ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 静と動の二重構造プログラム。

静と動の二重構造プログラム。

デイサービスのレクビリの一コマより…

先日は新考案プログラムで盛り上がり

した!静と動のギャップを応用したその

競技の名は『うちわでワッショイ!』

uchiwadewassyoi.jpg

何かが乗ったうちわを、いかに素早く

で机の縁まで引っ張ってこられるか、

という単純なルールなのですが、問題

はうちわに何が乗っているか…これに

よってどんどん難易度は上がります!

ちなみに写真は中級編で、ラップの芯

が乗っています。上級編は、より設置

面と摩擦少ない軽いゴムボールに。

「ゆっくり、ゆっくり…あっか〜ん!」

「静かに!ちょっと集中させて〜な。」

「このまま、このまま…よっしゃぁ!」

この競技の最大特徴は難易度がアップ

するにつれ、静と動コントロール

どんどん難しくなって行くという点。

イメージとしては、将棋崩しのアクテ

ィブ版といった感じかも知れません

ポイントは!この姿勢での運動は自然

腹斜筋と広背筋に適度な負荷がかか

ところ。増して、上手く引っ張ろう

するほど、自然と背筋がピンと伸び

姿勢になるのでその効果は覿面だと

考えます。もちろん上腕の筋肉に対

るストレッチ効果も見込めますよね。

また「次は何を乗せるか?」について

ご利用者の皆様と一緒に考えることで

あれこれと共通の話題で盛り上がれる

も副次的な効果と言えるでしょう。

ワッショイ!ワッショイ!

応援するご利用者様の元気な掛声と、

それを背にしてゆっくり丁寧にうちわ

引っ張るご利用者様の真剣なお姿。

その風景自体が静と動でもある、二重

構造プログラム効果に手応えあり!

って事で定導入したいと思います

アーカイブ

月別 アーカイブ