ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 語感のスクランブル交差点。

語感のスクランブル交差点。

先日のデイサービスのレクビリより

この日は「変形ビンゴ」で脳トレプレイ!

変形という名の通り、一般的なビンゴでは

なく、クロスワード的な要素を取りれた

ちょっと変わったものでした。詳しくは…

bingo_of_ward.jpg

ビンゴのマス目自体をご利用者の皆様に

考えて頂くというルール!マス目のお題

は2文字の言葉と4文字の言葉。まずは

5×5=25マスを自由に埋めて頂くこと

からはじめるのですが、時間設定すると

これが案外と出てこないものなんです。

この時点で、すでに脳は汗をカキカキ

そして数分経過後…皆様方全員が記入

終わるとゲームスタート!今度はお一人

ずつ自分が書いたワードを、好きな箇所

から発表して行きます。ここからは一般

的なビンゴゲームと同じ要領。本ゲーム

コツは、予め人が書きそうなワードを

多く記入しておくことでしょう。他者が

発表したワードで「ビンゴッ!」という

ことも十分にあり得るワケですからね

ところで、この文章だけをご覧になると

「そんなルールで成立するの?」という

問をお持ちになった方も少なくないか

思います。が、これが不思議なほどに

成立するんです。皆様方が互いに考える

〝使いそうなワード〟が自然と重複

からです。ボキャブラリーが重なるとい

うことは、言い換えると語感が似ている

ということ。語感が似るということは、

時代感覚が共有されているということ。

このゲームの成立には、皆様方互いに

織り成した歴史が作用しているのです

アーカイブ

月別 アーカイブ