
合いすぎた話と感じ
た方も多いと思います。
ですが、これらは現実も
現実、本当のお話しな
んです。本人の事、そして
自分たち家族の事を
考え、色々な方法で断酒をさ
せようとする試み
や行動や言動の殆どすべてが、
依存症患者にと
っては『飲酒の理由』として働い
てしまうんで
すね。本人に酒を止めさせようとい
う行為が、
逆に本人が飲酒しやすい状況を作って
しまうこ
のイネブリングという現象。正直怖い話
ですが、
アルコール依存症患者と家族との関係を
考える
上ではまだ入り口の段階です。イネブリン
をする人を『イネブラー(支え手。後押しする
人)』と呼びますが、家族がいつの間にかその
ネブラーになってしまうことがこの問題の本
質な
んですね。そして、イネブラーとしての家
族とア
ルコール依存症患者本人との間には共依
存という
関係が多く見られるようになります。
この共依存
関係が出来上がると、アルコール依
存症は本人だ
けでなく家族も巻き込み、蝕む状
態へ悪化します。

というとことで、今週はここまでとします。
次回は、共依存というものについて
お話しを進
めていきます。
では、またお会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK 

【ウッチー輪ばなし】特浴メンテナンス。

【ウッチー輪ばなし】 連載・第275回。

みな、みなさま、こ〜んにちわ〜  

11月ももう中旬!年末に向けて日常のスピード

加速し始めてきました。実は年末これぐらい

の時期に、いつも名古屋からバンに乗って施設

にお越し頂く方がいらっしゃいます。その方は、

当事業所の特浴器のメンテナンスを担当する…

161112.JPGのサムネール画像

酒井医療株式会社・名古屋営業所の前野様!

この前野様が「これぞ職人!!」といった方

なんです。特浴器「カトレア」を分解して、

それを一つ一つ洗浄し、また組み上げる、、

といった作業を極めて手際よく進めて行かれ

ますそんな作業の中で、日頃私たちが管理

するにあたっての効果的な手法や洗い方の

裏ワザなども教えて下さるので心強い限り!

ちなみに前野様、弊社のラジオやHPも時々

チェックして下さっているので、そちらの

話題でもついつい盛り上がってしまいます

前野さん!これからもよろしくお願いします。

今週は、たきびの介護現場をしっかり支えて

下さる名サポーターの紹介でした。では…

 

今年の【ウッチー輪ばなし】もあと数回。

あっという間に年末になりそうですね。

みなさま、体調管理には充分にご留意を!

また来週~、PLEASE TAKE CARE 

【生搾り】『介護を拒否する気持ち』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第343回
『介護を拒否する気持ち』の巻。


<今週のテーマ>

ご利用者様の中には、私たち
スタッフが提供しようとする
介護サービスを拒否する方も
おられます。しかしそこには
その方なりの明確な拒否する
理由や根拠があるものです。
今週はそんな時、ご利用者様
とどう向き合うべきかについ
ての談論を配信いたします。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、伊藤隆太、
三浦真弥、伊藤亜也子、岩佐雅之、
赤塚まゆみ、高瀬和良。
-------------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

2016年 スタッフツアーズ。

今週末から『スタッフツアーズ』

スタート!例年通り複数の班に分か

れて、週を変えながらの開催です。

そして2016年の目的地は…福井県

なかなかシブいでしょ!観光名所と

して有名な永平寺東尋坊を巡って

芦原温泉で海鮮料理を堪能しながら

宴会&宿泊。宿泊先はネット上でも

人気の高いグランディア芳泉さん!

stay_in_housen.jpg

二日目は人気の恐竜博物館や日本海

さかな街を巡るゴールデンコース。

何かとせわしくなる時期だからこそ

オンとオフをしっかりと使い分け、

チームメイトとともにリフレッシュ

する機会にしたいと考えていま

そして!このツアーで養った英気と

高まった士気は必ず仕事に還元

します第1班の出発は今週末12日

早朝。気をつけて行って参ります!

ありのまま介護フェア。

『介護ありのままフェア』

ん?と気を引くユニーク

タイトルのこのイベント。

kaigo_arinomama.jpg

11月27日(日)10時〜15時

の間、三重県松阪市クラギ

文化ホー横の子ども支援

究センター体育室で開催

されます!三重県老人福祉

施設協会主催で三重県と

市が後援。普段、介護

はあまりのない皆様に対

して、より多くの接触を

きたいと願う我々

は、このようなイベ

トが開催されること自体を

とっても嬉しく感じます。

お問い合わせは下記主催者

までどうぞ…ぜひご家族

緒にお出かけ下さいませ

・・・

【お問い合わせ先】

三重県老人福祉施設協会

TEL : 059-221-2240

三重短大講義に向けて。

来月2日の三重短期大学における

「介護技術・基礎講義」に向けて

現在、担当スタッフ達は当日の

プログラムを検討しています!

for_class_of_mietan_2016.jpg

※写真は昨年の授業の模様です。

今年で7年目となる恒例の授業

なのですが、毎年新鮮な気持ち

で臨ませていただけています。

もちろん、生徒さんが毎年違う

こともあるのですが、介護技術

自体が日々進化していることも

その大きな要因だと感じます。

中でも移乗介助の細かいテクニ

ックについては、車いすの発展

もあり日進月歩と言っても過言

ではありません。当日は三重短

期大学の生徒さんたちに、現在

我々が知る最新の技術を簡潔に

お伝え出来るよう鋭意準備中

この授業を通して、パソコンや

英語と並び、若者介護

〝経験や知識とて必須〟

ジャンルになる来るように

願いつつ取り組んでおります!

学生のみなさん、お楽しみに…

自己への責任・他者への責任。

いよいよ冬の様相。空気も急激に乾燥

してきて、体調の管理が一段と難しく

なる時期に差しかかって来ましたね。

日常予防として、手洗・うがいと並び

重要なのが水分補給です。その方法は

人それぞれ自分流すタイルがあるよう

ですが、スタッフの中には経口補水液

OS-1 を箱買いして対策する者も…。

os1_box.jpg

その他にも蜂蜜や生姜をブレンドした

オリジナルの飲料を持参するスタ

おり、感染症対策に余念がない状態

です。また、乾燥といえば手指も顕著

になりがち。そこで有効なのがハンド

クリームなどの肌の保湿グッズです。

hand_cream_sayaka.jpg

こちらはある女性スタッフのお気に

入りクリーム。カサカサに荒れた手

ご利用者様の肌に触れるのは失礼

ですし、触られる側からすると決っ

て良い気はしないものでしょう。

しかし、お湯で手を洗う機会が増え

るこの時期はどうしても手が荒れや

い…。そこで手がサッと潤うよう

携行しているというわけなんです。

自分の肌にとってベストな保湿液

小さな容器に入れ替えて持ち歩くの

ですが、ポイントはハンドクリーム

ではなく化粧水系が多いことです。

その理由は、ハンドクリームだと手

洗うたびに落ちてしまうことと、

手先が滑りやすくなってしまうから

です。化粧水系の保湿液なら馴染

だあとの浸透・持続性が高いですし

手先が滑ることもありませんよね!

ここでちょっと話しは変わりますが

一日勤務したあとのスタッフたちに

大人気を博す疲労回復ドリンクが…

oshiruko_power_2016.jpg

施設玄関に設置された自動販売機の

「おしるこ」です!疲れを翌日へと

持ち越さないためには、早い段階の

リカバリーが大切。その意味で勤務

後すぐの効率的な糖分補給はかなり

有効なはずです。たきびの自販機に

「おしるこ」を2列にしてもらってい

るのはそんな理由からなんですよ。

ちなみに、ご利用者様方にも人気の

「おしるこ」ですので、業者さんに

数日おきに補充して頂いています!

最後に…感染症や風邪予防に大切な

要素として絶対に忘れてならないの

規則的食事と充分な睡眠です!

特に若い方は、ついつい睡眠不足に

なる傾向があると思いますが、それ

こそが体調不良の第一歩ということ

をしっかりと認識して下さいませ。

そして!もしも体調が悪い場合は、

絶対他者に感染させないという責任

持って行動するべきです。仕事が

休めないから、と無理をするなどは

もってのほか。当たり前なのですが

風邪をはじめとする感染症は、人か

人へと感染するからこそ拡大しま

す。逆に考えれば、もし感染しても

誰もが感染拡大を防ぐ責任を全うす

ば、被害は最小限で防げるずだ

ということを忘れずにいましょう!

自己への責任と、他者への責任。

この両輪があってこその予防です。

【自転車奔走記】ちょっと一息。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第253回。

11月最初の日曜日、皆さまいかがお過ごしでし
ょうか?
日に日に秋も深まって、朝晩はかなり
冷え込ようになってきました。
紅葉の見ごろは
はもう少し先のよ
うですが、ワタシの周りでも
チラホ
ラと紅く色付いた木々が見られるように
なってきました。

さて早いもので今年も残り2か月となりました。
2016年の世相を振
り返るのはちょっと早い気も
します
が、何にせよ今年は色々な意味で、特に
国際情勢ではせわしない
一年だった印象が強い
です。その最大の
ヤマ場が今週11月8日の米国大
領選挙でして勢力拮抗している両候補どちら
が勝っても、それな
りのドタバタが米国内だけ
にとど
まらず世界を巻き込んで起こりそうな予
感がひしひしとしています。
日本に限って言え
ば戦後を通し
て『アメリカが風邪をひいたら、
日本がくしゃみする』と揶揄されるくらいの、
良くも悪くも密接
な二国間関係を(結果として
の側
面もありますが)両国が維持してこれまし
た。このことを言
い換えると、少なくとも戦後
から
現在に至るまでの期間において、国内外に
おいて絶大な権限と影響
力を持つ米国のトップ
が交代する
ことが日本という国家の行く末を
接的に左右する結果には至って
いなかったとも
言えます。

ですが、今回の大統領選挙は、最有力とされて
いる候補者のどちらが勝利し
ても、これからの
米国が取ってい
く姿勢が今後のわが国の行く末
明に暗に決定付ける一つの歴史上のターニン
グポイントになること
はほぼ確実な情勢みたい
ですね。
珍しく国際政治のお話しをしましたが、
何はともあれ今週の大統領
選は注視する必要が
大ありですね。
というところで、今週はここまで。
来週は依存症についてのお話し再開になります。
では、皆さま元気に今週も過ごしましょう!
インフルエンザの予防接種もお忘れなく!
では、SEE YOU NEXT WEEK 

【ウッチー輪ばなし】大学駅伝。

【ウッチー輪ばなし】連載・第274回。

みな、みなさま、お元気ですか?

最近お天気が良くとても気持ちよく過ごし

ています。ワタクシ内田は、仕事中は上着

を着ずまだまだ半袖で頑張っていますよ!

今週は毎年この時期の風物詩である、この

イベントについての話題です。どうぞ…

 

『全日本大学対校駅伝』。

毎年11月の第一日曜に開催される、大学3大

駅伝の第2戦目です。愛知県の熱田神宮から、

三重県の伊勢神宮までの長駆で争われます。

161105.JPGのサムネール画像

上の写真は、松阪市宮町交差点の歩道橋

から写したもの。松阪施設から近い大きな

町交差点。ここをランナーが通過するの

は、お昼の12時30分頃(あくまで予定)に

なる見込みです。例年通りだと、施設では

ランチタイムと重なるため、全員でテレビ

観戦を出来るのが何ともラッキーなんです!

「あっ!もうすぐたきびのそばを通るな。」

「今駅前を過ぎたな。もうすぐ交差点や。」

「がんばれ、がんばれ!追いつかれるな〜」

こんな感じでご利用者の皆様は画面に熱中

されるのがお馴染み因みに我々スタッフ

声援を送ると同時に、交通規制が入る

時間帯には送迎車の出動が無いように調整

します。実はこれ、ずいぶんと事前から

段取りを組み準備しているんです。そう

ないと渋滞に巻き込まれる事もあるので…。

なお、松阪施設のスタッフで、この駅伝を

一番楽しみにしているのが、副施設長であ

川辺ナースだということは周知の事実!

川辺は生粋の大学駅伝ファンなんです

彼女によると今年は青山学院と東海大学の

一騎打ちレースになりそうだ、との予想。

う〜ん、どんな結果になるか楽しみです!

 

それでは、今週はこれにて失礼致します。

また来週、元気にお会いしましょうね!

PLEASE TAKE CARE , EVERYONE 

ヘルパーのカタチ 生搾り
第342回
『身の回りの過剰サービス』の巻。


<今週のテーマ>

今まで、普段の生活や身の回りで
「これはちょっと過剰じゃない?」
と感じたサービスついての井戸端
雑談を配信します。中には皆様が
「ある、ある!」と感じるものが
あるかも知れません…御一聴を!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、伊藤隆太、
三浦真弥、伊藤亜也子、岩佐雅之、
赤塚まゆみ、高瀬和良。
------------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

インフルエンザ予防接種。

全スタッフ対象のインフルエンザ

予防接種が始まりました。現在の

情報では、今シーズンのピークは

例年よりも早そうだとも言われ

います。そこで予定時期を少し

前倒しての開始となりました。

インフル.JPGのサムネール画像

施設では当社産業医のドクターに

より実施、津本社では事務所前に

あるクリニックにて実施します。

個人単位の予防徹底とチーム全体

としての予防徹底…スタッフ一同

誰もが強い危機感を持って、今年

インフルエンザをはじめ感染症

の感染予防・拡大予防に臨んで

ます。どうぞ皆様も早めのワク

摂取をお心け下さいませ!

全国障がい者スポーツ大会。

10月21日から岩手県で開催された

『全国 障がい者 スポーツ大会』。

その中の競技のひとつである視覚

障がい者野球、通称グランドソフ

ボールに、たきびデイサービス

マッサージ担当スタッフである

柳沢が所属するチームが三重代表

として出場致しました!そして…

野球集合.jpgのサムネール画像

なんと!準優勝を果たしました

本人は優勝できなかった事を凄く

悔しがっておりますが、日本全国

の強豪と競って手にした銀メダル

という結果は素晴らいの一語。

「オォ凄いやんか!おめでとう!」

「エェ!やったぁ!さすがですね」

ご利用者の皆様やスタッフ達から

祝福されて照れくさそうな柳沢。

「いえ…ありがとうございます

獲得したメダルを持たせてもら

とズッシリと重くてみんな驚き。

多分それは、仕事と両立して重

努力と鍛錬の重さでしょうね

柳沢さん、そしてチームの皆様、

この度はおめでとうございます

職場仲間として本当嬉しいです!

ぬり絵が有効である理由。

今日から11月!今年も残すところ

あと2ヶ月となりました。どちら

様も年末に向かってご多忙になる

かと存じます。とりわけ受験生に

とっては正念場に差し掛かり何か

とナイーブになる頃でしょうね。

とにかく体調だけは崩さないよう

しっかりとした食事と睡眠だけは

確保して下さい!体力なくしては

何事をするにも大変ですからね。

受験生の皆様、あと少しFIGHT

あっ、それから!時には効果的な

気分転換で気持ちをリフレッシュ

することも忘れないで下さいね。

リフレッシュといえば…

ショートステイでのフロアに展示

されている「塗絵」作品の数々。

king_of_nurie.jpg

その月にあるイベントや季節に

ちなんだテーマにご利用者様が

取り組んでおられます。机の前

で色を選ぶ皆様。その色使いは

文字通り十人十色で、その方の

脳内イメージがそのまま作品に

投映されます。「塗絵」の効果

的なポイントはまさにここで、

〝絵を描く〟や〝字を書く〟と

いう行為に比べて得手不得手が

影響しにくいからこそ、他者と

の違いも浮き彫りになりやすい

のです。他者との違いを知ると

いうことは、自身を知るという

ことでもあります。そして自分

を客観的に知るということは、

脳内ストレスを減少させるには

凄く効果的なアプローチです。

『思考→集中→比較→自己対話』

を無意識にルーティン化してく

れるのが「塗絵」の最大利点!

ここ最近一般的にも人気が出て

いる理由も、きっとここらへん

にあるのでは?と推測します。

ちょっと疲れたり苛立つ時には

皆様も「塗絵」、どうですか

アーカイブ

月別 アーカイブ