ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】依存症とは#10。

【自転車奔走記】依存症とは#10。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第239回。

7月最後の日曜日、皆さまいかがお過ごしで
しょうか?関東地方もようやく梅雨が明けて、
日本全国夏真っ盛りと
なりました。今年は夏
の甲子園に加
えてオリンピックもあり、スポ
ーツ好
きには堪らない夏になりそうですね。
とは言え、連日暑い日が続きますので、くれ
ぐれも熱中症そして脱水症状の予
防に努めて
くださいね。合言葉は
『適温環境と十分な水
分補給』!健康で楽しい夏を満喫しましょう
では自転車奔走記、始まります!
----------------------------------------------------------

前回は依存症という病気の特徴的な症状とし
て「渇望」と「コントロール障害」のお話し
をしました。今週はアルコール依存症に話を
絞って、その特徴的とされる症状についてお
話しをしていきます。まずは『離脱』という
症状について。以前は禁断症状と呼ばれてい
て、中枢神経がアルコールに依存してしまっ
ていることにより起こる身体症状の事を指し
ます。離脱症状は通常であれば血中のアルコ
ール濃度がゼロになる前から症状が現れるよ
うになります。離脱の代表的な症状は…

軽症~中等症の症状として
○手のふるえ ○発汗(とくに寝汗)
○心悸亢進 ○高血圧
○嘔気や嘔吐 ○下痢
○体温上昇、さむけ
○睡眠障害(入眠障害、中途覚醒、悪夢)
○不安感、うつ状態、イライラ感など

重症の症状として
○けいれん発作 ○一過性の幻聴
○振戦せん妄(意識障害と幻覚)

などがあります。振戦せん妄という症状はア
ルコール依存症患者の一番重篤な症状と言わ
れることもある症状です。主な症状には頻脈
や発熱」「発汗などの著明な自律神経機能亢
進」「全身性の粗大な振戦」「幻覚」などが
挙げられています。特に幻覚のなかでは幻視
が多いとされていて、壁のしみが人の顔に見
えるなどの錯視や、作業せん妄が出現するこ
ともあります。

続いて『連続飲酒』という症状があります。
これは症状というよりは前回お話ししたコン
トロール障害のアルコール依存症での典型例
と考えて頂いたほうが良いかもしれません。
連続と言う言葉が示す通り、止むことなく酒
を飲み続ける状態が続く事です。典型的な例
として、目を覚ますと酒を飲み、酔っぱらっ
て寝て、再び目を覚ましてまた飲む…という
ことを繰り返しながら何日も飲み続けます。
この連続飲酒の状態に陥っているときは、飲
むことと酒を買いにいくこと以外のことはほ
とんど何もできない。場合によっては食事す
ら喉を通らない時もあるそうです。そして連
続飲酒状態が数日続くと、さすがに身体がア
ルコールを受けつけなくなって飲酒が止まり、
その後しばらくは飲まないで過ごす。しかし
血中のアルコール濃度が下がると離脱の症状
が出現したりして苦しい思いをするから、そ
れを直そうとしてまた飲酒する、というよう
な負のループ状態に陥ることも珍しくありま
せん。このように連続飲酒とはアルコールに
対するコントロール障害が出現したことによ
って引き起こされる問題飲酒の症状ととらえ
ることもできますね。

さて、前週から依存症患者に広く共通する特
徴的な症状としての「渇望」「コントロール
障害」そしてアルコール依存症患者に特徴的
な症状としての「離脱」「連続飲酒」のお話
をしてきました。これらは主に身体的な症状
についてでしたが、次回はアルコール依存症
患者、あるいは依存症患者に特有の心理的特
性について進めたいと思います。
というところで今週はここまで。
また来週お会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK 

アーカイブ

月別 アーカイブ