ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】年金を知ろう#17。

【自転車奔走記】年金を知ろう#17。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第283回。

2月を目の前にしてようやく冬らしい寒い毎日が
続いています。皆様いかがお過ごしでしょうか?
年齢を重ねると冬の寒さが骨身…じゃなくて脂身
にも滲みるようになり、この一週間の寒さにはホ
トホト参りました。ブログのタイトルからすると
寒風吹きすさぶ中でも颯爽と自転車で東奔西走し
ているイメージですが、実際は車で暖房の効いた
車内でぬくぬくと外回りをしているのが現状でし
て、自転車奔走記どころか「自動車漫遊記」に近
い近況に成り果てています。北風吹く冬の街中を
颯爽と自転車で走り抜けていくサイクリストや学
生さんを見かけては、羨望と後ろめたさと我が身
情けなさの入り混じった複雑な心境に陥る含羞の
ケアマネヒロモリがお送りします
【自転車奔走記】始まります!
--------------------------------------------------------------

今週も引き続き国民年金基金についてのお話。
今週は給付についてのお話です。国民年金基金に
は①老齢年金②遺族一時金という2種類の給付が
あります。まずは①の老齢年金からお話していき
ます。この給付は字の通り65歳から支給される老
齢基礎年金の上乗せ部分になりますが、大きな特
徴として「口数制」加入を取っている事が挙げら
れます。「口数制」とは要するに「一口、二口…」
というものですが、国民年金基金では口数と加入
期間によって老齢年金の給付額が変わるというシ
ステムで、国民年金や厚生年金と一番違う点でも
あります。では、もう少し詳しく進めますね。

国民年金基金には口数の他に「型と」呼ばれるも
のがあります。この「型」は年金の支給期間や支
給開始時期等に応じて7つの種類があります。では
口数と型の関係を見ていきましょう。国民年金基
金に加入した際に、先ず一口目としてA型B型
どちらかの型を選択して加入する事になります。

A型というのは
終身年金・65歳支給開始・15年間保障
B型は
終身年金・65歳支給開始・保証期間なし

という内容です。AとBそれぞれに共通しているの
が、老齢年金の支給開始時期と支給期間で、それぞ
れ(65歳支給開始)で(給付は終身)という内容
ですが、『保証期間』というものの有無がA型とB
型の相違点になっていますね。この保障期間という
のは、もう一つの給付である遺族一時金の支給の有
無にかかわるもので、保証期間ありのA型は年金受
給前または15年の保証期間中にその方が亡くなられ
た場合、遺族に一時金が支給されます。一方保証期
間なしのB型は年金受給前に死亡した場合、1万円
の一時金が遺族に支払われますが、年金受給後では
一時金は発生しませんので注意して下さいね。

で、これらのA・Bどちらかの型を一口目として加
入時に選択する事になります。ここで再度注意が必
要なのは、1口目については途中で減額したり、型
を変更(A型→B型、B型→A型)することはできな
いという点です。つまり最初に決めた型が後々の出
発点になるという事ですね。(ちなみにAとBでは
受給できる年金額は同じですが、保証期間の有無が
ありますので、A型の方が月額の掛金が高く設定さ
れています。)このように加入時に一口目の型を選
択した後、二口め以降は型の選択幅が増え、先ほど
のA型、B型に加えⅠ型・Ⅱ型・Ⅲ型・Ⅳ型・Ⅴ型とい
う5つの新たな給付型が加わります。
この5タイプは「確定年金」と呼ばれるタイプで年金
支給期間が決まっているタイプです。因みにAとB
は終身ですのでお亡くなりになるまでの間年金が支
給される事になりますね。Ⅰ型とⅡ型は共に65歳が
支給開始年齢ですが、確定期間(受給期間)がⅠ型は
15年、Ⅱ型は10年となっています。同様にⅢ型とⅣ型
は支給開始年齢が60歳で、受給期間がそれぞれ15年
と10年、Ⅴ型は60歳が支給開始年齢で受給期間が
5年となっています。2口目以降は、これら7つの型
から選ぶ(増口)することになります。
例を挙げると、一口目にA型を選択して、二口目以
降も更にA型に増口し計三口としたり、一口目はB
型で二口目はⅡ型に一口など、色々な組み合わせで
何口でも増口する事が出来ますが、掛金には上限が
設定されていて(6万8,000円)、その額を超えない
こととされています。また、二口目以降の場合、
Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型、Ⅳ型、Ⅴ型の年金額が、A型、B型
の年金額(1口目を含む)を超えないようにするという
条件もありますので少し注意が必要ですね。

最後に掛金の額ですが、加入時の年齢や性別、そし
て加入した型によって違いますので一概に言えませ
んが、A型で月額1万円程度、B型で8千円程度とな
っています。また受給額ですが、型と口数で違いま
すのでこれも一概に言えないんですが、平均すると
1万~2万円程度と考えて頂ければOKです。細かな
数字等については「国民年金基金」のHPをご覧下
さいね。(国民年金基金HP:
http://www.npfa.or.jp/
という所で、今週はここまでになります。
次週は遺族一時金について説明をしてから大元の年
金のお話、「寡婦年金」について再開しますね。
ではまた来週お会いしましょう。
SEE YOU NEXT WEEK 

アーカイブ

月別 アーカイブ