ケアステーションたきびは三重県下でホームヘルパー・デイサービス・ショートステイの在宅介護事業を展開しております。
ケアステーション たきび home サイトマップ
デイサービス 訪問介護サービス ケアステーション たきび
ケアステーションたきび サービス案内 ケアステーションたきび アクセス情報 ケアステーションたきび お問合せ
たきびブログ 
 

2014年8月アーカイブ

【自転車奔走記】関わるケア#44。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第211回。

夏なのにはっきりしない天気が続いていますね。
8月には珍しい秋雨前線の
停滞で、全国的に雨の
日が増えています。
ただ、また今週から暑さが
戻るみたいな
予報ですので、まだまだ秋はお預
けですね。合言葉は「水分補給と熱中症予防」。
みなさま、体調管理には十分ご注意下さいね。
あっ!!
遅らばせながら、三重高校球児のみなさん!
甲子園、準優勝おめでとうございました!!
本当にたくさんの元気をいただきました!!
その元気を勢いに【自転車奔走記】開講です!

=====================

今週も認知症に関連するお話をします。
先週は施設サービスのお話をしましたが、今週は
もう少し根本的な事柄についての
お話になります。

というのは…
ここ数年来の事でなんですが
皆様が『認知症』とい
う言葉にナーバス
になりすぎているのでは?と思う
事が多く
なったからです。実際の相談現場において
「認知症なので…」というフレーズを良く耳にす
るようになりました。
この連載でも繰り返しお話を
していますが、
「認知症」という言葉(病名)は、
元々は人間
の認知機能になんらかの障害を有する場
合に
使われる名称です。加えて、その症状の原因
なる(考えられる)基礎疾患やその疾患に起因
する
周辺症状(ひどいもの忘れや徘徊等)を
【総称】的
に使う意味も含んでいます。
ですので「認知症」と
いう言葉は、そもそも
病名や症状を表す言葉に過ぎ
ないんですが
「認知症」という単語の持つネガティ
ブな印象、
例えば昼夜を問わずの徘徊や攻撃的な被
妄想などの認知症という病態の一部の症状がさも
全体のイメージとして流布してしまい、
「認知症」
の極端な症状がステレオタイプの症状
として言葉の
持つイメージとイコールで結ばれて
しまっている状
況があります。つまり、認知症という
言葉が独り歩
きをして、ひとたび「認知症」という
診断が下りた
り、「もしかして…」といった状況
になった時、そ
の人に「認知症」という冠がついて
しまい、結果と
してその人のイメージがその極端
なものと同じよう
な印象を周囲に与えてしまう、
と言うか周囲が勝手
にそのイメージで
見てしまう事態が出現します。

何度も繰り返しになりますが、認知症であろうと
かろうと、その人はあくまでもその人、つまり
人格
を有した、尊重されるべき個人であることには
変わ
りがないはずですが、言葉の持つマスイメージ
は、
その人本来の人格までも覆い隠してしまう
ほどの強
い力を持っているんですね。
「認知症」という言葉
は、誤解を招くことを承知で
言うなれば『便利な』
言葉なんです。『便利』という
のは、認知症のステ
レオイメージで物事を単純化
して大雑把な理解がし
やすくなるという意味において
なんですが、安易に
『認知症』という言葉を使う
事で、その人の本来持
っている人格的な部分や
尊厳の部分を侵害してしま
っては本末転倒
になりますよね。

以前、認知症の方を専門にケアしている方から興味
深いお話を聞きました。
その方によると人が人を、
「認知症」と呼んだ
時が、その人が『認知症になる』
時だと。
つまり、【認知症という概念を作り上げて
いる
のは私達周囲の人間ではないか?】という逆説
的な問いかけだったんです。この問いかけに対する
ワタシなりの答えは
まだ見つかっていませんが、少
なくとも【個人を
個人として見て、接する】という
基本的態度は
忘れないようにしているつもりです。
ですので、ご家族さんを始め認知症の患者さんを取
り巻くすべての方々には、『認知症という
冠を取り
払って、その人を個人として接する
こと」の重要性
をこれからも訴え続けていく
つもりです。
「認知症の○○さん」ではなく「○○さんは認知症を患
っています」という
捉え方です。

以上で今週の【認知症を考えよう】はおしまいです。
もう一度認知症ケアの原点を確認し、来週から「関
わるケア」に戻していきますね。
では、
また来週お会いしましょう!See you next week 
 

【ウッチー輪ばなし】連載・第168回。

みな、みなさま、こんにちわ!!

8月も明日で終わり、何と早いことでしょう。

みなさまにとって、今年の夏はいかがでしたか?

三重県に関しては、何といっても夏の甲子園で

見事に準優勝した三重高旋風の話題が中心でした。

甲子園が終わったと同時に、風は初秋の匂い…

深夜は少し肌寒いと感じることがある程ですね。

さて、さて、アツかった夏に別れを告げるべく、

今週の話題は、三重高校!そして甲子園!です。

 

この夏、CSたきびからは、延べ12人のスタッフが

甲子園へと三重高校の応援に行ってまいりました。

ワタクシが応援したのは準決勝・三重×日本文理!

staff.JPG

この日のメンバーも、全員がたきびスタッフです!

右からショート看護士の川本、デイサービスの大岩、

総務部の伊藤、一番左がワタクシ内田でございます。

現地では、愛息が三重高野球部のショートスタッフ

末良昇司が、ヱビス顔で待ち構えてくれていました!

sueyosi.JPG

三重を朝5時に出発、チケット購入の長蛇の列に

並び、一塁側内野席でタオルを回しながら応援!

三重高の応援の迫力が半端ではなく、球場全体が

地鳴りを起こしている様な大・大迫力でした

本当にリズムが良く、関係者以外のファン達も

楽しく応援できるものばかりだったのが印象的!

4人とも、見よう見まね、必死で応援しました。

こんな興奮状態になれるのも、三重高のおかげ。

語り継げる夏を与えてくれて心より感謝です!

来夏はスタッフ末良の愛息が最終学年の3年生、

もう一度、こんな奇跡を感じられたら嬉しいな

 

あぁ〜ワタクシも野球がしたくなってきたぞぉ…

たきび野球部復活あるか!?乞うご期待です。

それではまた来週、楽しみにしていて下さいね。

Please take care , everyday

【生搾り】『レクビリ FORMATION』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第231回
『レクビリ・フォーメーション』の巻。


<今週のテーマ>
今週は、介護施設に欠かせない
レクリエーションに際しての、
ご利用者様の配席やスタッフの
配置・心がけついて配信します。
なお、たきびでは一般的に言う
レクリエーションを、リハビリの
視点を欠かさない意味を込めて
「レクビリ」と呼んでおります。
皆さま、ぜひ御一聴下さいませ!


<今週のメンバー>
赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

どうですか?こんなプレゼント。

10時前のストレッチ体操が終わり、

もうすぐティータイム…という頃、

デイサービスのY様は、日課として

クロスワードパズルに挑戦されます。

crossword_koushien.jpg

「自分流の頭のストレッチなんや。」

と、積極的に取り組まれるお姿が

とても印象的で、わからない言葉は

長考しながら類推されたり、周囲の

ご利用者様やスタッフ達に聞いたり

して着実に進めて行かれるんです!

最近は、Y様に刺激を受けてクロス

ワードにご興味を持ち始めた方々も

おみえになって、その効果はご自身

以外の範囲にも波及しています

最近は高齢者向けのクロスワード

雑誌なども充実していますので、

ぜひ皆様も来月の〝敬老の日〟

プレゼントされてはいかがですか

ヲモヒデ・ツイスター。

アツ〜く燃えた甲子園が幕を閉じると、

まるで待ちかまえていた様に秋の気配。

夏が名残惜しくて寂しくなる頃ですね。

皆様にとってこの夏はどうでしたか?

素敵な想い出や記憶は出来ましたか?

先日のこと…たきび松阪施設事務所の

パソコンを整理していたところ、今年の

納涼祭期間に撮った面白い写真を発見!

twiter_summer.jpg

出し物&イベントが終わって、順番に

帰途につかれるデイのご利用者様方。

そんな中、自分のバスを待つ皆様方に

もうひと楽しみして頂こう!と、急遽

始まったツイスター対決の風景です。

デイスタッフ達の他に、総務部所属の

伊藤亜也子も飛入り参加しています。

のどやかで落ち着いた空気感を醸す、

良い一枚だなぁと思いUPしました。

わずか一ヶ月ほど前の出来事ですが、

とても昔のような気さえする不思議。

夏はそういう季節かも知れませんね…

もうすぐ秋。ご利用者の皆様と更に

沢山の想い出を作りたいと思います。

FOREVER THIS SUMMER...

惜 し く も 準 優 勝!

世代を超えて、ご利用者様方も

スタッフも同じ気持ちでした。

皆、子供の様に応援しました。

thanks_to_mieko.jpg

夢のような一夏を過ごせた事に、

沢山の元気と勇気を貰った事に、

心より、心の底より感謝します。

ありがとうございました!

いっぱいいっぱい泣かせてくれた

三重高野球部の皆様、胸を張って

地元松阪市に帰って来て下さい!

Let's Go 三重高!泣かせてくれ!

夏の甲子園…考えられない事が

どんどん現実になって行きます。

ご利用者様もスタッフも、今は

ワクワク・ソワソワ夢心地です。

mie_bunri_1.jpg

※写真は関係者ご了承の上掲載しております。

短いようで長かった一夏の奇跡。

魔法にかかったようなこの時間も

遂に今日、その幕を下ろします。

全国3917出場校の頂点を懸けて、

いざ!クライマックスの舞台へ。

Let's Go三重高!泣かせてくれ!

施設一体となって応援します

【自転車奔走記】関わるケア#43。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第210回。

非常におかしな天気が続いています。梅雨の蒸し
暑さに真夏の猛暑が加わった
ような日があると思
えば、まさに類を見ない
ほどの豪雨に見舞われた
り…。
いままで「異常気象」と呼んできたものが
普通になりつつあるような怖さも感じます。
ともかく8月も後半、そろそろ秋の台風シーズン
になります。
皆様、とにかく身を守る事を第一に
して
行動をお願いします。また、避難場所や緊急
時の避難方法等不明な点がある時は、
各市町村の
役場や自治会などから情報
を仕入れておくことも
大切です。本格的な秋到来まではまだまだ。健康
も当然ですが、いざと言う時の対応
も含めてしっ
かり乗り切っていきましょう!
と、真面目モード
で注意喚起をしていますが、
先日くしゃみの拍子
にベルトが切れて
しまい、ズボンが落ちる!と思
いきや下腹に
引っかかって落ちずに済んだ、良か
ったのか
悪かったのか微妙に悩む経験をした
「腹マネージャー」ことヒロモリがお送りします
【出ッ腹もたまには役に立つんだね!体験記】
…ではなく【自転車奔走記】はじまります!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、先週迄のバイスティック7原則のお話はいか
がでしたでしょうか?
面接技法のお話から思いがけ
ずの脱線
でしたが、ワタクシ的には面白いお話がで
きたと思っています。
ついでと言っては何ですが…、
もうすぐ介護支援
専門員の実務研修受講資格試験が
ありますが、
このバイスッティク7原則は時々出題さ
れます
ので、今年受験の方は頭の隅に入れておいて
頂ければ、もしかしたらラッキー!となるかも!

さて、今週から関わるケアの実際についてのお話に
戻る予定でしたが、ちょっとワンクッション
置くこ
とにします。
と言うのも、最近有料系の老人施設が
増えて
来た為か、入所の相談の時を受ける時に相談
をされるご本人様やご家族が少々
混乱や混同をして
お話をされるケースが増えて
いる印象があります。
認知症のケアでも
在宅ケアの方が常に良いケアを提
供できるか?
と言うと必ずしもそうではなくてケー
スバイケース、
状況に応じて在宅や施設のサービス
を柔軟に
検討していく事が重要なんですね。

加えて、重度の徘徊など周辺症状が悪化してくると、
在宅での
介護がとても困難になります。ですので、
入所
サービスや入所施設の情報を知っておくことは
認知症のケアを考える際にも非常に有用ですし大切
なことなんですね。という事で今週は、その入
所施
設について簡単におさらいというかまとめをし
ます。
先ずは介護保険三施設から始めます。

①介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
②介護老人保健施設(老人保健施設)
③介護療養型医療施設(病院)

これらの3つが介護保険法での入所施設です。
加えて、在宅サービス扱いにはなりますが

④グループホーム

も入所(正確には“入居”)サービスの類型になるので、
以上の4つが介護保険法の入所サービスとなります。
施設の細かい特性は省略しますが
介護保険に基づいた
入所施設ですので、要介護
認定を受ける必要があった
り介護度によっては
入所が難しい場合がある等、介護
保険制度での取り
決めに従て利用する必要があります。
続いて、老人福祉法に基づく施設があります。

⑤特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
⑥養護老人ホーム
⑦軽費老人ホーム(ケアハウスを含む)

⑤の特別養護老人ホームですが、介護保険での指定施
設であると同時に老人福祉法での措置施設
でもあるの
で、このような書き方になります。
平たく言えば同じ
施設でも法律が違うと別の呼び方
になるという訳です。
ですので、“特養”という
一般的な呼称はあくまで老人
福祉法での呼び方に
なるという訳です。
注意すべきは⑥です。
⑥の養護老人ホームは、主に経済的な理由から自宅で
の養護が困難となっている65歳以上の
自立に近い状態
の方が入所対象となっています。
他の施設との一番の
違いは、入所は“措置”という
行政命令によってなされ
ますので、入所の申し込み
は各市町村になる点ですね。
殆どの施設が入所者
と施設での個別契約となる事を考
えると、養護老人
ホームの行政措置入所とは大きな違
いになります。
加えて④を除く上述の施設群には入所
の費用の部分
で所得に応じた減免等の制度があるのも
特徴です。
という事は④のグループホームについては
入居費用の減免
などの制度はありません

続いては、所謂“民間”の施設となります。
最近よく耳にするのが

⑧サービス付き高齢者住宅

という施設です。この施設は2011年に改訂された所謂
「高齢者住まい法」が根拠となる入居施設です。
60歳以
上の高齢者を対象とした賃貸式の住宅で、
ケアの専門家
が日中は必ず常駐して、生活相談
や安否確認のサービス
を提供する事が義務付け
られている施設で、近年非常に
数が増えてきて
いますね。扱い的にはアパート・マンシ
ョンに
近いものですので、「特定施設入居者生活介護」
という介護保険法の指定を受けている施設ではその施設
が提供する必要な介護サービスを受ける
ことが出来ます
が、「特定~」の指定を受けていない
施設では必要な介
護については、その施設に
入居しながら訪問介護や通所
介護等の所謂在宅
での介護保険サービスを利用すること
になります。
そして以前からある

⑨有料老人ホーム

も、基本的には高齢者向けの住宅施設となります。この
⑧、⑨の施設については、入居そのものに
介護保険法や
老人福祉法などの細かい規則が
適用されないことが殆ど
ですので、施設側が
それぞれ定める入居の基準に基づい
て、入居の
申し込みや契約をすることが特徴です。また、
費用額についても減免等の制度はありません
ので、介護
保険施設に比べるとどうしても高額になる
ことが多いの
も事実です。反面、待機という面で
考えると介護保険施
設よりは入居しやすい状況
になっていますね。

以上の9つが、現時点で施設と呼ばれているサービス群
になります。
ざっと駆け足で色々な施設のお話をしてき
ました。
非常にざっくりとしたお話で、それぞれの施設
の特性
をお知りになりたい方にとっては非常に物足りな
とは思いますが、それぞれの制度等細かい事をお話
だすときりがありませんので今回はご勘弁の
ほどをお願
いします。
ただ、現状、これだけの施設が私たちの周り
ある訳ですので、知っておかない手はありませんよね!
ですので、とっかかりとしては、お近くの
高齢者介護施
設などにご見学に行く事をお勧め
します。入所するかし
ないかは別として、見分を深める
くらいの気軽なお気持
ちで行ってみてはいかが
でしょうか?ワタシもグループ
ホームなどの入居
サービスを検討されているご家族には、
施設の
見学をお勧めしています。やっぱり百聞は一見に
如かず!
具体的なイメージを掴むことで介護に対する
え方や関わり方も変化してくると思いますよ。

という所で、今週の【自転車奔走記】はおしまい。
来週から、本編にもどってのお話になります。
では、また来週お会いしましょう!
See You Next Week!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆追記
ご参考までに、介護保険施設や有料老人ホーム等
ついて詳しい内容をご覧になりたい方は、
①  本ホームページのトップページ左中段上の
 「たきびブログ」をクリック。
②「たきびブログ」ページ左中段上の【月を選択】から
 「20118月」を選択。
③「20118月アーカイブ」のページをスクロールして
   【自転車奔走記:第61回】(2011821日付)

  記事をご覧ください。

70回までの連載で、介護保険施設や有料老人ホーム、
グループホームについて
解説をしています。

【ウッチー輪ばなし】甲子園3元中継!

【ウッチー輪ばなし】 連載・第167回。

みな、みなさま〜!こんにちわ!!!

夏の甲子園、地元松阪・三重高校の躍進が

いよいよ神がかり的になってまいりました。

ベスト4!半信半疑のこの響きに、今多くの

三重県民が、はげしく胸をふるわせてます。

たきびでももちろん、ご利用者様スタッフ

ともに空前絶後のハイテンション状態です

昨日は、九州地区王者・沖縄尚学との対戦。

息子を三重高野球部に持つショートステイの

スタッフ末良昇司は、他スタッフ達の粋な

計らいもあって、本大会4度目の現地応援!

sueyoshi_at_koushien.jpg

その末良から試合前に届いた写真が↑コチラ。

そして試合の途中には、2年前実家の都合で

地元沖縄に夫婦で帰って行った元スタッフで

ある薬師神夫妻から「互いに頑張ろう!」と

yakushijin_family_koushien.jpg

いう言葉ととも、嬉しい写真↑も届きました!

撮影しているのは旦那の健二さんだそうです

「沖縄も応援したいけど、三重も応援したい」

と、複雑な気持ちでの観戦になったそうです。

2人とは10年以上、一緒にたきびで仕事をした

仲なのでこちらも何だか複雑な気持ちでした。

そして、そして、松阪施設館内はと申しますと…

mie_okinawa.jpg

第一試合にもかかわらず、朝から熱心な応援!

試合終了のサイレンがなった後には、涙を流し

「生きとるうちに、こんな事が起こるとはな」

と、喜んでおられる方の姿も見受けられました。

この夏は、三重高野球部おかげで夢心地です。

終わらないお祭りの中、誰もが不思議な気分…

もう少しだけ、このままでいたいと願います

次戦は24日(日)、ワタクシ自身も甲子園球場に

応援に行き、しっかり目に焼き付けて来ます!

 

それでは、また来週お会いしましょう。

【ウッチー輪ばなし】毎週土曜日のお相手、

松阪施設長のウッチーこと内田英希でした。

Please take care , everyone!

【生搾り】第230回『竣也大陸』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第230回
『竣也大陸』の巻。


<今週のテーマ>

一人の参加メンバーだけにスポット
当てたインタビュー形式シリーズ。
第4弾の対象者は大西竣也主任です。
大西主任の人柄が良く伝わる内容に
なりました…ぜひ、御一聴下さい!


<今週のメンバー>

大西竣也(ショートステイ主任)、
赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子木田健太、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

そしてたきびはアルプスになった。

三重高校ベスト8!スゴ過ぎます!

昨日のたきびはアルプススタンド。

三重高出身の木田健太を応援団長に

ご利用者様もスタッフたちも一緒に

なっての渾身大応援となりました

mie_johhoku.jpg

懸命に追い上げる城北高校の攻撃は

さすがの一言で、ピンチでは誰もが

息をのむ…そしてそれを切り抜けて

起こる大きなため息と大きな拍手!

地元松阪の若者たちが夢の甲子園で

大奮闘するその姿に涙される方々も…

勝利が決まった瞬間にはご利用者様、

スタッフ入り乱れる様にハイタッチ!

最高の夏はまだまだ終わりません

ノォコッッタァ〜のは誰だ?

レトロチックな遊びの「紙相撲」

ご利用者の皆様方にとっても懐かしい

この「紙相撲」で盛り上がった先日。

kamisumou_2014.jpg

力士は全て皆様ご自身で自作され、

当然!しこ名も付けて頂きました。

その形は微妙に違い、それが強さに

直結するのが何とも面白いところ

格好やデザインを優先し過ぎた結果

足腰が弱くなってしまった力士や、

外見はイマイチでも、いざ取組みに

なると抜群の安定感を発揮する力士。

実にバラエティに富んでいました。

それにしてもなぜ今「紙相撲」!?

それは…最近、たきびで「相撲」が

ブームになっているからなのですが

これには明確な理由があるんです。

コチラ↓↓の写真をご覧下さいませ

takibi_basyo.jpg

先月の納涼祭最終日に開催された

「しょっきり相撲・たきび場所」!

この日の予想を上回る盛り上がりを

通じて、ご利用者様もスタッフ達も

あらためて「相撲」の持つ面白さと

奥の深さに気付いたからなんです。

もともと皆様は相撲が大好きな世代

でもありますし、このブームの火は

まだまだ消えそうにもありません

遂に、遂にベスト16へ!

もう三重高の話題で持ち切りです。

三重高としては22年ぶり、三重県勢と

しては18年ぶり甲子園ベスト16進出!

たきびのスタッフ達も3名が甲子園に

足を運んでアツ〜く応援をしました!

mie_ogaki_2.jpg

もちろん、ご利用者の皆様方も2階の

ロビーとデイホールに分れて大応援!

mie_ogaki_1.jpg

これ以上書くと、止まらなくなりそう

なので堪えますが、久々この三重県に

球夏が帰って来たような気がします。

現在進行形真っただ中の夏、明日の

対城北(熊本県)戦に向け、ますます

盛り上がるCSたきび松阪施設です!

【自転車奔走記】関わるケア#42。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第209回。

初の月曜日登場となるヒロモリです。業務の都合で
どうしても執筆が昨日までに間に合いませんでした。
結果、一日遅れとなりましたが宜しくお願いします!

すっきりしない毎日が続きますね。皆様いかがお過
ごしでしょうか?
先日の大雨は大変でした。三重県
では特別警報が発令され、
あちこちの河川が濁流渦
巻くと形容
しても言い過ぎでないくらいの荒れよう
で正直見ていて怖かったです。
いままでに経験した
ことのない”と
いう表現がまさにぴったりの雨の降り
方でした。とは言えまだまだ8月も中旬、例年では
これから秋に向かうにつれて上陸
するタイプの台風
の到来も多くなります
ワタシたち介護保険事業者に
は、災害時
対応マニュアルの策定をすることが定め
られています。私共たきびでも、今回の大雨を受け
て、台風シーズンの到来前に再度
マニュアルの見直
し作業を行い万全の
態勢を整えて臨んでいきます。
皆様も、台風などの非常災害時には先ず自分の身を
守る事を最優先にして、
必要な対応をお願いします。
では、一日遅れの【自転車奔走記】始まります!

======================
今週はバイスティック7原則の最終章となります。
前回までに
①個別化の原則
②受容の原則 
③統制された情緒関与の原則
④意図的な
感情表出の原則
⑤非審判的態度の原則 
ついてお話をしてきました。ケースワークを行う
支援者の取るべき原則的な立ち位置というか取るべ
き態度についてつらつらとお話を続けて
きましたが、
この①〜⑤までの原則という
のは、ある意味で全て
⑥クライアントの自己決定の原則
を担保するために必要なものであると言っても過言
ではないと思います。この自己決定の
原則ですが、
読んで字の如く「物事を最終的に
決定する主体はク
ライアントその人
」と言う意味
です。ケースワークな
どの対人支援の場では、
問題を抱えたクライアントと
その方を支援する
ワーカーを始めとした支援者の間に
はどうしたって
立場的な意味で強い・弱いという強弱
関係が
できてしまいがちになります。特にクライアン
トが
その現に抱えている問題を客観的に捉えきれてい
ない場合など、支援者はついつい命令的
な指示をクラ
イアントに出しがちになってしまい
ます。

この⑥の原則は、そのような命令的な指示や態度を支
援者が取ることを諌めるもの
なんです。前段で①〜⑤
までの諸原則
がこの自己決定を担保するためにあると
いう
事を書きましたが、支援者がクライアントと関わ
っていく過程で最も重要視しなければ
ならない事は、
「最終的にクライアント自身が
その抱える問題の本質
に気づき、そして
自らの力でそれを解決し乗り越えて
いく力
を獲得する事。」なんです。所謂「エンパワメ
ント」
という考え方です。指示や命令でクライアント
動かして問題解決しても、クライアント自身がその
問題についての自己覚知が無く、自分が
主体的に問題
に関わり解決したという経験が
無ければ、以降に同種
同様の問題が起こっても
クライアントはその問題を解
決する術を持って
いないので、また支援者を頼る事に
なりますし、
もっと言えば、同種同様を含め、様々な
問題が
発生しやすい状況になんの変化もない事になり
かねません。これでは、クライアントはいつ
までたっ
ても自律、自分の力で色々な事を
考え、決定していく
能力を削がれたままになって
しまいます。ですので支
援者はあくまでもクライ
アントの自己決定を尊重し、
その決定力を
醸成できるよう関わる事が重要なんです。
ライアントが自身の力で問題を解決し、乗り越えた
所にこそ本当の意味での解決という
ものがあるんです。

ですが、すべてのクライアントが自分の事を自分自身
で決めることができるか?と問われれ
ばそうではあり
ません。例えば認知症が重度
の状態の方ですと、合理
的な判断力や理解力
が殆ど失われてしまっている事が
多々あります
ので、その人自身が主体となって物事を
解決
していくということが困難な場合も多々あります。
ですが、ここが重要なところなんですが、例えば認知
の方であっても、その人の持つ「自己決定権」を否
定することはできませんよね。
もし法律的な例外を除
いての話ですが、人が
他人の自己決定権を否定する事
があるなら、
あるいはそれが妥当とされるのであれば、
基本的人権に代表される近現代社会の基礎となる考え
方を否定することになりますし、
民主主義の否定にも
繋がることなんです。
なぜなら、近現代を成立させて
いる基礎底流
的な考え方の一つが“人はそれぞれが個人
として
尊厳を持ち、尊重される”という思想ですから。
ですので、認知症の方であっても、当然個人としての
尊厳が最大限に尊重されるべきで、
従って判断力や理
解力が乏しいからと言って
その人の自己決定を軽んじ
る事は重大な
ルール違反になるんですね。クライアン
トが
いかなる状態や立場にあっても、その人が持つ最
大限の自己決定力を行使できるように
支援者は支援に
当たる事が求められます。
これこそが「自己決定の原
則」の持つ意味
なんですね。

続いての
⑦秘密保持の原則
について
は、個人情報保護等々で近年なじみ
になってきた考え
方ですので非常に理解
しやすい原則だと考えます。内容
もズバリ
そのままで、「支援者は知り得たクライアント
関する情報を他者には漏らさない」という意味です。

さて、バイスティック7原則のお話もこれにておしまい
となります。
ケースワークの場では何度も何度も繰り返
叩き込まれる基本姿勢なんですが、実は日常生活の場、
特に会社や家族、恋人同士
など人間関係の場においても、
これらの原則
を知っておくと意外に便利なんですね。
会社や部活など、チームで一つの目標を達成する為に主
導的立場に立っている方が、
部下や後輩との関係作りに
悩んでいる時なんかは、
①個別化の原則や③統制された
情緒関与
の原則、⑥自己決定の原則などを思い返すと
いかもしれません。また、ちょっと亭主関白的で
パート
ナーや彼女に対してついつい命令的言動が
多くなってし
まい、最近ギクシャクしている
かな?と悩んでいるご夫
婦でしたら、①個別化の原則や
⑤非審判的態度の原則
念頭に置いておくと
ギクシャクも減ると思います。ある
いは、気になる
人に対してのアプローチを開始したい!
と意気込ん
でいる方には、②受容の原則や④意図的な
情表出の原則
なんかを意識して接すると、
相手の話をど
んどん
引き出して距離がグッと近づくこと請け合い
(ホンマかいな…)
と、最後は少しおちゃらけた感もあ
りますが
バイスティック7原則という考え方がクライア
ント
と支援者という関係上だけで成り立つのではなく、
広範な人間関係でも十分役立つものであることをご理解
いただければ幸いです。

次回からは「関わるケア」に戻って認知症のケアについて
進めていきます。
では、また来週お会いしましょう。
See You Next Week!

【日々隆々】大好きだったロビン。

不定期連載【伊藤隆太の日々隆々】2014盛夏。

本日は【自転車奔走記】の広森が仕事の都合で

執筆出来ませんので、変わって松阪施設ショート

ステイ管理者の私、伊藤隆太がお送り致します!

不定期連載【日々隆々】2014盛夏!はじまり〜

 

先日、アメリカを代表するオスカー受賞俳優の

ロビン・ウィリアムズさんが亡くなられました。

映画マニアの私にとっても大きなショックです。

オバマ大統領が追悼談話を寄せる等、その人柄

や業績の偉大さが伺えますが、日本でも本国同様

人気があった彼。今回はそんなロビンのオススメ

作品を、追悼の意味を込め紹介させて頂きます。

まずは何といっても91年、奇才テリー・ギリアム

監督による「フィッシャー・キング」でしょう。

この監督の作品は当たり外れが多いような気が

するのですが、本作はロビン含め主演3人の演技が

本当に素晴らしく、間違いなく傑作と言える作品。

それまでは「おしゃべりがうるさいコメディアン」

ぐらいで、俳優としてあまり気に留めていなかった

私は「やっぱりロビン・ウィリアムズはすげぇ!」

と彼の演技の幅や奥深さに唸り、その後は熱心に

彼の作品を追っかけて観たのを覚えております。

そしてもう一本、ロビン・ウイリアムズって普段は

こんな人なんだろうなぁ、という優しい微笑みが

印象的な97年「グッド・ウィル・ハンティング」

(今作でアカデミー助演男優賞受賞!)です。

こちらの作品は当時まだ無名のマット・デイモンと

ベン・アフレックが共同で書いた脚本(同じくアカ

デミー脚本賞受賞!)なのですが、まずはこの脚本

がとても素晴らしく名セリフがたくさん聞けます。

ロビンのしみじみとした演技もあって、その辺りが

十分堪能出来る作品ですので、ぜひご鑑賞下さい。

スクリーンを通じて、ロビンの二人の新人を優しく

静かに支える貫禄が、しっかりと伝わって来ます。

2年に1度は必ず見直している色褪せない作品で、

ラストのロビンとマット・デイモンのシーンでは、

毎度毎度、お約束の様に号泣してしまう私です。

ロビン・ウィリアムスという名優の新作が、今後

観れないと思うと、非常に残念なりません。が、

こればかりはやむを得ません…心よりご冥福を

お祈り申し上げます。 今までありがとう!

お疲れさまでした!ロビン・ウィリアムス!

 

以上、不定期連載【伊藤隆太の日々隆々】。

お相手は、年間200本以上の映画を観る男、

伊藤隆太でした!それではまたお会いしましょう

【ウッチー輪ばなし】8月15日の意味。

【ウッチー輪ばなし】 連載・第166回。

みな、みなさま、こんにちわ!

先週の台風以降、今一つ夏らしい日が来ない…

と思っていたら、昨日はこれぞ夏という天気

これからますます日焼けの速度が加速する男、

ウッチーこと松阪施設長の内田英希です。

 

昨日は69回目の終戦記念日でした。

松阪施設では例年と同じく、正午合わせて、

ご利用者様・スタッフ一同で黙祷を捧げました。

IMG_20140311_145343.JPG

ご利用者様の中にはもちろん、69年前の戦争を

体験された方々がたくさんいらっしゃいます。

今までに、我々スタッフたちは、そんな皆様方

からの戦争体験談を幾多もお聞きしてきました。

そして歴史の授業では決して学べなかった様な

ことを、本当にたくさん知る事が出来ました。

しかるに此の頃、そんな戦争の体験談をお話し

下さる世代の皆様が徐々に減少されております。

今、私たちの世代がすべきは、戦争の悲惨さ

無意味さを、皆様から改めてしっかり聞いて、

次世代に語り継ぐことなのだと確信しています。

そういえば、この8月15日は私が小学生の頃には、

夏休みの全校登校日でした。そして、黙祷の後

年輩の先生から戦争の話しを聞いたものです。

最近では、夏休みの登校日自体が無くなっている

らしいですね…夏休みの登校日に、友と平和に

ついて勉強する、そんな貴重な機会は無いと

思うのですが、、、何か寂しくて残念です。

 

以上、今週はこれにておしまいです。

それでは来週も元気にお会いしましょうね!

Please take care , everyone...

【生搾り】第229回『元気のギフト』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第229回
『元気のギフト』の巻。


<今週のテーマ>

先週に引き続き、いただいたお便りに
対するメンバーの談論を配信致します。
テーマは「元気をもらったsomething」!
皆様が最近、元気をもらった〜と感じた
事は何ですか?ぜひ御一聴下さいませ。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、大西竣也。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

ミラクルナイトゲーム。

なんという激闘!

なんという結末!

なんという美しさ!

ディナーが終わった後も、ロビーで

観戦を続けるご利用者様、そして、

あまりの劇的な試合展開に、退勤の

タイミングを完全に失うスタッフ達。

miekoh_sayonara.jpg

延長戦の末、三重高が勝ったことは

もちろん何よりも嬉しいのですが、

もう、それがどうでも良くなる程の

感動的で美しいゲーム内容でした。

広陵のエース吉川君!のピンチでも

自制的な立ち居振舞いは、伝統校の

背番号1を背負う事の意味を教えて

くれました…押し出し四球となった

最後の一球も素晴らしい球でした。

広陵高校が名門と呼ばれる理由が

よく分かった試合でもありました。

そして、三重高校の驚異的な粘り!

十数年以上前、三重県が高校野球の

強豪県として知られていた、あの

時代を思い出させてくれました。

さすが三重高、ありがとう三重高!

試合終了後はもう、ご利用者様も

スタッフも涙・涙でバンザイです。

三重高野球部に在籍する息子を持つ

ショートステイスタッフ・末良の

携帯には、他のスタッフたちから、

祝福電話が何本も入ったそうです。

因みに末良が大垣日大戦を甲子園で

観戦出来る様に、現在会社を挙げて

勤務調整の真っ直中なんですよ

三重県代表いよいよ今日登場!

一昨日、遂に開幕した〝夏の甲子園〟。

野球ファンの方はもとより、ご利用者の

皆様方は、フロアのテレビ前に集い合い

球児の一投一打に沸き上がっています。

t_sama_miekoh.jpg

※写真は関係者ご了承の上で掲載しております。

そしていよいよ!今日の第4試合には、

地元松阪市の三重県代表・三重高校

登場します!プレイボールの時間的に

皆様方は、夕食を召し上がりながらの

応援になると思われますが、それ故に

フロアの一体感は増す予感がします

相手は広島代表の超名門・広陵高校。

かなり苦しい展開が想定されますが、

そこは3期連続出場の三重高のこと。

きっと最後には観る者に感動と歓喜の

贈り物を運んでくれると信じてます!

ガンバレ三重高!ガンバレ三重県!!

写真は大の野球通であるご利用者T様。

満面の微笑みで、三重高うちわを片手に

すでに応援準備は万端です。ちなみに…

三重代表校が第4試合に登場した場合の

過去の勝率は、かなり高いんですよ

台風一過とひまわり一家。

晴れ渡った空。響くはセミの声。

施設新館横に並んだひまわり達は

再び、力強く咲き始めています

sunflower_2014.jpg

ピーン背筋を伸ばし胸を張って

太陽に向かって花弁を開く姿。

sunflower_2014_2.jpg

台風による自然の恐ろしさから一転、

自然の力強さを感じさせてくれる、

台風一過の後のひまわり一家でした

ハンドメイドSUGOROKU。

西日本を中心とした各地・各所に、

極めて大きな爪痕を残した台風16号。

大雨特別警報まで発令された三重県も

まさに異常事態の連日となりました。

台風に比較的慣れているはずの私達も

かなりの脅威と恐怖を感じた程です。

昨日の午後2時過ぎに台風が過ぎ去り

西の空に晴れ間が見え出した瞬間は、

関係者一同心底からホッとしました。

みなさまは、お体は大丈夫でしたか?

幸いにもコチラはご利用者の皆様方、

スタッフ共に怪我も無く無事でした。

あぁ〜…それにしても、あんな思いは

もう二度としたくはないものですね。

松阪市が暴風域に入った頃、施設の

中では、皆様の恐怖心を紛らわすべく

「ハンドメイドすごろく」を開催!

made_by_takahashi.jpg

ハンドメイドという位ですので

もちろんスタッフの手作りです。

製作したのは入社して5か月余り

が経過した新人の高橋紗也加

先月の納涼祭や日頃の先輩達の

レクビリを観察し考案した一作。

実はコレ、誰かから頼まれたとか

ではなくて、高橋が自発的に製作

してくれたんです…驚きました!

何日も懸けて作ってくれたその

心意気…色んな意味で嬉しい

写真では少々分かり辛いですが

随所に粋な工夫が施されていて、

徐々に盛り上がっていくように

考えられているので、皆様方も

自然とすごろくの世界に没頭。

台風に対する恐怖感を一時忘れ、

リラックスされたご様子でした。

高橋さん!GOOD JOBでした

延期されていた甲子園も開幕。

ここからが本当のサマーですよ!

さぁ7days、覇気持ってGO 

【自転車奔走記】関わるケア#41。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第208回。

昨日から台風による影響が深刻になっています。
皆様、大丈夫ですか?自治体の情報や気象情報に
注意して、
くれぐれも安全を確保して下さいね。

夏といえば、熱中症も大変ですがもう一つ、夏風邪
もしつこくて
なかなか治りません。お医者さんに聞
いたところ、暑い日が続いて体力が低下、あるいは
疲労が溜まっている方が風邪を
ひき易い傾向がある
そうです。
十分な睡眠…といっても熱帯夜が続いて
いて
快適な睡眠とは程遠い毎日が続いていますし、
スタミナをつける…どころか暑さで胃腸もバテ気味。
なかなか思うように休養や栄養がとれない毎日では
あると思いますが、ここは踏ん張りどころ。
暑さが
和らぐ迄しっかりと体調管理を続けて
いきましょう。

えっ?ワタクシですか?暑さと湿気は大の苦手では
ありますが、おかげで胃腸の調子は
絶好調!濃厚、
こってりという夏場にはあまり
目にしたくない形容
詞も大歓迎の日々。
背脂入り濃厚こってりラーメン
をすすりながら、
この背脂がワタシの腹脂になると
すれば、
なんと見事なエネルギー保存の法則!と
くも侘しい、語るもみじめな夏の独白を
スープと一
緒にそっと飲み干すケアマネ、
ヒロモリがお送りし
ます
「たきび孤独のグルメ:夏食べたい濃厚食撰!」
ではなくて【自転車奔走記】胃もたれこらえて開講!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、今週からバイスティックの7原則に戻りますよ。
①個別化の原則 
②受容の原則 
③統制された情緒関与の原則
前回までに、この3つについてお話をしてきました。
今週は4番目の内容
から見ていきましょう。
4番目の原則は…
意図的な感情表出の原則
と呼ばれている
ものです。面接の現場において支援者
は感情を
意図的にコントロールして表現する必要があ
と言った内容を述べています。でもこれって、前回
でお話をした③統制された情緒的関与の原則に近いよ
うな内容ですよね。この原則の意味は、
支援者はクラ
イアントの感情の渦に飲み込まれ、
巻き込まれないよ
うに関わりを続ける事が大切で
あり、自身の内面で起
こる様々な感情を冷静に
分析した上で、クライアント
の訴えに耳を傾け、
受容し共感するという事でした。

では、“意図的な感情表現”とどこに違いがあるか?
この意図的な感情表出の感情表出の部分ですが、この
主語は主にクライアントを念頭に置いているとお
考え
頂ければ分かりやすいと思います。何らかの問題
をか
かえ、その問題の解決を望むクライアントは、
往々に
して様々な感情を折り重ねるように抑圧して
心の奥に
隠している事があります。それは例えば
自身に対する
否定的な思いであったり、環境に対する
不満だったり、
あるいは自分自身の思いを独善的と
捉えて、周りの意
見などとすり合わせた結果、残渣の
ように感情の澱が
溜まっていったりすることです。
でも、これってクラ
イアントに限らず人間なら
誰しものお話ですよね。

言い換えれば人である以上、色々な感情や抑圧された
思いの澱が
あるのは当然のお話なんですね。ただ問題
解決
を訴えるクライアントにとっては、その抑圧され
感情の澱が手枷足枷となって、自分自身の内的な状
態や周囲の外的状況を俯瞰して見えにくく
しているん
ですよね。ところが、支援者はあくまで
他人ですので、
その分クライアント本人が見えてい
ない様々な状況を
把握する事ができます。問題
解決の過程において、ク
ライアントと支援者のお互い
が、手持ちのカードを包
み隠さず
相手の目の前に広げ、そしてクライアント自
身と
支援者双方が「現状はこうなっているんだよね!」
と共通の認識を持つ事は非常に重要な意味を持ちます。

共通の認識があるからこそ、問題解決の効率はUPし
ますし、もとより問題解決のアプ
ローチにおいて、ク
ライアント本人の主体的参加、
というか面接を通じて
クライアントが自身の置か
れている状況を理解して、
できることならクライアント
自身が問題解決の為の力
を発揮できるように
なるよう、寄り添いながら一緒に
歩くことが支援者
の役割でもあります。ですのでクラ
イアントが
ココロの枷を取り払って、自分自身、自分
をとり
まく問題、そして支援者に対して真っ直ぐに
き合う事ができるよう、支援者は意図的
作為的とい
う意味ではなく)に、受容や共感等の
技法や姿勢を駆
使して、クライアントとの関係
を作り上げていく事の
重要性をこの原則は述べて
いるんですね。

続いては 非審判的態度の原則に話を進めます。
実はこの原則については以前
本ブログで取り上げたと
言うか、認知症ケア
のお話から今回のバイスティック
7原則へ脱線…
もとい寄り道することになったきっか
けでした。
この原則は読んで字の如く、支援者はクラ
イアント
の行動や思考、価値について、支援者の自ら
の価値観を持って善悪や優劣の判断をしてはならない
という意味と、この後にお話しする自己
決定の原則に
照らして、善悪や優劣など物事の
判断は、基本的にク
ライアント自身が行える、
あるいは行う事を尊重する
べきであるが故に、
支援者は中立的、補佐的な立場で
クライアントに
接していく事が大切であるという意味。
さらに加えると「あれはダメ!」「これもダメ!」
否定ばかりしている支援者が居たとして、
そんな人に
ココロを開きますか?

という事で今週はここまでとします。
次回はバイスティック7原則の最終章となります。
では、また来週お会いしましょう!
See you next week , bye 

【ウッチー輪ばなし】希望の花。

【ウッチー輪ばなし】連載・第165回。

みな、みなさま、こんにちわ!

予定では今日から甲子園が始まります。

どうも台風の影響で延期になりそうな気配ですが…

ともあれ今年もアツい夏の風物詩が始まりますね!

実は私、違った意味で夏の甲子園大会の開幕には

特別な思いがあります。その理由というのが、

例年、夏の甲子園は8月8日前後に開会するから

なんです…何を隠そう!?私は8月8日生まれ。

その為、夏の甲子園開会式で、颯爽と入場行進を

する若者たちをみると、今年もまた一つ年齢を

重ねたなぁ…と実感するイメージが強いのです。

今年も無事に35回目の誕生日を迎えられた昨日。

そんな私に、スタッフがプレゼントをくれました!

birthday_flower.jpg

夏男・ウッチーにピッタリな花『ハイビスカス』

ハイビスカスを調べてみると、何度も何度も花を

咲かせるそうなんです。全く知りませんでした。

毎日たくさんお水をあげ、しぼんでしまった花は、

丁寧に摘み取ってあげると、またすぐ新しい花を

咲かせてくれるそうです。こりゃ育てがいがある!

これから一生懸命手入れをして、一輪でも多くの

綺麗な花を咲かせられる様にチャレンジします。

そして、このハイビスカスの様に、ちょっと位の

ヘコむ事があっても、すぐに新たな希望を咲かせ

られる人になりたい!と密かに考えています

 

さぁ、今日は35歳と1日目!!

たきびの一員としても、個人的にも、この一年を

張り切って邁進いたしますので、ご支援・ご協力を

何卒よろしくお願い申し上げます。

ウッチーにもたくさんのお水を下さいね

それでは、また来週~Please take care!

【生搾り】『高齢者世帯の介護』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第228回
『高齢者世帯の介護』の巻。


<今週のテーマ>

番組開始以来はじめてとなります、
頂いたお便りに対しての談論です。
テーマは「老老介護」について。
メンバー達が熱く語り合う本回は、
よりたくさんの方に聴いて、共に
お考え頂きたい内容となりました。


<今週のメンバー>

赤塚浩文、伊藤隆太、内田英希、
三浦真弥、伊藤亜也子、木田健太、大西竣也。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

カラーミルフィーユの順番。

少し前のエピソードをどうぞ…

ランチが終わった後のデイホールでは、

このような↓↓レクビリが行われました

2014-6-13-deireku.JPGのサムネール画像

以前にも一度紹介させて頂いたことの

あるこの「カラー・ミルフィーユ」

ブルー・レッド・イエロー・ピンク…

予め中心に穴を空けてある様々な色の

キャップが机上に散らばっています

この時点で、ご利用者の皆様方は既に

一本ずつ割り箸を持っておられます。

さぁ、ここからがゲームのスタート!

まず始めにスタッフが用意した見本の

〝4段の色団子〟を、皆様方に10秒だけ

ご覧いただきます。わずか10秒です!

その後、皆様は10秒間の記憶を頼りに

して同じ色の組み合わせの色団子を

作成してゆく…というルールです

以前までは3段でチャレンジしていた

のですが、今回からは基準値を4段に

増やしたところが重要なポイント!

実際コレ、結構難易度高いですよ。

たった10秒だけの記憶ですからね。

でも、一緒に参加したスタッフ達が

苦戦する一方で、あるご利用者様は

最終的に〝6段6色〟の色団子作りに

成功されてみえました…流石です

SHALL WE〝フラ〟DANCE?

本ブログでも話題にあげましたが

先日、地元フラダンスチーム「プル

メリア」様がご来訪下さいました!

fla_with_staff.jpg

ご利用者様へのカラフルなレイの

進呈というサプライズに、皆様は

「オォ〜、ハワイに来たみたいや」

「若返ったみたいで嬉しいわぁ〜」

と興奮気味に話してみえました!

更に、本格的ハワイアンダンスを

目の前で観賞しつつ、南国情緒に

ひたる皆様方の背中は、いつしか

ユ〜ラ♩ユラ〜とダッチロール。

とっても不可思議で快適な空気に

包まれたデイホール……だったの

ですが!演舞終盤、プルメリア様

からお誘いを頂いたスタッフ達が

急遽、ステージに登場した瞬間、

それまでの穏やかムードが一転!

打って変わり大賑わいのホール。

それから、終演までの10分間は、

皆様方、大笑いの連続でした。

「プルメリア」様、貴重なお時間を

誠にありがとうございました!

亜也子ネエさん!収穫です。

大きな麦わら帽子を被って、いつもとは

雰囲気の違う総務スタッフ・伊藤亜也子。

ayako_yasai.jpg

何をしているか?そう!ご覧の通り、

たきび畑で採れたなすびやピーマンや

ししとう等の収穫に精を出している、

その瞬間をパチリ!とした瞬間です。

複数のスタッフが日々栽培をしている

たきびファームですが、こうして事務

スタッフも参加してくれています

皆の連係プレーの賜物でしょうか、

かなり立派な野菜が育っている今夏。

これからも時々リポートしますね!

ミンミン・エブリデイ。

8月に突入!セミの鳴き声が一層響き

わたるようになってきて、夏も本番

たきび松阪施設の玄関に置かれている

案内板も8月バージョンで、皆様方を

お出迎えさせていただいております!

welcomebord_2014_8.jpg

そして、ちょうど本日お越し下さるのが

フラダンスチームの「プルメリア」様

前回は11月と、寒い時期の登場でしたが

今回は真夏のパフォーマンスという事で

ご利用者様の期待も一層高まってます

なにせ、地元教室でインストラクターを

務められるメンバーを筆頭に、全員が

テクニシャンの超本格派のチームです。

中にはご利用者様参加型のプログラムも

あるらしいので、そちらも楽しみです。

さぁ一年で最も暑い月を、適度な運動と

充分な睡眠、そして規則正しい食生活で

元気にハツラツと過ごしましょうね!

くれぐれも、水分の補給はお早めに…

【自転車奔走記】ちょっと一息。

【ケアマネの自転車奔走記】連載・第207回。

8月に入っての最初の日曜日。暑い毎日が続いて
いますね。
冷夏との予想はどこへ行ったのか?
と、流れる汗をぬぐいながら愚痴ばかりこぼして
いるヒロモリでございます。
毎度毎度の繰り返し
ではありますが、
汗をかくと体内の水分や塩分、
ミネラル
が一緒に失われます。また、室温が高い
まま長時間過ごすと、
熱放出が低調になることで
体内に熱が
溜まってきます。どれもこれも熱中症
の最大の原因因子です。
ですので、水分と塩分の
適切な補給と、そして
空調機器や換気での適切な
室温管理が重要。
熱中症は誰でも起こり得ます。
ちょっとした油断が熱中症を引き寄せるんですね。
皆様、夏もこれからが本番です。甲子園に盆踊り
などなど、楽しい行事もたくさん
まっています。
健康に夏を楽しみましょう!ね。

さて、月初めの「ちょっと一息」のコーナー。
今回のテーマは相性です。相性というと主に人間
関係を語る時に
使われるイメージがありますが、
人間だけでなく
動物や機械類など、言わば自分自
身と
関わりが生じたすべての事物との関係の内容
を印象的にあらわす言葉ですよね。
『○○さんとは相性がいい』
『××とは
相性が悪い』
なんて使い方をしますが、要は
自身と対象の関係
がスムーズなのか?
あるいは何かトラブルがある
のか?を心象
として表現しているにすぎません。
心象と言ったのは、一般的に『相性』という言葉
で事物との関係を語る際、実際には
その関係には
何らかの科学的根拠と言うか
エビデンス的なもの
が殆どないからです。
つまり根拠が無いけれど心
象として表現
したい!という欲求で『相性』とい
う言葉を
使うのが一般的なんですが…実は、最近
ある事実が判明しまして、、

それは、ヒロモリの通勤コースにある信号機なん
ですね。この信号機、たきびの
事務所から割と近
い場所にある信号機
なんですが、何故かその信号
機に差し掛かる
と必ず赤なんですね。以前から少
し気にはなっていたんですが、
思い立って30日間、
ヒロモリが差し掛かった
時の信号の色を記録して
みました。
すると、なんと30日中、信号が青だっ
たのは
僅か1日!残りの29日は全部赤という事実。
その信号機は交通量の多い場所にあって、なおか
つワタシが通る道が幹線道路ですので、
信号が青
でいる時間は長いはずなんです。
それなのにほぼ
必ずと言っていいほど赤!
これを『赤信号と相性
の良いヒロモリ』
と言っていいのかどうか…。
まさか信号にヒロモリセンサーが付いていて、ワ
タクシが通りかかると赤に色が切り替わる訳では
ないでしょうから、偶然
と言えば偶然なんでしょ
うが、ほぼ100%
の確率で赤信号という事実を
偶然の一言
で片付けるのも納得がいきませんよね。

結局、心象を表す『相性』という言葉に落ち着い
た、と言うか落ち着かざるを得な
かったヒロモリ
でございます。
『相性』なんて言葉は科学的な根
拠のない
謂わば慣習的な言葉だと思ってきました
が、
もしかしたら、相性という言葉には言霊が
って、『良い』と言えばよくなり、『悪い』
と言
えばわるくなるのかもしれませんね。
とすると、
長年連れ添い、年輪を重ねて
来た我が腹脂肪も、
ヒロモリとの相性は
VERY GOOD!となるん
でしょうか…。
思い返せばワタシのブログのオチ
は必ずと
言っていいほど“腹”に落ち着きますし、
厭いつつも、実は深い愛着を感じているのは自分
でも分かります。おまけに、ワタシの
カラダは炭
水化物と脂質、糖質との相性
は誰にも増してバッ
チシ!!ですから…。

と、『相性』についてテツガク的(?)に考えて
みました『ちょっと一息』のコーナーでした。
今週はこれにておしまい。来週からはバイスティ
ック7原則に戻って
お話を続けます。
では、くれぐれも熱中症にはお気をつけて!
また来週お会いしましょう!
See you next week , bye 

【ウッチー輪ばなし】ハチガッツ!

【ウッチー輪ばなし】連載・第164回。

みな、みなさま、こんにちわ。

とうとう今年も8月になりましたね。

一年の中で、一番この月を楽しみに待つ男、

ウッチーこと、たきびの夏男・内田英希です。

夏になり、キュウリやトマト、ゴーヤ等の

野菜ををたくさん食べ、夏を満喫中の私。

やっぱり夏野菜の瑞々しさはいいですね

 

さて、そんな昨日のエピソード。

毎月初めに必ず事務所で目にする光景から… 

jimu _tukihajime.jpg

介護保険事業所の事務業務の代名詞といえば、

介護報酬を国保連へ請求する業務、そして、

ご利用者様への負担分及び自費部の請求業務。

事務員にとってはとっても大切な仕事です。

たきび松阪施設では、伊藤亜也子と亀田愛の

二人が声を掛けあい、また、注意し合いながら、

この作業を毎月責任を持って担当しています。

ですので、この期間は、なるべく私自身も

務所に居て、2人の手を止めないように、

電話対応などの事務業務を心がけています

本社の竹田を含め、的確で迅速な事務員に

ささえられてこその、介護現場の充実です。

アッ!付け加え忘れました、的確で迅速で

そして〝キュート〟な事務員たちでした

実際、CSたきびへ御来設下さった方々が、

一番始めに接触されるスタッフは、大半の

場合、事務スタッフですもんね…感謝!!


さて、今週はここらへんで失礼します。

みなさま、夏も本番ですので、水分補給を

しっかり行い、睡眠時間をしっかりとって、

夏バテ&熱中症予防にお努め下さいませ。

それでは、また来週~Please take care!

【生搾り】第227回『さらば納涼祭』配信!

ヘルパーのカタチ 生搾り
第227回
『さらば納涼祭』の巻。


<今週のテーマ>

先週開催された「たきび大納涼祭」。
今週はその総括的な談論の配信です。
夏の一大イベントが終わってしまい、
どことなく寂しそうなメンバー達の
テンションが印象的…御一聴下さい!


<今週のメンバー>

赤塚浩文、内田英希、三浦真弥、
伊藤亜也子、木田健太、大西竣也、
青木沙織、高橋紗也加、高瀬和良。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

podcast番組【ヘルパーのカタチ 生搾り】聴取方法は…

、トップページ下にあるバナーから番組ブログへ 

右側の小さなアイコンをi-tunesへドラッグドロップ。

、これで毎週自動配信されます。(要インターネット環境)

アーカイブ

月別 アーカイブ