ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > そんな手になりたい。

そんな手になりたい。

1858年の今日3月30日あるものが

発明されました。それが、誰しもが

一度は使った経験があるであろう、

あの「消しゴム付きの鉛筆」です。

今から158年も昔の発明であるのに

かかわらず、当時と形状も変わらず

現在も世界中の人々に愛され続けて

いる事を考えると、いかに凄い発明

であるかがうかがい知れますよね。

現在では子供達でさえ、鉛筆を使う

機会が減っていると聞きます。大人

である私達になるとなおさらの事で

ものを書く時に使うのはボールペン

かシャーペンばかりになりました。

そのボールペンやシャーペンも日進

月歩でどんどんと進化しています。

急速な機能向上に驚くばかりなので

すが、便利でスタイリッシュな筆記

用具の恩恵を受けつつもふと鉛筆の

感触が懐かしくなったりもします。

pencil_with_eraser.jpg

たきびのご利用者の皆様は圧倒的に

鉛筆ユーザーが多く、日記やメモ等

概ねマイ鉛筆をご使用になります。

時々鉛筆が恋しくなる理由の一つは

そんな皆様の姿を日頃拝見している

からかも知れません。そして何より

皆様鉛筆がよく似合う手なんです。

皺や血管やシミ…歴史を刻んだ手と

鉛筆のマッチングがとても格好良く

て惚れ惚れする瞬間さえあります。

近くで拝見すれば、誰だってきっと

「いつの日か、自分もあんな風に

      鉛筆の似合う手になりいなぁ 」

と、感じるのではないでしょうか。

文字の特徴が出やすく、筆圧によっ

て感情さえ伝わる鉛筆の底力。もう

一度信じてみたくなってきました。

アーカイブ

月別 アーカイブ