ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2016年3月アーカイブ

明日は「企業説明会」だぁ!

明日は新年度の初日です。今日と明日と

では環境がガラッ変わる方も多いこと

でしょうたきびに新たな仲間たちが

入社して来るのも明日!研修期間を終え

若者たち、がいよいよ現場に出て名実

チームメイトとなる記念すべき日。

毎年4月1日は特別な意味を持つ日です。

なおかつ!今年の4月1日、つまり明日は

2017年度 新卒採用希望者を対象とした

『第1回・企業説明会』も開催されます。

いつもの輪に加わる新しい仲間、それ

見つめるのは、来年仲間になるも知

ないスーツ姿の若者ら…今年の4月1日

例年以上に特別な一日になうです!

ちなみに『企業説明会』への参加予約は

本日まで受け付けておりますので、再度

詳細を記載しておきます↓↓。もし興味が

ある学生さんは、まだ間に合いますので

ぜひ予約をした上でお越し下さいませ。

for_the_flag.jpg

【4月期・第1回開催要項】

日時:2016年4月1日(金)/ 13:30〜

場所:ケアステーションたきび松阪施設

内容:当社事業内容、理念や特徴の説明

           質疑応答(個別対応可)、見学会

※受付は開催30分前より開始いたします。
※当日、自家用車でお越しになる際には、
当施設正面駐車場をお使い下さいませ。
※説明会参加には、事前エントリーが必要
になります。下記をご参照下さいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月31日18:00までエントリー受付け中
リクナビ登録済みの方はこちら→
リクナビ
当社ページより参加エントリーをどうぞ!
そうでない方々は、まずは ☎︎0598-53-1444
までお電話を頂いた上で、「4月期・企業説
明会の件で…」とお申し付け下さいませ。

新たな年度の始まりは、新たな

きび物語の始まりでもあります

そんな手になりたい。

1858年の今日3月30日あるものが

発明されました。それが、誰しもが

一度は使った経験があるであろう、

あの「消しゴム付きの鉛筆」です。

今から158年も昔の発明であるのに

かかわらず、当時と形状も変わらず

現在も世界中の人々に愛され続けて

いる事を考えると、いかに凄い発明

であるかがうかがい知れますよね。

現在では子供達でさえ、鉛筆を使う

機会が減っていると聞きます。大人

である私達になるとなおさらの事で

ものを書く時に使うのはボールペン

かシャーペンばかりになりました。

そのボールペンやシャーペンも日進

月歩でどんどんと進化しています。

急速な機能向上に驚くばかりなので

すが、便利でスタイリッシュな筆記

用具の恩恵を受けつつもふと鉛筆の

感触が懐かしくなったりもします。

pencil_with_eraser.jpg

たきびのご利用者の皆様は圧倒的に

鉛筆ユーザーが多く、日記やメモ等

概ねマイ鉛筆をご使用になります。

時々鉛筆が恋しくなる理由の一つは

そんな皆様の姿を日頃拝見している

からかも知れません。そして何より

皆様鉛筆がよく似合う手なんです。

皺や血管やシミ…歴史を刻んだ手と

鉛筆のマッチングがとても格好良く

て惚れ惚れする瞬間さえあります。

近くで拝見すれば、誰だってきっと

「いつの日か、自分もあんな風に

      鉛筆の似合う手になりいなぁ 」

と、感じるのではないでしょうか。

文字の特徴が出やすく、筆圧によっ

て感情さえ伝わる鉛筆の底力。もう

一度信じてみたくなってきました。

【日々隆々】十七音の風景。

不定期連載【伊藤隆太の日々隆々】2016・春盛。

不定期連載【日々隆々】久々の連載になります

お相手はショートステイ管理者の伊藤隆太です!

センバツ高校野球も残すところあと2日間となり、

開花しはじめた桜に誘われ、行楽地はファミリー

やカップルの姿で賑わっています。春ですね。

まだ冷え込みが目立つ日もありますが、確実に

季節が動いていることを実感できる今日この頃。

当たり前に流れる時が愛おしくなったりします。

 

さて本題です、、

ご利用者様方は皆様それぞれに趣味をお持ちで

いらっしゃいます。その中でも比較的多いのが

俳句や川柳。紙と鉛筆さえあれば手軽にできて

自分らしさも表現できるというのが人気の理由。

女性ご利用者であるG様もそのお一人なのですが、

先日、G様がある本をお勧めして下さいました。

silver_senryuu_vol2.jpg

「シルバー川柳」です第一弾が大好評で話題に

なりましたのでご存知の方も多いかと思いますが、

2冊目もかなり秀逸な内容で感心してしまいます。

思わずクスッとくる作品から、ホッコリする作品

やジーンと胸が熱くなる作品まで実にバラエティ

に富んでいます。読む側の世代によって感じ方は

様々かと思いますが、これらの作品を通して少し

でも高齢者世代のナイスセンスやライフスタイル

が身近に感じて頂けるといいなぁと思いました。

歳を重ねるごとに楽しいことが沢山あるかも?

と、そんな風に感じさせてくれる素晴らしい二冊。

未見の方は、ぜひとも一度手にとって下さいね!

〝介護して  ふたたび芽生える  夫婦愛…〟

十七音のドラマから皆様は何を感じるでしょう?

 

それでは近いうちにまたお会いしましょう。

不定期連載【日々隆々】お相手は伊藤隆太でした!

そしてまた次の夢を見る。

ショートステイご利用中であるT様。

そのT様の『百寿』を祝福するため、

地元松阪市の竹上真人市長がご来訪!

ceremony_for_100years.jpg

地元テレビ局も取材に訪れ、とても

華やかな雰囲気の中で行われた祝福

セレモニー。一家総出で駆けつけて

下さったご家族をはじめ、他ご利用

者様やスタッフら…と多くの人達に

に見守られながら市長の祝辞に耳を

傾けるT様。 その際、周囲のご利用

者様方も目を閉じて真剣に聞き入っ

ていらっしゃる姿が印象的でした。

その後の表彰状贈呈式では、割れん

ばかりの大拍手に包まれたホール。

受け取った賞状を高々と掲げたT様

は少し照れ臭そうな表情を浮かべつ

つも、この瞬間の嬉しさを隠し切れ

ない感じで何とも幸せそうでした

それにしても、この仕事をしていて

ここ最近特に実感するのが長寿化!

数年前に比べると、100歳を超える

ご利用者様もグッと増えています。

新聞やTVニュースなどの報道では

あたかも長寿化そのものが社会問題

のように取り上げられがちですが、

介護の現場にいる私たちからすると

〝 長生き=素晴らしい=羨ましい 〟

の一言。年齢と共に身体機能は低下

しても心は元気!そんな皆様と日々

を過ごしていると、自分も長生きし

たいと心の底から思います。因みに

T様に目下の夢をおたずねすると、

「2020年東京オリンピックを見る!」

ことだそうです叶いますように…

【自転車奔走記】走り書きの恐怖。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第291回。

いよいよ4月も目前!3月最後の日曜日となり
ました。皆様いかがお過ごしで
しょうか?
なにかと忙しい年度末ではあ
りますが、気持ち
よく新年度を迎える
ためにも、風邪などひかな
いよう体調
には十分ご注意くださいね。

さて突然と言えば突然ですが…ここ数年、齢を
重ねるごとに腹の脂肪の厚み
はズンズン増すの
に記憶力がどんどん
薄~くなっていく悲哀を身
に染みて感
じています。ケアマネ稼業に限らず
すが、仕事上の連絡や報告はそれこそ365日、
24時間、時と場所を
選ばずに入ってきます。
携帯電話が普
及してからは、入浴中でもトイレ
中でも電話がかかってくることしばしば。

仕事の迅速化と合理化の意味では非常にありが
たい話なんです。ですが…
ただ困るのが運転中
なんですね。
車に乗った瞬間にハンズフリーの
端末を付けるので電話に出ることは可能ではあ
るんですが、その内容が会議
や面接の日程など
スケジュールに関す
る事だと少々困った事態、
平たく言え
ばメモを取れない→記憶が曖昧にな
という事態が出現することになるんですね。

近くにコンビニの駐車場でもあれば一旦車を止
めてメモをする事が出
来るんですが、近くに駐
車スペースが
無い時なんかは忘れないようにと
ブツブツ
復唱し続けて、信号待ちの間にチョイ
チョイとメモをする事になり
す。結果、走り
書きのようになってしまい…
後で見返したとき
「なんじゃこの字???」と
ミミズの這った跡
のような、はたまた
暗号のような意味不明の記
号の解析が必要となるわけです
結局失礼を承
知で先方に連絡
をして、もう一度お聞きする事
になる
んですね(泣…)。

最近は専用のアプリを使うようになったので、
このよ
うな事態はめっきり減りましたが、例え
事務所にいる時でも忙しい時はついつい「後で
清書すればいいや!」と走り
書きになってしま
いがちです。メモは
取るのが重要ではなく、後
で確認する
ためのもの。皆さん!メモはゆっく
落ち着いて取りましょう!という教訓、、
言うか自戒の意味を込めてのお話で
した。

という所で今週はここまで!
このところ軽めのお話が続いていますが、現在
新連載の準備をしています。
もうすぐ開始でき
そうですので、もう
少しお待ち下さいね。
ではまた来週お会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK 

【ウッチー輪ばなし】レアチロル。

【ウッチー輪ばなし】連載・第242回。

みな、みなさま、お元気でしょうか

完全に春を迎えました…とは言いながら

まだ満開の桜にはお目にかかりませんし、

ここ数日は肌寒い毎日が続いています。

センバツ高校野球が佳境を迎えた頃から

正真正銘の春になるのかも知れませんね。

もう少しだけ冬の余韻を楽しみましょう!

 

さて、ワタクシは甘いものが好きです。

それと同時にかなりのミーハータイプ

昔から、世間で騒がれているものには、

割とすぐ興味を示してしまう性分です。

そんなワタクシが最近入手したのが…

ROYCE.jpgのサムネール画像

チョコレートメーカー「ROYCE」と

「チロルチョコ」のコラボ商品なのです!

しかもセブンイレブン限定でしか販売されて

いません。限定という言葉にめっぽう弱い…

発売は2月上旬でしたが、それ以降セブンに

立ち寄るたびに探し続けて、念願のGET

実はこの商品、過去商品の再販なんです。

以前は発売した直後から各地で売り切れが

続出だった為、再販の運びとなった様です。

今回も予想通りに売り切れが続出している

模様ですので、もしもセブンでお見かけの

際には、ぜひ記念に購入されてはいか

しょう!?甘い想い出になるかも…です!

 

以上、

3月最後の【ウッチー輪ばなし】でした。

来年度も本連載ならびにC.S.たきびを

なにとぞよろしくお願い申し上げます。

それではみなさま Please take care 

【生搾り】第310回『忘れじの一話』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第310回
『忘れじの一話』の巻。


<今週のテーマ>

過去に読んだ、観た、聴いた
作品の中で未だに忘れられない
「ある一話」についての談論。
今考えると、自分の人生に影響
を与えていた…そんな一話が、
きっと皆様にもおありではない
でしょうか?御一聴をどうぞ!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、伊藤隆太、
三浦真弥、伊藤亜也子、大西竣也、
岩佐雅之、高瀬和良。
------------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

マイルームサインは目線の先に。

ショートステイ各居室のネームプレート

の下には、こんな感じ↓↓でちょっとした

アクセサリーが飾られています。これは

お部屋によってお花であったり、写真で

あったり絵であったりと全て違います。

myroom_sign.jpg

皆様もホテルなどで経験がおありか

思いますが、同じ形状・同じ色

扉がいくも並でいると「あれ?

自分の部屋はどこやったかいな…」

となることがあったりしますよね。

このアクセサリーは、そんな現象を

回避するためにスタッフ達が考え

アイデアなんです!ご利用者様方

部屋にはネームプレート、つまり

ご自身の名前が書いてあるのですが

身体状況や体型によっては見にくい

というケースも少なくありません。

そんな時こんな風にアクセサリーが

付いていると、遠くからでも分かる

マイーム確認サインになります

大切なのは、その方の目線の

合わせセッティングすることです!

皆様なら、何を飾りたいですか…?

メンテナンスはひっそりと。

スタッフに健康診断があるように、

施設館内の設備にもメンテナンスが

必要です。小さなものから大掛かり

なものまで様々ありますが、それら

はほとんどの場合、ご利用者様方が

自室へ戻った夜間帯に実施します。

changes_ventilation_funs.jpg

写真は先日行われたショートフロア

の換気扇交換の様子。事前に工務店

や建築メーカーの担当者とじっくり

相談して最良の解決策を探ります。

その後、ご利用者様の生活を優先し

いつも遅がけの時間にこうしてメン

ナンスをして頂いている訳です。

ホントにありがたくて心強い限り

365日・24時間動き続ける介護施設

にとって、彼らは絶対不可欠な大切

存在。いつも有難うございます!

スローイング神経衰弱。

デイサービス、午後の一コマよりどうぞ…

昨日のレクビリは綺麗なフラワーパネル

使用した『スローング神経衰弱』でした!

hanabatake_2016.jpg

このフラワーパネルは、あれこれルール

を工夫することによって様々なレクビリ

へと応用が可能な優れもの。その中でも

『スローイング神経衰弱』はご利用者様に

とても人気の高い競技ルールは極めて

簡単で、パネルの周囲に座って頂いたら

手元の2個のお手玉をパネルへ投げます。

パネルは全て同じもの2枚で1組セット

なっているので、両方のお手玉が同じ花

に着地すればパネルゲットになります

何かに似ているでしょ?そうです、かの

有名なとランプゲームの神経衰弱です!

場の残り組数が少なくなるにつれて徐々

難しくなるため、ゲットしやすい組を

早めに手堅く狙うのが大きなポイント。

狙いOK、強さOK、集中OK…ポイッ…

「ヴァァ〜!行き過ぎてしもぅたぁ〜」

「よっしゃ、次は私!いただくよぉ〜」

ご利用者様方は苦戦を強いられながら

も終始大笑いで大盛況となりました。

ひと段落しておやつタイムを迎える頃

「あんなに花見たら心が落ち着くわ。」

と、あるご利用者様が呟かれました。

色とりどりの優雅な花々。確かにその

写真群を見ているだけでも充分に視覚

リラックス効果になりそうですね

秋には秋の、春には春の。

春分の日を過ぎて選抜高校野球が

はじまると、いよいよ春が来たな

と実感します。まだまだ肌寒さは

残るものの、今年も長かった冬が

終わりを告げ待望の春到来です!

先日、ご利用者H様からご自宅の

咲いたお花を頂戴しました

sazanka_and_takibi.jpg

「ありがとうございます!これは

…椿ですよね?」とH様に尋ねる

スタッフに対し、その近くにい

っしゃった別のご利用様が

「違う!これはなぁ山茶花や。」

とのお言葉。最初はえっ!?と

なってしまいました。なぜなら

山茶花と言えば秋に咲く花とい

う印象しかなかったからです。

「当たり!これ山茶花なんさ。」

と答えるH様は、それに続けて

「意外やろ?でもなホレ、ここを

 よ〜く見てみぃ。葉っぱの先が

 ギザギザっとなっとるやろ。」

と丁寧に教えて下さいました。

さらに詳しくお聞きしますと、

数は少ないが春に開花する品種

山茶花があるのだそうです。

♬ 山茶花・山茶花・咲いたみち〜

有名な童謡『たきび』の歌詞では

秋の描写として出てくる山茶花。

あまりに強いその印象とは裏腹に

秋には秋の、春には春の山茶花が

あるんですね。よしっ!私たちも

〝春のたきび〟らしく行きますよ

【自転車奔走記】サクラサケ。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第290回。

日増しに暖かくなってきました。いや~春で
すね!皆様いかかお過ごしでしょうか?この
時期になると桜の開花予想がちらほらと聞こ
えてきますが、あまりの暖かさに今年の桜は
あちこちの地域で一気に満開!?なんて話も
聞きました。朝起きたらパッ!と
満開っての
も面白い気はしますが、やっぱり
桜前線北上
と共に徐々に開花していく方が
なじみと言う
か趣があるような気がします。

ところで皆さん桜の開花のしくみってご存知
でしょうか?開花と気温の上昇が関係してい
る事はワタシも知っていましたが、良い機会
のでちょっと調べてみました。桜の花芽
(「かが」と読みます。)は、前年の夏つま
り花が散った後に形成されるんですが、それ
以降は「休眠」という状態になって、これ以
上生成されないまま冬を秋~冬を迎えること
になります。本格的な冬が始まると、休眠し
ている花芽は、一定期間冬の低温にさらされ
ることになりますが、実はこの時期が重要な
んですね。冬の寒い気温にさらされるという
ことはイメージ的には“冬眠”状態が続きそう
な感じですが、実は低温に一定期間さらされ
ることで桜の花芽は眠りから覚め、開花の準
備を始めるそうなんですね。因みにこれを
「休眠打破」といいます。何か健康飲料の商
品名みたいですがこの休眠打破が起こらな
いと花芽は成長を始めないんですね。

そして冬を越して春を迎え、気温が上昇する
にともなって花芽は成長(「生成」と言う
うです)し、気温が高くなるスピードにあ

せて、花芽の生成も加速していき、生成の

ークをむかえると開花!という具合になる

うです。改めて調べてみると非常に興味深

ですね。特に「休眠→休眠打破→生成→開花」
という私達が満開の桜を目にするまで間に桜
の木々が営むプロセスが「シーズンオフ→
主トレ開始→キャンプイン→ペナント開幕!」
という流れにダブるのは私だけでしょうか?

今日から春のセンバツ甲子園の開幕です!
我らが三重県からはいなべ総合が出
場します。
そしてプロ野球公式戦も後を追うよ
うに始ま
ります。桜の開花は野球シーズンの到
来の祝
花!今年も沢山のドラマを期待しているヒロ
モリ
でございます。という所で、今週の自転
車奔走記はこれにて
ゲームセット!
また来週お会いしましょう 
SEE YOU NEXT WEEK!

【ウッチー輪ばなし】安全グリップ。

【ウッチー輪ばなし】連載・第241回。

みな、みなさま、こんにちわ。

まさに春到来という暖かさが続いています。

夏男でおなじみ!?のワタクシは、元来が

寒さよりも暑い方が好きなのです、、が、

花粉飛散が悩ましい季節でもありますよね…

ん〜、でもやっぱり暖かい方が好きです!

長い冬がやっと終わりそうな気配ですね。

 

さて先日、送迎車輛内のあるものを新調

しました。それはがこの↓↓グリップです!

motite.jpgのサムネール画像

ご利用者様の乗り降りや乗車時の安楽な姿勢

の確保サポートできる便利で安全な道具

握りやすさと柔らかさに優れていて、皆様に

とてもお喜び頂いております。写真でご覧に

なっても、触り心地の良さが伝わるのでは

ないでしょうか?ちょっとクセになる感じ

ご利用者の皆様にとって、車の乗降は想像

以上に困難で、ご利用者様の状態によっては

純正手すりだけでは安定感に欠ける場合が

多々あります。しかし、これがあるだけで

ご本人様的にも介助者側も、かなり窮屈さ

が解消されて安全な体勢での移動が可能に!

とても小さな物ですが、大きな功績を残し

くれるこのグリップ。純正手すりに対して

身体状態に合わせ好みの場所に装着出来る

のも大きなメリットですね!この優れもの、

たきびの車両1台複数装着されています。

 

それでは今週はこの辺で失礼いたします。

また来週の土曜日にお会いしましょうね!

PLEASE TAKE CARE , EVERYONE 

【生搾り】『親の介護を考える』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第309回
『親の介護を考える』の巻。


<今週のテーマ>

今週は「自分の親の介護」に
ついての談論を配信致します。
誰にとっても他人事ではない
不変のテーマである親の介護。
御一聴の上、皆様もこの機会
にぜひ一度お考え下さいませ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、伊藤隆太、
三浦真弥、伊藤亜也子、大西竣也、
岩佐雅之、高瀬和良。
---------------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

気が付けばシャッカシャカ。

ショートステイのご利用者様の間で密かに

ブームになっているのがこの↓↓アイテム

colar_ball_w.jpg

マラカスのような、鉄アレイのような

こちらの名前は『シャッカシャカ』!

両手で持ち、シャカシャカ振りながら

2色の玉を左右色違いに分けることで

活性化と手先の運動を図ります。

かなり難しいのですが、実は難易度の

高い3色バージョンもあるんですよ

少しの空き時間などを上手く活用して

シャッカシャカ・シャッカシャッカ…

ご利用者様方は今この音に夢中です!

そうか、卒業式の桜は...

卒業シーズン真っただ中ですね

出会い別れ、不安と希望が交錯

するこの季節。自分自身は当事者

関係者でなくとも、ふっとした

瞬間に遠き日を回顧しいを馳

てしまったりするものですよね。

写真の桜はショートのご利用者様

が力を合わせて制作されたもの!

sakura_in_full_bloom.jpg

お花見の満開桜ではなく、あえて

「卒業式と桜」をテーマに設定して

作っただきました。正直な所

最初に完成作品を拝見した際には

ちょっとピンクの面積が少なくて

物足りないような気がしました。

が!ここからがとても不思議なの

ですが、作品を本館3階のフロア

飾りあらためて鑑賞してみると、

卒業式あの切ない記憶が胸の

へとリアルに迫って来るのです。

…卒業証書の黒筒

… 抜けるような空

…同級生たちの声

…先生がたの笑顔

…制御出来ない涙

そうか…卒業式のあの桜は

咲き揃っていなかったなぁ

もしも機会があれば、皆様もこの

作品前に立って、ご自身の卒業

の想い出にどっぷり浸ってみて下

さいませ。素晴らしい作品です!

新人研修はクライマックスへ。

今春入社する新人スタッフを対象にした

『新人育成研修』も残すところあと僅か。

先日はデイサービス三浦主任による介護

実技の授業で車いす操作や身体介助方法

などの介護動作のベースを学びました。

lecture_for_newstaff.jpg

新人たちにとっては何もかもがはじめて

の経験ばかりですので、戸惑いや不安が

かなり大きく自信なさげな様子でした。

が!それで良いのです…いやむしろその

方が良いのです!前提条件として不安を

持てない人間に介護は向いていません。

自分の中にある不安を、いかに自信へと

るか?を真剣に考える瞬間にこそ、

技術は進歩するものだと思うからです。

肝心なのは、何かが出来るようになった

あと、それでも不安を持って考え続ける

こと。極端に言えばベテランになっても

自分の技術を常に疑い続ける姿勢です。

この日の研修は講師にとっても、初心に

帰れるとても貴重な時間となりました。

新人たちにはこの日抱いた不安を決して

忘れず、そしてベテランにはこの日抱い

た発見を忘れずいて欲しいと思います。

企業説明会開催のお知らせ。

2017年度新卒採用希望者を対象とした

『会社説明会』の第1回日程が下記の通り

決定しましたので、お知らせ致します。

2016_kaisyasetumeikai.jpg

【4月期・第1回開催要項】
日時:2016年4月1日(金)/ 13:30〜
場所:ケアステーションたきび松阪施設
内容:当社事業内容、理念や特徴の説明
      質疑応答(個別対応可)、見学会

※受付は開催30分前より開始いたします。
※当日、自家用車でお越しになる際には、
当施設正面駐車場をお使い下さいませ。
※説明会参加には、事前エントリーが必要
になります。下記をご参照下さいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
両日ともに、現在
エントリー受け付け中
リクナビ登録済みの方はこちら→
リクナビ
当社ページ
より参加エントリーをどうぞ!

そうでない方々は、まずは ☎︎0598-53-1444
までお電話を頂いた上で、「4月期・企業説
明会の件で…」とお申し付け下さいませ。

どうぞお気軽に
ケアステーションたきび・人事部でした!

【自転車奔走記】七日間の孤独。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第289回。

寒の戻りというのか、真冬並みの冷え込みに
少々びっくりしています。皆様いかがお過ご
しでしょうか?今頃と言ってはなんですが、
今月に入ってか
らバタバタとインフルエンザ
に罹った方がワタシ
の周りで出てきました。
基本的にインフルエ
ンザウイルスの活動が活
発というか感染が多
くなるのが日本では冬季
というだけで、ウイ
ルス自体は夏でもいます
ので、3月に入って
から罹患してもおかしく
はないんですが、時
期ずれ流行性感冒に少々
驚いているの
と同時に気を引き締めています。

先日もワタシの担当の方で一人インフルエン
ザに罹った方
がいました。幸い発見が早く、
投薬等の治療
も即座に受けることができたの
で、1~2日
で高熱も収まり大事には至りま
せんでした。
ただインフルエンザに罹ると最
低5日間くら
いは外出を控えて頂く必要があり
ますので、
その間の支援をご家族さんで分担
しな
がらの生活になりました。色々不自由も
あっ
たと思いますが、しっかり自宅療養して
いただいたおかげで体調も回復し医師からも
OKが出たので、晴れてデイサービス等のサ
ービス利用再開となったわけです。

その際にご本人さんとお話をしたのですが、
『何が辛
かったと言えば、体がしんどい事よ
りも、誰
と会う事もなく家で一人ポツンと居
なくては
いけない事が一番ストレスだった…』
との
事でした。この方は一時的に孤独の状態
に置
かれざるを得なかった訳ですが、この孤独
言う状況も時限的なもので、インフルエンザ
の感染防止というしっかりとした理由があり、
1週間程度という期間限定の条件下でのもの
すが孤独を感じて辛い思いをされた
んです。
このことから「人と接する事が
できない」と
いう状況を強いられることから
くるストレスは
相当なものであろうという事
を改めて思い知ら
されました。「孤立」「孤独」
「無縁」等々、
老若男女を問わず人や地域社
会との交流が無い、
あるいは極めて薄い状況
を表す言葉が溢れてき
ている昨今の社会状況
について、改めて考えさ
せられた出来事でした。

とは言え、インフルエンザを始め体調管理が
事なことは変わりません!「梅は咲いたか
桜は
まだかいな?」早春の趣深い愉しみを
満喫でき
るよう、お元気に過ごしましょうね。
では、今週はこれにておしまい。
また来週お会いしましょう!
SEE YOU NEXT WEEK 

【ウッチー輪ばなし】第二弾!

【ウッチー輪ばなし】連載・第240回。

みな、みなさま、こんにちわ

随分暖かく、というか春らしくなりましたね。

過ごしやすくなるとともに、心も自然と軽く

なってくるのを感じるワタクシ、内田です!

では早速ですが本題に入らせて頂きますね。

先日のことです…

済生会松阪総合病院様の事業スペシャリスト

看護師・出張講座」第二弾を開催しました。

classes_by_pro.jpg

今回のテーマは『がん』。現在の日本においては

国民の半数が罹患するというデータのあるがんと

いう病気。その病気をしっかり学ぶべく今回の

講義に至りました。今回講師を務めて下さった

スペシャリストナースは緩和ケア認定看護師の

藤解すみ子さんと、がん看護の専門看護師である

村木明美さんのお二人です。まず藤解さんから

緩和ケア病棟の本人へのケアの実際と、ご家族

へのケアや連絡調整についての講義があり、その

あとを受けて村木さんによる、がんの疾病内容・

軌跡や状況・身体状況や症状の出現などを詳しく

教えていただきました。中でも印象的だったのは

QOL(生活の質)についての見解部分で、これは

がん患者さんだけでなく、高齢者の皆様へのケア

にも通じる必要不可欠な技術だと強く感じました。

広い範囲の中から、私たちが学びたいポイントに

うまくスポットを当てながらご教授下さったので

全体的にとても理解しやすい研修となりました。

参加したたきびの看護師はじめ、介護員達も皆

有意義な時間に深く感銘を受けた様子で、研修後

もあれこれと話し込んでいる姿が目立ちました。

お越し下さったお二方、普段は聞けない貴重な

講義・実技をまことにありがとうございました!


それでは今週はこれにて失礼いたします。

来週は更に春めいているかな…Please take care

BE THE LIGHT

毎年3月11日の14時46分になると

スタッフたちは仕事の手を止め、

自分の持ち場で黙祷を捧げます。

be_the_light_3_11.jpg

今日で「東日本大震災」から5年。

これから先何年が経っても、決して

忘れず、考え続け、伝え続けます。


震災でお亡くなりになられた方々の

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

【生搾り】『JR事故の最高裁判決』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第308回
『JR事故の最高裁判決』の巻。


<今週のテーマ>

平成19年に愛知県で発生した
認知症男性によるJR人身事故。
その損害賠償請求裁判の最高
裁判決が今月1日に下りました。
今週はこの最終判決を受けての
話しです。8年間に渡るこの裁判
が私たちに投げかけている事と
は果たして何なのでしょうか…
ぜひ一緒に考えてみて下さい。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、伊藤隆太、
三浦真弥、伊藤亜也子、大西竣也、
岩佐雅之、高瀬和良。
-------------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

雨音をかき消したのは...

ザーザーと一日中雨が降り続いた昨日。

どことなく憂鬱だった空気を打ち破って

くれたのは音楽サークル『かのん』様

cannon_sama_2016_march.jpg

冒頭の挨拶でご利用者様から大きな笑い

を取った後は、お馴染み名曲メドレー

どこかで春が・ひなまつり・北国の春・

仰げば尊し・青い山脈…次々繰り出され

る春の歌。気づけば皆様は大合唱です!

窓を叩いていた雨音は、響き渡る歌声と

手拍子とで完全にかき消されています。

アンコールでは今日一番の大合唱となり

60分のパフォーマンスが終わった頃には

ガラス窓が曇るほどに熱気でムンムンな

デイホールでした。歌って素晴らしい!

『かのん』様、充実した空間を演出して

下さり、誠にありがとうございました

花粉症対策と一つの不思議。

いよいよ本格化している花粉症。

国の統計では、花粉症の子供の数

も年々増加傾向なんだそうです

程度の違いはありますが、たきび

スタッフ達も約半数ほどが花粉

に悩まされています。そんな中で

活躍するのが対策アイテムです!

kafun_taisaku_2016.jpg

写真はデイサービス・三浦主任が

愛用する花粉症対策道具の一式。

スタッフによって症状が違うので

揃えるものは様々。休憩時間等に

情報交換をして予防に努めます。

それにしても毎年感じるのですが

ご利用者様の中には花粉症の方が

殆どいらっしゃらいのがとて

不思議ですもしかしたらそこ

はなにか重要な予防のヒントが隠

れていのかも知れませんね。

ドライバーズ・ストーリー。

ご利用者の皆様を送迎する専用車両には

大きなものから軽自動車まであります。

送迎ドライバーはご利用者様の身体状況

に合わせ、時間毎に車を乗り換えます。

hiace1.jpg

 町で日々よく見かける介護施設の車、

運転席に座るとかなりのさです

運転席から見る風景はこんなカンジ

hiace3.jpg

「おやっ!?このトンネル通れるかな?」

・・・

こんな場所が地域の各地に存在します。

もちろん!絶対通れるという確信ない

限り決して無理をする事はありません。

hiace4.jpg

「よしこの幅と高さなら大丈夫だ!」

実際通ってみると、車内からの見た目

とは違って意外と余裕がある場合も。

ご利用者様をいかに安全に、楽に乗降

いただくか…毎週開かれるドライバ

会議では様々な意見が飛び交います。

運転テクニックはもちろん重要ですが

まずは安全運転こそ安心の条件です

100年を知っている人。

先日、たきびのショートステイで

100歳の誕生日をお迎えになった

ご利用者のT様。この日は息子様

ご夫妻やお孫さん達も駆けつけて

一日中お祝いムード一色でした!

※写真・記事はご家族・関係者

ご了承の上で掲載しています。

100_yearsold_so_happy.jpg

毎食しっかりと召し上がられ、

午前中の体操や午後のレクビリ

へも積極的に参加されるT様

秘めたる優しさを湛えた表情で

我々スタッフ達の事も、いつも

温かく見守ってくれています。

この日は、他のご利用者様方や

スタッフからも絶え間なく祝福

を受け続けたT様。そんな中、

長生きの秘訣をおたずねすると

「ちゃんと食べて寝ることっ!」

と、明朗かつ豪快なお答えが…

さすが大先輩です。健康維持の

方法をあれこれ考えるよりも、

大原則をしっかりと実践する事

が最も重要という事ですよね。

なるほど〜と、こちらが感服す

る傍ら、T様がポツリ呟きます

「こんなにしてもうて感謝や…」

聞こえるか聞こえないかの小さ

な声でしたが、一瞬のその言葉

にこそT様の長く豊かな人生が

集約されている気がしました。

T様! あらためまして100歳の

誕生日おめでとうございます

そして、今後もこれまで通りに

よろしくお願い申し上げます。

【自転車奔走記】ちょっと一息。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第288回。

三月最初の日曜日、皆様いかがお過ごしでしょ
うか?早春とは言え、名残の雪がチラホラと舞
っていました。まだまだ気候は不安定
ですので、
体調管理には十分お気を付け下さいね。

さて…
今週は月初めの「ちょっと一息」コーナー。
先日、去年に腰を痛めてから半年以上遠ざかっ
ていた自転車に久しぶりに乗ってみました。
まあ予想していたとはいえ、足は回らないわ、
息は切れるわ、坂道では足が攣りそうになわ…
と散々でしたが、合計1時間程度のライドで前
傾姿勢を続けても腰が痛くならなかったのは幸
いというか収穫でした。暖かくなるのに合わせ
て、腰の様子をみながらボツボツと遠ざかって
いた間にすっかり失われた脚力や心肺機能を回
復していこうと目論んでいます。
知り合いに「ヒルクライムレース」と言って、
坂道や峠道を自転車で登攀するレースによく出
場している市民レーサーの自転車乗りがいます。
彼は数年前大きな事故に遭って1年以上満足に
自転車に乗れない生活が続いていましたが、
見事レースにカムバックした方です。その彼曰く
『怪我をしたり体を痛めたりした場合、歳を重ね
    るごとに体の回復は遅くなるし、回復しても怪
    我の前と後の体力や能力レベル差が大きく開い
    ていく現実がある。でもその事実はしょうがな
    いし、無理なものを追い求めてストレスになっ
    たり自分を無理に追い込んでさらに故障を重ね
    るのも違うと思う。今の自分は以前のようにバ
    リバリ自転車で走れないからこそ、レースで競
    る楽しみからレースに参加できる楽しみに気持
    ちをシフトした。出場するレースの数も絞って、
    そのレースに参加する事を目標にして1年単位で
    トレーニングの計画を立てて実行し、無事参加
    できて完走できた時が一番嬉しい。』

とのこと。リハビリテーションの考え方に一脈通
じる話に、今更ながら深く頷いています。

スポ根世代ですので♪思い込んだら試練の道を~
行くが男のど根性ぉ~的なことは大好きですが、
「今できることをできる範囲で楽しむ」という考
え方も大切ですねという事で、1年後のレース
参加に向けて早速トレーニング計画を思案中の
ヒロモリでございます。
では、今週はここまで。
来週もお楽しみにお待ち下さい。
SEE YOU NEXT WEEK!

【ウッチー輪ばなし】尊厳を持って。

【ウッチー輪ばなし】連載・第239回。

みな、みなさま、こんにちわ!お元気ですか!

おなじみ土曜日のお相手は、ケアステーション

たきび松阪施設長のウッチーこと内田英希です。

少し暖かくなってきましたねしかも、確実に

春の足音を感じさせるポカポカとした暖かさで

昼間は上着を一枚脱がないと暑いぐらいです。

いよいよ季節が動きはじめました!春よ来い ♪

 

さて、今週も『新入職員研修』についてです。

ここまでとても順調に進んでいて、我々の立場

としても一定の手応えを持っているのですが、

その中でもとりわけ新人たちに響いたであろう

講義がこちら↓↓の「人体を知り尊ぶ」でした。

teach_to_newer.jpg

人体模型を用いてそのメカニズムを分かり易く

説明する講師の看護師・上野美季。その上で、

なぜ人は脳梗塞を起こすとその反対側が麻痺を

起このか?なぜ人は心臓に異変が起こると

息苦しくなるのか?しゃっくりとは何なのか?

など、より具体的な現象理論を取り上げます。

ワタクシ自身、後方から聞いていたのですが、

本当に為になる授業で感銘を受けたほどです。

介護スタッフが医療・看護行為を行うことは

ありません。しかしそれを知っていればこそ

異常の早期発見や、看護師や医師への的確な

報告にも繋がります。そして何より、人体

いかに神秘的かを知ればこそ〝人間の尊厳〟

を意識して介護業務に臨める思うのです。

講義最後、新人たちから質問攻めが始まると

上野ナースはタジタジになりつつも、とても

嬉しそうな表情でした。その笑顔が本授業の

大きな収穫を物語っていた気がします。


それでは今週はこれにて失礼いたします。

また来週、元気にお会いしましょうね!

PLEASE TAKE CARE , EVERYONE 

ヘルパーのカタチ 生搾り
第307回
『私だけのプライオリティ』の巻。


<今週のテーマ>

人にはあまり理解されないが
自分としてはどうしても譲れ
ないという日常の動作順序。
今週は私だけのプライオリティ
についての談論を配信します!
皆様にもきっとありますよね?


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、伊藤隆太、
三浦真弥、伊藤亜也子、大西竣也、
岩佐雅之、高瀬和良。
----------------------------------------------

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

松阪施設に北海道新幹線!?

♪ 今日は楽しいひな祭り〜!ですね

ご利用者様には、スタッフの考えた

様々サプライズで驚いていただく

予定です。皆様喜んで下さるかな…

んッッ?これは北海道新幹線か?

cleaner2.jpgのサムネール画像

いえいえ 松阪施設で重宝している

充電式ハンディークリーナーです。

事務スタッフがドラッグストアーの

ポイントをコツコツと貯めてゲット

してくれたものなんです。流線型の

デザインとスケルトンのカラーリン

がマッチして何ともカッコイイ

cleaner1.jpgのサムネール画像

〝清潔で綺麗な施設であること〟

たきびでは今日も、業務用の大型

から小型ハンディータイプまで、

様々な掃除機が絶賛活躍中です!

ダイヤを止めているのは誰?

まずは写真をじっくりご覧下さいませ。

どこかおかしいですよねお分かりでし

ょうか?…そう!皆様が興じるトランプ

が異常な大きさなんです。こちら、実に

通常の約9倍の大きさを誇るトランプ

big_trump_2016.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

主にショートステイの空き時間等で活躍

しているアイテムなのですが、ではそも

そもどうして通常サイズのものではなく

あえ大きトラプを使用するのか?

それにはれっきとした理由があります。

簡単に表現すると、全ての動作が大きく

なる事による運動率と効果の向上です。

例えば、写真の七並べの場合であれば、

見渡す範囲が自動的に大きくなります。

それは、眼球の運動であったり首周りの

ストレッチに繋がりますよね。またババ

抜き等、直接相手とカードをやり取りす

るゲームの場合だと、上腕から広背筋に

かけてストレッチ効果が期待できます。

トランプが大きいと言う事は、ゲームに

関する動作が大きくなるという事です。

動作が大きいと言う事は、大きな筋肉が

刺激されるという事です。そしてここが

最も重要なポイントなのですが、大きな

筋肉を使いっているという事は、体全体

を駆使しという事になるのです!

実際、このトランプでゲームをすると、

立ち上がるご利用者様や、大きく前屈み

になるご利用者様が続出します。大きな

トランプで大きな動き…もし機会があれ

ば一度お試し下さい。結構疲れますよ

大切な人の大切な道具。

仕事上で毎日必ず使うのが車イス。

たきびでは定期点検のほか、各部の

消耗に気づいたスタッフ達が写真の

要領でメモを貼り付けてゆくことで

メンテナンス充実を図っています

kurumaisu.jpgのサムネール画像

 メモの貼られた車いすは通常通りに

使用しているものとは別の場所に

かれ、後日担当者が精密チェック

そして正式な修理へとまわります。

定期検査だけに頼らず、常日頃から

スタッフ自身が劣化部分に気を配る

事で、自然と仕事に対する危機感も

高まるのがメリット。もちろん二重

のチェックで安全性も向上!大切な

が使う、大切な道具ですからね

アーカイブ

月別 アーカイブ