ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 
お知らせ
トップページ > お知らせ > 【自転車奔走記】ちょっと一息。

【自転車奔走記】ちょっと一息。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第207回。

8月に入っての最初の日曜日。暑い毎日が続いて
いますね。
冷夏との予想はどこへ行ったのか?
と、流れる汗をぬぐいながら愚痴ばかりこぼして
いるヒロモリでございます。
毎度毎度の繰り返し
ではありますが、
汗をかくと体内の水分や塩分、
ミネラル
が一緒に失われます。また、室温が高い
まま長時間過ごすと、
熱放出が低調になることで
体内に熱が
溜まってきます。どれもこれも熱中症
の最大の原因因子です。
ですので、水分と塩分の
適切な補給と、そして
空調機器や換気での適切な
室温管理が重要。
熱中症は誰でも起こり得ます。
ちょっとした油断が熱中症を引き寄せるんですね。
皆様、夏もこれからが本番です。甲子園に盆踊り
などなど、楽しい行事もたくさん
まっています。
健康に夏を楽しみましょう!ね。

さて、月初めの「ちょっと一息」のコーナー。
今回のテーマは相性です。相性というと主に人間
関係を語る時に
使われるイメージがありますが、
人間だけでなく
動物や機械類など、言わば自分自
身と
関わりが生じたすべての事物との関係の内容
を印象的にあらわす言葉ですよね。
『○○さんとは相性がいい』
『××とは
相性が悪い』
なんて使い方をしますが、要は
自身と対象の関係
がスムーズなのか?
あるいは何かトラブルがある
のか?を心象
として表現しているにすぎません。
心象と言ったのは、一般的に『相性』という言葉
で事物との関係を語る際、実際には
その関係には
何らかの科学的根拠と言うか
エビデンス的なもの
が殆どないからです。
つまり根拠が無いけれど心
象として表現
したい!という欲求で『相性』とい
う言葉を
使うのが一般的なんですが…実は、最近
ある事実が判明しまして、、

それは、ヒロモリの通勤コースにある信号機なん
ですね。この信号機、たきびの
事務所から割と近
い場所にある信号機
なんですが、何故かその信号
機に差し掛かる
と必ず赤なんですね。以前から少
し気にはなっていたんですが、
思い立って30日間、
ヒロモリが差し掛かった
時の信号の色を記録して
みました。
すると、なんと30日中、信号が青だっ
たのは
僅か1日!残りの29日は全部赤という事実。
その信号機は交通量の多い場所にあって、なおか
つワタシが通る道が幹線道路ですので、
信号が青
でいる時間は長いはずなんです。
それなのにほぼ
必ずと言っていいほど赤!
これを『赤信号と相性
の良いヒロモリ』
と言っていいのかどうか…。
まさか信号にヒロモリセンサーが付いていて、ワ
タクシが通りかかると赤に色が切り替わる訳では
ないでしょうから、偶然
と言えば偶然なんでしょ
うが、ほぼ100%
の確率で赤信号という事実を
偶然の一言
で片付けるのも納得がいきませんよね。

結局、心象を表す『相性』という言葉に落ち着い
た、と言うか落ち着かざるを得な
かったヒロモリ
でございます。
『相性』なんて言葉は科学的な根
拠のない
謂わば慣習的な言葉だと思ってきました
が、
もしかしたら、相性という言葉には言霊が
って、『良い』と言えばよくなり、『悪い』
と言
えばわるくなるのかもしれませんね。
とすると、
長年連れ添い、年輪を重ねて
来た我が腹脂肪も、
ヒロモリとの相性は
VERY GOOD!となるん
でしょうか…。
思い返せばワタシのブログのオチ
は必ずと
言っていいほど“腹”に落ち着きますし、
厭いつつも、実は深い愛着を感じているのは自分
でも分かります。おまけに、ワタシの
カラダは炭
水化物と脂質、糖質との相性
は誰にも増してバッ
チシ!!ですから…。

と、『相性』についてテツガク的(?)に考えて
みました『ちょっと一息』のコーナーでした。
今週はこれにておしまい。来週からはバイスティ
ック7原則に戻って
お話を続けます。
では、くれぐれも熱中症にはお気をつけて!
また来週お会いしましょう!
See you next week , bye 

アーカイブ

月別 アーカイブ