ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2015年3月アーカイブ

まるでガソリンとエンジン。

平成26年度もいよいよ終わりですね。

慣れた環境とも今日でお別れ…という

方々も多いのではないでしょうか ?

慣れることは簡単に思えて、なかなか

難しいものです。新鮮さと共に新たな

環境に対する不安も感じるのが人間。

介護保険も明日からは新制度となり、

高齢化社会も仕切り直しを迎えます。

tsumiki_city.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

良い方向に変わるのでは?という

期待感と同時に、正直それと同じ

かそれ以上の不安感もあります。

これはおそらく、介護業界全体、

全国の事業所の気持ちでしょう。

そんな不安な時、我々が最も安心

を覚えるのは、やはりご利用者の

皆様方の笑顔や元気なお姿です!

何物にも代えがたい勇気をくれる

それこそがご利用者様なのです。

私たちは職業上、介護する側では

ありますが、一方何かをもらう側

受け取る側でもあるのだと痛感。

ご利用者の皆様が、日々を笑って

安心に過ごせるよう、感謝の気持

ちを強く持って、スタッフ一丸で

新年度へ向かうことを誓います!

ククハチジュウイチの対話。

先日の松阪施設デイサービスの様子です。

この日、ご利用者のG様は新聞に掲載され

ていた将棋の棋譜をじっくりと見ながら、

手駒を盤上に並べていらっしゃいました。

普段G様は、将棋好きの他のご利用者様と

真剣対局されているのですが、残念ながら

この日将棋をできる方が誰もみえません。

2015.3.30.JPGのサムネール画像

そこで!急遽スタッフの一人がお相手を

させて頂く事に…結果は、G様の圧勝

しかしながら結果はともかく、予想外の

真剣勝負にお互い熱が入っていました。

「あ〜詰んでしまったぁ…参りました…」

「いやいや、なかなかエエ筋しとったで」

「本当ですか?ありがとうございます!」

「よっしゃ!今度また手を合わせよう。」

対局後は再戦を誓い合って握手で終局。

G様の満面のスマイルが印象的でした。

お一人で楽しむことも趣味の醍醐味だと

思うのですが、競い合う相手いてこそ

愉しみが倍増するのも又事実ですよね!

〝張り合う〟という心理状態が、活力に

なるということを改めて実感しました。

皆様にとって、これだけは人に負けたく

ないぞ!というものは何ですか?そして

それを競い合える人が身近にいますか?

さぁいよいよ4月!年度も変わります。

環境、状況の変化に戸惑う方々も多く

いらっしゃる事と思います。皆様方が

一日も早く新環境に慣れますように

では新たな7daysへと覇気持ってGO!

【ウッチー輪ばなし】Start Again!

【ウッチー輪ばなし】 連載・第198回。

みな、みなさま、こんにちわ!

お変わりなくお元気でいらっしゃいますか?

今週は日曜日の使者となりました、たきび松阪

施設長のウッチーこと内田英希でございます

やっと、長い冬が終わった気がするここ数日。

「春」「桜」、、あらためて良い響きですね!

tampopo_2015.jpg

そういえば、季節を感じる料理を模索した結果、

先日ふきのとうをてんぷらにして食べました。

ふるさとの味というか、懐かしい香りというか、

口にした瞬間に幼少期にタイムスリップした様な

錯覚に陥り、胸がジ〜ンとあつくなりました。

香りや食感で遡る記憶…人間の脳というのは、

つくづくすごいもんだなぁだと再認識します。

もうすぐ4月。介護保険は3年に1度の制度改定

迎え、随所において変革の岐路に立ちます。

正直な所、先の見えない不安感は否めません。

目下、ご利用者の皆様方やご家族様はじめ、

関係各所のケアマネージャーさんや事業所さん

個別説明をさせて頂いていますが、その際、

あちこちの関係者から不安や不信の声が漏れ

聞こえるのも現実です。今は介護業界全体が、

先の見えないトンネルの中にいるような感じ。

しかし、最も不安なのはサービスをお使い

なる当事者様やご家族様である以上、我々プロ

である立場が不安な顔はしていられません!

たきびでは先週「介護保険改編」についての

勉強会を実施したところですが、今後も更に

細かい部分の完全理解に努めてまいります。

ご不明があれば、何でもお聞きくださいね!

 

最後に余談ですが、、

FM三重で放送中の『ヘルパーのカタチ』4月の

放送分には、ショートステイ介護主任である

大西竣也が出演します。ガッチガチに緊張した、

たきび最年少主任の現場的トークにご注目を!

色んなものが動き始め、変わりはじめる春。

毎日を前向きな姿勢で朗らかに行きましょう!

Please take care , everyone 

【自転車奔走記】制度改正を知る#最終回。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第239回。

【ウッチー輪ばなし】と入れ替わり、1日早い
土曜に登場となりました!ヒロモリです
やっと…というかようやく春らしい
暖かな毎日
ですね。三月最後の日曜日、
皆様、いかがお過
ごしでしょうか?
今週末は満開の桜が楽しめそ
うです。
お花見の前に、季節の変わり目は体調
を崩しやすい時期。昼と夜の寒暖差も、もう暫
く続きそうです。皆様、お体に
は十分注意して
下さいね。では、自転車奔走記始まります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今週は、介護保険の平成27年度制度改正につい
て、包括的なお話をします。駆け
足ではありま
したが、これまでの連載で
制度改正の内容をポ
イントごとに絞って
お話をしてきました。もっ
とも大きなポ
イントは「介護報酬の減額改正」
である
ことは間違いないでしょう。今回の報酬
減額に至った経緯について国は、第1には超高齢
化社会に突入して、逼迫の度
合いが加速度的に
増している社会保障費
の抑制(『制度持続可能
性』という文言
を使っていますが…)そして社
会福
祉法人を始めとした介護サービス事業者
収益率の高さを理由の一つと
して挙げています。
(収益率を世間的水
準に合わせる意味で報酬全
体を減額にし
たという話も漏れ伝わってきてい
ますが。)
減額の理由そのものとしては誠にご
もっ
ともなんですが、そもそも論として、よ
重要な問題が財政のことなのか、利益
分配のこ
となのか?がはっきりしません。
国家財政と法
人内の利益分配の問題、一
緒に論ずるのには少
々無理があるし、説
得力のスジが細いのはそれ
らが理由なの
かなと言うのがワタシの感想です。

その一方で、従業者の賃金そのものへ充当する
手当てを厚くするという方策
も打ち出していて、
賃金UPや人材の確
保に繋げていきたい考えで
しょうが、こ
のままいくと介護職員の賃金が上
がる一
方で介護事業者の収益がダウンしていく
という素人目に見てもいびつな構造が続くこと
が予想できます。この結果、
介護事業者の統廃
合がジワリジワリと
浸透していき、中小の介護
事業者は厳
しい経営を迫られることになるので
は?
という見方も耳にするようになりました。
ワタクシの個人的な意見では、今後5年くらいの
間で事業所の統廃合が
進み、最終的には地域拠
点となる大規
模な事業者があり、そのサテライ
トと
しての機能を果たす小規模な事業所が各地
域に点在して実際のサービスに当
たるという構
図が主流になるのではな
いかな?と考えます。
この是非はともかくとしても、事業者が減益と
るという事は、各法人がそれぞれ事業の合理
化効率化を一層推し進めること
になりますので、
結果として実際の介
護サービスの提供方式(サ
ービスの
内容ではありませんよ!)が事業運
の効率を最優先した形になる事は確実ですね。

と、ここまで書いてきましたが、ご利用者様や
ご家族様にとっては、介護サ
ービスが今後どの
ような形で利用できる
のか?今後の介護や生活
の見通しはどう
なるのか?が一番知りたい事だ
とは思い
ます。ですがワタクシは、今回の改正
はその
点よりも、今後の日本の社会保障制度の
カタチが垣間見える重要なターニングポイント
だと考えます。「介護報酬の減額」
という、十
分予想できていたけれど、あ
る意味、禁じ手み
たいに語られていた施
策に舵を切った事で、こ
れからの介護福
祉の世界がどのように推移して
いくかを注意深く見ていきたいと思っています。

では、今週のお話はここまでとします。
どちら様も元気で!来週またお会いしましょう!
See you next week , bye 

【生搾り】『新人たちの365日』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第259回
『新人たちの365日』の巻。


<今週のテーマ>

たきびでも、2016年度の新卒採用に
向けて企業説明会がはじまりました。
新たなチームメイトとの出会いは、
何より嬉しく、胸踊る出来事です。
今週と来週は、昨春入社した2人の
スタッフたちを迎えての談論を配信!
まず今週は、それぞれに一年を振り
返って、今感じていることを話して
もらいました。どうぞ御一聴下さい。


<今週のメンバー>

高橋紗也加、倉野泰彰。
倉田理(三重県ケアマネ協会副会長)。
赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、大西竣也。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

新車の匂いと介護の視点。

松阪施設に新しい社用車が加わりました。

CMでもおなじみの「新型ムーブ」です!

カタログよりも実物の方が可愛い感じ 

IMG_8791.JPGのサムネール画像

それにしても新車の匂いは独特ですね。

好きな方もいらっしゃれば、あの匂いは

アカン!という方もいらっしゃいます。

それはご利用者の皆様も同じで、新車に

乗ると酔いやすいという方もみえます。

ということで、たきびでは新車を使う場

合、出来るだけ換気を心がけています。

結果、冬場に比べて春・夏ころの納車が

多くなります。風が心地よい時期ならば

もしご利用者様が乗っておられる時でも

開け換気する事ができますからね!

新車の匂いが好きな方々にとってみれば

少々もったいない!?気がするかも知れ

ませんが、これも介護の視点なんです

2016年度採用・企業説明会日程!

2016年度新卒採用希望者を対象とした

『会社説明会』の4月期日程が下記の通り

決定しましたので、お知らせ致します。

2016_kaisyasetumeikai.jpg

【4月期・第1回開催要項】
日時:2015年4月3日(金)/ 13:30〜
場所:ケアステーションたきび松阪施設
内容:当社事業内容、理念や特徴の説明
      質疑応答(個別対応可)、見学会

【4月期・第2回開催要項】
日時:2015年4月17日(金)/13:30〜
場所:ケアステーションたきび松阪施設
内容:当社事業内容、理念や特徴の説明
           質疑応答(個別対応可)、見学会

※受付は開催30分前より開始いたします。
※当日、自家用車でお越しになる際には、
当施設正面駐車場をお使い下さいませ。
※説明会参加には、事前エントリーが
必要
になります。下記をご参照下さいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
両日ともに、
本日よりエントリーを開始!
リクナビに登録してみえる方は、リクナビ
当社ページより参加エントリーをどうぞ!

そうでない方々は、まずは ☎︎0598-53-1444
までお電話を頂いた上で、「4月期・企業説
明会
の件で…」とお申し付け下さいませ。

どうぞお気軽に
ケアステーションたきび・人事部でした。

スイミング・イン・ザ・スカイ。

ショート・レクビリの下準備風景です!

ご利用者の皆様が日々チャレンジされる

レクビリ。運動要素を重視した本格的な

競技であったり、娯楽性重視のゲームで

あったり、脳活性へのトレーニング系

パズルであっり、コミュニケーション

推進を狙った共同作品制作であったり…

毎日テーマに沿って、皆様に取り組んで

頂いています。下の↓↓写真は、近日中に

スタートする共同制作系レクビリの準備

の模様です。奮闘するはスタッフ森本!

makeing_a_craftbase.jpg

ご覧の通り、モチーフは「鯉のぼり」

今はまだ色も立体感も何もないですが、

やがてこの質素な下絵が、ご利用者様方

の想いが込もった魂の鯉のぼりへと変貌

してゆくのです!完成は来月下旬予定。

見事に泳ぎ始めた暁には、このブログで

報告します。その頃には皆様のコミュニ

ケーションもより親密になっている事か

と思います。共通の目的のもと、時間を

かけて、一緒に何かを作る…これほどに

人を共感させる過程はありませんよね。

さぁ、大空に泳げ!心を繋ぐ鯉のぼり!

私たちだけに見える春がある。

いやぁ〜、相撲って本当に面白いですね!

昨日の春場所千秋楽は、ショートステイの

フロアが一体になって盛り上がりました。

ご利用者様方もスタッフ達もまさに熱狂!

最後は白鵬が最強横綱の意地を見せ、見事

34回目の優勝を決めましたが、照ノ富士の

大健闘や、結びの一番で白鵬相手に、魂の

こもった大相撲を見せてくれた日馬富士も

私たちの胸をアツ〜くしてくれました 

数年前、無気力相撲問題で開催自体が中止

なり、観たくても観られない状態だった

ことを考えると、こうして当たり前に相撲

中継を楽しめる幸せが身に沁みてきます

センバツ甲子園もはじまり、こちらも毎日

熱戦が繰り広げられていますし、いよいよ

本格的な春の到来をむかえそう!今日から

数日間は、寒の戻りで気温が下がる模様

が、寒は戻っても、もう冬の気圧配置図

に戻る事はなさそうですね。そういえば…

spring_comes_here_soon.jpg

ショートステイのフロアにも、春らしい

作品がどんどんと増えてまいりました!

ご利用者様方の製作された作品群を拝見

ながら、世間より僅かばかり早い春を

愛でられるのは、介護施設で仕事をする

私たちスタッフだけの特権!なんです

【自転車奔走記】制度改正を知る#6。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第238回。

3月もいよいよ後半に突入。合格発表だったり、
卒業式だったりと3月らしい行事の続いた週で
した。天気の方も3月とは思えないくらい
の暖
かな日が続いて、冬物の上着で
は汗ばむくらい
の陽気。
が、週明けから寒の戻りで寒くなりま
す。
季節の変わり目は体調を崩しやすい時期。
皆様、4月まであと少し!体調には十分ご注意
くださいね。では【自転車奔走記】開講!
=====================

2月後半からお伝えしてきました、平成27年度
の介護保険改正についてのお話。今週は介護報
酬額や具体的な介護サービ
スの内容以外の改正
ポイントをお話してい
きます。まずは、特別養
護老人ホームの入
所用件の見直しについてです。
現行制度下
でも、実際は要介護4以上の方の入所
殆どの特別養護老人ホームですが、諸事情に
より要介護1や2の方が入所されている場合もあ
ります。今回の制度改正案では、
特別養護老人
ホームの入所用件を原則
要介護3以上に見直す
とされています。

元来、在宅での介護が非常に困難な方々が対象
の施設類型ですので、妥当と言えば妥当な見直
しの内容ではあります。ただ、虐待や重度の認
知症などの一定要件がある方については、例外
として入所対象となるともされています。ただ、
特養の自宅待機者で要介護4以上の方は全国で
推定6万人強いるともされていて、今回の入所
用件の見直しが即特養入所待機者の解消につな
がるか?と問われると正直効果は薄いという評
価が一般的ですね。

続いて介護職員の人材確保、賃金確保を目的と
した現行の「処遇改善加算」が一部見直されま
す。内容は①キャリアパス(職位職責の明確化
と任用要件、及び職位に応じた賃金体系の明確
化)の整備と②介護職員の資質向上(研修計画
の作成や実施)及び、③賃金面以外の職員への
処遇改善(福利厚生面等)、左記の要件すべて
を満たす事業所に対して、現行の職員一人当た
りに対する加算にさらに上乗せの加算を行うこ
とができるような要件が新設されます。案では
最高8.6%の加算率となっていて、現行制度に比
すと倍近くの加算を受けることができるように
なります。反面、キャリアパスや研修計画等、
事業所が取り組み実施すべき内容は現行に比べ
て強化、厳格化されていく方向にあるとも考え
る事ができますね。高齢化が正直加速的に進行
している現状で、介護にあたる人材の確保はま
さに急務ですが、介護職員の処遇向上は職員を
雇用する事業所の運営経営状況とリンクしてい
ます。事業所運営にかかる介護報酬が減額改訂
される状況で職員の賃金と処遇向上のみにフォ
ーカスした処遇改善策によって人材確保、人材
育成が効果的に行われるか?と問われると、
こちらも疑問符がつく評価が一般的ですね。

その他、ここ数年に全国的に急速に増えてきた
サービス付き高齢者住宅を始めとした有料老人
ホームについても、住所地特例と言って、その
方が住んでいた市町村以外の有料老人ホーム等
へ入居した場合は、保険者はその入居先の有料
老人ホーム等が所在する市町村ではなく、入居
した方が入居前まで在住していた市町村が引き
続き保険者となる制度が適用されるようになり
ます。また、有料老人ホーム等と同敷地内ある
いは隣接している介護事業所(訪問介護や通所
介護等)のサービスを利用する際には、ほぼ一
律割合で報酬減算が適用されるなどの見直しが
検討されています。

駆け足ではありましたが、平成27年4月からの
介護保険制度改正についてお話をしてきました。
改正のポイントごとのお話は今週でいったん終
了とします。来週はこの制度改正についてもう
少し総括的なお話をしたいと考えています。
ではまた来週お会いしましょう。
See you next week , bye 

【ウッチー輪ばなし】今、動の美へと。

【ウッチー輪ばなし】 連載・第197回。

みな、みな、みなさま、こんにちわ!!

本日はお彼岸の中日ですが、お墓参りはもう

お済みになりましたか? ワタクシ、内田は、

お彼岸中には仕事の都合上、時間が取れそうに

なかったので、少し早めに出向いてきました。

最近は陽気も良く、ずいぶんと過ごしやすく

なりましたね昔から『暑さ寒さも彼岸まで』

と言いますが、本当にその通りだと感じます。

桜を目にするまでもうすぐ!いよいよ春が

そこまで近づいてまいりました。そんな先日、

冒頭で触れた、お墓参りに向かう最中のこと…

ume.JPGのサムネール画像

見事な〝しだれ梅〟を見かけたので、思わず

車を停めて写真をパシャそして、その後、

日本の四季変化を感じる瞬間を満喫しながら、

しばらく、ジ〜ッと見とれてしまいました。

時期によりますが、梅はそろそろピークを

過ぎた頃。桜に比べて、メジャー感が薄い

のは否めないですが、初春を代表する植物。

桜が動の美とすると、梅は静の美ですね

たきびの施設がある松阪市では、松阪公園

(松坂城跡)の梅がとても有名です。一方

本社のある津市では、結城神社の梅が有名。

ともに県内遠方からも、観覧のお客さんが

いらっしゃる素晴らしい名所になっています。

梅を見ながら、甘く大きなおはぎを食べる…

みなさま、そんな 週末をお過ごし下さい!

 

それでは、今週はここら辺で失礼いたします。

また来週、この場所で!Please take care 

ヘルパーのカタチ 生搾り
第258回
『ケアマネ介護相談手法(後編)』の巻。


<今週のテーマ>

先週行った架空の「介護相談・初回
面接」をメンバー達で考察する談論。
いわば、面接の感想戦的な内容です。
介護関係者はもちろん、介護とは縁
のない皆様にも、ぜひ聴いていただ
きたいと感じます。それではどうぞ!


<今週のメンバー>

倉田理(三重県ケアマネ協会・副会長)、
赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

Welcome to your happy♡

デイサービスのエントランスより。

「今日が誕生日!」というハッピーな

方々をお迎えするボードがこちら…

birthday_bord_2015.jpg

デイスタッフ松田佳代子が発案・

作したアニバーサリーボードです!

お誕生日の方は、ここで記念撮影

ご帰宅時に、その写真をメッセージ

と共にプレゼントさせて頂きます。

いつからか皆様の間で、このボード

で祝福されると幸せになれるという

都市伝説的ならぬ、たきび伝説的な

話が浸透しはじめまして、最近では

「やった!次のデイと重なっとるわ」

「今年はあか〜ん、来やへん日や〜」

と、ご自身の誕生日とご利用の日を

確認される方が増えているんです

心を込めて Haapy birthday to you!

さぁ遊ぼう!あなたのやり方で。

今日は、デイサービスではお馴染みの

アイテムを紹介いたします!こちら、

『フリーカードプレイズ』といいます

karuta_up_to_you.jpg

〝あ〜ん〟までのカードが2セットづつ。

さて、これをどう使うか…実は固定の

ルールはなく、発想次第で何通りに

遊べるのが本カードの特徴なのです!

例えば、ご利用者様が順番に出題者に

なって、クイズを出されるとします。

「春に咲くのは?」この問いに対して、

競技に参加する皆様は、自分の閃いた

回答の頭文字を取ります。「ハイッ!

桜!」「ハイッ!梅!」といった風に

〝さ〟〝う〟のカードを取ります。

この場合のポイントは、一般的に春に

咲くものであれば全て正解という点。

つまり、答えが一通りではないこと。

最終的にフロアのカードが全部なく

ればミッション成功!でハイタッチ

因みに、カードは直接手を伸ばし取る

のではなく、お手玉を放り投げて命中

させるというルールなので、狙った

とは違う字に当たる場合もあります。

その時は機転を利かせて、咄嗟に別の

回答を考えるのも重要ポイントです。

このほかにも、もっとかるたに寄せた

遊び方や、軽運動の要素をり交ぜ

スポーツ感覚の遊び方など、たくさん

レギュレーションがあるんですよ

皆様方なら、どんな風に遊びますか?

これから高齢者施設に増えそうなもの。

さかのぼること56年、1959年の今日3月17日、

『週刊少年サンデー』『週刊少年マガジン』

同時創刊されました。男性ならずとも、きっと

一度は読んだ記憶があるのではないでしょうか。

ちなみに当時の表紙はサンデーが長嶋茂雄選手

マガジンが関取の朝潮太郎関だったそうです。

定価は何と30円!時代を感じてしまいますね。

ご利用者様方の中には、週刊誌が大好きだ!と

言われる方もたくさんいらっしゃいます。が、

やはり活字媒体の方がメインで、漫画週刊誌を

読んでみえるお姿は、ほとんど拝見しません。

それでは、どんな週刊誌が皆様に人気なのか…

IMG_8761.JPG

あくまで、たきび施設内のデータですが、

新潮、文春、女性自身がTOP3でしょう!

次点としてクロスワード系の雑誌も人気。

雑誌を読まれる方々の特徴としては、毎日

必ず新聞にも目を通されているという事。

新しい情報を探す行為が、ライフワークの

一つとして定着してみえるのだと感じます。

活字にせよ漫画にせよ、その姿勢はとても

重要なのではないでしょうか。サンデー・

マガジンを創刊時に買っていた少年たちは

今年で60歳前後です。ご高齢の皆様の中に

も漫画世代の方が増えるでしょう。そして

高齢者施設では活字週刊誌に並んで、漫画

週刊誌が増えて行くのかも知れませんね。

手は第二の脳と言われますが...

手は第二の脳と言われますが、その手を

物理的にコントロールしているのは手首。

そしてその手首を支えているのは肘です。

つまり、手を自分自身の思惑通り使うには

手首と肘の可動性がとても重要なのです。

しかるに、人間だれしも年齢を重ねてゆく

事で、この機能は自然低下してゆくもの。

「寒い時期になると手首が痛くなるんやわ」

「最近な、肘が曲がりにくくなってきたわ」

ご利用者様方が良くおっしゃる言葉です。

手首の腱は肘関節に繋がっていますので、

どちらかの可動性が低下すると、もう一方

の機能も低下する事も少なくありません。

普段からお料理や掃除などで、手首を使う

のが最良の機能低下予防方法なのですが、

全ての方々が出来るわけではありません。

そこで、たきびではこんなレクビリを通じ

手首と肘のストレッチに応用しています。

uchiwa_otedama.jpg

非常にシンプルなルールで、次々に回って

くるお手玉を、うちわを使って隣のチーム

イトへと渡し、ゴールまで運ぶゲーム。

落ちたお手玉も、原則うちわで拾います。

2チームに分かれた対抗リレー形式にする

事で、デイホールはかなりの盛り上がり

決まった数のお手玉を、どちらが早く運び

きれるか…掛け声飛び交い熱気ムンムン。

「もうちょっと手前に傾けて!逆!逆!」

「あ〜、もう次が来てしまう。急いで!」

「だんだん手首がしんどくなってきたわ」

気づいてみれば体がほぐれて気分爽快。

遊びや運動の持つ最大の長所ですよね

【自転車奔走記】制度改正を知る#5。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第237回。

早春の真冬日もようやく一段落した様子ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?三重県でも三月
には珍しい小雪が舞って、寒風にさらされた私、
あまりの寒さに身を縮めながら過ごしていました。
「暑さ寒さも彼岸まで」とは言いますが、早く暖
かくなってほしいですね。梅も咲き始めています
が、まだまだ油断は禁物です!体調管理を万全に
元気
でお過ごし下さいね。
では【自転車奔走記】
始まります!
======================

今週も、介護保険平成27年度改正についてのお話。
今週は【予防給付サービス】、要
支援1と要支援2
の認定をお持ちの方々に対
するサービスの改正点
についてお話していき
ます。先ずは復習ですが、
介護保険制度で
のサービスを利用する際には要介
護認定を受
ける必要があります。そしてその介護
認定は
【要介護】【要支援】の2つのカテゴリーが
ありまして【要介護】は1〜5【要支援】が1と2に
それぞれ区分されています。
この【要介護】の認
定を持っている方々に対
する介護保険サービスを
総称して『介護給付
サービス』、そして【要支援】
の認定をお持
ちの方々に対するサービスを『予防
給付サー
ビス』
と呼びます。今回はその『予防給
付サ
ービス』についての改正点をお話します。

防給付サービス(以下『予防サービス』)全般
について言うと単価は総じて減
額改訂となります。
また、新設類型の予防サ
ービスはありませんので、
概ね現行のサービ
ス類型のままとなります。で、
今回の予防サ
ービス改正の一番のポイントは予防
訪問介
護(ヘルパー)と予防通所介護(デイサー
ス)を平成29年度を目途に新しい“事業”(『
常生活
総合支援事業』)へ移行する
事です。
この『日常生活総合支援事業』というものですが、
従来の全国一律の指定要件、サービス
内容で行っ
てきた予防給付サービスを、市町
村が実施主体と
なって、その地域の実情(N
POやボランティア団
体等)に合わせて効率
的かつ効果的に運用、提供
するというもので
す。つまり、今までの『給付』
という形から
『事業』という形態に変る事で、市
町村、つ
まり地域に暮す方々が主体となってその
地域
ごとの実情や特性に合わせた多様なサービス
の創生や提供が可能になるという事になります。
国が例として挙げているものは、独居高齢者の安
否確認やお話し相手などを行う巡回
サービス、買
い物やゴミ出し、掃除の支援、
地域交流を主体と
したサロン(集会場)の運
営等々がありますが、
これらは専門的な『支
援』というより『日常生活
の手助け』の色が
濃い分野とも言えますよね。

今回の改正で、これらの生活支援を提供するサー
ビスについ
て、市町村の指定を受けた地域のボラ
ンティ
アやNPO団体、民間団体等も『総合事業』
して行うようになれるという訳で、利用者様
とっては、利用するサービスの種類が増
えるとい
うメリットが考えられます。また、
既存の予防訪
問介護や予防通所介護サービス
で提供されてきた
専門的なサービス、例えば
訪問介護での身体介護
や生活援助、通所介護
での運動器機能訓練等につ
いては、実施形態
は新設の総合事業となりますが、
内容的には
ほぼ既存の介護予防サービスと同じサ
ービス
を利用する事も可能となっていますので、
近ちょくちょく耳にします『4月からヘルパー
さんに来てもらえなくなるの?』という心配につ
きましては、「心配無用
!」とお答えします。

予防訪問介護と予防通所介護のサービスは「予防
給付」か
らは形式上は外れますが、意味合い的に
は「
組み換え、再編」と言うべきものですし、
「必要な方に必要なサービスを提供する」という
介護保険の目的は揺らいでいませんので
ご安心下
さいね。因みに、訪問介護と通所介
護以外の予防
サービス、福祉用具貸与や訪問
看護等については、
従前通り予防給付でのサ
ービス提供となりますの
で併せてお知らせし
ておきます。この新設される
総合事業が上手
く機能するかどうかは、地域の実
情やニーズ
をどれだけ的確に把握できるか?がキ
ーポイ
ントになります。私見ではありますが、地
の介護や生活のニーズを引き出すためには、
業実施主体である市町村と主なサービス提
供主体
である介護事業者に加えて
地域にお住まいである
全ての方々、介護や支援を要する人
もそうでない
人も、家族の介護をしている人
もそうでない人も、
すべての地域住民が主体
となって、お住まいの地
域が抱える問題や課
題を解決するために参加する

事が非常に大
切になりますし、その意味では大き
な可能性
を秘めている制度でもありますね。

と言うところで、今週のお話はここまでとします。
週は、その他の改正ポイントについてお話を
ていきます。
では、また来週お会いしましょう!
See you next week , bye 

【ウッチー輪ばなし】2016・新卒採用計画。

【ウッチー輪ばなし】連載・第196回。

みな、みな、みなさま!お元気でしょうか!

ワタクシ、松阪施設長・内田は元気の見本のように

今日も何一つ体調を崩すことなく、過ごしています。

一時、強烈な寒波が襲来しましたが、この週末は

比較的暖かくて、落ち着いた気候に戻りましたね。

このまま春になってくれるといいなと願ってます

 

さて、当社ケアステーションたきびでは、先日から

『2016年度・新卒スタッフ採用』に向け計画が始動!

4月、5月は会社説明会や面接で忙しくなる予定です。

welcome_sign.jpg

今年は初めての試みとし、施設正門脇のフェンスに

こんな↑↑横断幕を掲げてみました。こちらは新卒

採用の学生さんに向けてというより、通年的に採用

試験を実施している、パート・アルバイト希望の方

への当社からのメッセージの意味合いが強いです。

これなら気軽に問い合わやすいかなと思いまして。

ちなみに、原則的には、あえて採用の定員枠を設け

ないのがたきび流の方法論。意欲のある好人材なら

人員が充足していても採用するということです。

結局、信頼しあえる仲間に勝る財産はないので

あっ!最後になりますが、、この横断幕にはもう

ひとつ、現在一緒に働くチームメイトに対しての

「良い仕事、良い職場で、良い仲間を迎えよう!」

いう相互啓発の意味も込められているんですよ!

 

それでは、今週はここら辺で失礼いたします。

季節の変わり目へと差しかかる頃、ご自愛下さい。

来週またここで会いましょう…Please take care 

ヘルパーのカタチ 生搾り
第257回
『ケアマネの介護相談手法(前編)』の巻。


<今週のテーマ>

今週と来週は、架空の「介護相談・
初回面接」を模擬的実践し、それを
メンバーで考察して行く内容です。
ケアマネ役は、三重県ケアマネ協会
副会長であり、私達の友人でもある
倉田理さん。相談者役は伊藤亜也子。
今週は、急遽相談にみえた相談者と
ケアマネとの会話をお聴き下さい。
ケアマネが、決して介護保険の窓口
だけではないことがお分かり頂ける
と思います。それでは皆さまどうぞ…


<今週のメンバー>

倉田理(三重県ケアマネ協会・副会長)、
赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

冬は土壇場、延長戦に突入。

ここ数日は激しい寒波が到来していますね。

施設のある松阪市も日中は細雪が舞っていて

とにかく寒い!の一語に尽きる気候でした。

正門から山並みを見ると、なんと、真冬でも

滅多に見られなかった雪化粧でかなり驚き

cool_wave.jpg

この数日前には、ご利用者の皆様方が、

「やっと上着が脱げる季節になったなぁ」

と、笑顔で話してみえただけに何とも…

見えていた春が逃げていった気分です。

なお、天気予報によると今週末からは、

再び暖かい陽気に戻って行くとの話し。

本当にそうなるといいのですがいかに

寒暖差が激しく体調を崩しやすくなって

いますので、皆様方くれぐれも体調管理

にはお気をつけてお過ごし下さいませ!

2011年3月11日14時46分。

2011年3月11日(金)の東日本大震災から

1459日目、今日で丸4年が経過しました。

道路整備や倒壊家屋の建て直し等、表面的

には進んでいる様に見える復興計画ですが

ひとたび、人の生活に踏み込んでみれば、

未だ日常を取り戻せないままで日々を過ご

されている方々も多くいらっしゃいます。

心の問題も含め、あらためて復興への道程

は厳しく険しいものと思い知らされます。

少し前、ご利用者の皆様方と震災について

お話しさせて頂いた際、たくさんの方が、

「その人にしか分らないことがある。だから

  たやすく力になれると思うべきじゃない。」

といった主旨の発言をされてみえました。

言葉の意味や真意を考えながら数十分後、

おやつ前のある方々にカメラを向けると、

「平穏、平和。」と予想外のピースサイン。

 peace_mark.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

この一連の流れに触れて、咄嗟にこれは

人生の大先輩から送られたとてつもない

重要なメッセージなんだと感じました。

私達がこれからも継続して考えるべきが

一体何なのか。震災から4年経た今から、

あらためて見出してみたいと思います。

IMG_8746.JPG

一雨ごとに足音立てて。

桃の節句が終わって、松阪施設1階ロビーの

七段ひな飾りは片付けられてしまいました。

華やかな雰囲気から一転、現在はシンプルな

いつものロビーに戻って少し寂しいような…

ですが一方、デイサービスホールでは、まだ

ギリギリ!?でひな祭り気分を味わえます!

drow_the_hina's_seen.jpg

毎月、月初めにご利用者の皆様に取り組んで

いただく「カラーリング」の素材がひな飾

モチーフだったんです。完成した作品は絶賛

展示中で、こちら一角だけは3月3日で時間が

止まっている様な錯覚を抱いてしまいます

豪華な七段飾りも象徴的ですが、スッフ

とっては、ご利用者様の作品で季節を感じる

機会の方が遥かに多かったりするんですよ!

そして、早くもご利用者の皆様は次の季節に

向けた作品の製作に取り組まれてみえます。

この型紙↓↓をベースに出来上がるものとは…

paper_kabuto_2015.jpg

決してうつむいた人間ではありませんよ!

五月と言えば!の例のアレです。お分かり

頂けますでしょうか?ヒントは戦国武将。

完成したら、このブログで報告しますね

不安定で不順な天候の中、一雨毎に季節が

移ろいます。待望の春、もうすぐですね!

 

あなたにとって私もそうでありたい。

卒業シーズン真っ只中、別れの切なさとは

正反対に、雲ひとつない青空だった昨日。

〝君が小さくなるまで…悲しいほど青い空〟

というSMAPの曲が脳内ヘビロテでした。

ある場面に応じて、思い出す曲や歌詞は、

人によって、全く違うものだと思います。

「昨日、頭の中に流れていた曲は何です?」

答えを出し合ったとしても、やはりその

その人によってバラバラなんでしょうね

no_cloud.jpg

でも、もしも今日、学生さんたちに対して

「今日、頭の中に流れている曲は何です?」

という質問を投げかけたら、相当な確率で

答え一致するのではないかと思います。

レミオロメン『3月9日』。ここ10年の間、

卒業ソングの定番として絶対的なこの曲。

最早卒業とは無縁で世代の違う自分でも、

思わず涙が出そうになる珠玉の名曲です。

今日は学生だった頃の自分に立ち帰って、

仕事の行き帰り、電車の中やバスの中で、

この曲を脳内ヘビロテしようと思います!

皆様の頭にはどの曲が流れるのでしょう…

【自転車奔走記】制度改正を知る#4。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第236回。

日増しに暖かくなってきていますね。皆様いか
がお過ごしでしょうか?
齢を重ねるにしたがっ
て、寒さがこた
えるようになってきたワタクシ、
春の訪
れは大・大歓迎!の筈なんですが、春風
に乗ってやってくる花粉がクセモノ。
滴り落ち
る鼻水と目の痒みに悩まされ
る毎日が続くと考
えると憂鬱です。
かと言って、冬に逆戻りも勘
弁してほし
いですし、まさに前門の虎、後門の
状態の毎日それでも今週もめげずに頑張る
【自転車奔走記】
始まります!
=====================

今週は平成27年度の介護保険改正について、実
際の介護サービスの改正ポイント
をお話します。
介護サービスの単価である介護報酬は概ね減額
となる見込みです。厚労省の発表で
は全体とし
て2.7%の減額改訂の案が示さ
れていますので、
概ねこのラインで決定す
る見込みです。この介
護報酬減額について
は、ご利用者さん方にとっ
ては、利用者負
担額も同様に減額となりますの
で家計への
負担が幾分でも軽減できるメリット
がありま
すが、サービス事業者にとっては減額
=収
入減になりますので、運営・経営面では一
層苦しい対応を迫られることになります。た
この報酬減額改訂の内容を詳しく見ると、
全体
構造としては、(基本となる報酬+各事
業所の
サービスの質や取組に応じた加算)
という2層
構造の報酬体系に近づいている
印象を受けます。

例を挙げますと、デイサービスの介護報酬は全
体的に10%程度の減
額となっていますが「認知
症加算」や「中
重度ケア体制加算」と言った新
規の加算要
件を設けるなどして、事業所の取り
組みや
サービスの質に応じて報酬評価を行って
く案が示されています。つまり、報酬体系を
細分化して、事業所の評価に応じて加算を上乗
せしていく算定構造に近づいている訳
ですね。
加えて、事業所の減収分が従事者の給与の減額
や雇止め等の雇用問題に波
及しないよう、介護
職員に対する給与の上乗
せが可能となるような
処遇改善の為の加算
は、一定の要件は示されて
いはいますが、
増額の評価となっていて、報酬
減額による
介護従事者への影響や人材の確保に
問題
が生じない様な配慮は一応示されています

ただ、全体としては減額改訂になりますので、
サービス事業所の運営に今後様々な
影響が出て
くることは必至でしょう。逼迫する
国家財政の
状況を反映しているかのような
報酬の減額改訂
ですね。ただ、サービス受
給の分析と公正化の
観点からみると、ここ数
年で相当に増えてきた
「サービス付き高齢者
住宅」等の施設について
は、その施設と同じ
施設内あるいは同一敷地内
に訪問介護や通
所介護の事業所がある場合は、
一律減算が
適用される等、サービスの実態に応
じて減額
や減算の制度が盛り込まれています。
また、
ショートステイにおいても、連続利用
(30日
を超える連続したショートステイ利用)
いては、一日単位で報酬が減算される仕組
みも盛り込まれる様子ですねその他としては、
特別養護老人ホ
ームの入所対象が原則要介護3
以上
となる
など、介護老人福祉施設への入所用
件の明
確化も今回の改正に盛り込まれています。
今週は、介護サービスの中でも、要介護1以上の
方が対象となる介護給付サービスの
改正内容に
ついてざっくりとお話をしました。
次週は、
要介護1以下、つまり要支援1か
ら2の方が対象
となる予防給付のサービス
についてお話をしま
すね。
では、また来週お会いしましょう!
See You Next Week 

【ウッチー輪ばなし】13年目のハネムーン。

【ウッチー輪ばなし】連載・第195回。

みな、みなさま、こんにちわ!!

すこしづつ暖かくなってきたなぁと思っていたら、

一転して、ここ数日は真冬の寒さに逆戻りですね。

三寒四温とはよく言ったもので、まさにその通りの

気候変動になっています。とはいえ確実に春が近く

なっている事も実感するこの頃、心も軽やかです!

さて、今週はたきびスタッフの内輪ばなしです。

 

デイサービスの三浦真弥主任(管理者)は…

たきび入社14年目、結婚13年目です。つまり入社

したその年に結婚しました。現在では2児の父親!

13年前の三浦主任の結婚式は、たきびのスタッフ

手作りで開催したのを昨日のように覚えています。

社内では異様なほどの!?愛妻家としても知られ

ているそんな三浦主任ですが、実は、彼自身には

一つの心残りがありました。それがハネムーン。

入社間もなかったことと、すぐに子宝に恵まれた

ことで、新婚旅行に行けていなかった事なんです。

そこで、たきびのみんなで相談して、長期休暇を

用意する形で「主任を新婚旅行に行ってもらう!」

という、サプライズのプレゼントをしたんです。

昨年末の親睦パーティーで、それを発表した際は

スタッフたちがスタンディングオベーション!で

「行ってらっしゃ〜い!」「楽しんできてな!」

という言葉をかける、忘れられない光景でした。

 

そして今…三浦主任は、子供たちを両親に預けて、

愛妻と二人きり、13年越しの新婚旅行真っ只中

miura1.JPGのサムネール画像

miura3.JPGのサムネール画像

先日、会社に写真が届きましたのでぜひどうぞ…

「海外にしたら?」という周りの声をよそに、

西日本各地を時間をかけ、ゆっくりと巡る旅を

選んだのが、三浦主任らしく微笑ましい限り

ちなみに、九州を一周して、昨日本州に入った

そうとの連絡がありました。幸せが伝わります。

miura4.JPGのサムネール画像

miura5.JPGのサムネール画像

念願のハネムーンを叶えた男・三浦真弥、一回り

大きくなって帰ってきそうな予感プンプンです!

ちなみに、スタッフたちは土産話を楽しみにして

いると同時に、かなり長い間主任と会えないので、

だんだんと寂しくなってきていますよ〜

 

それでは今週はこれにて失礼いたします。

また来週、元気にここでお会いしましょうね!

Please take care , everyone. Have a good week

【生搾り】第256回『凡人ブルース』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第256回
『凡人ブルース』の巻。


<今週のテーマ>

生粋の凡人である、自分たちでも
これならば人に誇れるぞ!という
事が、一つくらいはあるのでは?
という発想から取り上げたテーマ。
今週は〝自分のプチな能力を自慢〟
させていただきます!!笑い所が
多い内容ですのでお気軽にどうぞ…


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

松阪施設のシンボルツリー。

今から9年前の松阪施設開所時、敷地の

片隅に植えた小さなどんぐりの木」。

この木と共に、一歩づつ育ってゆこう

いう想いの籠ったシンボルツリーです

tree_of_donguri.jpg

あれから9年、今では見上げるほどに成長!

こんなにも大きく立派になっているんです。

樹木に詳しいご利用者様にお聞きした所、

これからも、まだ大きくなるだろうとの事。

しっかりと手入れしながら、この先も一緒に

焦らずゆっくり成長してゆくつもりです

施設のシンボルツリー「どんぐりの木」。

機会があれば、ご覧になってくださいね!

なお健在!大盛りスピリット。

先日は桃の節句でしたね!松阪施設でも、

イベントで一日中盛り上がっていました

ひな祭りPARTYのリーポート記事は、後日

本ブログにて掲載する予定にしています。

さて元気が出るパワーエピソードを一つ…

あるご利用者様のご飯は、いつも大盛り!

こちらの写真はある日のランチなのですが

覧の通り!なかなかの大盛り具合です。

lunch_2015_3_1.jpg

「昔から俺は大盛り!元気の秘訣やわさ

と、幸せの皺を満面にうかべての一言

身体的には機能が低下する中、この方の

精神がなぜいつも健康なのか?が、良く

分かる貴重な言葉ではないでしょうか。

「たくさん食べる!」とは良く聞きますが

実際にご高齢になられても、それを実践

しておられる事実は素晴らしいの一語!

若い世代の人も見習うべき姿勢ですね。

我々の仕事は、このように生きた教訓を

得られる、豊かしい職業なんですよ 

リンゴ可愛や♬可愛やリンゴ。

ショートステイの一コマよりどうぞ…

先日のおやつは真っ赤なリンゴでした!

栄養バランスを踏まえたおやつの献立を

考えてゆくと、自然と果物が増える傾向

になってしまうのですが、結局それだけ

果物の栄養価が秀逸という事ですよね。

cut_the_apples.jpg

この日も、リンゴの皮を剥いたり、咀嚼が

困難なご利用者様向けに細かく刻んだり、

あるいは摩り下ろしたり、と作業に余念が

ありません。この日は4月で入社二年

迎える高橋が担当です。かなり流暢な包丁

捌きで準備を進める姿に、頼もしくなった

なぁ〜と、しみじみしてしまいました 

この後ホールには、皆様方の笑い声に紛れ

シャキッ!シャキッッ!という、リンゴを

かじる爽やかな音が響き渡っていました

LIFE IS SO HARD, BUT‥

アッという間に2月は過ぎ去り、早いもので

今年も3月に突入しました。学生の皆さんは

ちょうど卒業の時期で、これから沢山の別れ

と出会いを迎えることでしょう。社会人の

方々は、年度末に差し掛かることもあって、

業務が多忙になる頃ではないでしょうか?

人事異動も、たいていはこの時期ですよね。

身の回りに映る色々な情景が変化し始める、

今年もまたそんな季節。でも、全ての別れや

出会いには必ず理由があるもの!瞬間的には

悲しく戸惑うとしても、いずれその出来事の

意味に気づける日が来るのが人生の醍醐味。

welcome_2015_3.jpg

The life is so hard , But so beautiful 

さぁ新たな7daysへ、前を向いてGO!

【自転車奔走記】ちょっと一息。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第235回。

3月最初の日で最初の日曜日、皆様はいかがお過
ごしでしょうか?
日差しが気持ち暖かく感じる日
も増えて
きているような気がしますね。春の訪れ
も本当に間近に迫ってきましたが、まだまだ油断
は禁物。気温差、天候の移り変
わりが激しい時期
です。加えて年度末の
バタバタも重なって体調を
崩しやすい。
皆様、体調管理には十分注意して下
さいね。
桜の季節はもうすぐですよ!
======================================

今回は月初めの「ちょっと一息」のコーナーにな
ります。先月から介護保険制度改正に
ついてのお
話をしていますが、改正内容に
ついては、概要骨
子は判っていますが、肝
心の細部については未だ
薄靄の中…という
状態です。年末の選挙に加え国
会審議の遅
れが影響しているとはいえ、現時点で
日本の
国は福祉国家体制を取っていることを考え
と、国家存立の根幹の一つである社会保障の取
り扱いが、あまりにゾンザイではないか?
と正直
首を傾げてしまいます。加えて、介護
保険制度は
社会保険であり、40歳以上の
全国民に課せられる
皆保険ですので、
制度の改正をするのであれば、
もっと徹底
周知や議論がなされるべきですよね。

ただ、この現状の責任を政治や行政のみに求める
のも筋違いと言うか無責任ですね。
社会保障だけ
ではありませんが、自分たち
が現に暮らしている、
或いはこれからの暮ら
しを一人一人が責任を持っ
て考えることが
大切なことはすべての方々が十分
承知して
いることの筈なんですが、なぜ現実的に
能していないんでしょうね?と今週は「一息」
ではなく「タメ息」の
ような自転車奔走記でした

改めて、介護保険制度改正に関わる情報は、ブロ
グはもとより直接皆様と接する時、
あらゆる機会
を使ってしっかりとお伝えして
いこうと考えてい
ます。皆様も判らない事が
あれば、当社たきび、
あるいはお近くの介護保険サービス従事者に
ご質
問をお寄せ下
さい。本ブログでも適宜取り扱って
いく予定です!
では、何かと忙しい3月ですが、
お元気に
お過ごし下さいね。では、また来週!
See you next week , bye 

アーカイブ

月別 アーカイブ