ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > メランコリック・ラジオ。

メランコリック・ラジオ。

「さて、今日は何の日でしょうか?」という

質問に対して皆様なら何とお答えになりま

すか?「二学期の始まり」「防災の日」…

答えは人により様々だと思いますが、今日

9月1日はこんな記念日でもあるんです。

radio_day.jpg

『民放ラジオ放送開始記念日』。

文字のごとく、今日は民放ラジオが放送を

開始した日です。1951年、今から59年前の

午前6時30分、名古屋のCBCラジオ(中部

日本放送)が日本初となる民放ラジオ放送を

開始。中部東海地区暮らしている私たちに

とってとても馴染みの深い放送局ですよね。

「中部日本放送、JOAR、1090キロサイクル

でお送りいたします。昭和26年9月1日、我

で初めての民間放送、中部日本放送は

今日ただいま放送を開始いたしました。」

これはその際アナウンサーが発した第一声。

・ ・ ・

この仕事に就いていると、時にご利用者様の

枕元から流れるラジオの音声に何とも懐かし

い気持ちになることがあります。メディアが

多様化した現在だからこそ、ラジオの持つ郷

性に惹かれてしまうのかもしれませんね。

現在でもご利用者様の中にはラジオをメイン

情報源にしていらっしゃる方々が沢山いらっ

しゃいます。若い世代の生活サイクルとは

どんどん乖離しつあるラジオ。さりとて、

そこにはテレビやネットでは味わえない深い

趣きが、確実に存在しています。秋の夜長、

いま一度、ラジオに耳を傾けてみませんか?

「防災の日」でもある今日、いざという時の

為にもラジオとの付き合いを始めませんか!

アーカイブ

月別 アーカイブ