ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【ウッチー輪ばなし】尊厳を持って。

【ウッチー輪ばなし】尊厳を持って。

【ウッチー輪ばなし】連載・第239回。

みな、みなさま、こんにちわ!お元気ですか!

おなじみ土曜日のお相手は、ケアステーション

たきび松阪施設長のウッチーこと内田英希です。

少し暖かくなってきましたねしかも、確実に

春の足音を感じさせるポカポカとした暖かさで

昼間は上着を一枚脱がないと暑いぐらいです。

いよいよ季節が動きはじめました!春よ来い ♪

 

さて、今週も『新入職員研修』についてです。

ここまでとても順調に進んでいて、我々の立場

としても一定の手応えを持っているのですが、

その中でもとりわけ新人たちに響いたであろう

講義がこちら↓↓の「人体を知り尊ぶ」でした。

teach_to_newer.jpg

人体模型を用いてそのメカニズムを分かり易く

説明する講師の看護師・上野美季。その上で、

なぜ人は脳梗塞を起こすとその反対側が麻痺を

起このか?なぜ人は心臓に異変が起こると

息苦しくなるのか?しゃっくりとは何なのか?

など、より具体的な現象理論を取り上げます。

ワタクシ自身、後方から聞いていたのですが、

本当に為になる授業で感銘を受けたほどです。

介護スタッフが医療・看護行為を行うことは

ありません。しかしそれを知っていればこそ

異常の早期発見や、看護師や医師への的確な

報告にも繋がります。そして何より、人体

いかに神秘的かを知ればこそ〝人間の尊厳〟

を意識して介護業務に臨める思うのです。

講義最後、新人たちから質問攻めが始まると

上野ナースはタジタジになりつつも、とても

嬉しそうな表情でした。その笑顔が本授業の

大きな収穫を物語っていた気がします。


それでは今週はこれにて失礼いたします。

また来週、元気にお会いしましょうね!

PLEASE TAKE CARE , EVERYONE 

アーカイブ

月別 アーカイブ