ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【ウッチー輪ばなし】三重短大講義。

【ウッチー輪ばなし】三重短大講義。

【ウッチー輪ばなし】連載・第230回。

みな、みなさま、こんにちは!お元気ですか

それにしても昨日の三重県は暖かかったですね。

伊勢では夏日を記録したと言いますから、少々

異常とも言えるような一日だったと感じます。

この気候、一体どうなっているのでしょうか?

寒いより嬉しいのは事実なのですが…心配です。

 

さて、先週の話題を一つどうぞ!

津市にあります三重短期大学に、介護技術実習の

講師へと出向いてまいりました。今では恒例と

なったこの授業。今年で7年目の開催となります。

mietan_2015_1.jpg

※写真は全て、関係者ご了承の上で掲載しております。

当社代表の赤塚による導入講義〜スタッフに

よる車いす解説の後、速やかに各班に分かれて

実技実習が開始されました!上の写真↑↑は、

オムツ交換の手法・手順を指導するショートの

大西主任。生徒さんたちのほとんどは体験と

あって、例年通り非常に熱心に聞いています。

下の写真↓↓は移乗介助実習にあたるワタクシ。

mietan_2015_2.jpg

こちらも生徒さんたちは真剣そのものの表情。

中でも、人体メカニズムと合理的な介助法の

説明に関しては、とりわけ興味を持ってくれた

様子でした。自分達が実際にチャレンジする

局面では「全然イメージ通り行きません!」

「この場合、足はどこに置くんですか?」

「あれ?もう一度、見本をお願いします!」

と、率直な意見が飛び交っていたのが印象的

誰もが目的意識を強く持って、積極的に取り

組めた90分。とても熱い授業となりました

あらためて…生徒の皆、お疲れさまでした!

はじめて見る技術の連続で、頭も体も疲れた

と思いますが、この日の経験はいつの日か

必ず人生の引き出しとして役立つはずです。

将来、介護・福祉の世界へと飛び出す人も、

そうでない人も、この授業に臨んだ緊張感を

忘れずに進んで下さい!そして、いつの日か

社会で会えることを心待ちにしています。

 

それでは今週はこれにて失礼いたします。

残り少ない2015年、怪我や病に気をつけて

元気に過ごしましょう!Please take care

アーカイブ

月別 アーカイブ