ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】ちょっと一息。

【自転車奔走記】ちょっと一息。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第288回。

三月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?早春とは言え、名残の雪がチラホラと舞
っていました。まだまだ気候は不安定
ですので、
体調管理には十分お気を付け下さいね。

さて…
今週は月初めの「ちょっと一息」コーナー。
先日、去年に腰を痛めてから半年以上遠ざかっ
ていた自転車に久しぶりに乗ってみました。
まあ予想していたとはいえ、足は回らないわ、
息は切れるわ、坂道では足が攣りそうになわ…
と散々でしたが、合計1時間程度のライドで前
傾姿勢を続けても腰が痛くならなかったのは幸
いというか収穫でした。暖かくなるのに合わせ
て、腰の様子をみながらボツボツと遠ざかって
いた間にすっかり失われた脚力や心肺機能を回
復していこうと目論んでいます。
知り合いに「ヒルクライムレース」と言って、
坂道や峠道を自転車で登攀するレースによく出
場している市民レーサーの自転車乗りがいます。
彼は数年前大きな事故に遭って1年以上満足に
自転車に乗れない生活が続いていましたが、
見事レースにカムバックした方です。その彼曰く
『怪我をしたり体を痛めたりした場合、歳を重ね
    るごとに体の回復は遅くなるし、回復しても怪
    我の前と後の体力や能力レベル差が大きく開い
    ていく現実がある。でもその事実はしょうがな
    いし、無理なものを追い求めてストレスになっ
    たり自分を無理に追い込んでさらに故障を重ね
    るのも違うと思う。今の自分は以前のようにバ
    リバリ自転車で走れないからこそ、レースで競
    る楽しみからレースに参加できる楽しみに気持
    ちをシフトした。出場するレースの数も絞って、
    そのレースに参加する事を目標にして1年単位で
    トレーニングの計画を立てて実行し、無事参加
    できて完走できた時が一番嬉しい。』

とのこと。リハビリテーションの考え方に一脈通
じる話に、今更ながら深く頷いています。

スポ根世代ですので♪思い込んだら試練の道を~
行くが男のど根性ぉ~的なことは大好きですが、
「今できることをできる範囲で楽しむ」という考
え方も大切ですねという事で、1年後のレース
参加に向けて早速トレーニング計画を思案中の
ヒロモリでございます。
では、今週はここまで。
来週もお楽しみにお待ち下さい。
SEE YOU NEXT WEEK!

アーカイブ

月別 アーカイブ