ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】依存症とは#17。

【自転車奔走記】依存症とは#17。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第251回。

秋らしい、涼やかな陽気が続いています。皆さま
いかがお過ごしでしょうか?
これから徐々に秋も
深まっていきますが、
紅葉にはちょっと早いみた
いですね。
紅葉シーズン到来の前に体調管理はど
うでしょうか?風邪などひい
ていませんですか?
朝晩と日中の気温差
が大きいこの時期は風邪をひ
きやすい状
況です。体調には十分注意して下さい。
そして、インフルエンザの予防接種もお忘れにな
らないようにしてください。
では、自転車奔走記始まります!
-------------------------------------------------------------

今週からは、アルコール依存症を取り巻く家族の
問題についてお話しします。
実はアルコール依存
症に限らずほぼ全て
の依存症について家族という
ものが大き
な役割を担っています。しかもその役
割に
ついては、プラス面の役割もあればマイナス
面の役割もあるのが実情なんですね。唐突ですが
皆さん『アダルトチルドレン』
という言葉や『共
依存』という言葉を聞い
たり目にしたりしたこと
はないでしょうか?
この言葉、そもそもはアルコ
ール依存症の
治療研究の過程で、アルコール依存
症患者
とその取り巻く家族を観察した結果生まれ
てきた(提唱された)概念なんです。存症とい
う病気が本人だけのものではなく、
家族も含めた
うえで考え取り組むべき問題
であるという事にな
ります。ただ共依存
やアダルトチルドレンといっ
た概念は依存
症という病気を全般的に考える際に
改めて
お話ししたほうが良いと思いますので、今
回からは(アルコール依存症の家族)に限定して
のお話しとなりますので、ご了承下
さいね。

さて、現在では一般的というか標準的になった自
助グループによるアルコール依存症
からの回復治
療はだいたい1930年から40年
頃にアメリカから始
まったとされています。
それらの自助グループを
含めた治療や治療
研究の過程で、以前は本人の意
思の弱さが
根本原因だと思われていたアルコール
依存
症というものが“病気”として取り扱われ、
療や回復に一定の効果を上げるようになっ
てくる
と、ある奇妙な現象が観察されるよう
になりまし
た。というのは、自助グループに
参加したり入院
しての治療を行って一定の
回復を果たしたアルコ
ール依存症患者さんが
家族のもとに帰ると、なぜ
か再び依存症患者
にもどってしまうというものだ
ったそうです。
このことはつまり、家族から隔離
することが
依存症の回復には有効であるという事
と、家
族といると回復が妨げられるケースが往々
して存在するということの証明になってしま
た訳です。このような現実から、アルコー
ル依存
症がいる家族はどのようなものなのか?
またアル
コール依存症の家族は依存症患者
本人に対してど
のように振舞っているのか?
そしてアルコール依
存症の家庭に育った子供
はどのような影響を受け
るのか?という事柄
について研究や考察が始まり、
現在に至って
います。

結論的なことを言うと、アルコール依存症患者の
家族は、その患者本人の回復を
後押しを果たす場
合もあれば、患者本人がアルコール依存症で居続
けることを後押しする存在
場合もありますが、現
にアルコ
ール依存症の患者を抱える家族の殆どは、
族の中のアルコール依存症患者に対して手を
いたり、治療を切に願ったりと一見回復を
切望し
ているように見えて、実はマイナスの
役割、つま
り家族がアルコール依存症を後押
しする存在とし
て無自覚に振舞っているとさ
れています。

おかしな話ですよね。
アルコール依存症の患者さんは、以前お話しした
通り自身の飲酒欲求を抑えることができ
ずにお酒
を飲み続ける訳です。その結果、身
体を壊してし
まったり、社会関係が悪化する、
仕事や社会での
役割を失う、そして家族の制
止も聞かずに飲酒す
る、お酒で家計がひっ迫
する、ひどい時には家族
に暴言や暴力をふる
うなど、色々なトラブルを起
こします。そん
な状況に置かれた家族は、回復を
願いこそす
れ、依存症を後押しするような行動は
取らな
いはずですよね。ところが実は、アルコー
依存症になってしまった家族の回復を願う事
アルコール依存症患者の引き起こす様々
なトラブ
ルから家族を守ろうとする行為その
ものが、結果
としてアルコール依存症からの
回復に繋がらずあ
る意味では助長するような
結果になってしまうん
ですね。なぜそのよう
なことが起こるのが?次回
からもう少し詳し
くお話しをしていきますね。
では、また来週お会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK 

アーカイブ

月別 アーカイブ