ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 大西主任の狙いは点数じゃない。

大西主任の狙いは点数じゃない。

ショートステイのレクビリのヒトコマ。

大西主任考案の『ボールダーツ』です!

throw_the_ball.jpg

廃棄用ダンボールをリサイクル利用した

なんとも粗野な的ですが、使えるものは

使う!がたきびレクビリポリシーです

ボールには粘着テープが貼られていて、

点数に当たるとピタッとくっつきます。

逆に言うと、投げる際にそれなりの工夫

が必要になります。上手く投じないと、

手とボールがなかなか離れず、狙いとは

違う方向へと行ってしまいますので…

大西主任いわく、その難儀さこそがこの

レクビリの最も重要なポイントだそうで

「椅子に座り、ただ投げるだけならば、

普通は誰でも背もたれにもたれたまま

投げようとしますが、このルールだと

自然と背筋がピンと伸びて、良い姿勢

で投げようとするものなんですよ。」

との確固たる狙いがあるのだそうです。

若い頃と比べて歩行時間が減少しがちな

ご利用者の皆様にとって、背筋を伸ばし

て一定時間良い姿勢をキープすることは

確かに機能維持の観点からとても重要。

しかし日常生活の中で、ご自身がそれを

意識して習慣化するのはなかなか難し

のもまた事実。その意味で、このように

レクビリを通じて、特別な動機を持って

いただくことはとても効果的ですよね。

たきびのレクビリには必ず機能維持へ

狙いとそれを裏付ける根拠があります!

アーカイブ

月別 アーカイブ