ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【日々隆々】GWの由来。

【日々隆々】GWの由来。

【伊藤隆太の日々隆々】2016GW。

みなさま、ご無沙汰しております!

久々の不定期連載【日々隆々】、お相手は

松阪施設のショート管理者・伊藤隆太です。

ご存知の方も多いかと思いますが、もともと

ゴールデンウィークという名称は日本の映画

業界で創られた用語です。日本において映画

産業が栄えていた昭和20年代中期、それまで

正月やお盆がいわゆる「稼ぎどき」とされて

いましたが、当時の映画会社・大映の作品

「自由学校」がこの時期に公開され会社創設

以来の最高売上を記録。業界に於いて「興行

成績が良い週間」という意味で、当時の映画

会社役員によって作られた和製英語で、その

後世間広くで使われるようになったのが一般

的に知られるところです。

 

という事で今回は、三度の飯より映画好き!

の私が本ゴールデンウィークにオススメする

映画の紹介です。この時期は基本的にアニメ

や子供向け映画、ハリウッド超大作が公開さ

れる傾向にありますが、やはりアカデミー賞

関連の「スポットライト」「マネーショート」

「ルーム」などは巧みな演出、巧みな演技が

堪能できるという意味でもどれもハズレなし。

邦画では漫画が原作のパニックホラー作品で

ある「アイ アム ア ヒーロー」、そのほかには

上の句・下の句の前後編から成る「ちはやふる」

(特に後編がGood!でした)がオススメです。

がっっ!

これらの作品のすべて吹き飛ばしてしまう位

インパクトが強かったのが「レヴェナント」

revenant.jpg

物語(実話)自体は簡単に言うとサバイバル

ものなのですが、原野での人工的な照明を

一切使わない撮影やカットを割らない長回し、

主演二人の素晴らしい演技(ディカプリオは

アカデミー賞受賞)等々。特に撮影がとにか

く素晴らしく、家のテレビなどでの鑑賞では

その良さの半分も伝わらないと感じるほどの

スケール、そして繊細なタッチで、撮影監督

のエマニュエル・ルベツキはこの作品で三年

連続アカデミー賞受賞の快挙を達成しました。

ここまでに技法・技巧がハイレベルな作品

滅多にはお目にかかれないという意味でも、

出来る限り映画館で観て頂きたい作品です。

機会があれば、ぜひともご観賞下さいませ!

 

それではまたの機会にお会いしましょう。

【日々隆々】ナビゲーターは伊藤隆太でした。

みなさま、素敵な連休をお過ごし下さい…

アーカイブ

月別 アーカイブ